April 12, 2014

ファン無視に武豊も参戦! 競輪界の仁義なき“走路妨害”〈週刊朝日〉 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140410-00000002-sasahi-spo
>4月10日(木)7時18分配信
>競輪界が、最近なんだかおかしい。
>長塚智広(35)、武田豊樹(40)、村上義弘(39)らトップ選手が昨年12月、日本競輪選手会の退会と新団体への移籍を表明したと思ったら、ほどなくして撤回。謝罪会見をしたと思ったら、今度は最高1年の出場自粛勧告という重いペナルティーが科せられたのだ。
>この間、選手も選手会も一様に口を閉ざしたまま。

 >「彼らの謝罪は誰に対してのものだったのだろう」

>こう首をかしげるのは、武豊騎手(45)だ。長年の競輪ファンで、選手らとの交流も深い。
>「同じ公営競技に関わる者として五輪種目でもある競輪は誇り。レースに人間模様がにじみ、大人が真剣に自転車をこぐ姿が好きだ。今回の騒動はいったい誰が得をしたのか。選手にペナルティーを科すのもおかしい」
>発端は昨年12月19日、都内で開かれた会見だった。

 >「東京五輪が決まった。愛する競輪が衰退していく中で、何かしなければならないと思った」

>口々にそう言って選手会からの離脱を表明したのはトップ選手ばかり18人(最終的には23人)。東日本大震災復興支援のためめに立ち上げた一般財団法人SS11を母体とする新選手会を立ち上げ、環境改善を行うと宣言したのだ。
>この行動の背景には二つの大きな「想い」があった。五輪など国際大会に向けた選手強化態勢が整っていないこと。そして、91年に約1兆9553億円あった車券売り上げが2011年には約6230億円にまで減少していることだ。
>だが、選手会は選手らの反乱に強硬策で対応。会見の翌日、佐久間重光理事長が全会員にあてて出した文面は「私は憤慨しています」から始まり、「このような行為は容認しない」と強い調子で結ばれていた。
>選手会は、所属していなければレースに出場できない上、退職金支給も行うので、「トップ選手だけではなく、下位選手の生活も守る」ことを掲げる組織だ。だからこその強気の姿勢で、SS11が新たな所属先として認められる保証がなかったことも選手側にとっては痛手だった。選手らは次第に結束を失い、謝罪をして長期間の出場自粛処分を受ける事態になってしまった。
>だが、トップ選手不在のレースに、ファンは足を運ぶのだろうか。公営競技に詳しいスポーツジャーナリストの島田明宏さんは、

 >「ペナルティーは引退勧告に等しい。選手会は競技力と人気の向上を願った選手の想いを理解しなければならない。このままでは選手がかわいそうだし、ファンもますます離れてしまう」

>選手会に大人の対応が求められている。
>※週刊朝日  2014年4月18日号


そりゃユタカや島田明宏は競馬メインだから内情知らないだろうし、純粋に一ファン視点で話すのも無理はないが、競輪どころか、それより遥かにポピュラーな競馬でさえ普段ロクに取り上げない週刊朝日が

 >競輪界が、最近なんだかおかしい

最近もヘッタクレもないだろう、どの口が言うか。
 当時も書いたが、SS11が選手会離脱を宣言した時の言い分は、自転車競技の一種目であるケイリンとギャンブルスポーツである競輪との違いから両立が困難である事や、選手へのケアが充分でない事を挙げていた。同時に、売上的に衰退一方である競輪界に対する不安や焦燥感が含まれていた。
選手会の存在意義 : 酒とワラwの日々
その志は良いとして、でも、じゃあなぜ選手会を脱会するのか・脱会して具体的に何をしたい(そしてする)のか…というヴィジョンは何一つ語られる事はなかった。当然といえば当然だがイレブンへの支持が広まる事はなく、結果、彼らは選手会に謝罪するというお粗末。
23人の腰抜け侍 : 酒とワラwの日々
その志が確たるものであるなら選手会から処分を受けた今からでも遅くはない、「自分達は輪界をこのようにしたかった」と主張すれば良いではないか。しかるに現実は、イレブンの口から聞こえて来るのは「自分達が間違ってましたスイマセン」的なものばかり。これじゃあ、そんなもの最初からなかったんだろ?と思わざるを得ない(それこそ、時間もある程度自由に取れる出走自粛期間中にでもやるのだろうか?)。もちろん俺だって輪界に対する不満や危機意識は有るし、今の選手会やその施策が100%正しいなんて思っちゃいないが、でもそれで脱会してまでイレブンがしようとしてた事が具体的に何一つなかった以上イレブンを支持は出来ないし、それに対する選手会の処分も正しかったとしか言いようがない。
 イレブンに対する減刑嘆願運動が起きてるそうだが、それだって彼らがスター選手だからってだけで、もし同じ騒動を起こしたのがA3とかの選手だったら誰も運動なんてしないだろう(STAP細胞騒動を引き起こしたのがオボちゃんでなくムサ苦しいジジイだったら、理系の話題から最も遠いトコロに位置する芸能ワイドショーなど見向きもしないだろう…というのと同じ図式だ)。輪界への不満と、イレブンの犯した罪の大きさをゴッチャにしてはいけない。
 スター選手のレースを見られないというのは確かに輪界にとって非常なマイナスだが、それを引き起こしたのは誰あろうイレブン自身だ。だからもしこれが原因で売上不振から潰れる場が出たとして、施行者が訴えるべきは選手会ではなくイレブンの方だ。
 そんなこんなを踏まえて、週刊朝日。まぁ、朝日だからしょうがないっちゃしょうがないんだけどねぇ…( ´,_ゝ`)

Nothing Ever Was Anyway: Annette Peacock
Nothing Ever Was Anyway: Annette Peacock

アーティスト:Marilyn Crispell
販売元:Ecm
発売日:1997-10-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字