January 22, 2012

 方々でネタにされてて出遅れ感アリアリだけど、スルーするには惜しいので。

ネットでの反応見ると、後付けのSEだって事知らない人が意外に多くてこっちが驚いた。長い事競馬やってると、一度や二度はタイミング合わないレースに遭遇するものだ。

新しくなるファンファーレ [ 実況の仕事 ] http://plaza.rakuten.co.jp/keiba003/diary/201001250000/
>2010年01月25日
>川崎競馬の重賞ファンファーレが新しくなるというニュースはみなさまご存知のことと思います。
>今週水曜日にそのお披露目がおこなわれます。
>どんな曲なんでしょうかねえ。楽しみですねえ。
>川崎競馬場のファンファーレ、じつは実況放送席でならしています(ついでに言うと、南関東では船橋以外は実況席でならしています)。ならす、ったってスイッチを押すだけですが。
>曲が収録されているメディアが場によって違うのですが、川崎は、なんとカセットテープです。今となっては、なんだか新鮮な感じすら覚えるカセットテープ。レースごとに巻き戻してスターターの旗にあわせてスイッチを押しています。
>で。
>ファンファーレが新しくなります。それ、やっぱりカセットテープに録音されて実況席に届けられるんだろうか?っつう話ですよ。それともこの機会にメディアも刷新ってことになるんだろうか?
>…。
>そういえば、去年の秋だったか冬の初めだったかに、主催者の方が実況席にきて
>「ファンファーレってどうやってならしてるの?」
>って聞いてたなあ。
>アレはそういう意味だったのか。新ファンファーレもカセットテープってことなんだろうなあ。
>最終更新日 2010年01月25日 18時09分41秒

実況アナ自ら操作する方が間違いは起き難いだろうな。アナは一仕事増えるから嫌がるかもしれんが。にしてもカセットテープとは凄いぞ川崎。ナイター設備に投資するカネはあるのに、客の目に触れないトコは後回し。まあ経営判断としては一理あるか。
 ただ、テープならではの弱者が有る。競輪の話だが、岐阜だったか大垣だったかのファンファーレがやはりテープで、お陰で物凄いピッチ狂いまくりのヨレヨレで、ウチでCS視てて吹いた事がある。レコードやテープ知らない世代にはピンと来ないだろうけど、アナログメディアは回転数と周波数が比例するから、ドライヴ側の回転ムラがあったり回転数そのものが違ったり、テープが猛暑の熱でワカメみたく伸びたりすると、思いっ切り音痴になるのよね。川崎競馬、結局どうなったんだろうか('A`)?

プリーチ・ブラザー
プリーチ・ブラザー

アーティスト:ドン・ウィルカーソン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-10-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字