January 22, 2014

浜松オートの耐震を凍結 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140122/CK2014012202000112.html
>2014年1月22日
>浜松市は、中部圏で唯一運営する浜松オートレース場(中区和合町)を耐震化するための整備計画を、いったん凍結する方針を固めた。全国に六カ所あるオートレース場の収益が落ちているため状況を見極める。新年度以降にあらためて予算計上するかどうか今後検討する。
>浜松オートは一九五六(昭和三十一)年に開場。六千六百人収容のスタンドは六六〜七六年に建設され、国の耐震基準を満たしていない。市は二〇一〇年に策定した市公共建築物耐震補強推進計画に浜松オートの耐震化を盛り込み、一三年度当初予算に三千万円の整備計画費を計上していた。
>だが、山口県山陽小野田市が本年度で山陽オートの民間への委託契約を終了するほか、千葉県船橋市も新年度で船橋オートの随意契約を終了するなど、運営が行き詰まるレース場が相次いでいる。
>全国のオートレース場の総車券売上額は一二年度で七百五十五億円で、十年前の〇二年度と比べ七割以上も落ち込んでいる。浜松オートは百八億八千四百万円(前年度比11・6%減)で二番目に少なく、ピークだった一九九二年度の四百四十八億円と比べ76%減で、落ち込みに歯止めがかからない。このため浜松市は「いったん全国的な様子をみたい」(幹部)と予算執行に待ったをかけた。
>浜松オートは〇五年にも収益悪化で廃止が取り沙汰されたが、翌年に公営競技運営会社への委託で黒字に転換。この会社との委託契約は一七年度まで残っている。

酷いね、どうも。客商売の世界では、客の安全とそれに掛かるコストは絶対に削ってはいけないっつうのは常識中の常識なんだけどね…と憤慨しつつ、この耐震工事はネタにしたっけなと思い出した。

 http://ippachi.blog.jp/archives/51685941.html>死化粧に非ず : 酒とワラwの日々"
 >耐震性に問題のあるメーンスタンドについては13年度以降、規模を
  縮小した上で建て替える方向で内部調整を進める。当初は耐震補強で
  対応する予定だったが、工事費用が多額に上ることなどを考慮し、
  06年に廃止した特設スタンドの跡地など複数に分散して小規模な
  スタンドを新設する方向で調整していくという

でもって

 >一三年度当初予算に三千万円の整備計画費を計上していた

審判への憤りから何年も行ってないから判らなかったけど、まだ工事は手付かずだったのか。だから当初の建て替え案を白紙化し、さらに小規模なものにすると。いや先入観から浜松ヴォケ!と早計に考えてしまってすまんかった。…しかしまあ、こうなると発払機&食堂の屋根を兼ねた雛壇(雛壇には屋根なし)とか、いっそ投票棟と食堂はプレハブで建ててスタンドでなくただの矩面とかでも足りそうだな。…って、それもまた味気ないか('A`)

グランツ・ファースト・スタンド
グランツ・ファースト・スタンド

アーティスト:グラント・グリーン
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009-09-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字