December 13, 2011

サタうま!競馬予想名物番組9年で幕 http://www.sanspo.com/geino/news/111213/gnj1112131106020-n1.htm
>2011.12.13 11:03
>9年続いた関西テレビの競馬番組「サタうま!」(土曜深夜1・05)が年内で放送終了し、来年1月7日から「うまンchu」のタイトルでリニューアルされることが12日、分かった。お笑いコンビ、シャンプーハットのてつじ(36)が700万円馬券を的中させた“歴史的番組”を一新。新番組では競馬初心者の女性タレントをゲストに呼び、レギュラー陣が競馬の魅力を伝えていく。
>100万円を超える“大万馬券”を何度も的中させ、競馬ファンの度肝を抜いてきた人気競馬番組が、9年間の歴史に幕を閉じる。
>「サタうま!」は2002年10月に放送開始。出演者が翌日に行われる重賞を中心としたレースを予想するコーナーでは、てつじが08年の桜花賞で3連単700万2920円をヒットさせたほか、07年の皐月賞でも162万3250円を的中させた。
>相方の小出水(35)も06年の小倉記念で304万3890円(10146・3倍を300円購入)をゲットし、吉本新喜劇座長の辻本茂雄(47)は07年のヴィクトリアマイルで228万3960円を払い戻した。
>競馬の醍醐味である一攫千金の“夢”を与えた一方で、辻本が08年から昨年にかけて112連敗。小出水も95連敗を喫するなど不名誉な記録も残し、良くも悪くもこれまで数々の“歴史”を作ってきた。
>番組終了に伴い、レギュラー出演していた辻本とタレントの六車奈々(38)、競馬解説者の川田重幸氏は降板。今月初めに終了を知らされたという六車は、自身のブログで「淋しくて、悲しくて、家で一人でワンワン泣きました」と明かした。
>「サタうま!」はレース予想中心だったが、シャンプーハットの2人のほか浅越ゴエ(37)と千鳥のノブ(31)が新レギュラーに加入する「うまンchu」は、競馬好きを増やしていくことがテーマ。
>競馬初心者の女性タレントをゲストとして毎週スタジオに迎え、レギュラー陣が競馬用語をわかりやすく説明したり、歴史に残る名馬をVTRで紹介するなど様々な手法から競馬の魅力を“調教”。また、若手芸人が馬券の払戻金だけで生活する企画などが用意されており、競馬ファン以外でも楽しめる番組になりそうだ。
>◆「サタうま!」のほか、1992年に始まり、年末の恒例だった「さんま・清の夢競馬」も今年で終了する。タレントの明石家さんま(56)と杉本清アナウンサー(74)が対談形式でその年の競馬を振り返る番組。今年20回目の節目を迎え、29日深夜1時45分から最終回スペシャルが放送される。
>(紙面から)

防府競輪に旅打ちに行った際泊まったホテルで、一度だけ視た事が有る。その時は特に印象には残らなかったが、記事本文のてつじのの桜花賞三連単700万や皐月賞162万、小出水の小倉記念304万は東京でも話題となったし(例:「それに比べてフジのクソ番組は」等)、あぼーんした旧ブログでもネタにしたものだ。で、リニューアル自体は別に構わんと思うが

 >「サタうま!」はレース予想中心だったが
 >加入する「うまンchu」は、競馬好きを増やしていくことがテーマ

これは期待出来んな。初心者を増やそうとするのと現ファンを満足させる番組作りは両立出来ない…事は無いと思うが、しかしその難易度は非常に高く、大抵は従来のファンにソッポ向かれる結果となりがちだ。…って始まる前から決め付ける事もないか、まあ精々頑張ってください。今んトコ東京にゃ関係無い話だし( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字