JBC

April 05, 2017

【競輪】川崎G3・桜花賞にS級S班5選手出場 https://www.daily.co.jp/horse/2017/04/05/0010068228.shtml
>2017.4.5(Wed)
f_10068229 桜花賞をPRする川崎純情小町☆と川崎仮面=東京都江東区のデイリースポーツ http://daily.c.yimg.jp/horse/2017/04/05/Images/f_10068229.jpg
>「桜花賞 海老澤清杯・G3」(8日開幕、川崎)
>G3の開設記念としては初のナイター開催となり、売り上げ目標は50億円となっている。

一瞬「アレ?」と思ったが、言われてみれば初なのか四日制記念の夜開催は。大昔、記念が三日制×2節だった頃、今は亡き門司が1節だけ小倉を借り上げてやった事があったけど、当時はナイターの場外発売って環境が全然整ってなくて他場が全然引き受けない、なもんで売上的には惨敗だったと記憶する。しかしその後のナイター拡大(ミッドナイトなんてものまで出来た!)、加えてGIIサマーナイトフェスティバルの新設とその好評を以てすれば記念でも…ってなるのは道理。まあ競馬では、ナイター開催やってるのにJBC以外のGIは敢えて昼開催でやる船橋や川崎のような場があるほど、外野が思ってるよりナイターの場外発売ってハードルが高いようで、それに光熱費も掛かるし警備員も増強する必要がある、要は経費増だ。とはいえ競艇やオートレースでやってる以上、やらない理由を探し出してるだけのようにも思える。
 そしてこの川崎記念の結果いかんでは、都心部のナイター場ではオール平日記念なんて事も可能になるかもしれない、年間スケジュールの日取りの自由度が画期的に拡大する事になる。果ては、もっと上位格のレースにも拡がる可能性もある。いやこれは何としても成功して欲しいもんだわさ( ´∀`)

【追記】
コンドル出版 | 小倉、熊本競輪情報を鋭くお届けする、地元競輪専門紙! http://www.condor-s.com/keirin54.php
>平成29年4月12日
>初のナイター記念川は目標の50億には届かず42億でしたが、

あら残念(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 07, 2017

来年JBCは京都で!18年目で初の中央開催 - SANSPO.COM(サンスポ) http://race.sanspo.com/keiba/news/20170307/etc17030705000001-n1.html
>2017.3.7 05:00
>JRA(日本中央競馬会)は6日、東京・六本木の本部で関東定例会見を開いた。その後、地方競馬全国協会(地全協)との共同会見も開き、来年のJBC3競走を京都競馬場で行うことが発表された。
>地全協の川崎泰彦理事は「JBC競走を全国のさらに多くのお客さまに知っていただくため、JRAの訴求力、発信力を利用させていただきたく、お願いしました」と理由を説明。その要望にJRAが応えた形だ。
>開催競馬場はゆとりある発走時刻を確保するため、日没時間の遅い京都が選ばれた。地方の交流GIをJRAで開催するのは2011年の南部杯を東日本大震災復興競馬として東京競馬場で開催して以来、2度目。開催日や、各競走の距離、出走枠などの詳細は秋頃に決まる予定だが、ここ数年、JBCが開催された11月3日が来年は土曜日にあたることから、この日が有力だ。

地全協、恥も外聞もないな。18年目という節目でも何でもないタイミング、要は例年JBCが行わる11月3日(=文化の日)が来年は土曜日で、まさかJRAとバッティングさせる訳にもいかない。過去、この日が土日に掛かるケースでは前倒しして平日ナイターで施行してたが、やっぱり売上を考えれば(ナイターであろうとなかろうと)祝日の方がオイシイに決まっている、で、地方競馬側がどこも手ェ挙げなかったもんだからJRAに泣き付いたんだろ…っていうのがミエミエだ。いやもちろん全くの推測だけど、実情はそんなトコだろう。
 とはいえ、競馬マスコミやファンがしばしば言う「同日複数重賞のお祭りをやれ」という声にJRAが応える事にはなる。現チャンピオンズカップがジャパンカップダートとして東京で開催されてた時代、実験的に一度だけジャパンカップと同日開催した事があったが、JRAが危惧してた通り売上面で芳しくなかった(だからこそ、それまで施行されなかったのだし、以降もされなかった)。そう判った上での企画だし、売上は多いに越した事はないがハナから期待薄…ともなればJRAにとっても少しは気楽だろう。それでもJRA開催ともなれば、JBCとしての売上レコードを大幅に更新するのも間違いないだろうし。
 ところで、気になるのは出走馬の配分。京都と同じフルゲート16頭の大井だと、そこで行われるJBCはJRA6頭:地方10頭。建前上は国際競走である東京大重典は日本馬8:外国馬8だが、そうではない帝王賞だとJRA6:他地区3:南関東7。ジャパンダートダービーが6:5:5で、それ以外の中央交流重賞は5:3:8。そして他地区からの出走がなく地方側の枠が空いたら自地区馬が繰り上がるというのが現行ルール。これらは全て施行者である大井、そしてそれが属する南関東が≠JRAである事を前提とした枠の振り分けだ。って事は、施行者=JRAとなる今回は、外国馬はもちろんだが地方馬の枠が空いたら中央馬が繰り上がるんだよな?となると、普通の中央重賞よりは地方馬多いけど、それでも「交流重賞の中央枠増やせんのか問題」とはオサラバ出来る、関係者にとってもファンにとっても大歓迎だろう(純粋馬券客にとっては、予想が難しくなるため必ずしもそうではないだろうが)。ならば、中央馬が多い方が売上増→今後の地方競馬の中央交流重賞に於ける中央枠拡大、まで考えられるよなあ。うーむ…まあ、この辺は来年きちんとした形で発表されるの待ち、だな(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 03, 2016

201610_01
レース成績表

負けた。安月給の身空で結構な額をヤラレた。つっても惜しくも何ともない外し方なので詳しくは書かないが痛いし悔しい、でも同時に、晴れ晴れとした気持ちも感じている。
 俺は「JBCは地方競馬の祭典!」なんつってはしゃぐタイプの人間ではない。そういう人達を軽蔑したりしないが、しかし「獲れるレースが良いレース」ってのが信条で、有馬記念の日に中京の8R買って「今日はこれで終わりー♪」とかやった事もある。つうか、元々その日はオートレース日本選手権を優先するので今までJBC本場に行った事すらない。そんなだから、まず「競馬でなければ!」っていう拘りも特にないし、そうなると「さあGIだ!」ともならない。
 スポーツ紙や専門紙の記者、あるいは評論家といった「プロ」と呼ばれる人が居るが、自分がそうでない事に引け目を感じてはいない。それらの仕事は凄いし俺にはそんなスキルもないが、でも「このレース自信ないからパス』「今日は馬より競輪の方が」とか、プロには絶対に許されない姿勢を取る事が出来るというアマチュアならではのメリットは非常にデカい、これを活かさないのはもったいないと思ってて、だからJBCも何が何でもやるぞ!なんて気持ちはさらさらなく、その上で一応新聞に目を通し「これならイケる」と。まあ結果は前述の通りだったけども。
 で。近年いろいろあって、仕事休みの日にWeb投票をするという事がなくなっている。もちろん開催本場に行けば買うが、その機会もひと頃に比べると激減してて、だから今の競馬競輪オートの買い方となると平日、スポーツ紙見て一番自信あるものを仕事の合間にWeb投だ。つっても500〜5千円を週1〜2度だから可愛いものだ。さてそれで、そのペースで仮にひと月負けっ放しだったとする。大体1万数千といったところか。しかしこの負け、何でヤラレたか恐らく覚えてないだろう。もちろん履歴を漁れば確認出来るが、今度は「何でこれ買ったんだ」「こんなの来ると思ったのか俺?」ってなもんだろう。だったら、同じ額ヤラレるにしても、その額を何か一レースに張っ付け(一点買いという意味ではない)、それでヤラレた方がより真剣に予想してるし、より悔しがれるからずっと覚えてられるだろう。そこそこ勝った額を取り敢えずキープ…なんてやってたいつの間にかなくなってしまうから形あるものをさっさと買うべきだ…という事を以前書いたが、

 アブク銭を残すには : 酒とワラwの日々

広い意味での買い物として馬券車券もそうだよな…と今回認識出来たなと。人間負ける時は負けるのだから、だったら正しい…というか次につながる、残る、ちゃんとした負け方をした方が良いなと。そういう勉強を出来た、身を以て知れたなと。負けは負けとして、非常に得るものが多かった(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 17, 2016

この駅の注意書きが細かくていい2016 - デイリーポータルZ:@nifty(爲房新太朗) (2016.09.15 11:00) http://portal.nifty.com/kiji/160914197403_1.htm
>東京に出てきて電車で通勤するようになって5年半になった。駅の構内はただ通り過ぎるだけの存在だったが、ふと立ち止まって辺りを眺めてみると発見があった。
>注意書きがたくさん貼ってあるのだ。鉄道会社と駅員さんたちの工夫と執念を感じたので、たくさん集めた。是非とも紹介したい。紹介させてください。
21 これ、ぱっと見でどういうことかわかるだろうか。僕はわからない(浅草駅)。 http://portal.nifty.com/2016/09/15/a/img/pc/21.jpg
>この銀座線浅草駅の補足説明は全くわからない。
>「列車の遅れ等がない場合、発車30秒前に表示が変わります」はどういうことなんだろうか。
>表示が変わっていたらもうすぐ発車してしまうから急げばいいのか、諦めて次の電車に乗ればいいのか。神様教えてください。

もちろん後者。どこの鉄道会社も「駆け込み乗車はおやめください」って耳タコアナウンスしてる事を思えば自明だ。JR池袋駅の埼京線・湘南新宿ラインの下りホームも、こういう補足説明の貼り紙こそないけどこの形式で、階段上がったらもう出てしまったであろう前の電車がまだホームに居て乗れた事も結構ある。つっても鉄道会社としては「お客さん常に余裕持って行動してくださいね」から来る心理だ。
 10年ぐらい前でもケータイ自体は充分に普及してたのだが、3競オートではWeb投票が今ほど多くなく、だから発券能力の高くない地方場でビッグレースを開催すると窓口に押し寄せる客を処理し切れず発売締切できず、ひいてはレース発走時刻がダダ遅れする事が珍しくなかった。05年のJBC@名古屋はあまりの混雑にパドックを見たら馬券買えないほどの本末転倒状態、ゲート入りをゴネた馬がいた事も手伝いメインレースの発走は30分以上遅れ、地上波の枠買い取り時間内に放映出来ないという前代未聞の醜態は競馬ファンの大ヒンシュクを買った。
 これがおそらく契機となったのだろう、公営競技側は違う対策を取り出した。それが場内放送フライング。30分前ぐらいから「ただいま、締切15分前です。車券はお早目にお買い求めください」とやり出すのだ。15分前には5分前、5分前には2分前、だから場内では締切2分前アナウンスが3分間以上流れる訳で、勝手知ったるバクチジジイ(←含む俺)は笑い合ってるのだが、結構効果はあるようで、だからオートレースのスーパースター王座決定戦やKEIRINグランプリでは今でもやっている。時計先取り効果の傲り難さよ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 04, 2014

みやこS - 馬三郎タイムズ | メインレース特集 http://uma36.com/?pid=main_race&mode=status&id=c201408050211
>11/09(日) 5回 京都 2日目
>11R みやこS(G3)
>サラ系3歳以上 ○国際○指(別定)ダ1800m 16頭 発走15:45
>本賞金:3700、1500、930、560、370万円
>先取り厩舎リポート
>*毎週月曜日に更新
>馬名 コメント
>ニホンピロアワーズ 輸送で体が減る傾向にあるから、盛岡のJBCではなくここから始動。<大橋師>

GIの権威形なし。まあ今年のJBCクラシックの賞金は1着8000以下1840、1040、720、400万円だから、優勝賞金こそ倍だが着賞金だと大差ない。なら、自身が飛び抜けて強くて8000万タダ貰いって馬でもない限りはJBCに拘る必要がない。ダート馬は種牡馬としてのニーズに乏しく(種牡馬入り出来なかったダート強豪馬の何と多い事か!)、だから「GI幾つ獲った」って勲章に拘ってもしょうがないし、結果として「JBCより、その後のGIチャンピオンズカップ(=JBCより賞金が圧倒的に高い)に照準定めて」ってなっても全然おかしくはない。
 前にもネタにしたが、諸外国ではレースグレードと賞金額は関係ないが、日本では両者は基本的に比例するし、中央競馬だけ・地方競馬だけなら、その原則は絶対だ。ところがダートグレード競走の競走体系は両者を単純に合体させただけだから、往々にして逆転現象が起きる。といって、中央の賞金水準に一本化しましょうなんて今さら出来っこない。…グレードって、一体全体、どういうもんなんだろうねえ('A`)?

ア・ニュー・コンセプション
ア・ニュー・コンセプション

アーティスト:サム・リヴァース
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2014-01-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 07, 2013

大毅防衛劇を父・史郎氏が断罪「JBCは日本の恥」 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/211237/
>2013年12月06日 11時00分
a7edd7cf.jpg
史郎氏はJBCの対応をバッサリ http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2013/12/0ea17b1ef83dd2ce903ae2232346db23.jpg
>IBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅(24=亀田)がWBAとの王座統一戦で判定負けしながら王座にとどまった“ドタバタ防衛劇”が波紋を広げている。大毅の父、史郎氏(48)は日本ボクシングコミッション(JBC)の不手際だと指摘し「世界の恥さらし」と断罪した。
>大毅が判定負けしたにもかかわらず「防衛成功」となったことが発端のドタバタ劇。大毅は大阪市内で予定されていた4日の一夜明け会見を欠席。亀田ジムの嶋聡マネジャーは「減量の影響と、試合のダメージが大きいため」と説明。前夜初防衛に成功したWBOバンタム級王者の和毅(22)は「これから絶対に強い姿で戻ってくる。俺は信じている。まだ24歳だし、これで終わりじゃない」と兄にエールを送った。
>ただ、ネット上を中心に騒動の波紋は収まらない。試合前日(2日)に計量をパスできずWBA王座を剥奪されたリボリオ・ソリス(31=ベネズエラ)は、IBFからするとタイトルへの「挑戦者」になる。王者が計量をパスし、挑戦者が計量をパスできなかった場合、「試合の結果にかかわらず王座の移動はない」とのルールを誰がどう認識していたかが、今回の騒動のカギとなる。
>そんな中、史郎氏は「俺も知らんかったけど、ルールミーティング後に知った。俺ら(亀田ジム)は英語もスペイン語も話せる通訳を用意してミーティングに出てるが、JBCはそれをしとらんやろ。言葉が分からんのに、通訳も用意せず『何しゃべってたか分かりません』じゃ世界への恥さらしやで」とJBCの対応をバッサリ。
>ネット上では大毅の防衛が「IBFが仕組んだ亀田裁定」のようにいわれているが、このルールはもともとIBFのルールブックに明記されているものだ。ところが、JBCの秋山弘志理事長は「大毅が負けたら空位になると思っていた」と発言した。同理事長は大阪での亀田戦には立ち会っておらず、ルールミーティングの詳細などは把握していないとはいえ、今年4月にIBFを公認した組織がその団体のルールを「知らなかった」ではお粗末のひと言だろう。
>史郎氏はJBCから事実上の永久追放状態にあるため「俺からは何も言えんから」と話すにとどめたが…今回ばかりは亀父の言い分に分があるといえそうだ。
亀田大毅“ドタバタ茶番防衛”の真相 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/210886/
>2013年12月05日 07時10分
60cf140b.jpg
トロフィーを掲げて喜ぶソリス(右上)とは対照的に、納得いかない表情の大毅(左) http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2013/12/367a801d562e2acc5182fa8b34c0dda4.jpg
>「勝者! 青コーナー、ソリス」のアナウンスがされると、前日にベルトを失った「前王者」は歓喜のジャンプ。一方の大毅はぼうぜんとした表情でリングに立ちつくした。
>「なお、ソリス選手が勝ったため、IBFとWBAの王座はいずれも空位となります」。このアナウンスを聞いたテレビの前の視聴者はもちろん、会場に詰めかけた観客、そしてボクシング関係者の誰もが大毅の王座陥落を疑うことはなかった。
>ところが、この約30分後にIBF立会人のリンゼイ・タッカー氏が会見し「IBFにとっては挑戦者であるソリスが、昨日の計量に失敗した時点でIBFの王座は大毅のまま。試合は負けだが、防衛にもカウントされる」と話したことで、状況が一変した。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 10, 2012

2013年のJBCは金沢で実施 [News] http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-215157.html
>2012/02/10(金) 16:12
>NAR地方競馬全国協会で開かれたJBC実行委員会で、来年(2013年の)JBC競走を、金沢競馬場で開催することが決定した。金沢でのJBC開催は初めて。
>開催日は2013年11月4日(祝・月)で、JBCクラシックが2100m、JBCスプリントが1400m、JBCレディスクラシックが1500mで行われる。
><石川県競馬事業局 平賢雄局長のコメント>
>「この度、2013年のJBCの開催場として金沢競馬場が選定されましたこと、誠に光栄に存じます。JBC協会並びにJBC実行委員会の皆様をはじめ、JBCの実施に向けご尽力を頂いております関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。
>日本海側では初の開催となりますが、2013年は金沢競馬場移転40周年の節目の年でもあり、ダート競馬の祭典の名にふさわしい競走となるよう盛り上げに努め、北陸の競馬ファンをはじめ、全国の競馬ファンに楽しんでいただきたいと思っております。
>第13回JBCの成功に向けまして、今後もファンの皆様、関係者の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます」

 >日本海側では初の開催となりますが

いや日本海側ったって金沢1ヶ所だけだろ、と突っ込みつつも頑張ってください(´∀`)
 ただ、水を差す様で悪いが、ゆめゆめ売上面で期待しない事だ。去年の大井だと、レディスクラシックの売上が5億3319万4900、スプリント6億1534万9700、クラシックが8億4565万2900、以上合わせて19億9419万7500円。一日総売上が31億684万円の入場者数は3万3579人。でもって東京大賞典は18億6652万6500円の売上。総売上35億4312万4200円の入場者数が3万2049人。暮れの大一番でアツい客が太く張ってるのを考慮しなければならないとはいえ、賞金負担にしろ広報宣伝費にしろ、JBCの投資効率は極めて悪い。白山大賞典が最高賞金レースの金沢、ヘタするとJBCキッカケで廃止議論が…なんて事すら起こり得る。浮かれてる場合じゃないのだ。ぶっちゃけ、他が手ェ挙げなかったから自動的に金沢に決まったんじゃね?と穿った見方もしたくなる。
 あんま否定的な事ばっか言うとアレなんで立て直すが、JBCともなれば、生で観たいと全国各地から旅打ちャーが訪れ、彼らが金沢(競馬に限らない)の魅力に目覚め再訪し…なんつう可能性は有る。そのための投資、名刺撒き効果としてのJBC誘致は解る。かなりリスキーな投資だけど、決まっちゃったからには精一杯頑張ってくだされ( ´-`)y-~~~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 14, 2010

 来年度の南関東競馬開催日程が発表された。
平成23年度 開催日程及び重賞競走日程について http://www.nankankeiba.com/news_kiji/1415.do
>2010年12月14日
>平成23年度の南関東4競馬場開催日程及び重賞競走日程が決定いたしましたのでお知らせいたします。
>開催日数は大井競馬が103日(トゥインクルレース82日)、川崎競馬が64日(スパーキングナイター49日)、船橋競馬が54日、浦和競馬が49日の計画となっています。
>【平成23年度重賞競走の主な変更点】
>1.新設する重賞競走
>優駿スプリント〔S掘 (大井) 6月末 3歳 1,200m で実施予定
>習志野きらっとスプリント〔S掘 (船橋) 7月末 3歳以上 1,000m(地方競馬交流重賞競走で実施予定)
>JBCレディスクラシック〔S機 11月 3歳以上牝 1,800m(平成23年度は、大井競馬場で実施予定)

>2.名称を変更する競走
>TCKディスタフ   >(大井) レディスプレリュード

まあここまでは良いんだが、

>3.出走馬の資格を変更する競走
>4.格付を変更する競走
>5.距離を変更する競走
>6.実施時期を変更する競走

これ、サイト原文は各項目ごと羅列してるもんだから、パッと見で挫折しそうになったorz オフィシャルなリリースだから書式に則って書かなきゃいけないってのはやる側の理屈、客商売なんだから客が理解し易い様に清書せいっつのヽ(`Д´)ノ 要するに
【浦和】
●さきたま杯は賞金増額
●オーバルスプリントを中央交流に&12→9月に移行
●オーバルの空いた穴にゴールドカップを移行
【船橋】
●上記の重賞新設のみ
【大井】
●TCKディスタフを中央交流に&レディスプレリュードと改名
●サンタアニタトロフィーは千六→千八に
●東京記念を施行時期繰り上げ
●マイルグランプリは3→11月に移行
●東京大賞典はJpnI→GIに
【川崎】
●ロジータ記念とローレル賞を地方交流に変更
●戸塚記念は賞金増額

こういう事だ。
 で、これでどう変化するかだが、一番大きいのは秋の中央交流短距離路線は東京盃(大井)→オーバル→マイルGPとなる、そのマイルGPがJBCの前日ってのがミソ(来年度以降は不明も、基本JBCのごく近くに位置させるだろう)。JBCの中央馬フルゲート頭数問題は、JBCレディースクラシック新設で緩和されるレヴェルでは全くなく、だからJRAはまるでJBCにぶつける様なタイミングに重賞・みやこステークスを新設したが、それに対する地方側からの解答…なんて大層なもんじゃなかろう、単にビジネスチャンスだから活用するだけだろうけど。でも良い事ですよ、そういう商才は。赤字で潰れるより良いに決まってる!
 一方、累損一掃し黒転した浦和のイケイケドンドン振りも目立つ…がこれ、中央交流競走はJRAが賞金半額補助だからオーバルの実質負担ゼロ。いや『浮き』まで有るか。で、それをさきたまに回した?

>7.廃止する重賞競走
>トゥインクルレディー賞(大井)

JBCレディースの新設で牝馬重賞がだぶ付き気味になる、何でもかんでもばら蒔くんでなしに引き締めるトコは引き締める、と。

>8.その他
>平成23年11月3日、 大井競馬場でJBCレディスクラシック〔S機諭■複贈奪好廛螢鵐函味複陦遑鼻諭■複贈奪ラシック〔JpnI〕が施行される予定です。
>JBCレディスクラシック 〔S機
>1着賞金 4,000万円  距離 1,800m  負担重量  定量
>出走資格 サラ3歳以上牝馬・地方競馬選定馬及び中央競馬選定馬(指定交流)
>JBCスプリント〔JpnI〕
>1着賞金 6,000万円  距離 1,200m  負担重量  定量
>出走資格 サラ3歳以上・地方競馬選定馬及び中央競馬選定馬(指定交流)
>JBCクラシック〔JpnI〕
>1着賞金 8,000万円  距離 2,000m  負担重量  定量
>出走資格 サラ3歳以上・地方競馬選定馬及び中央競馬選定馬(指定交流)

あ、JBCスプリントとクラシックの賞金削って浮いた分をレディースに回すのか。この前JBC協会をゼニカネ面で批判したのを撤回…しつつ、1着4000万じゃなあ。GIIIかSIIレヴェルだもの( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 09, 2010

 愛用してるサプリメントが切れそうなんでファンケルショップに買いに行ったら、カレンダーをくれた。
d72301df.jpg
裏には2012年の年間カレンダーも、
9e131814.jpg
これ、ちょっと考えてしまった。つうのは建国記念日、こどもの日、秋分の日、文化の日が土曜日に当たり、普通の勤め人にとって休日が四日間減る事になる(2011年は土曜に重なる日は無い)。で、3競オートのビッグレースが軒並み影響を受けるハメになる。
 地方競馬では佐賀記念、かしわ記念、JBCが中央競馬とぶつかる。かしわ記念は3日か2日(←南関東では重賞は水曜施行が原則)にやるとして、佐賀はどうするか?JBCは前にも一度こういう事が有り、その時は11月3日に拘らず水曜に大井ナイターでやったが、ナイター場外を出来ない場から不満の声が挙がったし、売上的にも前年度から激減した。つか、大赤字確定イヴェント(川崎でやった年は川崎の売上記録を更新したにも関わらず、賞金負担や広報費用の重さから赤字だった。今年の船橋はまだ収支は発表されてないが、プラスとは思えない)なのにレディースクラシックなるものまで新設するとか、採算性っつうモンを知らんのかJBC協会は。手ェ挙げる施行者おるんかねえ('A`)
 競輪では東西王座戦は無くす意向の様で、て事は引っ掛かるのは共同通信杯秋本番。あとは各場の開設記念で、それほどのダメージは無いか。痛手が大きいのはオート、全日本選抜にグランプリに日本選手権とSGが三つも。グランプリは一週早めて敬老の日を取り込むか。なら同様に、選手権も半月遅らせて勤労感謝の日を取り込んで…金曜だから、優勝戦は日曜にせざるを得ない→競馬のジャパンカップとモロ被り。全選抜に至っては、どうしても祝日取り込むなら春分の日だが、かつてそういう日取りだったのに現行の形に変更されたのは競艇の総理大臣杯と完全モロ被りだから。それでも敢えてやるか、祝日絡めるの諦めるか、の難しい二択だ。オートレース2012年問題だわな。いや、全選抜は施行者的には2011年度だけどさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 03, 2010

 不吉な予感というか、やってて「あ、こらアカンわ」っつう日が有る。SPAT4の残高が無いので郵便局で金下ろしてオフト行ってJBCスプリントの馬券買って(クラシックの方は全く見えて来なかったのでやる気ゼロ)
017517aa.jpg
帰って日本選手権オートに専念って予定だったが、いざ郵便局に来てキャッシュカード忘れたのに気付き引き返し、出直して金を下ろし駅へ向かう途中腕時計を忘れた事に気付く。いや時計無くて困る状況では全くないけど、これだけやらかすと半分外れた感に支配される。でも超大穴狙い、買うのやめて本当に来られた日にゃ後悔どころの話じゃないので、初志貫徹し後楽園へ。するとドーム外周がえらいこっちゃな人手で、何かと思えばパフュームのコンサート今日だったのね。グッズショップの黄色い袋持ったのがズラリ、コスプレしてる女の子とかドームの看板写メしてるのとか、そういうのを尻目に馬券仕込み、
f3e6ed81.jpg
混雑嫌なので飯田橋へ歩いて帰宅。んでCS点けて、e19dbc5e.jpg
さあ優勝戦選手インタヴューっつうトコに電話。居留守使おうかと思ったが0120だから何かの企業から、んで出るとカード会社。何事かとTVの音消し話聞いてると長ったらしい挨拶に続いて弊社で取り扱う保険がどうたら「ジャカシイ!」全部聞き逃したわ。何で今日に限って、このタイミングで来るか、もうこの瞬間選手権負けだと観念した。それでも勝とうと思って車券買うのであり、真剣に予想し残高そっくり貼っ付けた。

 1 永井 大介 0 3.29
 2 若井 友和 0 3.32
 3 有吉 辰也 0 3.31
 4 荒尾  聡 0 3.30
 5 伊藤 信夫 0 3.32
 6 平田 雅崇 0 3.32
 7 金子 大輔 0 3.32
 8 重富 大輔 0 3.31

>投票受付完了
>受付を完了しました。ありがとうございました。受付番号:001
>飯塚
>▽下へ
>12R 3連単 3-1-4
>6.2 15,000円
>12R 3連単 1-3-4
>6.0 3,900円
>投票成立金額:
>18,900円
>b3H_9aWk.phmkCS5

スタート3と5が抜けた、と思いきや赤ランプ、まさか有吉じゃなかろうし信夫か?果たしてその通りで、改めての結果は周知の通り。

 SG第42回日本選手権オートレース(開催:飯
塚レース場) 永井大介選手 日本選手権優
勝でSGグランドスラムを達成!


1回目のSは明らかに永井は半歩、ワカ荒尾は一歩負けてただけに、信夫が余計な事しなきゃ…や、好き好んでフライングする奴ァおらん、しゃあないか。
 まあ選手権については改めて書くとして、今回、不思議と悔しいって気がしない。最初から負けの覚悟出来てたせいか、勝った永井への感動か、ワカが公約通りポイントでスーパースター王座決定戦への出場決めた嬉しさからか、それとも他の何かか。正直良く解らない。百パーの充足感ではないが虚無感とも違う。何か全てを有りのまま受け入れる、とかいうと悟りみたいだが、そんな高尚な人間じゃ全くない。何なんだろう('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 03, 2009

 七三か八二で伊勢崎オートに行くつもりだったのだが、川口勢で唯一期待出来た高橋義弘が雨に泣かされた上に致命的不利で優出を阻まれた時点で心が折れてたのかもしれん。目覚めたらえらいこっちゃな時刻で自動的に本場行きを断念、大人しくCS観戦。そんな日本選手権はキムタケの快勝だった。
トーケイ杯SG第41回日本選手権オートレース http://autorace.jp/archives/kaiko/2009/1103_senshuken.html
好発から狙い済ました差し一発、あとは独走。貢は何度もバックで滑らせてたのはタイヤだろう。最終1コーナーで茂を差し返したのはNo.1の意地か、でもまたすぐバックで差し返された辺りが万全でなかった事の証左だ。
 にしてもグランプリ→選手権ってコンボだなもう。昨秋の永井も、茂もそうだし。また、このままスーパースター→全日本選抜までブッコ抜くのかねえ( ´-`)y-~~~
 あとアレだ、伊勢崎のお客さんってアツいな。TV視てるだけでも熱気、熱狂振りが伝わって来るもの。客席の音声をマイクがよく拾うのも効いてるけど、それ以前に皆オート好きなんだよな。やっぱ行きゃあ良かったかな、とちょっと後悔。去年のグランプリの時もそうだったっけか。
 JBC?あー、やってたんだよね。でもそんな余裕、全っ然無かったんで('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 29, 2009

 livedoor blogのカテゴリを今まで『スポーツ』→『競馬、競輪、競艇、オート』にしてたがいつの間にか『競馬』になってて、何かと思ったら今までサブカテゴリに有った3競オート一緒くたのが消えて各競技ごとに独立してたのね。最近は競馬ネタがほとんどとはいえ実際買うのはオート80:競馬18:競輪2ぐらいの割合な訳で、なもんでサブカテゴリをオートにした。もちろん、それでこのブログの内容が変化する訳じゃないが。
 つう訳で今日も競馬ネタ。明日から日本選手権オートで松阪記念どころじゃなくなるし、JBCだって興味の埒外だ。そんな俺でも、さすがに天皇賞(秋)は特別だ。
 『競馬最強の法則』で水上学が指摘してた理由からか、4歳馬は僅かに4頭。3歳馬に到っては日曜登録の時点ですらトーセンジョーダンただ1頭(菊花賞距離短縮論者はこれどう説明するのか?)も、当然賞金不足の非抽選。残る古馬はほとんどがウオッカと対戦歴有り、と来れば構図は極めて解り易い。

 ●ウオッカは衰えてないのか…前走は未勝利ペースの逃げなのにアッサリ捕まった、前年の毎日王冠も同じく『逃がされ』での2着だったが、ラップ比較からすると今年の方が明らかに内容が悪い→【俺的見解】休み明け緒戦は走らない馬、しかも不本意な戦法での結果から時計云々と論ずるのはナンセンス。馬という動物は鍛えれば鍛えただけ強くなるというものではないしいつかは成長は止まる、衰えもする。ではそれがいつかだが、少なくとも中間の動きを見る限り、今回ではないだろう。思えば半年前、ヴィクトリアマイルの時も「ウオッカは終わった!」と断じたマスコミが居たものだ。
 ●ウオッカはまた逃がされないのか…前走ウオッカは逃げたから負けた、と思われてるのにコスモバルクやキャプテントゥーレやマツリダゴッホやエイシンデピュティが逃げたら「何でウオッカ自滅させないのよ空気読め」と非難されるだろう→【俺的見解】これは大いに有り得る。てか、ウオッカが負けるとしたらこのケースだろう。武豊の性格からすると、先週菊花賞の時『GIを逃げ切って勝った事がまだ無い』と報じられたが、だからこそ今回格好付けて「逃がされるんじゃなく能動的に逃げて勝ったれマスコミの鼻明かしたれ」とやっちゃう事は充分に考えられる。
 ●未対戦組にポテンシャルを秘めた馬は居ないのか→【俺的見解】オウケンブルースリはやはり距離に疑問が残る。『東京千八展開要らず』という古い格言が有る様に、広々とした東京コースで中距離以上有れば展開の紛れぐらい実力差で克服出来る、というもの。それより長い二千ならなお、と。でも、それでも、この馬の使い方を見ると目標はジャパンカップ〜有馬記念でここは行き掛けの駄賃に映る。スマイルジャックやヤマニンキングリーは現実に未勝利ペースだった毎日王冠でウオッカの後塵を拝した。サクラオリオンにはピンと来ないしキャプテンは脚質が引っ掛かるしシンゲンは人気になり過ぎ。んー。当日は本場行ってウオッカ固定のクイックピックでも買うかねえ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote