March 24, 2014

国家の危機、人口減少が止まらない…「夕張は日本の未来図」 http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140324/plt14032411550013-n1.html
>2014.3.24 11:48
8c0b29db.jpg
閑散とした北海道夕張市の市街地(福島徳撮影) http://prt.iza.ne.jp/kiji/politics/images/140324/plt14032411550013-p1.jpg
79aa45d0.jpg
日本の将来推計人口 http://prt.iza.ne.jp/kiji/politics/images/140324/plt14032411550013-p3.jpg
>北海道の玄関口・新千歳空港から雪道をバスで1時間余り。乗客はわずか3人。バスを降り、市役所周辺の“市街地”を歩いたが通行人はない。
>北海道夕張市。かつて“炭鉱の街”として栄えたが、40年ほど前から相次いで閉山、ピーク時には12万人近くいた人口も現在は1万人を割り込んだ。
>人口の減少は、税収が減り、行政サービスを維持できなくなることを意味する。夕張も、市民の生活は大きく変わった。
>市民税や下水道使用料、軽自動車税などは軒並み値上げされ、ごみの収集も有料化。東京23区よりも広いにもかかわらず、小学校、中学校はそれぞれ1校に統合された。
>図書館や美術館は休廃止され、5カ所あった市役所の出先機関もすべてなくなった。市立総合病院は診療所に縮小され、人工透析は隣の岩見沢市立総合病院などまで通わなければいけない。車を運転できない人にとっては、日に何本かのバスなどを使ってどれも一日仕事になってしまう。50代後半の男性は「何もかも変わってしまい、不便になった。でも、夕張に住み続けるためには耐えるしかない」とあきらめの表情だ。
>ピーク時には260人いた市職員も100人に減った。給料は平均で4割削減された。「最初は勧奨退職だったが、最近では給料の安さや将来を悲観して、自ら辞職するケースもある」と職員の一人は話した。
>行政の在り方も大きく変わった。行政サービスをくまなく届けることが難しくなったからだ。キーワードは、街を集約化し効率的な暮らしを目指す「コンパクトシティー」だ。
>「前は1DKで狭かったが、ここは2LDKで風呂もある。今年の正月は孫たちを泊められた」
>市中心部の清水沢地区で、近隣から新築の市営住宅「歩(あゆみ)」に移った自治会長の柳原清さん(94)はこう笑顔を見せた。
>夕張は炭鉱の坑口ごとに集落が点在する。閉山後、炭鉱会社の社宅や病院などの多くを市が引き継いだ。だが、分散した約4千戸の市営住宅は老朽化し、しかも約4割は空き家。維持費など行政コストがかさむ非効率な構造が続いてきた。
>このため、市営住宅を市中心部に集約することを決断。5億4千万円を投じ12年に完成した「歩」はその第1弾だ。同様の取り組みは市内各地区で進んでいる。
>コンパクトシティーの成否は住民の理解が鍵を握る。東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた岩手県陸前高田市などでも導入が進むが、他の自治体では集約が進まなかったり、再び郊外に流出したりする失敗もみられた。
>このため、夕張では市の将来像について市民から聞き取り調査を実施。それを基に市民の代表と一緒に集約の結論を出し、65歳以上の住民が6割超の真谷地(まやち)地区でも移転に100%の同意を取った。
>鈴木直道市長はこう言い切った。
>「夕張は人口減少社会のフロントランナーになる」

いろいろと突っ込みドコロの多い記事だ。千歳空港〜夕張のバスは冬期のみの季節運行便で、東京からのスキーや温泉の客目当てだから、曜日や時間帯によって客数は大きく変化する。記者が取材に訪れたのがいつかは判らないが、ピークでない時に来たのは確かだろう。もう一つ、記事内にも有るように夕張市の中心部は清水沢で、市役所周辺は確かに“市街地”だけど中心部でも繁華街ではないのだから、人が居なくて当たり前。


 さて、そのコンパクトシティの先駆としてつとに有名なのが富山市。わけてもLRTの貢献度が高いとされる。で、政策の成果はさて置き、よそ者=旅行者にとってありがたいのは確かだ。地方都市では、街の玄関口である中心駅であっても繁華街とかなり離れてる事が珍しくなく(オフィス街なら玄関口志向も有るのだが)、だから用事終わりで飲み食いしようとなって閉口する。結局駅ビルしかないのかよ!っていう。駅周辺に有る商業地が大きければ大きいほど、その事自体が、実はよそ者がその街に来たがる動機にもなる。
 そうでない街では、公共交通機関の充実が必須となる。レンタカーだと酒飲めないし、タクシーは高いし。で、富山競輪は富山ライトレールの富山港線で終点の一駅前、だから旅打ちャーにも馴染みが有るし、行く動機付けにもなる。あくまで旅打ちの目的地としてだけど、良いトコに思えるわな(´∀`)

シティスケイプ
シティスケイプ

アーティスト:マイケル・ブレッカー&クラウス・オガーマン
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2013-09-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL