May 27, 2013

 昨日のパークウインズ中山での乃木坂46イヴェントだが、
乃木坂って、誰? | 酒とwの日々 - ライブドアブログ - Livedoor
行った同僚が語ってくれた、とにかく異様な光景だったと。
 パドックっつうのは馬が周回する場所で、それプラス関係者だけが立ち入れる空間。そうでない時は無人。それがこの日は、アイドルが十何人ゾロゾロと出て来る訳で、それだけで競馬ファンにとって新鮮っつうかショッキングな光景だと。そのアイドル達は名前ばかりか実物を見ても誰が誰やら全く判らない、しかしそのパドックをGIレースでもなかなかお目に掛かれない人数のヲタが何重にも取り囲む。でもってパドックっつうのは普段なら絶対デカい音出してはいけない空間、しかしそこに有るのはPAやら何やらで、ひとたびライヴが始まるや大音響と、それに負けじとコールやら振りコピやらヲタ芸やらを繰り広げる。曲の合間には「皆さーん、ダービー盛り上がってますかー?」とかMCが入るのだが、どう見ても言わされてる感満載。でもってショッピングモールとかだったらまだしも(そういうアイドルイヴェントは、この同僚は何度か経験済)ステージの後ろにはオッズ表示板がそびえ立ち、メンバーを見る視界にどうしても『NAKAYAMA』の文字が目に入るのが気になってしょうがないのだと。
 で、同僚はスタンド裏の高いアングルから見てたのだが、自分の後ろ側(=スタンドの中)ではアイドルなんぞに脇目も振らず競馬に熱中してるオヤジが大量に居て(パークウインズなんだからこっちが正しい姿だ)、でもってステージ中にちょうど京都5レースが始まっちゃったもんだから、その実況とオヤジ共の「差せ差せ差せ差せ差せ!」とか歓声とか怒号とかが聞こえて来る。片や眼下ではアイドルが歌い踊りヲタがオイオイ叫び…いや何ちゅうシチュエーション、かなりのカオスだ。
 まあそれでライヴが終わりメンバーが笑顔で手を振る、その視線は基本平行だからスタンドにはおそらく誰も気付いてないだろうが、スタンド組も選挙カー状態で彼女達にお義理で手を振ってたそうだ。同僚は競馬エイトを、隣のジジイは上はランニング(シャツ)一枚にタオルを首に掛けて日刊スポーツ振って、どう見てもアイドル無関心組だが、お愛想でそうしてたのだと。そして最終的にメンバーが地下馬道に捌けて行く…それだって競馬ファン的には有り得ないパドック光景な訳で、とにかく頭グワングワン揺れるショッキングな30分だったそうな。その後のおみくじ馬券がどうたらいうイヴェントも長蛇の列で、同僚はそれを尻目に、以降は馬券に集中したと。で、甲斐有って15万勝ち。「幸運の女神でしたか乃木坂」「いや俺の実力だ」さよか( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字