April 09, 2009

仙台の「黒ずんだもち」話題に−地元和菓子店が考案、仙台名物目指す http://sendai.keizai.biz/headline/435/
>(2009年04月09日)
>仙台市若林区の和菓子店「餅処 おもちのきもち」(仙台市若林区上飯田4、TEL 022-289-3126)の看板商品「黒ずんだもち」が話題になっている。
>商品を考案したのは店主の横山豊枝さん。横山さんが関東に住んでいた際、土産としてよく利用していたずんだもちが「関東では苦手な人が多いと知って驚いた」ことがきっかけとなった。
>「ネーミングを先に思いつき、そこから何を入れて黒くするかを考えた」(同)という「黒ずんだもち」。餡には宮城産の黒大豆と青畑豆、食用竹炭を混ぜ合わせ、もちには宮城産のもち米「ミヤコガネ」と福島産の黒米(古代雑穀玄米)をブレンドして使用。試行錯誤を繰り返し昨年9月、発売にこぎ着けた。
>通常のずんだもちよりも「甘さ控えめ」で、「弾力のある」食感が楽しめる同商品。価格は、2個入り=286円、5個入り=714円、保冷箱タイプ5個入り=790円など。

TV番組『水曜どうでしょう』のお陰でずんだ餅の存在知ってる俺ですら一瞬ギョッとしたもの、普通の人絶対「黒・ずんだ餅」じゃなく「黒ずんだ・餅」って解釈しちゃうよな。

>「ネーミングを先に思いつき

『ぎなた読み』誘発させるネーミングってどうなのよ('A`)
 JRAにまだアラブが在籍してた頃、ショウブラッキーってオープン馬が居た。これはショウブ・ラッキーではなくショウ・ブラッキーだと何かの新聞で読んだが、知らずに勘違いしてた人は居ただろう。サラの準オープン〜オープンのダート戦で活躍したタニワカタイショウはタニワカ・タイショウではなくタニ・ワカタイショウだった(若大将=ワカ『ダ』イショウじゃないのか?)。区切りポイントを躊躇するネーミングって、敢えて狙ってるんだとしても、やっぱセンス疑うよな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字