June 30, 2010

 昨夜の日本パラグアイ戦はさすがにリアルタイムで見てた。例のボールのせいか、今節フリーキックやコーナーがズバッと決まるシーンはデンマーク戦の日本ぐらいで、だから何とかPK戦に持ち込めば勝ち目も有るんじゃないか、っつうのは社で話題んなってて、実際ゲーム中のボールキープ率見ても勝負になってなかったからシメシメの筈が、そのPK戦で負けちゃ救いが無い('A`)
 よく「PK戦は運任せ」なんて言われるが、日本とパラグアイに限れば明らかに差が有った。川島は1、2本目(特に2本目)は惜しかったが、それで欲が出たか「止めなきゃ」って意識が強過ぎて、動き出しが早いのをパラグアイ選手に完全に見切られちゃってて、3本目以降は余裕だった。PK戦は、ゲームと違って入れられて当たり前・運良くキッカーが外してくれるの待ち(駒野の様に!)なんだからもっとドッシリ構えてりゃ良いのであって、最後の最後で若さ、経験の差が出て負けた感。まあ、前にも何度も書いたが、戦前は1次リーグ1勝も出来ないっつう予想が圧倒的だった事を思えば、選手は皆ようやった。束の間だったが良い夢見せてもらった、ありがとう。って、負け惜しみでも皮肉でも何でもない。競馬や競輪やってる人なら「勝ったから良いけどあんな乗り方有るかヽ(`Д´)ノ 」ってな事はしばしば経験してる筈だ。今回の成果で岡田監督の手腕の評価が180度好転する訳では全くない、結果を評価・称賛する事と過程を批判する事は決して矛盾しない。
 再度競馬競輪話に戻るが、力量的に圧倒的に抜けたメンバー構成なら道中脚を使ってでも好位をキープし他の仕掛けに合わせ自在に立ち回るのがベターだが、そこまで抜けてない(あるいは自身の方が格下である)…自力で勝つ展開を掴み取れる能力差が無い場合には、仕掛けるタイミングは遅い方が良いに決まってる。誰もこちらの思い通りに仕掛けてくれず、結果脚を余して負ける事も多いが、それは『勝ち(勝てなくても1ヶでも上の着順)を!って構えるが故の待機策』なのであり、表面的には消極策と映るがその非難は間違いだ。積極策で勝てる能力有るのなら、とっくにそれで勝ってるのだからして( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字