March 28, 2010

レッドディザイア世界制覇ならず/ドバイワールドカップ http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=44991&category=C
>現地時間27日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイワールドカップ(首G1・オールウェザー2000m、総賞金1000万米ドル)に日本からレッドディザイア(牝4、栗・松永幹夫)がC.スミヨン騎手騎乗で出走した。
>最後方から大外一気を決めた前哨戦とは異なり、道中6番手からレースを進めたレッドディザイアは、直線うまく外に持ち出したが末脚不発に終わり、勝ち馬から約6馬身差の11着に敗れた。これまで日本馬のドバイワールドCでの最高着順は01年トゥザヴィクトリーの2着で、またしても悲願の世界制覇はならなかった。
>レースは、スタートから先頭を奪ったT.ペレイラ騎手騎乗のグロリアデカンペオン Gloria De Campeao(仏)が、直線外から強襲するリザーズディザイア Lizard's Desire(南ア)、間を割ったアリーバー Allybar(UAE)の追い上げをハナ差凌いで逃げ切った。勝ちタイムは2分03秒83。2着はリザーズディザイア、アリーバーはさらに短頭差の3着。
>勝ったグロリアデカンペオンは昨年のドバイワールドCの2着馬。前哨戦のマクトゥームチャレンジラウンド3(首G2)では、レッドディザイアの2着に敗れていた。
>【松永幹夫調教師のコメント】
>前走もスローだったが、折り合いが付いていたのに、今回は道中で力みハミを噛んでしまった。その分、最後は伸びませんでしたね。馬が上がってきてから無事だったので、今後のことは帰国してから考えます。
>【C.スミヨン騎手のコメント】
>この馬が日本でどんな競馬をしているかはよく知らないので単純に比較はできないが、今日のパドックではややエキサイトしていた。スタートからハミを取っていたわけではないが、他馬に寄られて行きたがってしまった。直線でエンジンが掛かり始めるときに、外を走っていた馬がヨレてしまった。それを馬が気にしてしまい、抜け出すことができなかった。数々のレースで名馬に跨ってきたので、レッドディザイアが素晴らしい馬であることが分かるだけに残念です。
>【西川哲代表のコメント】
>ごちゃついて、タフな競馬となりましたが、女の子ですからね。この経験を活かして、また強い馬を作っていきたいです。今後については未定。調教師と相談して決めます。
>2010年03月28日

orz エルコンドルパサーやディープインパクトの凱旋門賞よりチャンス大と目されてただけに、ショックはデカい。世界の壁は高く、分厚い。しかし全くの夢物語じゃない、あと少しで手の届くトコに有る、それを再認識しただけでも意義が有る。着はともかく、今回の勝ち馬は前走負かしてるんだし。負けた事は確か。11着という数字も現実。しかし絶対能力で負けてる訳では決してない。負け惜しみと言わば言え、チャンスは今後も有る。それだけの馬だ。
 何か関係者でもないのに、特段好きとか思い入れが有るとか無いのに、本気で悔しがってる自分に自分で驚いている。同胞意識って事か。いやしかし、それにしても今回は惜しかった。体調を前提に、また次なるトライをしてくれい( ´-`)y-~~~

【追記】
おはようからおやすみまで くらしに競馬を広げる ■[競馬]ドバイのパブリックビューイングと炎の「アンカツ差せ!」コール
昨日の風はどんなのだっけ? 『ドバイワールドカップミーティング2010』

リアルで観てた人のアツさは、格別だ。こっちゃその時間高イビキだったんだもんな…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字