September 05, 2012

さらば砂王、スマートファルコン引退 http://www.sanspo.com/keiba/news/20120905/kei12090505090016-n1.html
>2012.9.5 05:08
ad301640.jpg
圧倒的なスピードでダート界を席巻したスマートファルコン。エスポワールシチーに9馬身差をつけた11年の帝王賞も記憶に残る一戦だ http://www.sanspo.com/keiba/photos/20120905/kei12090505090016-p1.html
>ダートで一時代を築いた快速馬スマートファルコン(栗・小崎、牡7、父ゴールドアリュール、母ケイシュウハーブ)が左飛節部の腱鞘炎のため、現役を引退することが4日、わかった。今後は2億4000万円のシンジケートが組まれ、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる。
>今年3月31日の世界最高賞金レース、ドバイワールドC(UAE=メイダン競馬場、GI、オールウエザー2000メートル)に遠征し、スタートで躓いて10着に敗れたのがラストラン。ドバイから帰国後は6月の帝王賞出走を視野に入れたが、態勢が整わず回避。復帰に向けて調整していたが、左飛節の腱鞘炎を発症した。
>美浦・畠山吉宏厩舎からデビューしたファルコンは2007年10月に東京ダート1600メートルで新馬勝ちを飾り、08年ジュニアCで芝の勝利も挙げたが、栗東・小崎憲厩舎に転厩した同年ジャパンダートダービー2着以降はダートで活躍。JRA4勝、地方19勝で通算23勝(34戦=JRA8、地方25、海外1)をマークした。スピードの違いで圧勝するレースが多く、10年の東京大賞典では2分0秒4(良)という驚異的な日本レコードで優勝し、“砂のサイレンススズカ”と形容された。
>10年11月のJBCクラシックからGI6勝を含む9連勝を達成し、交流重賞19勝は歴代最多。10、11年は地方競馬の年間表彰のNARグランプリダートグレード競走特別賞を受賞した。
>世界に通用するスピードを備えながらも果たせなかった父の夢は産駒に託される。
>(紙面から)

何しに行くんだドバイなんて、と当時から思ってたが最悪の結末になったな。この故障を結果論というのはドシロウト、当時のネット掲示板は「オールウェザー合う訳ねーだろ」的無謀の声で溢れ返ってたものだ。何かにつけ海外遠征を声高にブチ上げる外国コンプレックス丸出しな手合いには本当に腹が立つ、実際言うだけ言ってその発言に何の責任も取りやがらないし。ゴルトブリッツが急死しスマファルが引退、フリオーソは屈腱炎抱えての騙し騙しだしエスポワールシチーも復調未だし。地方競馬が盛り上がらない事この上ないし、これが各地方に与える影響だって小さくない。…いや本当、海外厨の愚かさっ振りには呆れ返るわ( ´,_ゝ`)

トリップ・トゥ・ジ・オリエント
トリップ・トゥ・ジ・オリエント

アーティスト:ロニー・マシューズ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2002-09-25
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字