July 21, 2009

 茨城県知事戦に出馬するのしないのと長塚智広の周辺がかまびすしいが、未定だと本人はブログで強調している。
#SUCESSO 長塚智広公式サイト http://t-nagatsuka.net/
ただ、サンスポによると今秋の川崎GIIサマナイ以後、8月の斡旋をすべて辞退してる(=公休制度)というから、政治に対する意識が本気なのは間違い無いだろう。当選即引退だろうから(知事職を『腰掛け』と東国原の様に批判されたくないだろうし)、選手生活に未練が有るか無いか自問してるのだろうか。
 当否については何とも言えない。全国的な民主ブームとはいえ、民主の支持母体である連合や県医師連盟は既に現職支持を明確に表明してて、だから民主支持層も自主投票の分裂となりそう、長塚の票読みは困難だ。てか、民主の看板さえ有れば誰でも彼でも受かる訳ではない、まして長塚は県議どころか市議の経験すら無い、政治に関してはズブの素人だし。ただ、このブログから政治意識の高さは伺える。TVのヴァラエティに多数出演しソツ無くこなしている事から、多くの競輪ファンには長塚は不真面目な人間だと映っている様だが、単に時間を効率的に使っているに過ぎない。支部長職のために練習に割ける時間が限られてるヤマコウのケースと、最初から時間を効率的に使い空いた時間で投資や副業に励む長塚とは順序が違うだけで、長塚だって基本的には真面目な男の筈だ。ただ、それでも、では当選と言えるかというと、簡単ではあるまい。
 で、俺的にどうかだが、長塚は好きだが民主大嫌いとあって悩ましい。しかし長塚が受かった方が面白いのは確かだ。旧知の仲である後閑や武田に共同通信杯秋本番(今年は取手!)を獲ってもらって、長塚県知事に平身低頭しながら表彰状受けとるトコは是非見てみたいし(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字