August 10, 2013

あまちゃん:経済効果、岩手県内で32億円 民間機関試算 http://mainichi.jp/select/news/20130809k0000m040079000c.html
>毎日新聞 2013年08月08日 21時42分
86b99f20.jpg まめぶ汁などを販売する出店で地元の味を求める観光客=岩手県久慈市で2013年4月、浅野孝仁撮影 http://mainichi.jp/graph/2013/08/09/20130809k0000m040079000c/image/001.jpg
>民間機関「岩手経済研究所」は、久慈市をメインロケ地としているNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の経済効果が、県内で32億8400万円に上るとの試算をまとめた。
>大型連休中の観光客数などから、今年度は2011年度比倍増の68万8000人が久慈市を訪れると推定。宿泊施設や飲食店の利用、土産購入など直接効果と、各産業に及ぶ間接効果を合わせた1次波及効果は28億200万円。そこから生じる所得増などで消費に回る2次波及効果は4億8200万円とした。465人分の雇用も生まれると予想した。
>4月に放映が始まったドラマは9月に終了する。同研究所の沢田恭範研究員は「一過性の経済効果で終わらせず、観光客の訪問が続くよう取り組みを強化することが必要」と話した。【金寿英】

阪神タイガースが優勝したら経済効果○億、みたいのと比べるとスケールがかなり小さい。まあそれでも、人口130万の岩手県・4万の久慈市からするとこれでも充分過ぎるぐらいデカいのか。地方都市としては、市の人口の1%強の雇用が生じるというのは非常に強力な効果だ。とはいえ

 >一過性の経済効果で終わらせず、観光客の訪問が続くよう取り組みを
  強化することが必要

それが出来りゃ誰も苦労しないっての。ぶっちゃけ来夏まで保つかつったらかなりの疑問符が付く、NHKは民放と違って続編だのスピンオフだの安易に手ェ出さないだろうし。それにあまちゃんに限らず、大河ドラマだって釣りバカ日誌だって、ロケ地や所縁の場所の見学で地元が観光特需に沸くのはあくまで一過性のものだ。渡良瀬橋や水曜どうでしょうやアニメみたく聖地巡礼ものなら多少長続きはするが、それだって徐々にフェードアウトして行く。久慈は記念館のタグイのハコモノ造るんじゃないよ、とは真剣に思う。
 さてそれでバクチだが、俺は旅打ちなんつう酔狂な趣味を持ってるので、近隣に名所古跡のタグイが有ればついでに立ち寄る様にしている。つってもロケ地となると、今は亡き福山競馬行ったついでに鞆の浦(=『崖の上のポニョ』の舞台のモデルになった)に行ったぐらいだ。
エトワールセト号 : 酒とワラwの日々
不思議と、バクチ場近隣が舞台となった作品ってないものだ。逆にバクチ場そのものが舞台となった作品を探した方が数こなせそう…ってこりゃ本末転倒だな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字