September 15, 2014

「体力の限界」最軽量力士の育盛が引退 http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20140914-1366621.html
c62a9050.jpg
体調不良で引退した育盛(右)(写真は2014年7月7日) http://cache2.nipc.jp/sports/sumo/news/img/sp-hirose-140914-sodachi-ns-big.jpg
>7月の名古屋場所の新弟子検査で、約3リットルの水をがぶ飲みするなどして体重67キロの基準ぎりぎりでクリアし、話題となった序ノ口の育盛(そだちざかり、17=式秀)が引退した。師匠の式秀親方(元前頭北桜)が明らかにした。13日に引退届を提出していた。
>「すくすく育つように」と名付けられた育盛は、検査直前まで63キロしかなかったが、おにぎり4個やうどん2杯、300ミリリットルの豆乳2本に、2リットルの水入りペットボトル1本半を飲み干して、なんとか体格検査をクリア。同場所で前相撲を取り、秋場所から番付に載ったばかりだった。
>親方によると、体調を崩して両親とともに大阪の実家に戻っていたが「引退させてください」との申し出があったという。秋場所の1番相撲は不戦敗となり、通算0勝1敗で力士人生に幕を下ろした。「体力の限界ですね。これからというときに残念ですが、体調のことなので仕方がない。短かったが、稽古もよくやっていたんですよ。経験を生かして、第2の人生を頑張ってほしい」と話した。
>[2014年9月14日20時26分]

常識的に判るだろうよ、採る方も採る方だっつの。ナンボ稽古熱心で、やる気溢れる子であったにしても。っつう訳で調べたら、相撲の新弟子検査って年齢と身長・体重しか見ないんだねえ。

 新弟子検査 - Wikipedia

健康診断有るとはいえ運動能力は不問って、競馬の騎手養成学校が「上限体重以下なら皆合格ね」ってやったら大バッシングだろうに。もっとも、相撲ならではのシステムの下では一応合理性は有る。というのは角界、『成績不良によるクビ』というのが存在しないのだ。そう知った時の驚きからネタにした事も有るが、

 足踏みが人より長いだけ : 酒とワラwの日々

序ノ口は給金こそないが、部屋住み込みだから(それが苦手だったらアウトだが)衣食住はタダだし、先輩やタニマチから小遣い(それも税金の掛からない!)を貰える事も有る、家族を養うとか親に仕送りとかは無理でも自分一人食って行くだけなら意外と何とかなる世界であるらしい。改めて、騎手とは大違いだな。って、どっちがっか上とか下とか言うつもりはないけど( ´-`)y-~~~

Light As a Feather
Light As a Feather

アーティスト:Chick Corea
販売元:Verve
発売日:1987-07-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL