June 07, 2014

コートジボワール どう略せばいい? http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140606-00000004-wordleaf-socc
>THE PAGE6月6日(金)10時0分配信
2653bcf8.jpg
コートジボワールの国章(Mnmazur) http://amd.c.yimg.jp/im_sigg3AhYVjxkli1Yo.809zMJ9Q---x600-y530-q90/amd/20140606-00000004-wordleaf-000-3-view.jpg
>開幕目前となったサッカーW杯ブラジル大会。日本は、グループCで、コロンビア、ギリシャ、コートジボワールと対戦する。そんな中、各メディアの頭を悩ませているのが『コートジボワール』の少し長めの国名だ。コートジボワール戦に関する話題で記事見出しを考える際、国名だけで8文字とられてしまうと、表現の幅が狭まってしまう。一部、スポーツ紙などでは、すでに『コートジ』と略すなど、“対策”を行っているが、まだまだ浸透していない。
>フランス語を公用語とするコートジボワール。その国名の意味は、フランス語で『コート(Cote)=海岸』、『イボワール(Ivoire)=象牙』(『d'』は『〜の』)、つまり『象牙海岸』になる。日本でも、以前は『象牙海岸共和国』と呼んでいたが、同国政府からの要望により、呼称を変更した経緯がある。現地では、フランス語での略称は存在しており、頭文字をとって『CI』と表記することもあるそうだが、日本では全くと言っていいほど馴染みはない。
>駐日コートジボワール大使館によると「コートジボワールという国名に残念ながら、略称は存在しない。コートジボワールとそのまま表記してほしい」と、ばっさり。一方、在コートジボワール日本大使館関係者によると「関係者間で、何について話しているか分かっているという前提で、『コートジ』と略すことはあります。ただ、その前提がない中で、『コートジ』と言っても伝わらないのでほとんどの場合『コートジボワール』と表記します。公式としての略称はありませんので、各メディアの判断に一任することになります」と、説明した。
>文字数に余裕がある場合、『コートジボワール』と表現するのが理想だが、W杯での決戦が近づけば、『コートジ』と略されることが増えそうだ。
>最終更新:6月6日(金)12時27分

何でも略したがるのはマスコミに限らず日本人の習性だが、たまにこういう略称に困る事案が有る。バクチ絡みでは馬名がそうで、例えば98年の桜花賞と秋華賞、2000年のエリザベス女王杯を勝ったファレノプシスは胡蝶蘭の学名phalaenopsisで、一語だから言語学的には略せず、それでも競馬マスコミは「ファレ」「ファレノ」と強引にヤラカシてたものだ。2011年の三冠馬オルフェーヴルも、金細工師orfevreで言語学的には略しようがない、実際には各社「オルフェ」と略し、語呂は良いがポルトガル語だとorfeu・英語だとorpheusでギリシャ神話のオルフェの事だから意味が全く異なってしまう。競馬ファン同士ならオルフェーヴルの略称として通じるから問題ないっちゃないけど、言葉を生業とする人としてはせめて多少の引っ掛かりを自覚して欲しいところだ。…てな事をマスコミに望む方が「八百屋に魚」か( ´,_ゝ`)

アイヴォリー・ハンターズ
アイヴォリー・ハンターズ

アーティスト:ビル・エヴァンス&ボブ・ブルックマイヤー
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2013-06-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL