August 31, 2009

 すぐにはヴァージョンアップ出来ないオッサン脳ゆえ懲りずに野球に例えてしまうが、昔は、読売が負けさえすればその相手が阪神だろうが中日だろうが広島だろうが構わんという『アンチ巨人』という人種が一定数居たものだ。で、今回の衆院選民主大勝利もアンチ自民票を得ただけで、民主が公約に掲げた政策や姿勢に共感した人が票を入れたのではおそらくない。というのも、今回投票率が微増にとどまった、それで前回自民300→今回民主308って事は、前回自民に入れたけど今回民主に乗り換えた人が相当数居たって事だ。何ちゅう無定見な('A`)
 酒とタバコは上げる、国民年金は収入の15%払え、出生率低下対策として養育手当充実・の裏返しとして独身者は増税。これらのトンデモ公約実現されたら生活破綻する者が続出すると思うが、それは3競オートの客層を直撃する。ごく僅かの大口客以外は死滅する訳で、取り敢えず地方競馬と競輪はアソコとアソコ飛ぶな、と何ヶ所か思い浮かぶ。では3競オートざまあw アンド同胞支援産業パチV字復活!…となるかっつうと、そこまでは行くまい。
 例えば競輪だと、グレードレースはヒラ開催の赤字を埋める生命線、そのため各場G同士の競合は無しにしたが、現状47場も有る、そこに休日を必ず絡ませるために壮絶過密日程になってしまっている。現体系ではグレードレースが年200日、しかも今年は年度変わりの関係で競輪祭が2度行われてさらにプラス四日。だから2〜3場あぼーんすると日程組みはずいぶん楽になるし、残った場の売上には好影響が見込める。そんなだからホンネは「早くアソコやめてくんないかなー」のチキンレース状態、その施行者の背中を民主不況が最後に一押し、となれば全て丸く収まるという訳だ。地方競馬も、同様の間引き効果は見込める。…いや、もちろんどこにも潰れて欲しくはないですよ。けど、例えば小沢離脱とか無い限りこの政権は4年も(!)続く、となれば開き直って意地でも前向きに捉えるしかないでしょ、と( ´,_ゝ`)

>2009/8/31
>次期首相と目される民主党の鳩山代表に、欧米で警戒感が広がっている。米紙への投稿で、経済や安全保障のアメリカ主導を批判し、東アジアを軸に考えるとしているからだ。
>民主党が総選挙で圧勝し、海外でも政権交代に関心が集まっている。まだ開票から1日のため、海外のメディアで鳩山由紀夫民主党代表への論評は少ない。しかし、鳩山代表の考えに違和感を表明した向きもあり、今後、海外でも政策を巡る論議が広がりそうだ。
>鳩山代表の考えで特に注目されたのは、米ニューヨーク・タイムズ紙に2009年8月27日載った寄稿論文「日本の新しい道」(英文)。そこで、鳩山代表は、冷戦後、アメリカ主導のグローバリゼーションの中で、日本が市場原理主義の風潮にもてあそばれてきたと指摘。そして、人々が目的ではなく、手段として扱われ、「人間の尊厳が失われている」とまで言い切った。その現れとして、イラク戦争や金融危機があるという。
>鳩山代表は、代わりに、世界は多極化の時代に向かっているとした。「日米安保条約は外交の要」としながらも、日本については、友愛精神に基づいた「東アジア共同体」を提唱した。具体的には、東アジアの通貨統合や恒久的な安全保障を想定している。
>この「鳩山論文」については、アメリカ国内の専門家らから批判が相次いでいる。朝日新聞の29日付記事によると、元米政府関係者は、「オバマ政権は、論文にある反グローバリゼーション、反アメリカ主義を相手にしないだろう」と語った。米政府の担当者が日本をアジアの中心に考えなくなり、G7の首脳らにも同意が得られないとしている。
>欧米のメディアからも、鳩山由紀夫民主党代表の考えに異論が出始めた。
>ニューズウイーク日本版は、2009年9月2日号で、アジア版(英文)にも載ったコラム「沈みゆく日本」で、「ビジョンは内向き」と批判した。
>同誌は、日中間で海上油田の採掘権や過去の侵略問題を巡って対立し、平均年収の差もあるとして、東アジア共同体の実現困難性を挙げた。そして、中国が2010年にも経済規模で日本を追い越す可能性があり、日本は、世界で勢いを盛り返すには、経済成長が何より大切だとした。しかし、自民党に攻撃されるまでマニフェストに「経済成長戦略」を明記していなかったと批判したのだ。
>英エコノミスト誌は、8月20日付サイト記事「間違った敵に攻撃している」で、鳩山代表が奉じる友愛に噛みついた。それは「感傷的に聞こえる概念」だというのだ。日本で鉄壁の保護を受けている農業をグローバリズムから守り、非正規労働の禁止や最低賃金引き上げだけを考えていると批判。経済政策については、影響力がなく、関心もないとの指摘が出ているとして、民主党の政策には限界があるとしている。
>また、英フィナンシャル・タイムズ紙は、28日付サイト記事「民主党代表の政策への疑問」で、友愛の概念を具体的な政策に移す鳩山代表の能力に疑問があると指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字