October 26, 2013

なぜ廃止…歴史の闇に葬られた西宮競輪 http://www.daily.co.jp/horse/2013/10/25/0006446859.shtml
>2013年10月25日
9a6ede16.jpg かつて野球場と競輪場の2つの顔を持っていた西宮スタジアムの模型 http://i.daily.jp/horse/keirin/2013/10/26/Images/f_06446860.jpg
>60年代から80年代、高度経済成長期からバブル経済崩壊時まで、日本経済が高いレベルで安定していたころ、競輪場は全国で50場もあった。一宮が廃止されると43場になる。その廃止の口火を切ったのが02年3月の西宮、甲子園競輪だ。
>甲子園競輪場は阪神甲子園駅から歩くと、ちょうど球場の裏手にあたる。現在は分譲マンションなどになっている。西宮競輪場は阪急ブレーブスの本拠地・阪急西宮スタジアムとイコールで、野球場と競輪場の2つの顔を持っていた。
>西宮は球場内にやぐらを立て、118枚のアスファルトをつなぎ合わせた組み立てバンクだった。
>このバンクの脱着にはそれぞれ半日もかかり、その費用は約700万円ともいわれた。他の競輪場と比べると余分な経費がかかりながらも『東の川崎、西の西宮』と呼ばれるほど売上は良く、全盛期には阪急ブレーブスの公式戦より入場者が多かった。では、なぜ廃止に追い込まれたのか。
>売上減少はレジャーの多様化、ファンの高齢化、経済事情など理由はさまざまで一概には論じられない。だが次の一手として、ナイター開催を希望する声がありながらも(実際にはプロ野球で使用しており、競輪でも午後4時くらいの天候が悪いときは照明に明かりがともった)実現することなく終わったことが悔やまれてならない。もし実現していたら、大井競馬よりも早く公営レース初のナイター開催として注目を浴びていたことは間違いない。
>今や、優良といわれている競輪場はナイター施設が整っている。その数すでに44場中10場。西宮の場合は周辺住民の反対、警備上の理由などで幻に終わっている。しかし、本音のところでは「野球はOKだが、競輪は駄目」という“差別意識”が根幹にはあったことは十分想像できる。
>現在、その跡地は「西宮ガーデンズ」という商業施設となり、ショッピングや食事に訪れる家族連れ、カップルで賑わっている。その5階「阪急西宮ギャラリー」ではスタジアムの歴史を刻んだ映像、パネルなどが展示されている。
>しかし、この地でかつて競輪が開催されていた事実は、見事なまでに語られていない。西宮競輪はまさに歴史の闇に葬られた。
>(デイリースポーツ・坂元昭夫)

西宮には旅打ちで一度だけ行った事がある。廃止が決まった年の1月、だからファイナルの1節前の開催だが、西宮駅を出てそれらしい灰色オヤジに着いてって、ふと振り返ったら駅のホーム端の駅員通路の柵を乗り越えて直に道路に降りる(=無賃乗車。当時は地上駅だったので、こういう強行突破も出来た)オヤジ共がゾロゾロ居たのに軽くショックを受けた。客のガラの悪さ、ヤジのヒドさは川崎と並び日本で一、二を争うとは聞いてたが、この時なるほど民度が低いんだなと思い知らされた。
 でもって入ってみると、グラウンドの芝生の上に鉄パイプで足場が組まれ、その上に乗った屋根っつうかパネルがバンク。今のいわき平競輪場を駐車場から見上げたような感覚だが、スタンドに上がっても短走路の常で、どこから観ても手前側に死角が出来る。それでも普通の競輪場なら1センターか2センターから見れば全貌は掴めるのだが、ここは何せ野球場のグラウンド上に組まれたバンクゆえ、内野席最上段まで上がったところで足場パイプと天井板しか見えない。とにかく着席状態でレースをくまなく見渡せるトコロがどこにもなく、結局はスタンド下のモニターで観戦するしか術はない。

 >全盛期には阪急ブレーブスの公式戦より入場者が多かった

よくお客さん文句言わなかったものだ。や、そういうバンクとスタンドへの不満の捌け口が、選手へのヤジの苛烈さとなったのか?
 走路係員と先頭誘導員は3塁ベンチから、レフトフェンスの裏がブルペンになってるのだろうが、選手はそこから出入りする。だから選手にもの申したい客はレフトスタンドに密集し、とにかく罵声の嵐。関係ない俺ですら震え上がったものだ。今でこそ住みたい街No.1に選ばれる西宮だが、こんな人達が阪急電車にゾロゾロ乗り込んで来たら、そりゃ乗客構えるわ。東急グループの創始者である五島慶太は、阪急の小林一三を手本にしたぐらいで(つうか日本の大手私鉄のほとんど全てがそうなのだが)、阪急と言えば私鉄の雄。そして高級、お上品、ハイソなイメージで通ってて、そんなトコにこれは、ねえ。百歩譲って競馬だったら「貴族のスポーツ」と強弁も出来ようが、21世紀になってからもこうだった競輪を、そういう人達に正当化しようとするのはかなりの難事だ。そりゃ黒歴史として封印したくなるのも無理なかろうて( ´,_ゝ`)

ブレイヴ・ニュー・ギター
ブレイヴ・ニュー・ギター

アーティスト:フランク・ギャンバレ
販売元:バンダイ・ミュージックエンタテインメント
発売日:1996-10-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字