January 31, 2013

夜行急行「きたぐに」完全引退 ブルトレ「日本海」は検討中 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130131/wlf13013112510006-n1.htm
>2013.1.31 12:44
2d71f873.jpg 完全引退する「きたぐに」 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/photos/130131/wlf13013112510006-p1.htm
>大阪と新潟を結び、鉄道ファンや観光客に親しまれた夜行急行「きたぐに」が、今回の年末年始で臨時列車としての役目を終え、完全に引退した。昨春に定期運行から退き、繁忙期の臨時運行を想定していたが、車両の老朽化もあり、車両を所有するJR西日本が運行自体の廃止を決断した。
>きたぐには、昭和36年に金沢−新潟間で運転を開始し、57年から大阪と新潟を結ぶようになった。ベッドに加え、乗車料金の安い座席も設けられていることから、スキー客や登山客にも重宝された。
>時代とともに新幹線や高速バスが整備され、航空網が発達するなかで、利用客が減少し、昨年3月で定期運行を取りやめた。それでも、昨年のゴールデンウイーク、お盆、今回の年末年始には期間限定で“復活”し、関西から北陸地方を経て新潟までを駆け抜けた。
>運行の役割を終えた車両は廃車するケースがほとんどだ。JR西は平成28年春に京都市内での開業を予定している鉄道博物館で、往年の名車両の展示を計画しており、「博物館での展示やイベントでの特別運行といった活用の可能性もある。検討はしていきたい」と説明している。
>青い客車が特徴のブルートレインのひとつとして人気を集め、きたぐにと同様、昨春に定期運行から退いた寝台特急「日本海」(大阪−青森)は、この年末年始なども臨時列車として運行されている。車両を所有するJR東日本は「6月まで臨時運行の予定はないが、今後については検討中」としている。

定期運用外れた時点で時間の問題だったが、遂に正式に逝ったか。青函トンネルが無かった頃は航空運賃も高く、だから北海道行く時はいつも『はくつる(『きたぐに』と同系車両を使う上野〜青森間の寝台特急電車)』+青函連絡船+『おおとり』だったっけ(´・ω・`)
 新幹線の延伸で日帰り圏が増えた事や、それへの対抗措置として飛行機が低廉化した事、高速道路網の拡充による夜行バスの勢力拡大もデカいが、この記事には無いもう一つの敵は、格安を売りに全国展開したビジネスホテル。寝台列車(≠座席夜行列車)は定員が半分以下、いきおい寝台料金を加算しないと採算が合わないが、それがビジホより高くなった時点でもう詰んでる。逆に『カシオペア』『ななつ星』など、時間にあくせくせず豪華列車そのものの旅を楽しむというビジネスプランはもちろん有るが、そういうコンセプトの『トワイライトエクスプレス』が既に同線(大阪〜札幌)を走ってるのだから両列車に出番が有る筈もない。
 まあ夜行バスが有ればさほど困らんのも確かだけど、連泊はキツいとか(前ネタにしたが、俺は旅打ちハシゴで4連チャンした事が有る。『水曜どうでしょう』以上だ!)止まった地ベタで寝たいとかの需要は確かに有るしな。使わないとはいえなくなるのは寂しいのも確か、せめて高松競輪行く時だけでも『サンライズ瀬戸』使ってみっかな…や、やっぱ値段考えたらバスになるよなあ('A`)

ブルー・トレイン+2
ブルー・トレイン+2

アーティスト:ジョン・コルトレーン
発売日:2012-04-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字