March 29, 2012

スカイツリーのせいでゴーストタウンになる錦糸町 http://gendai.net/articles/view/syakai/135868
>2012年3月29日 掲載
>5月22日に迫ったスカイツリーの開業が、歓楽街「錦糸町」の息の根を止めてしまうかもしれない。
>錦糸町はスカイツリーと同じ墨田区内で目と鼻の距離にあるからだ。長引く不況で活気を失った街は、すでに青息吐息だ。そこに追い打ちをかけるように、スカイツリーができる。そして、出店舗数312という巨大商業施設「東京ソラマチ」が併設されるのだ。錦糸町の客足は完全に奪われかねない。
>「スカイツリーがやろうとしているのは、客の囲い込み。ひとり勝ちを狙っているとしか思えません」と言うのは、錦糸町商店街振興組合の山田昇理事長だ。墨田区全体の商店街連合会の会長も兼務し、スカイツリー側に「地元商店街との共存関係の構築」を呼びかけたが、色よい返事はなかったという。山田氏が続ける。
>「このままではスカイツリーだけが栄えて、我々は“全滅”です。飲食のチェーン店が錦糸町から撤退し、ソラマチで新規オープンする現象も起きています。スカイツリーは総事業費650億円ともいわれる巨大プロジェクト。事業費回収のため、何とかツリーの中でおカネを使って欲しいという気持ちは分かりますが、周辺の街が死んでしまってもよいのでしょうか」
>JR錦糸町駅を降り立つと、夜の街は実に閑散としている。かつてはロシア人女性が歓楽街を彩った一角も、今や中東系アジア人の客引きたちが暇そうに立っているだけ。路上を行き交う酔客は少なく、記者の姿を見つけるなり、客引きは「ロシア、ルーマニア、タイ、フィリピン、どう?」と、必死の勧誘を続けた。
>駅北口から徒歩5分。06年に開業したショッピングモール「オリナス」の光景は哀れだ。もっとも駅に近いのに、好立地の1階ですらアパレル店をはじめ、テナントが次々と撤退している。代わりの店も入らず、営業時間中なのに敷地面積2万7335平方メートルもの広大な施設は閉店後のような静けさだ。
>「90年代から2度の再開発で駅前はキレイになりましたが、どの街にもあるような店ばかりになってしまった。かつての雑多な魅力が失われ、街は廃れるばかり。確実にゴーストタウンになってしまいます」(山田氏)
>スカイツリーがコケたら墨田区はどうなるのか、心配になる。

 >スカイツリーがコケたら

いやそれは無いからw でもって

 >錦糸町はスカイツリーと同じ墨田区内で目と鼻の距離

言い過ぎ。メトロ半蔵門線で一駅、徒歩でも十数分とはいえ『目と鼻』って。さすがゲンダイ、相変わらずだ( ´,_ゝ`)

 >飲食のチェーン店が錦糸町から撤退し、ソラマチで新規オープンする
  現象も起きています

なるほどね。でも

 >夜の街は実に閑散としている。かつてはロシア人女性が歓楽街を
  彩った一角も、今や中東系アジア人の客引きたちが暇そうに立って
  いるだけ。路上を行き交う酔客は少なく、記者の姿を見つけるなり、
  客引きは「ロシア、ルーマニア、タイ、フィリピン、どう?」と、
  必死の勧誘を続けた
 >06年に開業したショッピングモール「オリナス」の光景は哀れだ。
  もっとも駅に近いのに、好立地の1階ですらアパレル店をはじめ、
  テナントが次々と撤退している。代わりの店も入らず、営業時間中なのに
  敷地面積2万7335平方メートルもの広大な施設は閉店後のような
  静けさだ

本当かね?俄かには信じ難いなあ。もしそうなら錦糸町の集客施設、最後の砦はウインズという事になるが…('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字