June 23, 2013

武論尊氏 「北斗の拳」だけで20億円? http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/06/22/0006098261.shtml
>2013年6月22日
>人気漫画「北斗の拳」の原作者、武論尊氏が22日、TBSテレビ系の情報番組「ジョブチューン職業のヒミツぶっちゃけます」に出演し、印税などについて明かした。
>気になる収入について武論尊氏は印税が5%であることを告白。番組内で「北斗の拳」の単行本コミックが1冊400円、その5%が20円、これまでに1億部以上売れているとして計算したところ、これだけで20億円の収入があることが明かされた。
>「北斗の拳」はパチスロなどにも展開され、全国で100万台以上が使われているという。しかし、武論尊氏はこれに関する収入については「言うと皆さんが不愉快になる」として明かさなかった。かなりの高額になるとみられることから共演者が何に使っているのか聞くと「趣味が競馬なんで…」と答えた。

あぼーんした旧ブログでネタにしたが、テレビ埼玉『たかじん胸いっぱい』で「たかじんチャンでパチンコ台作ったらナンボ入って来るか」って下世話な企画をした事があったのをよく覚えている。「最近(←O.A.当時)芸能人のパチンコ台が流行りだけど、例えば『CRやしきたかじん』みたいなのが出たとしたらじんちゃんの元にナンボ入って来るの?」と。
 で、各パチメーカー、ノーコメントばかりの中 ━━ 「○○にそんなギャラ出すならもっと出る台作れや」とパチンカーに突っ込まれるのは必定だから当たり前だ ━━ 1社だけ、絶対匿名を条件に答えてくれたが、契約形態が人によりメーカーにより本当にまちまちなので、一概にこれぐらいとは言えないのだと。
●台メーカーの規模やタレントの格、人間関係による「ちょっとマケてor色付けて」的お願いetc.
●単純に一台売れるごとにナンボって契約なのか⇔「ウン台売れたらプラス◯%」とかのオプション付き契約なのか
●たかじんの映像は全て実写か⇔似顔絵イラストありか
●実写映像は撮り下ろしか⇔既存のものの流用か
●プレイ中にたかじんの曲を使わないのか⇔使うのか→使うなら何曲・何秒か
●台だけでなくキャラクターグッズ作ったりするのかetc.
といったモロモロでかなり上下するのだと。ただしそういう番組で推定値として出すのなら、1割でやればそこまで見当外れな数字にはならないと。さらには、1万台売れれば業界的にヒット作と言えるのだとも。
 で、武論尊氏は単行本の印税を5%と述べてるが、一体に出版印税は1割と言われてて、て事は作画の原哲夫氏と折半してる事になる。ならパチもそうだろう。パチンコとパチスロで台価格がそんな違うって事はないだろう、40万円として(←それ以上だとも言われているが)、1台売れるごとに2万入って来る、掛ける事の100万台は200億。…計算間違ってないよな?

 >「言うと皆さんが不愉快になる」として明かさなかった

そらそうだわさ。…いやしかし、個人の才能に対する正当な報酬なのだから、羨みはするがやっかむ必要はない、そんな醜いヒガミ根性出さんと素直にオメデトウと言ってあげるべきだ。一発当てるって本当に凄い事だよな( ´-`)y-~~~

ナックルビーン
ナックルビーン

アーティスト:ボビー・ハッチャーソン
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2013-02-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字