February 24, 2015

M・デムーロ、夢を諦めず来日 通年騎乗目指したその理由とは!? http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/02/24/kiji/K20150224009862380.html
680860dc.jpgネオユニヴァースでダービーV。涙するミルコ・デムーロ Photo By スポニチ http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/02/24/jpeg/G20150224009864650_view.jpg
>今週末の日曜・3月1日、遂にクリストフ・ルメール(35=フランス)とミルコ・デムーロ(36=イタリア)の2人が、JRA所属の外国人ジョッキーとして“デビュー”する。日曜阪神のメーン「第59回阪急杯」ではM・デムーロがダイワマッジョーレ、ルメールがオリービンに騎乗する。母国の競馬に別れを告げ、日本での通年騎乗を志した理由とは!?
>94年に見習騎手としてデビューしたミルコ・デムーロはデビュー4年目の97年、18歳にして早くもイタリアリーディングを獲得する。その後、00年まで4年連続でトップの座を守り抜き、“若き天才”の名をほしいままにしていた。まだ訪れたことすらない日本に興味を持ったのは、その頃だった。トニービンやホワイトマズルなど自国で実績を重ねた名馬が、種牡馬として日本に輸出されていたからだ。
>「どんな国なのか、自分で行って確かめたいと思ったんだ。そこでJRAに“日本で乗せてほしい”と手紙を書いたんだけど、“若すぎるからダメ”という理由で許可が下りませんでした」
>しかし、それで諦めるミルコではなかった。パリで偶然知り合った社台ファームの吉田照哉代表と森秀行師のサポートもあって、翌99年にはJRAの短期免許を取得。それ以後は毎年のように来日して、着実に勝利を積み重ねた。01年にはミスズシャルダンで小倉大賞典を勝ち、JRA重賞初制覇。そして03年にはネオユニヴァースとのコンビで大ブレーク。皐月賞でJRAのGIを初めて制すると、外国人騎手として初のダービージョッキーにもなった。「イタリアのダービーを5回勝つよりも、日本のダービーを1度勝つ方がうれしい」と感激の涙を流した。
>ミルコが日本の競馬を愛するのは高い賞金体系だけが理由ではない。「スローばかりのイタリアと違って、日本競馬はいろんなペースのレースがあるから、騎手としての感性が磨かれるんだ」。母国の競馬は賞金の支払いが遅れるなど、危機的な状況が続いている。騎手としてより良い環境を求めるミルコが、日本での通年騎乗を求めるのは当然の成り行きだった。
>[ 2015年2月24日 09:00 ]

3月1日JRA競馬新年度を以てM・デムーロとC・ルメールがJRA所属騎手としてデビューする。それは良いのだが、短期免許で騎乗している他の外国人騎手とウッカリ混同しそうでちょっと心配ではある。いやこっちがしっかりしてりゃ済む話なんだけど、新聞社も一目で判る記載法を採用してくれないもんか…と社で茶飲み話。

 「『把瑠都(=力士)』みたいに漢字で」
 「わはははは。『出室』とか」
 「ルメールは?『流目流』?」
 「もう何でも良いよ、ウィリアム・アダムスが三浦按針になった方式でも」
 「Vシネみたく『首領』と書いて『ドン』と読む」
 「ちゃうわw 」
 「そういや香港で日本馬漢字表記になるじゃないですか、騎手もなりますよね?」

で、検索してみると、ルメールは中文表記で「李慕華」、デムーロは「杜滿・」。この「・」は、かなり調べてみたが環境依存文字だからこうなったのではなく、純粋にこうであるらしい。

 「かえって解らんわ」
 「だな」

素人(←もちろん俺も含む)の浅はかな考えは、メッキより簡単に剥がれた。やっぱ横着せず、ちゃんと馬柱は熟読せんといかんのね(´・ω・`)

魔性の目
魔性の目

アーティスト:トミー・ボーリン
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2013-10-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字