August 09, 2013

薬物騒動のASKA「反社会的な世界の同級生など1人もいない」、歌手NAOMIにメール http://www.j-cast.com/tv/2013/08/06180948.html
>2013/8/ 6 16:08
>中野浩一の妻で歌手のNAOMI(49)は、薬物問題が報じられた「CHAGE&ASKA」のASKA(55)から「俺には北海道時代に反社会的な世界の同級生など1人もいない。そういう友人は1人もいない」と否定するメールを受け取ったと8月5日(2013年)のブログで明かした。
>週刊文春(2013年8月8日号)がASKAが北海道に住んでいた学生時代の友人で暴力団関係者から薬物を受け取り、吸引現場を盗撮したビデオで脅迫されていると報じていた。
>NAOMIはASKAを30年来の友人で「兄的存在」だという。いつも連絡を取っており、上記のメールや「心配するな」とメールが送られたと明かす。
>直接電話をして、心配する友人たちがいるためブログで書くことに至ったという。電話口の声は「至って変わらず元気な声で普段通りだという事です」として、文春の記事では取材中に滑舌が悪かったとされたが、「滑舌がちょい悪く感じるのは(笑)早口で喋り過ぎるから、ですよね?今更ではなく30年前からですから(大笑)」と釈明した。
>「雲隠れもしていないし(笑)『一過性脳虚血症』この病気の治療もちゃんとしているし良くなりつつある…ご心配なく、との事です」と活動休止はあくまで病気療養だと訴えた。
>「『これが全てです』『これが真実です』」「どんな時も『真実は1つだけ』ですから」と繰り返し主張した。
>週刊文春の報道については8月1日、CHAGE&ASKAの所属事務所が「報道の内容は事実に反しており、大変遺憾です。弊社としてはこれらの報道に対し、厳重に抗議いたします」と否定している。
飛鳥の友人の擁護が墓穴掘った? http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/170717/
>2013年08月09日 11時00分
>やっぱりおかしい!? 一連のASKA(飛鳥涼=55)の“薬物依存疑惑”報道に対し、所属事務所が「事実に反する」とコメントを発表したものの、当の飛鳥はいまだ沈黙を守ったまま。そんな中、飛鳥に代わって疑惑を否定しているのが、元人気競輪選手中野浩一氏(57)の妻でタレントNAOMI(49)だ。
>飛鳥とは30年来の親交があるといい、自身のブログで飛鳥と最近連絡を取り合ったことを明かした。それによると、飛鳥は「至って変わらず 元気な声で 普段通り」だそうで「雲隠れもしていない」。
>また、飛鳥から「俺には北海道時代に反社会的な世界の同級生など1人もいない。そういう友人は1人もいない」「心配するな」というメールも来たそうで、NAOMIは「これが真実です」と強調。だが、これが巡り巡って飛鳥の墓穴を掘ることに…。
>1996年に飛鳥が書き下ろしたエッセー「インタビュー」(幻冬舎)に「僕にはヤクザの友達がいる。“ヤクザな”ではなく、“ヤクザのような”でもなく、正真正銘のヤクザである」と明記されているのだ。
>同書はファンの間でも知られているだけに「あれ? 前に言っていたことと違う」という話になり、一層、飛鳥の精神面を心配する声が上がっている。
>関係者は「このところ、飛鳥さんはいても立ってもいられず、知人や業界関係者に電話して『シャブなんかやっていない』『あんな報道、ガセだ』と身の潔白を訴えているそうだ」と明かした。
>一番手っ取り早いのはマスコミの前に現れ、記者会見して元気な姿を見せることなのに…。

このNAOMIって人、加護亜依の騒動の時も「娘同然に可愛がってる」とか言ってしゃしゃり出て来たよな。本人的には「言われなき攻撃に晒されてる可哀想な知人を守らなくちゃ」と義憤に駆られてるんだろうけど、この人の歌手やタレントとしての実績を全く知らない俺からすると「自分が目立つためにトラブルに巻き込まれてる著名人を利用するセコい、浅ましい人」って風に映っちゃうし、その旦那である中野浩一までもが何だか胡散臭く見えて来ちゃうんだよな。他所の夫婦仲に口突っ込むこっちゃないのは解ってるけど中野さん、ちょっとは嫁の教育しなさいよ( ´,_ゝ`)

嵐の使者
嵐の使者

アーティスト:ディープ・パープル
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2013-07-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字