July 27, 2012

「ブックメーカー」使う投資、突然の配当中止に http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120726-OYT1T01633.htm
>英国政府公認の賭け業者「ブックメーカー」を使った投資で、高配当をうたって出資金を集めていた投資会社「スピーシー」(大阪市)が、今年5月以降、会員への配当を中止し、解約にも応じていないことがわかった。
>同社関係者によると、出資者は少なくとも全国約6000の個人・法人、出資金は計約360億円に上る。出資者の一部は8月中にも返金を求めて集団訴訟を起こす予定で、代理人弁護士は「出資法違反などにあたる疑いが強い」と指摘している。
>同社関係者や内部資料によると、同社は前身の会社時代の2008年頃から、英国でスポーツの勝敗を賭けの対象にするブックメーカーを使った投資を企画。同じ試合でもブックメーカーごとに賭けの倍率が異なることに目を付け、「分散して賭ければ、どんな試合結果でも必ず利益が出る。香港で数千人を雇って賭けを行っている」などと説明していた。月に出資額の3〜10%という高配当のほか、新たな会員を紹介するとマージンも受け取れる仕組みなどが口コミで人気を呼び、出資者を急速に増やした。
>昨年末〜今年4月、キャンペーンと称して期間中に800万円以上出資した人に、配当の2%上乗せやシンガポール旅行に招待するとして、さらに出資を募った。同時期だけで数十億円を集めたが、翌5月に突然、配当金の支払いが止まり、解約の求めにも応じていない。旅行も実現しなかった。
>(2012年7月27日09時06分 読売新聞)

たははは。これ

 >同じ試合でもブックメーカーごとに賭けの倍率が異なることに目を
  付け、「分散して賭ければ、どんな試合結果でも必ず利益が出る

ここは良い。でもすぐ後の

 >香港で数千人を雇って賭けを行っている

ここで胡散臭さに気付かんもんか。でもって

 >新たな会員を紹介するとマージンも受け取れる仕組み

どう見てもマルチじゃん。挙げ句に

 >昨年末〜今年4月、キャンペーンと称して期間中に800万円以上
  出資した人に、配当の2%上乗せやシンガポール旅行に招待する
  として、さらに出資を募った

逃亡資金掻き集めってミエミエ。全く、人間欲の皮突っ張っちゃってるとこんなショボい手口にも引っ掛かるんだな。被害者には何一つ同情出来んな( ´,_ゝ`)

オッズ・アゲインスト・トゥモロー
オッズ・アゲインスト・トゥモロー

アーティスト:ザ・モダン・ジャズ・カルテット
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2011-12-21
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字