September 21, 2009

 福山から博多行の夜行バスは出てるが3列独立シートでなく2+2でシートピッチも狭いタイプ、なもんでJRで一旦倉敷に戻って表題のバス。もちろんその分高いが、福岡交通センター(←これが正式名称)裏手のホテル西鉄インの入浴割引券(大浴場に300円で入れる)もらえる、しかも入浴道具一式も付いてだから価格対満足度はむしろ上。サッパリしたところでJRの鳥栖までの『2枚きっぷ』を買う。1600円。これで特急自由席に乗れて、でもって鳥栖は熊本・長崎・佐世保・ハウステンボスへの特急が全て使える、しかも博多〜鳥栖の普通運賃が520円な事を考えると超お値打ち。値段だけなら交通センター〜佐賀競馬へ友の会バスというのが出てて、これがさらに驚きの500円(しかも往路利用者は帰路無料)という破格値、でもこれだと鳥栖の街の印象もヘッタクレも無くなる。かつて玉野競輪に行った際、岡山からの直行バスを使ったため玉野市の印象皆無な経験と、あと行ってみたいトコも有ったし今回はJRにした次第。
 念のため書いとくが、佐賀競馬は佐賀市でなく佐賀県鳥栖市。福岡県は『↑』を右に押し潰した様な形をしてて傘の左下に佐賀県が食い込んでる、そこが鳥栖市。JR鹿児島本線も九州自動車道も市内を通るため、佐賀市より久留米市や福岡市からの方が交通の便は良い。
 で、その目的だったコルトレーン・コルトレーンは月曜定休という引き弱っ振りorz
0f032c65.JPG
55d93908.JPG
己が不運を呪いつつ、鳥栖の街並みを体感し駅に戻りバス停へ…何だ競馬場方面の路線バスの貧弱ダイヤ。かくてタクシー。
e5f0ae04.JPG
余談だが、車中から『麓駅1km』の標識が見えた。て事は純粋な最寄り駅・肥前麓からは2舛舛腓い辰道になる訳だ。
 で、その佐賀競馬だが、思いの他立派。赤レンガ造りなのは知ってた(もちろんコンクリの表装がレンガ仕上げってだけ)が、
bc175766.JPG
それでも全体に真新しく、ちゃんと分煙もされててお互いスペースはたっぷり有る。九州だけあって暑さを凌げる無料スペースも大量に確保、種目に限らずスタンドは西の方が良いよなとは常々思うがここもそうだった。なのにパドックの馬名と体重は昔の野球場のスコアボードみたく両面黒板の裏に手書きしたらクルッと回すヤツ。
8a5b2cc0.JPG
3d7a17fd.JPG
そのパドックにしてからが右周り(!)だし。
9cc95a25.JPG


 緑に囲まれた(3〜4コーナーの向こうに僅かに街並みが見えるが)スタンド視野は競馬に集中せざるを得ない、ちょっと盛岡を想像させるが、それでもスタンド裏はバリバリの国道3号。
ff6de3c1.JPG
でもって2Fから見ると屋根に水稲が自生してたりw
0b375802.JPG
どうもよう判らんが、それなりに楽しい(´∀`)
 さて馬券。周長1100辰両回りコースだから基本前残り、でもって前開催後砂を補充したとある。
b4fafb95.JPG
なもんで逃げ馬が番手が勝ってばっか。相手が微妙に紛れそうなのを避けて避けて、打った2本はこれ。
3048d775.JPG
3dc97078.JPG
6000円が6100円になりましたとさ( ´,_ゝ`) でもこういう、頭数揃わなくて力関係もある程度ハッキリしてるトコで普段から馬やってると『いかにして儲けるか』って馬券ヂカラは体得出来るだろうな、とは強く思う。
 帰りも当然タクシー、したらダッシュボードにサテライト久留米の開催日程貼ってあるわサンバイザーに挟まってるのは明らかにスポ紙の競輪面だわ(←折り目に『神山』とか『バンク』とかの文字が見えた)で「お好きな様ですね」とウテシに訊くと笑ってた「いやあ三連単を百円買いぐらいですよ」「やっぱそうなっちゃいますよねー、一日一つでもスジでバシッと決まるレース有ったらドンとブチ込めるんだけど」「昔はそういうのが一日幾つも有りましたからねえ」お互い往時を回想しつつ鳥栖駅→JRで博多→ドラッグストアを探し匂わないサロンパスローション購入。脛が痛くて堪らん、のは歩き詰めだからじゃなく(←いつも仕事でそうなんだし)、寝る姿勢が不自由だからだろう。夜行バス恐るべし( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字