June 18, 2009

HTBにカジノ特区を 隣県自治体と共同 佐世保市が提案へ 西九州観光活性化狙う http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/102927
>2009年6月18日 00:05 カテゴリー:経済 九州 > 長崎
>長崎県佐世保市は17日、外国人観光客を対象に市内の大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)でカジノ営業が可能となる構造改革特別区域を設けるよう内閣府に提案することを明らかにした。長崎、佐賀、福岡3県の企業約200社が参加し、カジノ誘致を目指す西九州統合型リゾート研究会(事務局・HTB)などと共同で提案し、西九州地域の観光業の活性化につなげたい考えだ。
>同日の市議会全員協議会で朝長則男市長は「国際的滞在型リゾート地としての魅力向上と雇用創出、税収拡大につながる」とカジノ特区提案の目的について説明。HTBが面する大村湾を囲む同県西海市、大村市のほか、佐賀県嬉野市、武雄市などにも共同提案を打診しており、各自治体の回答を得て30日に提案する。複数の自治体がまとまって提案すれば、全国でも初めてという。
>これまで北海道や大阪府、宮崎県などから計9件の申請があったが、いずれも「国の基本法である刑法(賭博罪)を特定の地域だけ除外できない」と却下されてきた。
>しかし、今年4月の参院内閣委員会で、鳩山邦夫総務相(当時)が「門前払いするのはいかがなものか。議論は必要」と答弁。このため、佐世保市は刑法の適用除外ではなく、施行者を自治体とし、国が監査法人を設置するなど競輪や競馬など公営ギャンブルと同様に特別法の整備を求める。

なるほどね。施行者が自治体という形で、佐世保市は既に競輪を開催しているという実績が有る。却下されてきた他自治体とは違う切り口で攻めて来た訳だが、巧い事考えたなあ(´∀`)
 カジノ客からして他の、諸外国のカジノと差別化がなされてないと食指が湧かない、そこに『世界中で日本だけ競輪付き(韓国競輪はカジノと組んでない)』というのは確かにウリになる。大村市に声を掛けてるから競艇もアリ、本場開催日数からするとむしろこちらが本命だろう。でもって武雄競輪も味方に付ければ一年三六五日、どれかは開催してる体勢が取れる。既にバクチを開催してる地域だから地元住民の反対も無い。良くこんな画(え)描けたな。誰か有能な民間ブレーン居るんだろうか。や、たとえそうだとしても大したもんだ(・∀・)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字