September 28, 2012

「カツカレー」突然ブーム 安倍新総裁「3500円」が火をつけた http://www.j-cast.com/2012/09/27147982.html?p=all
>2012/9/27 18:03
>自民党総裁選で勝利を収めた安倍晋三元首相。投票直前にカツカレーを食べていたが、直後からなぜかインターネット上でカツカレーの話題が急増した。
>テレビ番組で、このカレーの価格が3500円と報じられたことが火をつけたようだ。ツイッター上では「3500円」という値段をめぐる議論や、とんかつ店のツイッターに人気が集まるなど、ちょっとしたブームを思わせる。
>自民総裁選が行われた2012年9月26日午後、テレビ各局は各候補者の投票直前の様子を伝えた。注目したのは、その日の昼食だ。有力候補とされた安倍氏や石破茂前政調会長が、都内のホテルで選んだ食事はカツカレーだった。選挙に「勝つ」ための験担ぎの意味が込められている。
>安倍氏は支持者を前にした出陣式で、「私も今日はカツカレーだと思って、この1か月はカツカレーを食べずにとっておきました」とお腹をさすりながら、リラックスした表情で語りかけた。2007年9月、体調不良を理由に首相を辞任した過去がつきまとうだけに、健康をアピールするためか豪快にカレーをほおばってみせた。
>このカツカレーの値段について、毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」の中で、現場リポーターがこう伝えた。
>「通常のカレーだけで3500円、カツを乗せると特別オーダーでもっと高くなるそうです」
>リポーターが「種明かし」をする前に、スタジオのコメンテーターに値段を当てるよう促していた。誰も当てられずに「皆さん庶民ですね」と返したためか、ツイッター上では「安倍さんは庶民感覚がない、と叩きはじめた」などと怒る書き込みが増えた。その後リポーター本人が「ひと言も批判していません」と釈明している。
>とはいえ「3500円カレー」のインパクトが強かったのか、カツカレーはツイッター上を賑わし続ける。値段に関する驚きだけでなく、「今日はカツカレー食べたい」といった何気ないつぶやきやカレーの写真が投稿されていった。とんかつ専門店のアカウントは一気に注目度が高まり、「NAVERまとめ」には「安倍さんの3500円カツカレーと、庶民も楽しめるカツカレーの名店マップ」が登場。26日夕方から夜にかけて、ヤフーやツイッターのトレンドワードでトップに躍り出ている。
>唐突なカツカレーブームは、9月27日になっても止まらない。グーグルの「急上昇ワード」では首位をキープ。この日は「昼食談義」でカツカレーが登場していた。ツイッターを見てみると、「学食でカツカレー売り切れ」「店員に聞いたら、普段の5倍カツカレーが出てるって」と、ネット上だけの騒ぎにとどまらず、実際に「特需」が起きていたようだ。
>カレー専門店「CoCo壱番屋」に関連するツイートも多い。「CoCo壱でカツカレー食うかぁ」「客全員がカツカレーを注文してる」といった内容だ。運営会社の壱番屋は東証一部に上場している。「安倍効果」のおかげかは不明だが、27日の株価終値は前日比6円高と好調だった。
「3500円カツカレー」批判の矛先はマスコミに http://news.livedoor.com/article/detail/6995605/
>2012年09月28日13時00分
>提供:ゆかしメディア
>自民党の総裁選を前にして安倍晋三新総裁が3500円のカツカレーを食べたことを「庶民感覚がわからない」などと毎日放送(大阪市)が報じ、インターネット上では報道を批判する声が多く出た。しかし、今度は日刊スポーツが「安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難」と伝え、ネット上の多数を占めた報道批判を無視するかのような報道に、再び『ネット非難』が起きている。
>日刊スポーツによると、「インターネット上で“カツカレー騒動”が勃発している。ツイッターなどでは『(値段が)高すぎる』『既に庶民感覚を失っている』などと安倍氏への非難が出ている。過去にも麻生太郎元首相の都内一流ホテルでの高級バー通いが非難されたことがあり、安倍氏にとっては早速、痛い船出となった」というものだ。
>これは26日に、東京・ホテルニューオータニで、安倍氏が3500円のカツカレーを食べたことに起因する。確かに3500円のカレーを食べたこと自体を批判する声もあったが、大多数が報道についての意見であった。
>日刊スポーツの報道を受けて、ツイッター上では「高いカレーを食べたことじゃなくて、くだらない批判をするマスコミを非難した意見だ」「これは虚構新聞ではないのか?」「事実捻じ曲げ記事の典型ですね」と批判する声が。また、「朝日新聞で書きたかったけど袋叩きにあうので子会社の日刊に書かせたのでは?」という見方まで。

>自民党総裁に庶民感覚が必要かどうかはともかく、いつも繰り返される「庶民感覚の欠如」批判報道。マスコミは政治家が高額な品物を消費することを待っているかのようだ。だが、もうそれを求める国民は少数派だろう。
>また、今度は300円の牛丼を食べる姿を目撃したという報道まである。当人たちは少し意識した面もあるかもしれないが、完全に空気を読み間違えているのではないか。

庶民感情として「カツカレー3500円って高っ!」とか「贅沢ぅ〜!」とかなるのは解るが、マスコミが「安倍には庶民感覚が無い」って批判するのはアホかバカかと。政策や行動力を批判するなら解るがそこは逆だろ、そもそも金持ちが金使って何が悪いのよ。贅沢品とされるものを金持ちが買えばそれを売った人が儲かり、その金で買い物を…とそれだけで経済は循環する。「累進税率上げろ、富裕層からもっと税金取れ」っつう意見はよく見聞きするが、経済効果でいえばそういうトコから所得税1億取るより20億買い物してもらって消費税1億納めさせた方が遥かに大きい。当の富裕層だって、税金払ってもどうせ訳解らん事に使われるんだから、だったら同じ納税するなら買い物経由の方がよっぽど良いだろう。なのにマスコミが贅沢批判して、富裕層が国内で高価な買い物しちゃいかん空気作っちゃったから仕方なく海外で使う様になって、それは富の国外流出だ、会わせ技一本で経済効果どれだけマイナスに働いたか。昨今の不景気は政治の失敗ももちろん有るが、庶民感情に名を借りた貧乏人の僻み根性で富裕層の贅沢を批判したマスコミにも責任の一端は間違い無く有る。ホリエモンという人間を俺は特に好きではないが、全マスコミがホリエモン叩きに回った瞬間が日本経済の転換点だったな、と今にして思うほどだ。
 …いやホント、そういう富裕層が競走馬買ってくれる土壌っつうか空気が有れば、競馬界ももうちょっとねぇ。関口房朗はTV番組でミスター大盤振る舞いしてた時もう既に預託料滞って…なんて裏話も伝わってるけど、でもあれぐらいのスケールの人がもっと何人も日本に居りゃ、許される日本だったらねぇ…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字