October 04, 2010

 風邪は完全に消し飛んだ。が、寝込んでたお陰で凱旋門賞には完全に乗り遅れた。もんの凄く惜しい2着だったそうで、リアルで見たかった様な、見なくて良かった様な。

 JRA 凱旋門賞(G1)の結果

宝塚記念の舞台となる阪神二二は、その距離の微妙さがしばしば批判の的となるが、ここを勝ち切れる能力がロンシャンの二四への適性として、案外格好の目安なのかもしれんという気がして来た( ´-`)y-~~~
 そしてその裏では、ブリーダーズカップの前哨戦にレッドディザイアが出走していた。

 JRA フラワーボウル招待(G1)の結果

3着。こちらはまずまずといったトコロか。
 さて、こういう日本馬の海外挑戦が日本競馬に及ぼす影響は、プラス面ばかりでなくマイナス面も確かに有る。デカいタイトルをものにすればその広報効果や、帰国後出走するレースの注目度や価値が上がる。一方、日本馬が海外遠征する事で国内GI路線が空洞化すると売上減に拍車が掛かるのは自明。日本競馬は馬券売れてナンボな運営だから、国内競馬空洞化に対する恐れは常に持っていなくてはならない。
 …というのはJRAサイドに立った場合のみの話、馬主サイドに立てば、憧れの目標が有るのに挑戦しないのも不自然だ。JRAの馬主のほとんどが赤字、まして現在の税制(高額所得者に対する税率の高さは世界でも指折り)では馬主業自体決して割に合わない、それでも行きたいという強い意志が有るなら、誰がそれを止められようか。ジャパンカップの様なアゴアシ付きならいざ知らず、自費で行くとなるとかなりの負担だ。他馬主の馬を帯同させるのならその負担も被らなくてはならないし、少なくとも一人は付きっ切りだから厩舎から人員が欠ける訳で、運営にも甚大な影響を与える。なんぼ優勝賞金300万ユーロったって、冷やかしでは絶対に行けない。ファンレヴェルではドバイだブリーダーズカップだと好き勝手言えるが、現実をちゃんと知れば知るほど尻込みせざるを得ない。その上で、それでもなおチャレンジするというのであれば、それは同馬や騎手や調教師の好き嫌いを抜きにして応援すべきだろう。同胞として。
 …と、ここまで書いて、では今回の俺の態度はどうだったかと顧みるとだ。期待度の大小とは別の、あくまで態度の問題として…猛省が必要だな(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字