May 25, 2012

 テレ玉『バッハプラザ』で3月まで川口オートレースのレポートを担当してた(今CSでやってる『リングリングプロジェクト』のレポートをしている)櫻崎歩嬢のブログで、中国メディアが取材に来てた事を知った。
中国メディアオートレース観戦ツアー|♪さくら咲く♪ http://ameblo.jp/ayusakuran/entry-11259403834.html

なるほど新華社通信でデカデカと取り上げてた。

高清:在日本摩托车赛圣地体验“速度与激情”(组图)-搜狐滚动 http://roll.sohu.com/20120523/n343901659.shtml
>2012年05月23日 10:06:35 | 任: 彭 方 | 来源: 新网日本道
>新社者建中
>新网京5月23日 :探日本摩托的地
>新社者 建中
>京的埼玉川口市是埼玉的第二大市,在川口市中部的青木地区,有日本最大的摩托,建于1952年,由川口市有和管理。由于的券售和入人数都居日本第一,所以被称日本摩托的地。者前往里,探了摩托的魅力。
>川口摩托与一般的形体育没有太大差,但只有三面有席,形成一个“C”字形。能容4.4万人,占地面12.5万平方米。此外,室内的特席有1242个座位,室有76个座位。道500米,30米,次比共6圈,次比有8名手,分着白、遏红、蓝、黄、浅蓝、橙、粉8种颜色的服装。
>只令一小旗,8摩托如脱野疾而出,以速100公里的速度逆方向争我押に狢饋煩楔短っ蓮ぜ蠹限榲埒函ね臣鰐命眥勝に狢饂耽鐡垈餝蠹檗の畤踊埣絨貲調澄C暫撮格拭と羹察」
>看了一比,者前往台下的摩托参,禁止携手机入。途中,手住宿的地方。了避免与外界系,制造假,手入住后,不能打、上网,吃住都在内。
>摩托口停放几排摩托,胎罩着通的如同褥子的形曄B朮胆斬杤澄ば瑳瀏翩垈餝蠹檗M凍托后被袴毯包裹着」
>再往里走,就是一个个小房,口都着一摩托,里是摩托存放地和修理。
>据法人日本自行和摩托会广部副主任山中史介,了防止摩托在修理程中被做手脚,所有的摩托保都靠手自己行。手不是高超的手,是的摩托修理。
>者看到一个弱年人正在修理自己的摩托。介,他就是日本著名歌手合“SMAP”的前成森且行。了在比中占得先机,手都要力控制体重。森且行,自己从小的梦想就是成摩托手,所以退出SMAP后,一心参加摩托。
>入口立着一摩托,者上去感受了一番。摩托左把特高,右把特低,左臂高高着,右前臂却几乎低到腰部以下,整个身体姿非常。然而比,摩托以逆速行,向左大幅斜,左右臂就在一个水平上了。摩托没有(刹),避免手致一串撞事故。胎是用的三角胎,摩托斜行,几乎都是胎面着地。
>回到室,一位面容清秀的小姑娘走了来,就是日本唯一的女摩托手佐藤摩弥,16日迎来20生日。佐藤摩弥个子不高,比摩托高不了多少,看子体重只有40多公斤,却要操作修理120公斤的摩托。面孔白皙,双手却非常粗。
>佐藤摩弥,去年7月,从位于茨城位于茨城下妻市的摩托手成所,与27的坂井宏朱一起成日本44年来的首批女摩托手。不幸的是,今年1月15日,坂井宏朱在千叶船摩托,不幸遇。尽管如此,佐藤摩弥并没有,家人也尊重的。
>了者自体摩托的感,特意者到地中央的草坪看。才道是有一定斜角度的,有利于摩托保持向心力。
>比,内禁止任何人移,以免干手;禁止穿色衣服,以免手以是旗。
>一摩托伴随着震耳欲的声和重的尾气味冲了来,怪不得解崎,很多不喜坐在特席或室,而喜在露天感受的气氛。不少座位,到看台前的,体的一幕。
>速度、可以是摩托最吸引的地方,普通而言,是否能得金是次要的。注最低只有100日元(合8元人民),而入券也只需100日元,是个市民都能易参与的。
>券可以在网上,也可以在的售券机或者窗口。
>据山中史介,作公的技目,摩托与、自行等其他有博彩性的比一,主要是了社会福利。
>川口市最初建立摩托,就是了集后重建金。从1953年到2008年,机械工的研究活提供了1389日元,体育、保等社会公益事提供了1344日元。
>能将、博彩与社会公益集于一身,也是摩托在日本久不衰的原因。

「摩托」は中国語でモーターの意、だから本当は「摩托車」でオートバイだが、この辺は簡略を是としたのか。

 ●東京の近くの埼玉という地域で2番目に大きな川口という所に日本最大のオートレース場があって、8台のバイクが時速100km近くで争うレースは僅か3分足らずで終わる
 ●選手は開催参加中は選手は外部接触を禁じられるとか
 ●マシンは自分で整備するとか
 ●森クンはSMAPを辞めて選手になったとか
 ●佐藤摩弥は同じく女性レーサーの坂井宏朱が不幸にも今年1月15日に亡くなった後も選手を続け家族も本人の意志を尊重してるとか
 ●車券は100円(日本円)単位で買えて入場料も100円

とか、そういう日本メディアでも初心者向けに必要な情報は一通り押さえてあるのは解る。中国語の喋りも聞き取りも俺は全くダメだが、字を読むだけでザックリとながら意味が解るのは中国語のありがたいトコロだ。
 で。これは日本の議員センセイが海外カジノを視察するのと違って、海外メディアを招待しての取材だが、たとえ社交事例でもこうして好意的な記事を書いてもらえたってのはデカい。中国富裕層の日本観光客は確かに激減したが、それでもなおかなりの数に上る。彼らはTDRを楽しみ銀座で買い物しサンシャインプリンスに泊まるのがデフォ、川口は決して無理筋ではないし、その層の観光ルートに入り込むビジネスチャンスではある。マカオのカジノで目が血走ってる中国人の報道はしばしば目にする通り、そんな彼らにとっては、3競オートの中で最もスピードの出るオートは確かに一番脈がありそうだ。何たって見出しからして“速度与激情”、スピードがエキサイティングだっつってる。一体にアレだとされる中国人のマナー問題はあるけども、でも昭和の公営競技全盛期の騒擾事件が勃発してた頃を思えば大した問題でもあるまいし、ばかりか鉄火場感としてプラスに働くかもしれん。むしろ不安は食堂オバ中国語話せるのか、とかのホスピタリティの方で…でもまあ何にせよ、オートにとっちゃ久々に明るい話題だわさ(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字