August 02, 2013

FX各社、超高速取引を抑制 手数料を引き上げ http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC30004_R00C13A8EE8000/
>2013/8/2 0:13
>外国為替証拠金(FX)取引会社が短時間に大量に売買する超高速取引を抑える対策に乗り出した。超高速取引でシステム障害が起きたり、提示レートが跳ねたりする弊害が大きくなったためだ。超高速取引を手がける投資家を排除しようと実質手数料の引き上げや取引量の上限下げなどに相次ぎ動いている。
>超高速取引を手がける投資家は各社とも「数十人はいる」(大手FX会社)。経済指標の発表後、相場が反応するまでの時間差を狙って利ざやを稼ごうとする場合が多い。

既にFX業者のコンピュータ能力を越える超高速取引を客にされちゃってて、そのカヴァー取引が間に合わなくても顧客が出した利益は業者側が保証しなければいけない、というのが現行ルール。これでは業者丸損だからそういう特殊な顧客を自社から締め出そう、っつう事だ。
 超高速取引自体がシステムの不備っつうか法の抜け穴を突いてるようなもので、そんなごく一部のモンスター顧客のために圧倒的大多数の顧客や業者までが不利益を被っちゃアカンやろと。まあ業者にも客を選ぶ権利は有る、ケータイ会社やプロバイダが、大量にデータ通信するヘヴィユーザーに通信速度制限するのと同じだ。「そんなもん業者もシステム増強する努力せいよ」っつうのは正論だが、それには業者の利益の結構な割合を占める額の投資が必要になるし、仮にそれをやったところでさらなる超々高速取引をする投資家が現れるだけのイタチゴッコだし。ま、しゃあないかなと( ´-`)y-~~~

トータル・レスポンス
トータル・レスポンス

アーティスト:ホレス・シルヴァー
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2009-04-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字