October 07, 2015

これなら当たる?7日の名古屋競馬で3頭立てレース http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1549248&year=2015&month=10&day=7
>[2015年10月07日 00時01分]
>これなら当たるかも? 7日の名古屋競馬1Rで、3頭立てのレースが行われる。このレースは単勝、馬連、馬単の3種類の馬券のみ発売し、3連単などその他の馬券発売は行わない。
>これまで、直前の出走取り消しによる3頭立ては、今年5月29日の浦和2Rなどの例があるが、枠順が確定した段階での3頭立ては、名古屋競馬では初めて。全国的にみても、05年に高知競馬が「少頭数でがっちり勝とう」という企画で計8レースを実施(単勝のみ発売)したのを除けば、公式データが残されている73年以降では「例がないこと」(NAR広報)だ。
>中央では63年6月1日の東京7R、70年8月9日小倉2Rで2頭立ての例があるが、80年以降は4頭立てが最少。米国では1頭立てが4例あるという。

 >米国では1頭立てが4例あるという

競ってないやろそれは、「競馬」ちゃうがな。それはともかく、最初から3頭立てって良いの?日本の競馬法では出馬登録が5頭ないと競走取り止め(=不成立)ではなかったか。記事にもある浦和の例は記憶がある、
レース成績表
5頭立のレースが1頭取り消し1頭除外で3頭立になったケースだ。その何年か前にも、やはり浦和で、2頭除外で5→3頭立ってのがあったのもこのブログでネタにした記憶がある。しかし最初から3頭立ってどういう事だ。高知のような企画レースではないようだし、かなりいろいろ調べたが、このレースが成立するに至った経緯が全く判らない。

名古屋競馬“3頭立て”新馬戦は人気通りの決着 http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1549545&year=2015&month=10&day=7
>[2015年10月07日 17時04分]
>7日の名古屋競馬1Rで行われた3頭立ての新馬戦は、単勝1番人気のセンターフォワードが勝ち、1、2、3着は人気通りの決着で、単勝140円、馬連120円、馬単140円だった。
>3連単などその他の馬券は発売されていない。1Rの売り上げは1052万8800円で、8頭立てだった前日の1Rに比べ70万円ほど下回ったが、単勝は前日比約2倍、馬単は約6・6倍を売り上げるなど、3券種のみの発売を考えれば大健闘だった。
レース成績表

順当に収まったようだが、とにかく謎だ。どうしてこうなった(゚д゚)?

Trio Music
Trio Music

アーティスト:Chick Corea
販売元:Ecm
発売日:2001-01-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字