May 20, 2010

スイングジャーナル休刊へ 戦後ジャズをけん引 http://www.sanspo.com/geino/news/100517/gnj1005172206032-n1.htm
>2010.5.17 22:04
>戦後の日本のジャズ文化をけん引し、63年の歴史がある月刊音楽誌「スイングジャーナル」が6月19日発売の7月号で休刊することが17日、分かった。広告収入の減少が主な原因。三森隆文編集長は「何とか復刊を目指し、努力したい」と話している。
>発行元のスイングジャーナル社によると、同誌は1947年に創刊。鑑賞する音楽としてのジャズを提唱し、海外の名盤などをいち早く紹介。マイルス・デイビスやジョン・コルトレーンといった海外の大物ジャズミュージシャンのほか、渡辺貞夫さん、日野皓正さんらを特集するなど、日本のジャズ文化のすそ野を広げる中心的な役割を担ってきた。
>同社はフュージョンなどの音楽ジャンルを紹介する月刊誌「ADLIB(アドリブ)」も発行していたが、今年5月号で休刊した。
>スイングジャーナル誌で評論を執筆していた大橋巨泉氏
>「ひとつの時代の終わりを告げていると思う。かつてはスイングジャーナルに原稿を頼まれると、僕たち若いジャズ評論家は、天にも昇るような気持ちだった。ただ、今ではジャズはレコード音楽として残っているだけで、食べ物屋のBGMになってしまっている。熱心なジャズファンに支えられて、ここまでもったのだろう」

今月号を本屋で立ち読みしたら、編集後記の欄に休刊のお知らせが(-人-)
 その昔、最先端を行く音楽がジャズだった時代が有り、そうでなくなって以降も様々に発展を遂げて来たが、もう出尽くしたっつうか新たなスタイル、潮流、そういうものは生まれておらず、だから論争とかジャズジャーナリズムなんてのは30年前に途絶え、今のジャーナルはぶっちゃけ「このミュージシャンにこんなエピソードが」的ウンチク元としての価値しか無い。新譜情報や内容評ならディスクユニオンとかのメルマガで事足りるし。巨泉の言うように、実質的存在意義はとっくに無くなってたのがたまたま奇跡的に生き永らえてただけ、だったのだろう。
 実にどうも、紙メディアの先行きという事を考えさせられるが、それは3競オートに於いても例外ではない。例えば競馬は、予想に必要なデータが予想する人のスタイルにより異なるため、全てを網羅しようとすると大量の紙面を要する。結果、ネットの優位性が広く認められた。また、特に中央は他競技と比して客層が若く、その点でもネットやケータイとの親和性が高かった。競馬ブックwebを初め、予想会社主体のサイトは数多い。
 競輪は、専門紙コンドルに依頼した小倉のメルマガがつとに有名。他にも施行者が既存専門紙に委託するケースが多い。
 オートはオートレースモバイルサイトとオートレース情報ライブか。ただ、天候による走路状態や試走を紙面予想に反映出来てない、出来ない事を思うと、まだ成長余地は有る。裏返せば、紙の長期低落は不可避という事。…いやまだ即死と決まった訳じゃない。人間歳取ると小さい字が見辛くなる、今のジジイはケータイの字の大きさにすら四苦八苦してる。これが当たり前で育って来た若い世代がジジババになった時には紙は潰えているだろうが、現状ジジイ相手に当座何年かは凌げるだろう。まあどのみち時間の問題だけど( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字