October 21, 2011

「チャレンジレース」来年1月から7車立てで実施 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2011/10/21/kiji/K20111021001861500.html
>普通競輪(F2)で1日5レース行われている「チャレンジレース」(A級3班戦)が来年1月から7車立てで実施されることが20日、分かった。出場資格のあるA級3班選手の減少で9車立てを満たせなくなるため。既に競輪事業の意思決定機関、競輪最高会議でも承認されており、全国45競輪場での7車立て実施に向け大詰めの調整に入った。
>競輪界では選手の年金、退職金の引き下げが来年から実施される。来年から年金の受給を開始した場合、平均で月額約10万円から7万円の減額となる。そのため、駆け込みで引退する選手が急増。昨年は300人、今年は前半だけで110人の選手がバンクを去った。その大半がA級3班選手。引退選手はこれまで年間平均約170人(成績下位の強制引退含む)だったが、近年はそれを上回る勢いで、脚力の衰え始めた中堅、ベテラン選手の引退が年末にかけてさらに増える見込み。A級3班選手の確保が困難になることから、競輪関連団体は開催日数を極端に減らさない限り9車立ての維持はできないと判断、7車立て導入へ調整を進めていた。
>7車立てのレースは今年1月に小倉で導入されたミッドナイト競輪(インターネットのみ車券発売)で行われている。チャレンジレースの競走形態が変わることでファンの車券作戦にも影響しそうだ。
>[ 2011年10月21日 06:00 ]

スポニチのスクープは、A3選手だけ極端に減少し全体のバランスが歪になった事態に対する応急処置。開催日数減で対応するとA1・2班の選手がトバッチリを食う(開催日数減=出走機会減=収入減)。点数基準を変えて全選手の各階級ピラミッドバランスを均すのがスジだが、今回あまりに急な事象で作業が追い付かないし、2班の点数取れてる腹積もりだった選手が「基準新しくなったから3班ね」ってなったら揉めるだろう。かくてチャレンジだけ手を加える、その選択肢は9車立て4ヶレースで一日11R制か、12R制を維持する代わりに7車立てとするか。前者だとかつてのB級戦と全く同じになってしまうのを嫌ったのか(←お役所お役人は、古い施策の復活=現制度に変更した先輩の批判…っつう思考形態ゆえ、それは極力避けるものだ)、9×4=36より7×5=35で1人でも少なく済む方がベターっつう判断なのか、さらなる選手数削減やUCIルール導入まで見込んでの事なのか、その辺の事情は判らない。まあ、UCIになったら俺は競輪と絶縁するだけだが。
 事ここに到る経緯は、つまるところヒラ開催(=F1戦も含まれるが、特に問題視されてるのはF2戦)の売上不振、開催すればするほど赤字になる(=だから制度変更の都度F2戦が削減されて来た)からで、それは記念開催の広域場外発売が蔓延しその皺寄せが来たから…っつうのが定説となっている。それは間違いではないが、理由の全てでもない、単にF2戦の魅力が低下したって理由も大きい筈だ。
 何度か書いて来たが、俺が競輪に最もノメリ込んでた時期はヒラ開催が主戦場だった。日本全国のヒラの出走表をFAXで取りまくり、出社時間ギリまで検討し一番自信有るレースに電投ドン。FAXが無料でない場(←Fネット契約必須の場が今も幾つか有る)しか開催がない日や、そもそもヒラのない日や、これというレースがなく「今日は休み」っつう日もたまに有るが、それでも1年365日中300日近くこれをやってた。ドンレースの選択はB級予選8:A級準決勝2ぐらいだったが、勝率は7〜8割。万一外しても普通の会社員がシャレで済ませられる額=昼飯代程度しか買ってないが、それでも毎月コンスタントに家賃分程度は稼いでた。で、今それをやってないのは、出来なくなったからだ。
 2002年4月、競輪選手の階級制がSABの3層制からSA2層制に改組された。以後、新人選手はA級3班格付でデビューするが、これは旧B級選手に加え旧A級3班の選手と一緒に走る事になる。さらに、旧B級では初日予選は4着まで全員と5着4人中2人が準決勝進出→準決も4着全員と5着2人中1人が決勝へ…っつう概定番組だったのが、新制度は1着のみ準決勝へ→3着まで決勝へ、となった。相手強化に加え勝ち上がりが厳しくなる、いきおい新人の『競走が小さく』なる。そしてよく負ける。デビューしたてのド新人が、1着しか準決進出できない→初手から捲り狙い…だったら、別線がキャリアの差を活かして7番手不発に追いやる事など難しくない。かくてヒラから目玉がなくなった。旧制度では、競輪学校下位の選手でも7、1、2着とか1、5、2とか、三日間に一、二度は車券に絡んでいたのが、新制度になるやコロッコロコロッコロ、んまー負けまくる。ごくごく一握りを除き、新人選手のレースが米ビツでなくなった。かくてサヨナラ競輪、と。いやサヨナラって完全撤退した訳じゃなく細々と打ってはいるけど、購入額が激減したのは確かだ。
 で、これが俺一人だけの話なら単なる特殊マニアのエゴだが、俺が知る限りだけでも、ヒラ開催の予想をネットに上げてる人やサイトが当時複数有った。今では考えられないほど貧弱なネット環境で、かつ3競オートの中で競輪は最も客層が高い=ネットとの親和性が低い、にも拘らず複数有ったって事は、ネットに現れてないリアルでのヒラドン客はもっと、それなりに存在していたと見て良いだろう。それが壊滅状態になったのがF2開催の売上激減の大きな理由だろう。そういや同時期、競輪学校での教育方針が変化したのも相まって、いわゆる競輪オヤジが「競輪学校で何教えてんだ」と呆れるほどになった。首尾良くS級に上がれた若手が「今まで(=A級時代)は捲り主体だったから、積極的に逃げて地脚を作りたい」なんつう順序逆転コメントが当たり前のように聞かれ出すようにもなったっけ。
 08年4月に現行制度になるまでの空白の6年間、いや暗黒の6年の間に競輪と施行者を取り巻く環境は一層厳しくなって行く。そして力尽きた花月園、大津、観音寺。…何ともはや('A`)

残氓
残氓

アーティスト:キース・ジャレット・クァルテット
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008-10-08
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字