September 12, 2012

お持ち帰りCDが大人気のワケ http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120906-00026138-r25
>2012.09.06
49ee2b39.jpg ディーアンドエーミュージック提供による、「お持ち帰りCD」製作当日の作業風景。「会場によっては、小さな控え室や楽屋の廊下口で作業することもある」と白川さん。お世辞にも良い環境とはいえないなかで、時間と戦うその姿はまさに“戦場”のようだ http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_image/?id=20120906-00026138-r25&page=1
>昨今、音楽業界においては「お持ち帰りCD」というものが話題になっているらしい。これは、ライブ演奏をそのまま収録し、終演後にそれを受け取ることができるCDのことで、従来のライブ盤とは、販売までのスピードが圧倒的に違う。今年1月の奥田民生さんのライブでも販売され、大きな注目を集めた。この「お持ち帰りCD」、一体どのように製作しているのだろう。
>「ライブ当日はとにかく時間との戦いです。ライブを収録したマスター音源が届いたら、きちんと録音できているか再生してチェックしつつ、専用の機器でCD-Rにコピーをしていく。そして出来上がったものから、事前に準備しておいたジャケットパッケージに包み販売する、という流れです。少しでも時間を確保するために、基本的にアンコールは収録せず、その間も作業を進めます」と話してくれたのは、「お持ち帰りCD」の製作を手掛けているディーアンドエーミュージックの白川幸宏さん。
>「お持ち帰りCD」はライブ前に整理券を購入し、終演後に引き換える仕組み。価格は通常のアルバムと同程度の数千円だ。確実に売り切るため、会場収容キャパの1割から3割程度の枚数しか製作されないが、埼玉スーパーアリーナのように収容人数が1万人を超える会場でも即完売したという。「CDが売れない時代」といわれているのが嘘のようだ。
>では、そもそも「お持ち帰りCD」の始まりはいつ?
>大手レコード会社、EMIミュージック・ジャパンの高木亮さんによると。
>「もともとヨーロッパでは“お持ち帰りCD”がひとつのビジネスとして成立していたんです。その手法を日本でも取り入れようと思い、2010年に開催した弊社の音楽イベント“EMI ROCKS”で企画したのが始まりでした。イベント後には、各レコード会社からの問い合わせが殺到し、なかには『お持ち帰りCDの技術は、特許を取っているのか』というような質問もありました」
>それ以降、業界内での注目度は右肩上がりで、最近ではアーティスト側から「自分たちも作りたい」という声も上がっているそうだ。
>「生放送と同様に、演奏の良し悪しがそのまま収録されるので、アーティストの中には緊張する人もいるようですが、ファンにとってはそれがたまらない。たとえ同じセットリストでも、会場によってノリや空気感が変わります。二度と同じものが手に入らないというレア感が“お持ち帰りCD”の魅力のひとつなんです」(白川さん)
>9月頭には国内ではほぼ初と言える「お持ち帰りDVD」も販売され、非常に好評を博したという。今後これらの新しいサービスは、音楽業界の救世主となるのだろうか。
>(磯田 大介/Office Ti+)

これ良いね。俺もライヴであったら買うわ。で、3競オートでこれ出来んか。「DVD買う千円あったら千円分の馬券(or車券、舟券)買うわ」っつう声はもちろん解るがそうでないレースも確かにある、例えば徹夜組が出る日本ダービーや有馬記念、競艇の賞金王決定戦やKEIRINグランプリ。こういうのの、レースはもちろん本馬場入場や展示航法から表彰式でのセレモニーまで完パケされてたら、本場に居合わせた思い出として買う人結構居ると思うんだけど。レース後の反省会@居酒屋でノーパソでこのDVD視たら絶対盛り上がるだろうし。レース映像や実況音声とか、権利関係クリアにするの色々大変だとは思うけど、どっか試しに一度やってくんないかなぁ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事へのコメント

1. Posted by 十文   September 20, 2012 15:15
5 ユーツベでしか見れない過去の特別。マニアは自宅で録画してますが…
青森の御大や神奈川の若人達とリアルタイムに居酒屋反省会するには良いアイテムですな。
青森の爺は闘病中!?だから、再開は無理ですかね?
年に一度くらいは某企画の皆さんとお会いしたいもんだ

2. Posted by イッパチ   September 20, 2012 23:19
十文さん>ご無沙汰しております。弘前の氏は、体調ばかりか転職絡みも有りますから、落ち着くまで大きな動きは出来なさそうですね。浮き世の苦労やシガラミを忘れてブワーッとやりたいのは誰しもそうだとは思いますが…( ´-`)y-~~~

コメントする

名前
 
  絵文字