September 27, 2013

グラドル小林恵美、つらかったアイドルユニット時代 メンバーの仲も悪く… http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130927/enn1309270726001-n1.htm
>★小林恵美
>2013.09.27
>連載:私の逆境時代
83408528.jpg 逆境が仕事を呼んだ小林恵美(撮影・永瀬白虎) http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20130927/enn1309270726001-p1.jpg
>整った顔立ちとFカップのバストで息の長い活躍をしている人気グラドル・小林恵美(30)。すでにデビューして11年が過ぎた。
>「正直な話、こんなに長く続くとは思っていませんでした。昔は芸能界に少し興味がある、程度だったんです」
>知人に業界関係者の紹介を頼んだところ、登場したのが数多くのグラビアアイドルを育てた“巨乳ハンター”、野田義治氏(現サンズエンタテインメント会長)だった。
>「聞かれたのはパスポートの有無と、バストのサイズだけで。一応、Fカップです、と答えたら『じゃあ1週間後にハワイロケだから』と。そのまま仕事が始まった感じなんです」
>男兄弟がいたため自宅にはグラビア誌があり、水着になることには抵抗はなかった。が、歌やダンスの経験はなし。
>「それなのにいきなりアイドルユニットに入れられて…とにかくこの時期がつらかったですね。実は、メンバーの仲も悪くて(笑)。なんで私はここにいるんだろう? という2年半でした」
>歌やダンスのレベルも他のメンバーには及ばない。本来なら辞めてしまってもおかしくないパターンだろう。
>「でも、あるときメンバーから『一番先に辞めそうだよね』と言われて。逆に燃えました。絶対に辞めない、どんなつらい仕事でもやり通す、と決めたんです」(永瀬白虎)

だいぶ「盛った」記事だよな。テレ朝『ロンドンハーツ』の有吉進路相談で注目され何度目かのプチブレイク中だが、無難にこなしてるけど「爪痕を残す」トコまでは行ってない。フジ『志村けんのバカ殿様』も常連だけど、この人ならではっつうストロングポイントはない。野田社長率いる(当時)事務所・イエローキャブでグラビアやってた頃も、小池栄子・佐藤江梨子・MEGUMIに次ぐ社内4番手を狙う何人か、のうちの一人まで…だった。何かの深夜番組でこのアイドルユニットとやらを視た記憶もあるけど(錦糸町だか両国だかでのお披露目イヴェントの様子だった)売れなさ感プンプンで、イヤ俺何の恨みもないけど、とにかく印象薄い、記憶に残らないんだよな。
 その小林嬢の居たアイドルユニット、と別のユニットetc.イエローキャブ勢(当時JRAのCMに出てた佐藤江梨子を除く)全員で、日本選手権競輪@平塚で連日イヴェントに出てたのも今は昔。調べたら2003年、十年前か。どんなんだったかもう全然記憶にないわ('A`)

ライヴ・アット・ザ・マーキー1983 [DVD]
ライヴ・アット・ザ・マーキー1983 [DVD]

出演:テン・イヤーズ・アフター
販売元:ワードレコーズ
発売日:2012-06-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字