September 25, 2015

 京王電鉄ダイヤ改正。困るんだよな。利用実態に応じて手直しする事自体は誠実な行為なのだが、たまにしか利用しない者からすると、優等列車の接続や追い抜きパターンが変わるというのは相当に戸惑う。味の素スタジアムや東京競馬場に行く人にとっては本線特急が臨時停車する、その時刻小変更に過ぎないが、京王閣競輪の最寄駅・京王多摩川はそんなものはなく乗り換えが必須。で、どうなのか?…っつう訳で、沿線在住の同僚に新宿駅の時刻表を持って来るよう頼んだのだが、
23d0e4f8.jpg
新線新宿のも持って来てもらわなかったのは失敗だった…って、ネットで拾えば済むんだよな。楽になったもんだ。

 新宿駅時刻表|京王グループ
 新線新宿駅時刻表|京王グループ

俺は9時5時の仕事じゃないので会社帰りにナイター開催とか関係ない、だから休日分だけ考える。で、すぐ気付くポイントは2つ。まず、以前は早朝と深夜に数本あるだけだった準特急が、昼間時にも大幅に拡充された(というか、昼間時の特急の大半が準特急に格下げされた)。もう一つは、毎時18本有ったのが15本に減った事。各停6本、本線特急(含む準特急)6本、相模原線特急(含む準特急)3本は変わらないか、従前有った快速3本が無くなった。単純に運行本数削減イコール経費削減という意味もあるが、もちろんそれだけではない。
 京王新宿駅は

 ‖【1番線】【2番線】‖【降車専用】‖【3番線】

という3面3線の造りになっている。各停専用の1番線には降車専用ホームがなく、だから夕ラッシュ時など、1番線に各停が到着すると新宿駅で降車する人と1・2番線で電車を待つ人がクロスしホームはカオスとなっていた。これを改善させようという意図が伺える。
 さてそれで、問題は優等列車の接続や追い抜きパターンだ。京王線は基本20分サイクルのダイヤで、新宿駅と新線新宿の時刻表を突き合わせると、01分の各停は笹塚で新線からの区間急行と接続を取る。八幡山で新宿07分発の準特急高尾山口行に抜かれ、調布で新宿12分発の準特急橋本行と接続を取る、というトコまで推測出来る。であるならば…そうだ、調布の時刻表も調べれば済む話なんだ。

 調布駅時刻表|京王グループ

橋本行の準特急に乗っても調布で接続する列車がなく、その後の特急京王八王子行に乗るのと同じ列車に乗り換える事になる。
 つまり結論としては、新宿から京王閣に行くには橋本行準特急(=2番線から発車する)をガン無視して、常に3番線に行け!という事だなと。以上、覚え書き( ´-`)y-~~~

アス・スリー
アス・スリー

アーティスト:ホレス・パーラン
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-12-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字