October 14, 2015

飯塚で初のミッドナイトオートを開催 http://www.nikkansports.com/public_race/news/1552279.html
>[2015年10月13日16時59分]
>オートレース界として初の午後9時以降の開催となる「ミッドナイトオートレース」が11月16〜18日、福岡・飯塚オートレース場で開催される。13日、オートレースを管轄するJKAが発表した。来年度からの本格的な開催を検討するための試験的な意味を持つ。
>8車立て6レース制でファンの動向を検証するため初日の16日は1Rが午後6時25分発走、最終6Rが8時55分発走のナイター開催。2日目の17日と最終日の18日がミッドナイト開催となり、1Rは9時発走、最終6Rは11時30分に発走する。
>11年1月14日に競輪で始まったミッドナイト開催だが、オートレースは騒音などの問題で実施は困難と見られていた。だが消音マフラーを開発し、住宅地の埼玉・川口オートで9月にナイター開催を成功させた。飯塚でも川口の同開催で使用した消音マフラーを使用する。市街地から離れている飯塚は05年にナイターを初開催し、試験開催に最適な場といえる。競輪同様に無観客で行い、車券は楽天銀行とジャパンネット銀行のネットバンク投票や民間ポータルサイトのみで発売する。レースはCSで中継される。

ただただ意表を突かれた。結構な経費使って新型マフラー作らせたんだからこのまま倉庫に死蔵とは思えない、遠からずどこかで使うんだろうなとは思ってたけども、それが飯塚で、しかもミッドナイト開催とは!
 まあ、ミッドナイト最大のメリットである無観客による経費削減を思うと、「来るな」つっても来られちゃう危険性(!)のある、周辺に民家が立ち並ぶ船橋・川口・浜松や、クルマでのアクセスが良い伊勢崎・山陽は無理だ。そこ行くと飯塚は山中だから、確かに入口の道路だけ封鎖しちゃえば可能ではある。
 にしても、三日間開催の初日は通常のナイター時刻で二・三日目だけがミッドナイトって中途半端じゃないか?…いや、それでも何もしないよりは良いに決まってるか。何より、飯塚ならではのフットワークの軽さはさすがと言うべき。昨夏の、照明に惹かれて野鳥襲来→競走取り止め…なんて事再び、とさえならなければ良いのだが…季節的には、むしろ好都合なのか?
 飯塚オートのファン的には、せっかくレースやってるのに観れないのか…ってな不満の声はあるだろう。でも開催日数最少の山陽ならいざ知らず、比較的開催日数の多い飯塚で、しかも通常のナイターでもちょっと肌寒い11月に実験的に1節だけやるという分には、それほど不評を買うとも思えない。まあとにかく、楽しみにしましょうかね(´∀`)

ジ・アザー・サイド・オブ・ミッドナイト:ライヴ・イン・ニュー・オーリンズ
ジ・アザー・サイド・オブ・ミッドナイト:ライヴ・イン・ニュー・オーリンズ

アーティスト:ギャラクティック
販売元:Pヴァイン
発売日:2011-04-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字