野球賭博

November 16, 2016

野球賭博で会社役員ら逮捕 賭け金総額10億円か http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161115/k10010769501000.html
>11月15日 12時18分
>プロ野球の試合の勝敗を対象に客に金を賭けさせていたなどとして、土木建築業の男らが逮捕され、警視庁は、この男らのグループの野球賭博の総額が1年間で10億円ほどに上るとみて捜査しています。逮捕されたのは、土木建築会社の役員で東京・目黒区の■■■■■容疑者(46)で、警視庁によりますと、去年9月から10月にかけてプロ野球の試合の勝敗を予想する野球賭博を開き、客に金を賭けさせ、利益を得ていた疑いがもたれています。また、客として賭博に参加していたとして、福井市の暴力団員、■■■■■容疑者(37)ら3人も逮捕されました。
>■■■容疑者は「LINE」やショートメールを使って1口1万円で賭けの申し込みをやり取りしたうえで、勝ち分の8%を手数料として受け取り、少なくとも5000万円の不正な利益を得ていたとみられています。
>警視庁は、逮捕された4人がそれぞれ客を集め、このグループでの賭け金の総額は1年間で10億円ほどに上るとみてグループの全容解明を進めています。

たった1年で10億チョイとはデカいな、さすがに非合法バクチだけの事はある。いや今回逮捕された客の方には組員が居たとはいえ胴元側は会社役員しか名前が挙がってなくて、でも素人ばかりじゃ出来っこないからねえ。いや「見かじめ」「ケツ持ち」といった話じゃなくて。
 コンプライアンスなんてもんが今ほど煩くなかった頃、だからとっくに時効が成立してるから書ける話だが、ウチの社でも大相撲や高校野球、プロ野球からマラソンに到るまでトトカルチョをやってるのが居た(もちろん俺も参加した事がある)。つってもそんな高給取りでもないから一口1000円2000円で、だから勝者総取りにしないと優勝賞金がショボい。逆に、思いもよらぬ大金が集まって、優勝者が妬まれるぐようだとそれはそれでマズいので、その時は得点制にして1位50%2位25%3位10%4位5位ブービーで5%ずつ…とか分配する。で、素人のカネのやり取りっていうのは明朗会計シンプルシステムを是とするもので、だから「8%」なんて数字はまず使わない。一口1万円でもその8%は800円、小銭が発生するから清算時に「お釣りお釣り(小銭入れガサゴソ) 」ってな事になる。そんな面倒臭い事を何でわざわざやるものか。
 それで言えばもう一つ、今みたいに3競オートのWeb投票が簡単でなかった時代、用事があって買いに行けないなんて時は同僚やら知り合いやらにカネ渡してついでに買ってきてもらう訳だが、それで頼み馬券が首尾よく的中と相成ったら、手数料として払戻金の1割を渡すのが儀礼だった。しかしこの場合も、払戻金の1割だから1円単位までキッチリ…なんて事はまずなく、小銭は四捨五入か切り捨てて札だけのやり取りとしたものだ。ましてや「8%」なんて数字は絶対使わない。だから記事のような事をやるのは、本当にシャレにならない規模でやってて1%2%といった数字に胴元がシヴィアになってるからこそだ。普通に考えて素人のやり口じゃない、この会社役員は単に客集め担当でバックが居ると考えるのが自然だろう。
 当たり前だが俺はこの人達のおかげで迷惑を被ってるとかは一切なくて、だから構わない、もっと言えばどうでもいい。ただまあ、世にバクチ好きの種は突きまじ…と感心するのみだ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 30, 2016

終了期限間際のトレード戦線に異常あり?!巨人に手を出さない“不文律” https://thepage.jp/detail/20160729-00000001-wordleafs
>2016.07.29 12:00
>プロ野球のシーズン中に可能なトレードの期限が迫っている。2008年からシーズン中のトレード期限が外国人選手の獲得期限と同じく6月末から7月末に延期されたが、1分1秒単位で、期限のギリギリまで交渉が続くメジャーと違って、日本の場合、締め切り直前の駆け込みトレードは活況ではない。
>実は、ただでさえ活況ではない日本のシーズン中のトレード市場において、例年とは違う異常現象が生まれていた。
>「例の野球賭博問題が、まだ尾を引いている。トレード前に、そこまでの調査はできないからね。もしトレードをしました、その後、野球賭博や裏カジノのようなところに出入りしていたことが発覚しました、となれば、トレード担当者のクビが飛びますよ。そう考えると、巨人とのトレードは難しい。これは、うちだけでなく、どこの球団もそういう方針だと聞いている。今年のオフのトレードでも同じ状況は続くだろう」
>ある球団のトレード担当者からそういう内情を聞いた。
>今オフに、再びオープンする移籍市場においても、「巨人敬遠」の傾向は続きそうなムード。戦力外通告を受けて、トライアウトなどにチャレンジする選手にも影響を与えそうで、巨人が引き起こした野球賭博問題は、一球団だけの問題にとどまらず想像以上に根深いものになっている。
>(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

ドラフトと違ってトレードは、期待の割に活躍しない全くの見込み違いというのは起こり難く、だから積極的に行う事は合理的だ。特に巨人はドラフトも助っ人外国人も他球団と比べるとハズレが多く、だから他球団に「ダブついてる人いたら買うよー」ってなるのは道理だし、それを利用し、見る目があり育て方も上手い球団が安く入団させた選手を巨人に高く売る事でビジネスを成り立たせてる球団もある。俺は巨人を好きではないし ━━ そもそも野球自体をそれほど好きでもないが ━━ 経営判断としてはアリだし、一概に否定するべきものでもないと思う。
 とはいえ金銭トレードでない選手対選手のトレードとなった時、これはなるほど巨人とは話進める気にはなれないわな。その選手が本当に非合法賭博(俺的には常識的な額の賭け麻雀やゴルフのニギリは許容範囲内なのだが、違法である事は間違いない)に手を出してない…というのは悪魔の証明であるから、「じゃあ最初から巨人はないものとして」ってスタンスにならざるを得ない。でも、過去カネに物言わせて掻っ攫って来た選手が全部不良債権になってしまった以上、巨人も今までのやり方を見直さざるを得ないだろう。っていうか、巨人が内部調査しこれ以上はないと結論付けた事に他球団はまだ疑いの目を向けてるという事だ。
 イヤしかしこれは長期化しそうだなあ。球界が去年までのように戻れるのはいつの日か( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 03, 2016

 胃が酷くて寝込む。川口オートか船橋競馬か…という目論見は徒労に終わった。

客の勝ち分、1割が胴元へ 元投手ら供述 野球賭博事件 http://www.asahi.com/articles/ASJ4Z4WF0J4ZUTIL00M.html
>2016年5月1日 9時2分 朝日新聞デジタル
AS20160430002526_comm対戦する両チームに各10万円が賭けられた場合の野球賭博の構図 http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160430002526_comm.jpg
>プロ野球・巨人の元投手らによる野球賭博事件で、笠原将生(しょうき)容疑者(25)ら元投手の賭け金を集めていたとされる斉藤聡容疑者(38)が、客の「勝ち分」の1割を手数料として受け取っていたことが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、胴元役の斉藤容疑者が利益を得る目的で賭博をしていたとみている。
>捜査関係者によると、客となっていた元投手らは調べに対し、「賭けに勝った場合、賭け金として伝えた額の1割を手数料として取られていた」と説明。同庁の調べで、賭博開帳図利容疑で逮捕された斉藤容疑者が、予想が当たった客が伝えた賭け金の1割分を受け取る仕組みだったことが明らかになったという。

これ、この手のアングラ賭博に関する記事をかつて見聞きして来た身としては違和感が拭えない。3競オートのノミ屋だと、客が勝ち=当たったら全額払う一方、負け=ヤられた分に対して1割バックして「まあそんなに落ち込まんと」ってサーヴィスするものだ。対して斉藤容疑者の、客の勝ち分から手数料をさっ引き、負け分は全額払わせるってのはずいぶんとアコギに映る。まあ、だから反社会的組織が絡んでない、この飲食店内だけで完結してるんです…って見方も出来るけど、だったらそんな面倒な事しないで最初からオッズに組み込んでしまった方がずっと楽だろう。だからもっと大きな野球賭博組織が上にあって、斉藤容疑者すらもその窓口に過ぎず、自身のマージンとして勝った客から取ってたんじゃないか?と思えてしょうがない。いや俺の全くの想像に過ぎないんだけど、「手数料」って名目がどうしても引っ掛かるんだよな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 12, 2016

蛭子能収、野球賭博に持論「合法にしてもいいんじゃないか」 http://www.cinematoday.jp/page/N0081001
>3月10日23時00分
mainギャンブルについて語る蛭子能収 https://img.cinematoday.jp/a/N0081001/_size_640x/_v_1457649178/main.jpg
>漫画家でタレントの蛭子能収が10日、都内で行われた『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』の大ヒットイベントに出席し、野球賭博に関して持論を展開した。
>「みんなが楽しくやっているならそろそろ(賭博を)合法にしてもいいんじゃないか。それはそれで俺はいいと思います」と語ると、「俺も賭けマージャンで捕まりましたよ。みんながやっていることなのに。会見もしましたよ。テレビも謹慎になりましたよ。15、6年前かな」と自身の体験を苦笑いで述懐した。
>一方、「ギャンブルなんかで食えるとおもっているような人、大きな間違い。ギャンブルで食えるわけがない」とギャンブルに依存し過ぎな人に対しては厳しいコメントも。ギャンブルを正業にする行為には否定的なようで「学校を卒業した人はきちんと働いて、最低でも自分の食べる分は自分で稼いでほしい」とぴしゃり。最後に最近勝ったギャンブル話を問われると、途端に頬をゆるめ、「5か月くらい前に競艇で、人生一番の高配当を当てました。100円で27万円の配当でした」と嬉しそうに自慢していた。(取材・文:名鹿祥史)

なるほど蛭子さんのバクチ観はそうですか。FXや株で食ってる人は確かに居るし、脱税裁判になったような競馬で食ってる人すら存在する、

 >「ギャンブルで食えるわけがない」

これには異議を唱えたい。蛭子さんは「勝っても負けても、今日一日楽しく遊べたのだからヨシ」というスタンスかもしれないが、ほとんどのバクチ打ちは「食おう」「食って行けると俺が証明してやる」と臨んでるんだし。
 とはいえ、

 >「みんなが楽しくやっているならそろそろ(賭博を)合法にしてもいいんじゃないか」

これには完全同意。極端にレートが高いとか、関係性から参加を強要されてるとかだったら別だけど、目の前の相手とヤッタリトッタリしてる分には外野に迷惑かけてる訳でもあるまい、好きにやらせてくれよ…と心底思う。そりゃ世間体の良いものじゃないっていうのは承知してるけども(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 10, 2015

巨人2軍球場が賭場…マージャン、トランプ、高校野球でも恒常化 http://www.sanspo.com/baseball/news/20151110/gia15111005060001-n1.html
>2015.11.10 05:06
>午後6時。東京・大手町の球団事務所で山岸球団総務本部長・コンプライアンス担当らが会見を開き、野球賭博に関与した福田、笠原、松本竜を契約解除とする方針を発表した。10日にも行われる日本野球機構(NPB)の調査委員会の最終報告とコミッショナーの裁定を待ち、正式に解雇が決まる。野球賭博による契約解除となれば、1969年に西鉄(現西武)の投手による敗退行為(八百長行為)に端を発した「黒い霧事件」以来となる。
>球団は10月5日、夏の甲子園の複数試合、巨人戦を含むプロ野球の約10試合、米大リーグ約10試合で、福田が野球賭博に関与していたことを公表した。その後、球団は全選手、コーチ、職員計276人に聞き取り調査。そこで判明したのは、賭博行為がまるでゲームのように、チーム内に蔓延(まんえん)していた事実だった。
>笠原は昨年4月、裏カジノに出入りした件で球団から厳重注意と罰金の処分を受けた。その後も福田、松本竜と出入りを続けていた。3人を含む約10人は、賭けマージャンを頻繁に行っていた。
fb63f3ba.jpg巨人・この日に判明した事実 http://www.sanspo.com/baseball/images/20151110/gia15111005060001-p3.jpg
>2軍本拠地のジャイアンツ球場では、練習終了後のロッカールームで「大富豪」「ポーカー」などのトランプゲームが行われ、選手11人が1回1万円を賭けていた。1軍を目指して練習に励み、その姿にファンが声援を送る球場で、賭博に興じていたのだ。
>さらに数年前から、夏の甲子園大会で一口5000円−1万円を参加費として出場校の“くじ”を引いて、賞金を分配していた。自らが高校時代に目標とした晴れ舞台も、賭けの対象でしかなかった。福田ら3人を除く選手名は非公表とされたが、関与した全員が厳重注意処分を受けた。
>(紙面から)

法律は絶対だから違法は違法だと認識した上で、でも車も何もない赤信号を渡って「道交法違反で」って捕まっても「いや誰にも迷惑かけてないでしょ」って言いたくもなるだろう。私的賭博も違法である事は認識してるが、身内だけで強要とかもしてないお遊びであるならばそう目くじら立てんでも…ってのが個人的な感覚だ。俺は野球ファンでないからことさら野球を神聖視しておらず、だからなおの事、ここを先途と選手や巨人を批判するつもりはない。ただ、自身が所属する球団の試合に賭けた事に関しては、バクチ打ちの風上にも置けない行為だと厳しく糾したい…ってのが俺のスタンスである事は当時も書いた。
野球だけに「人生棒に振る」っていう身を削るギャグだったのか:酒とワラwの日々
もう一般企業の中でも、コンプライアンスに留意してるトコなら身内ギャンブルも禁止を通達してるだろう。で、これって、3競オートにとっては時ならぬ神風っつうか千載一遇のチャンスではないか「ウチは合法ギャンブルでっせ」と。あまり品の良い行為とは言えないし眉をひそめる人も居ようが、しかしチャンスはチャンスだ。つうか、敵失に付け込むのは勝負事の鉄則ではないか。昭和の時代ならいざ知らず、今はスマホで即アクセスも投票も出来る、全国どこの場でもモーニングからミッドナイトまでレースはある。別にJRAや日本財団、JKAといった主催者サイドでなくても、オッズパークや楽天競馬、ギャンブーといったポータルサイトでも構わない。そうしてやって来た初心者をきちんとケアする仕組みさえクリアすれば入れ食いではないか。今がチャンスだ(`・ω・´)!

ナウズ・ザ・タイム
ナウズ・ザ・タイム

アーティスト:ソニー・ロリンズ
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2013-09-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 30, 2015

JR東社員ら野球賭博か http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20151029-OYTNT50163.html
>2015年10月30日
>JR東日本郡山総合車両センター(郡山市)の社員らが、金を賭けて高校野球の優勝校を予想する賭博行為をしていたことが29日、社員の話などでわかった。
>同社の社員などによると、賭けの対象は甲子園球場(兵庫県)で行われる夏の全国高校野球選手権大会や春の選抜高校野球大会。組み合わせが決まった後、優勝校を予想して1口500円を賭けるもので、複数口を賭けることも可能。優勝校を当てた参加者で賭け金総額を分配する仕組みという。
>郡山総合車両センターは車両の保管やメンテナンス業務を行っており、同社や関連会社の社員ら計約600人が働いている。賭けに参加していたのは関連会社の社員を含む20〜30人で、1回当たり10万〜20万円が集まったという。
>読売新聞が入手した文書では、各出場校に賭けた人の名前や口数、優勝した場合の1口当たりの配当額が記載されていた。
>取材に応じた男性社員は「かなり前からやっていて、参加メンバーは固定されていた。配当表などは職場のコピー機を使って印刷しており、かなりオープンに行われていた。罪の意識はなかった」と話した。

建前として違法である事は確かで、また倫理的にも、少なくとも「正しい」行為ではない。でもこの程度なら可愛いものだろう、そう目くじら立てんでも…と思ってしまうのは、俺が麻痺してしまってるからか?そりゃ1口1万とかの高レートだったり、勝者総取りで月給以上の配当とかだったら、アウトって言われてもまあしゃあないかってなるけども。
 そう言えば昔、NECが社内ゴルフコンペで賭けてたのが明るみになったて結構な人数が送検された…ってのを思い出したが、

 【社会】「軽い気持ちで…」 NEC社員ら61人、賭けゴルフで書類送検…東京 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061107-113808.html *リンク切れ
 >2006/11/07 16:36
 >社内のゴルフ大会で1口200円で成績優秀者を予想させたとして、警視庁保安課は7日、賭博の疑いでNEC(東京都港区)の文教ソリューション事業部の部長(54)を含む社員43人と関連会社の社員18人の計61人を書類送検した。
 >賭けは数年前から行っていたという。
 >調べでは、社員らは昨年10−12月に三回開かれたゴルフ大会で、プレーヤーを1−4人1組の枠に分け、スコア合計が少ない枠を予想させる方式で、的中者に配当金を渡す約束で1口200円の賭博をした疑い。合計537口集まり、的中者には2000−3000円の配当金が渡された。業務用の電子メールで「馬券」と称する申込書を配布し、実際にゴルフをプレーした40人のほか、21人が投票だけ参加していた。

JRよりさらに少額でも警察容赦なし。まあ通報されちゃったら動かない訳には行かないだろうけど、内心('A`)マンドクセ って思ってるんじゃないか?で、こういうのって誰が通報してるんだろう?派閥争いで火花バチバチとか、リストラ真っ最中なんて会社だったら「競争相手の足引っ張っちゃれ」ってのは大いに有り得るけども( ´-`)y-~~~

J.R.モンテローズ+1
J.R.モンテローズ+1

アーティスト:J.R.モンテローズ
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2009-01-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 29, 2015

野球賭博:「電子空間は賭博場に当たらず」福岡地裁判決 http://mainichi.jp/select/news/20151029k0000m040189000c.html
>毎日新聞 2015年10月29日 10時00分
>携帯電話の電子メールで結ばれた電子空間が刑法の禁じる「賭博場」に当たるかどうかが争点となった刑事裁判の判決が28日、福岡地裁であり、丸田顕(あきら)裁判官は賭博場には当たらないとする異例の判断を示した。
>被告は福岡市の会社員の男(41)。昨年6月、プロ野球公式戦を利用した賭博に関与し、賭博開張図利のほう助罪などに問われた。
>野球賭博は劣勢の予想されるチームにハンディキャップを与えた上で勝敗を予想する。判決によると、男は胴元側から聞いたハンディを客に伝え、客の勝敗予想と賭け金を胴元側に送っていた。
>一連のやり取りはすべて電子メールで、検察側は「携帯電話で結ばれた電子空間全体が賭博場に当たる」と主張したが、判決は「一定の場所を確保し賭博場を開いたとは認められない」として同罪の成立を否定した。ただ常習賭博ほう助罪の成立は認め、懲役6月、執行猶予2年(求刑・懲役10月)とした。
>一方で、判決は「刑法が古典的な賭博を念頭に置いており、実情に適合していない」とも言及した。ネットと刑法の問題に詳しい甲南大法科大学院の園田寿教授(刑事法)は「処罰対象の行為を事前に法律で明示する『罪刑法定主義』に沿った妥当な判決だが、進化する情報通信手段に、法律が追いついていないことを表している」と話した。【鈴木一生】

これ微妙だなあ。まあネットと刑法の問題に詳しい大学教授が妥当だっつってるんならそうなんだろうけど、でもまだ地裁の判決に過ぎない、検察が控訴して高裁最高裁となった時にどうなるかは判らない。
 例えば俺がそういう非合法賭博をやるぞ!ってなって(あくまで例えば、仮定の話だ)、どこかの店なり事務所なりでそういう事をする、で、仲介者と、あるいは仲介者と客がこのようにメールでやり取りした場合、俺はもちろん賭博開張図利だし仲介者は賭博開張図利の幇助だ。ところが実店舗に対する通販の無店舗販売よろしく、闇サイトみたいなところで情報を流した場合は賭博開張図利には当たらないし、そうするとその幇助も自動的に成立しなくなる…というのがこの判決の趣旨だ。

 >判決は「刑法が古典的な賭博を念頭に置いており、実情に適合していない」とも言及した

まあ電子マネーとか、配信による著作権とかの分野では電子データのやり取りに関する法整備がなされたが、賭博方面に関してはそういう話は出たタメシがない。そんな現状、現行法ではこの被告のケースは賭博開張図利には当たらない…というだけの話だし、もちろん賭博罪や常習賭博罪は免れない。
 いめしかし、法律とか裁判とかいうのはまことにもってデリケートなものなんだなあ( ´-`)y-~~~

Space
Space

アーティスト:Modern Jazz Quartet
販売元:EMI Import
発売日:2005-04-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 27, 2015

ダルビッシュの弟逮捕 野球賭博容疑で http://www.sanspo.com/geino/news/20151027/tro15102715550010-n1.html
>2015.10.27 15:55
7d6c0e62.jpgダルビッシュ翔 http://www.sanspo.com/geino/images/20151027/tro15102715550010-p1.jpg
>客に野球賭博をさせたなどとして、大阪府警捜査4課は27日までに、賭博開帳図利と常習賭博の疑いで、大阪府藤井寺市、人材派遣業ダルビッシュ翔容疑者(26)ら2人を逮捕した。翔容疑者は米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の実弟。
>また賭博開帳図利の疑いで、韓国籍の無職宋尚哉容疑者(29)=大阪市生野区を、常習賭博などの容疑で客の男女5人を逮捕した。捜査4課は8人の認否を明らかにしていない。
>翔容疑者の逮捕容疑は、5月12〜18日に開催された米大リーグ6試合と日本のプロ野球の28試合をめぐり、客から1口1万円、計約1850口の申し込みを受けたほか、自らも宋容疑者が開催した野球賭博に賭けた疑い。
>捜査4課によると、客は勝敗やスコアを予想。翔容疑者らが胴元として無料通信アプリLINE(ライン)などを用いて申し込みを受け付け、客が賭けた金の1割を利益として得ていた。捜査4課は、プロ野球選手らへの働き掛けは確認されていないとしている。
>翔容疑者がプロ野球賭博をしているとの情報が昨年9月に寄せられ、捜査していた。(共同)

またどエラい爆弾が落ちて来たもんだ。サラッと書かれてるが、何気に結構エグい内容だ。
 まず賭博開帳図利で逮捕されたっていう事は、ダル弟は胴元側の人間だという事。賭博で逮捕っつうと普通は生活安全課なのだが、今回動いたのは捜査4課、いわゆるマル暴だ。でもって逮捕容疑となった5月12〜18日の僅か1週間に1850万も売り上げたっていうのはかなり手広く、派手にやってたって事だ。これだけでダル弟をソッチの筋だと断定してはいけないのだけれど、にしてもやってくれたもんだ。
 まあスジ者であろうとそうでなかろうと、当座の問題としては、野球賭博常習者との交友禁止という条項が野球協約にある事。そうするとダル本人は今後日本球界に復帰出来ないのか?ってな疑問も当然湧いて来て、いや本当どうなるのかねえ?
 そういやその昔、ある地方競馬の騎手が中央移籍を希望し受験したが何度も落とされ「点数は足りてると思うしなぜ不合格なのか解らない」、腕は確かだし人格も申し分ないのに…とマスコミも首を捻る事象があった。で、これ、便所の落書きチラシの裏レヴェルの噂話でしかないのだが、この騎手の極めて近い姻戚関係にスジ者がいるからだと、当時まことしやかに囁かれたものだ。もちろん俺には真偽のほどは判らない、が、それほどまでに不可解な不合格だったから、その騎手もJRAも邪推されたのよね( ´-`)y-~~~

クラッシュ!
クラッシュ!

アーティスト:ケニー・バレル&ブラザー・ジャック・マクダフ
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-05-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 21, 2015

【野球賭博】巨人ドラフト1位・松本竜と笠原が新たに関与 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/462774/
>2015年10月21日 13時11分
0945ed0c.jpg野球賭博を行っていた笠原(左)と松本竜 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/2b2bf29f83052264246d9cc10e1600be.jpg
>日本野球機構(NPB)の調査委員会は21日、野球賭博に関しての中間報告を行い、巨人の笠原将生投手(24)と松本竜也投手(22)の2人も野球賭博を行っていたと発表した。
>松本竜は昨年6月から10月までにプロ野球十数試合の勝敗に賭けていた。
>松本竜は香川・英明高から12年にドラフト1位で入団。身長193センチの大型左腕で、高校時代は「和製ランディ・ジョンソン」と呼ばれた。一軍での登板経験はない。

野球賭博問題はもうネタにするのも飽きたが、それでも一つだけ。今回新たに名前の出た松本竜也って、ドラフト1位で入団して3年経っても1軍経験なしって。これってどうなのよ?と。あとスカウトも?

 松本竜也 - Wikipedia

ハズレ1位にしたってドラ1には違いない、ケガもあったにしても、でも、ドラ1が二軍で3年燻ってたら、一般的にはスカって認識だよなあ。いやたまたまコイツがハズレだっただけで他はみんな一流になった、目利きなスカウトなんですよ!ってんならゴメンナサイだけども。
 してみると、どう育つかってのもギャンブルだよな。今をときめく柏木由紀は、モーニング娘。のオーディションを落とされてAKB48に流れ付いたのは、俺ですら知っている有名な話だ。激しい競りの末に何億もの値が付いた超良血馬が、1勝も出来ずに引退する事だって珍しくはない。神ならぬ身に、未来予測はまことに難しい(´・ω・`)

ファースト・プレイス・アゲイン
ファースト・プレイス・アゲイン

アーティスト:ポール・デスモンド
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2012-08-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 12, 2015

野球賭博だけじゃない 球界に「裏カジノ蔓延」 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/458982/
>2015年10月11日 06時00分
3bfa14b3.jpg立場が危うくなっている笠原。Tシャツに英語で書かれた「悪習を絶て」が、何とも意味深だ http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/389fc6e896c7e62843d64fce1adc4474.jpg
>球界を震撼させている野球賭博問題で、新情報が飛び込んできた。巨人・福田聡志投手(32)に“胴元”のA氏(自称・税理士法人勤務)を紹介した笠原将生投手(24)が、A氏と関係の深い球界大物OBに、名古屋の裏カジノでのトラブルを処理してもらっていたという。
>某球界関係者は「これは複数のヤバイ筋から聞いた話だが…」と声を潜めながら前置きし、こう続けた。
>「昨年のシーズン中、チームが名古屋遠征だった時に笠原が名古屋市内の『裏カジノ』へ行った。そこでトラブルになってしまってどうにも収まりがつかなくなり、その事態収拾役を務めたのが、あの大物OBだったらしい。笠原はそこで接点を持った大物OBから、くだんのA氏を紹介された可能性も考えられる」
>だが、裏カジノ疑惑がささやかれているのは笠原だけではない。大のギャンブル好きで知られる福田もしかり。今回の問題のすべてを知る重要人物とも言われる元主力選手のX氏は、歌舞伎町の裏スロット店に足しげく出入りしているともささやかれており、そうした「裏カジノ」へひそかに足を運ぶ客は、球界に「複数いる」との証言もある。
>野球賭博だけでなく球界に“裏カジノネットワーク”まであるとなれば、事態はなおのこと深刻だ。一部からは「西の球団で活躍する人気選手が大の裏カジノ好き」との話も出ており、そうした情報は今回の問題を調べている調査委員会も把握しているという。
>福田や笠原はいまさら反省しても時すでに遅しといったところかもしれないが、その他の裏カジノネットワークの面々は、今ごろ背筋を寒くしているのではないか。

マズいねえこれは。客側は、原則として現行犯でしか検挙されないけども、著名人であれば事情聴取はあるだろう。トラブったって事は、カネのやり取りを示唆するメモやらメールやらが当然あるだろうから、検挙云々は別にしても、福田も笠原も球団所属契約解除は免れないだろうなあ。もうご愁傷さまとしか。
 にしてもこれ、球団の監督責任もまた免れまい。黒い霧事件から半世紀近く、往時を知る人は球団内にもそう居ないだろうが、それでも語り伝えて行かなければならなかった。ましてや球団母体が全国紙、これは球団のみならず球界そのもののイメージダウンも避けられまい。いやホント一大事よこれは( ´,_ゝ`)

ランド・オブ・ジャイアンツ
ランド・オブ・ジャイアンツ

アーティスト:マッコイ・タイナー=ボビー・ハッチャーソン
販売元:ユニバーサル
発売日:2003-06-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 05, 2015

【巨人】福田の野球賭博行為の疑いでコミッショナーに告発 笠原の知り合いから紹介 http://www.hochi.co.jp/giants/20151005-OHT1T50094.html
>2015年10月5日16時57分スポーツ報知
b925f475.jpg巨人・福田聡志投手 http://www.hochi.co.jp/photo/20151005/20151005-OHT1I50038-L.jpg
>巨人は5日、都内の球団事務所で緊急記者会見を行い、福田聡志投手(32)が野球賭博を行っていた疑いがあることが明らかになったとして、同日付で野球協約第181条に基づいてコミッショナーに告発したと発表した。
>球団によると、福田は今年8月、知人の税理士法人勤務という男性A氏から野球の試合で賭けをしないかと誘われ、全国高校野球選手権の複数の試合の勝敗で賭けを行った。A氏とは巨人・笠原将生投手(24)の友人の知り合いで、昨年、笠原から紹介された人物だったという。
>A氏から福田には、当日の試合ごとにハンデをつけた一覧がメールで送られてきた。その中から賭ける試合を選び、賭ける点数を伝えるやり方で賭けは行われた。A氏から1点1万円と説明され、最初は5〜10点をかけていたが、負けが続いたため挽回しようと賭け点を増やしていき、福田は高校野球が終了した時点で大きな損になった。
>A氏から「遊びだからプロ野球で取り返せばいい」と持ちかけられ、その後、プロ野球とメジャーリーグの試合も賭けの対象にするようになった。9月上旬までプロ野球で約10試合、メジャーリーグで約10試合賭けを行い、プロ野球では巨人戦が3〜4試合含まれていたという。
>A氏から「遊びだからどんどんやっていい」と言われて精算を求められることはなかったため、現金のやりとりは一度もしていない。しかし、最終的には百数十万円の損となっていたという。
>9月上旬、福田は賭けはやめようと思い、A氏からのメールに応えなくなったため、そこからA氏の取り立てが始まった。9月30日、A氏がジャイアンツ球場を訪れ、「福田選手の借金を取り立てにきた」と話したため問題が発覚した。
>球団は、笠原についてもA氏が野球賭博常習者と認められれば野球協約に違反する可能性が出てくるため、福田とともに5日付で謹慎処分とし、福田の賭けは刑法の賭博罪に当たる疑いもあるため、警察への届け出も検討しているという。
>久保球団社長は「福田の行為は決して許されるものではありませんし、当球団としても、球団社長である私としても、ざんきの念に堪えません。プロ野球の信頼を失墜させるものであり、全国のプロ野球を愛するみなさん、巨人ファンのみなさんに、深くおわび申し上げます」と謝罪した。

言いたい事は山ほどあるが、取り急ぎ一つだけ。法律上、各種の宝くじやtotoはあくまでくじ、ギャンブルではない。株式投資やFX、商品先物取引は商行為に過ぎない。パチやスロは業界人以外全員がギャンブルだという認識だが、法律上は大人のゲーセンだ。で、現行法ではそれ以外のギャンブルについては、3競オートしか認められていない。とは言うものの、前述のいろいろに「ギャンブル性」が含まれている事もあり、だからいちいち目くじら立てるほどものではない…というのが大人の姿勢としたものだ。「パチで○万勝った」などとツイしたりブログに書いた人が賭博罪で逮捕されたなんて例はないし、麻雀を賭けずにやるヤツなどいない、ゴルフで握らないヤツもまず居ない。生まれてこの方この手のバクチをやった事のない清廉潔白な人間でもない限りは他人の事を言えた義理でなし(もちろん俺もだ)、だからそこは一歩譲る。それをしたのがプロ野球選手だったとしても、百歩譲って良しとする。さらに自らの職業に関する野球賭博であっても、非合法組織に与するものでない限りは(まずそんな事はないだろうが)、百万歩譲って大目に見よう。でも、それでも、自分が所属する球団の試合に賭けちゃ絶対ダメだ。勝っても負けても、それは八百長の謗りを免れない。
 世の中には、他人を攻撃するのが趣味とか生き甲斐だとかいう人が居る。直接利害関係があるとか思想心情が異なるとかの理由があるならいざ知らず、自分は安全圏からただターゲットを一方的に叩き悦に入るという、あまり趣味のよろしくない手合いではあるが、とにかく、こういう手合いは粗探ししては脚を引っ張る事ばかり考えてて、そのターゲットとされないよう、隙は作らないようにしなければならない。それでなくてもギャンブルなんてのは無条件に嫌う人の多いものなのだから、なおさら慎重に念入りにダメ潰しをしなければならない。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 02, 2015

野球賭博のハンデ 弱者に張っても勝てると思える絶妙な設定 http://www.news-postseven.com/archives/20150401_313025.html
>2015.04.01 07:01
>まぶしいライトに輝くグラウンドの陰で、今も裏社会に存在する野球賭博。『週刊ポスト』編集部が入手したリストには、詳細な戦力分析と試合に関係する「数字」が書かれていた。禁断のデータは、今期のペナントレースをどう予測しているのか。
>リストを見ると、今年の開幕3連戦(3月27日〜29日)の各カードに、矢印とともに「1.8」「0.2」などの数字が振られている。野球賭博の現場をよく知るというX氏が解説する。
>「この数字こそが、野球賭博で最も重要となる『ハンデ』です。例えば巨人−横浜なら、大半の人は巨人が勝つと思うでしょうし、実際そうなることが多いから、胴元が実力差のあるカードの度に損をしてしまう。それを防ぐために片方に賭けが集中しないようにする仕組みです」
>当然ながら弱いと見られる側にハンデが加点される。
>例えばAチームからBチームに1.2のハンデが出たとする(A 1.2→B)。このハンデの数字と、試合の得点差によって動く金額が決まる。
>点差からハンデを引いた結果、1点以上の差がついていれば文句なく勝ちとなるが、1点未満になった場合は、その小数点以下の数字に従って配当金が割り引きして支払われる。
>客がA勝利に10万円を張った場合で考えてみよう。Aが3点差で勝った場合、3-1.2=1.8となり、1点以上の差がつくので客は10万円の丸勝ちになる。Aが2点差で勝った場合は、2-1.2で0.8の勝ち。Aに張った客の勝ちになるが、儲けは賭け金の80%の8万円に減額される。
>同じ理屈で、Aが1点差の勝利なら、1-1.2でマイナス0.2。客は負けになるが、負け金額は20%の2万円で済む。試合が引き分け、または負けなら、全額の10万円を取られてしまうことになる。

 >(※勝った客はテラ銭=手数料として勝ちの1割、10万円の丸勝ちの場合は1万円が引かれる。つまり3点差以上勝利の場合でも、客の儲けは9万円になる)

>ハンデが小数点以下を持つ数字になっているのは、張り客と胴元が引き分けにならないようにする工夫だ。高校野球では3点、4点というハンデが設定されることもあるが、プロ野球では細かく0.1点単位で出され、2点以下になることが多い。
>X氏によれば「“このハンデなら弱いチームに張っても勝てる”と思わせる絶妙な数字を設定するのがポイント」という。これを決めるのが「ハンデ師」と呼ばれる人物である。
>「ハンデ師は毎試合ごと、先発投手が発表された時点で、戦力比較や相性などを考慮して新たなハンデを切っていく。叩き台となる数字は、複数のベテランハンデ師が張り客となってシミュレーションする。10人のハンデ師がいたとして、試合予想が5対5になるハンデを作る」(X氏)
>※週刊ポスト2015年4月10日号


大昔だが、身内のトトカルチョで、勝者総取りや的中者山分け式でない、誰かが「親」になってオッズ切るブックメーカー方式を一度やらないかっつう話になり、試しに一回俺がやってみたのだが、まあ怖いの何の。何せ賭け手にバッカンバッカン当てられたらこっちは丸損、毟られ放題だ。しかも、そういう結果になるだろうと思われる主観的確率とオッズを組み合わせた期待値が100%から掛け離れてない(=持ち出しも充分有り得る)よう設定しても、それでも「安い」「ビビってる」とボロクソ言われるのだ。

 >「“このハンデなら弱いチームに張っても勝てる”と思わせる
  絶妙な数字を設定するのがポイント」

いや、これ本当、相当なレヴェルだよなと。
 凱旋門賞とかで発表っつうかベットを募ってるオッズ見ると、かなり100%に近いところまで踏み込んでる(超えてしまうと、全通り買いをする手合いが現れる)。しかしそれでも、彼の国のブックメーカーが倒産だの破産だのといった話は寡聞にして知らない。いや本当、プロって凄いよな。感動だわさ( ´-`)y-~~~

アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード
アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード

アーティスト:ザ・グレイト・ジャズ・トリオ
販売元:ユニバーサル
発売日:2015-02-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 04, 2012

原一億円事件 恐喝暴力団員が仕掛けたネット野球賭博 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1544
>2012.07.04 18:00
>読売巨人軍・原辰徳監督(53)が元暴力団員らに女性問題で脅され1億円を支払っていた事件で、加害者側の暴力団員Hが「野球賭博」にかかわっていたことが週刊文春の取材で分かった。
>原監督への恐喝事件は2006年8月に起きた。「自分は熱海で旅館を経営しており、現役プロ野球選手の父親」と名乗る元暴力団員Kと暴力団員Hが、原監督の女性問題が書かれた「日記」をもとに恐喝し、原監督は問題の表面化を避けるため1億円を支払った。
>暴力団員Hは不正軽油の転売をはじめ、元暴力団員Kや有名吉本芸人と大阪ミナミでスナックを共同経営するなど、手広く“事業”を展開していた。そのなかのひとつが「野球賭博」だった。
>05年5月、大阪府警がインターネットで会員に野球賭博をさせたとして運営会社「DHJ」の会長ら4名を賭博開張図利の疑いで逮捕している。このDHJに暴力団員Hは深くかかわっていた。
>DHJは広告塔に現役時代「8時半の男」と呼ばれた故・宮田征典元巨人軍コーチを起用していたが、同社会長に宮田元コーチを紹介したのは暴力団員Hだった。
>さらに暴力団員HはDHJの会員を増やすための代理店を募集するセミナーを開催。「フランチャイズオーナー」や「エージェント」の呼称で加盟店契約を結び、会員獲得のインセンティブ等を悪用して、いわゆるねずみ講方式で組織を拡大していった。
>ただし、暴力団員HはこうしたDHJの手口が社会問題になる前に手を引き、逮捕は免れている。その後、06年に原監督を恐喝し、1億円のうち7千万円を手に入れたとされるが、翌07年、北海道で交通事故により死亡した。
>野球協約第180条では、暴力団員はもちろん、野球賭博常習者との交際や金品の授受、饗応、利益供与が禁じられている。原監督が1億円を払った相手が単なる暴力団員ではなく、野球賭博にも深くかかわっていたことが判明した以上、読売巨人軍および、日本野球機構の加藤良三コミッショナーらが厳しい姿勢でこの問題に臨むことが求められる。
>文「週刊文春」編集部

暴力団員Hが前年まで野球賭博と密接に関わっていたとなっては(逮捕から逃げ切れたとはいえ)、たとえHがそういう人物だと知らなかったとしても、原監督は「知りませんでした」と釈明する必要が有る。八百長関与を疑われる事、すらしてはいけない━━具体的には、選手は開催前日から宿舎に軟禁され外部連絡すら許されない━━3競オートの打ち手からしたら、クロ認定は出来ないまでも『黒に近い灰色』扱いされる原には、何らかの形での処分(せめて減給ぐらい)は必要に思うが。俺は巨人ファンでも野球ファンでもないからどうでも良いが、さてどうなる事やら( ´-`)y-~~~

マイルス・デイヴィス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ
マイルス・デイヴィス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ

アーティスト:マイルス・デイヴィス

販売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2010-06-16
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 02, 2011

力士の文面に「まっすぐ突っ込んでいくから」 「20」「30」は勝ち星の金額か http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110202/crm11020212510011-n1.htm
>2011.2.2 12:50
>大相撲の野球賭博事件で、警視庁が押収した複数の現役十両力士の携帯電話に、勝ち星を売買するなど八百長行為に関与していたとみられるメールの記録が残されていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。八百長が行われたとみられる取組は賭博の対象にはなっておらず、刑事事件としての立件は見送られる見通し。
>一連の野球賭博事件で、警視庁は昨年7月、賭博開帳図利容疑で相撲部屋を一斉捜索し、力士らの携帯電話を押収。消去されたメールを復元するなど解析を進め、先月26日、阿武松部屋に所属していた元幕下力士、山本俊作容疑者(35)、元十両力士の古市貞秀容疑者(34)ら4人を同容疑などで逮捕。野球賭博には、指定暴力団山口組弘道会系の組長(死亡)が胴元として関与していたことが明らかになった。
>この捜査の過程で、野球賭博への関与が疑われた数人の十両力士の携帯電話から、「20」「30」といった勝ち星の売買額とみられるメールの文面を確認。「まっすぐ突っ込んでいくから」などと取組内容を事前に打ち合わせする内容の記載もあった。八百長が疑われる取組は暴力団などを胴元とする賭けの対象ではなく、力士同士での星の回し合いをしていた可能性があるとみられる。
>大相撲の八百長疑惑をめぐっては平成19年、「週刊現代」が、当時横綱だった朝青龍関を中心に八百長が角界で蔓延していたとの記事を掲載。協会と元朝青龍関ら力士30人が発行元の講談社などに約6億2千万円の賠償を求めて東京地裁に提訴し、1・2審ともに「記事が真実であるとは認めれない」として原告側が勝訴。最高裁が講談社側の上告を棄却し、高裁判決が確定している。
>また、元板井関(元小結)が平成12年、日本外国特派員協会で行った講演で当時の幕内力士らの実名を挙げ、八百長の存在を主張。協会側が元板井関に抗議文を送るなど、協会側は一貫して八百長疑惑を否定していた。
元小結と現役十両4人関与か 幕内9人の名も 文面通り勝敗決まる http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110202/crm11020213290015-n1.htm
>2011.2.2 13:28
>大相撲の力士の携帯電話に、八百長行為に関与していたとみられるメール記録が残されていた問題で文部科学省は2日、メールのやりとりをしたのは引退した元小結と現役十両の力士ら計4人だったと明らかにした。また、メールには、このほかに幕内力士ら9人の名前が出ていたという。
>文科省によると、警視庁は力士らから携帯電話2台を押収。送受信先も合わせて、4人のメール50本以上のやりとりを再現した。メールがやりとりされていたのは昨年の3〜6月で、三月場所と五月場所の時期だったという。
>メールには、「○○から星を借りているよね」「あいつには貸しで、こいつには借りだよな」「じゃあ、あいつとの星で精算しよう」と、勝ち星のやりとりを打ち合わせしているようなやりとりがあった。
>警察側で大相撲の結果を調べたところ、実際に、そのやりとり通り、勝敗が決まっていたという。
>また、「俺の口座は○○銀行の○○だ」と勝ち星の売買金の振込先を指定するような記述があったほか、「まずぶつかって、その後は流れで行きましょう」「すぐはたかないで、途中で投げますよ」と、八百長の取り組みの打ち合わせをするような記述もあったという。

実情はともかく建前として八百長は無いっつうのが協会の姿勢、それを理解してればこんな露骨な表現はしない、陰語っつうか暗号っつうか、マイルドな表現を使うものだ。消却してもデータ復旧出来る事知らなかったからしょうがないにせよ、後ろめたさ皆無だって事だな。
 20年以上前だが『騎手がバラした馬券術/実名を出すとヤバい騎手(KKベストセラーズ)』って本が有って、中に、著者が調教師からヤラズを指示された(もちろん調教師の独断でなく馬主の意を汲んでのもの)時の話として有ったクダリが有る。「もしもの事が有るからテキ(=調教師)も露骨な言い方はしない、『お前の練習台だ、勉強して来い』みたいな事を言う。有力馬をマークして、その騎手が追い出すのを見て仕掛けるのだから、脚を余して負けるに決まってる。それでレース後『いやあ〇〇さんは上手いです、位置取りといいコース取りといい、追う時のフォームといい…勉強になりました』とテキに報告すると負けたのにニコニコ…」的な内容でなるほどと唸ったのを覚えている( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 11, 2010

「野球賭博は好きですか?」に白鵬あ然 http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20100811-OHT1T00018.htm
>横綱・白鵬(25)=宮城野=が秋田巡業の取組前、体育館の外に飛び出して小学生に即席の相撲教室を行った。ちびっこ力士に胸を出し、最後は「どうしたら強くなるんですか?」など質問を受けるコーナーも設ける大サービス。ところがノリノリになった秋田のちびっこは「野球賭博は好きですか?」と、禁断の質問を突きつけたのだ。
>朝げいこでは秋田県出身の幕内・豪風(31)=尾車=に胸を出すなど順調な調整を進めていた白鵬だが、この容赦ない質問には完全に沈黙。取組後は、ちびっこたちとの触れ合いにも「良かったね」と言葉少なに引き揚げて行った。
>(2010年8月11日06時01分 スポーツ報知)

たはははは。白鵬(´・ω・)カワイソス 「俺は関係無いわー!」って叫びたかったろうなあ。組織の一部(下部であれトップであれ)であっても、全体がそういう目で見られちゃうんだよな。こうしてみると今やってる高校野球、「一部の部員の不祥事で部全体が連帯責任背負わされるのは可哀想」てな声が少なくないが、実状に即してはいるな。「本当はコイツも関わってたけどエースだから身代わり立てたんやろ」とか言われるのがオチだ。
 しかし白鵬に訊いた子SUGEEEEE! 一つ間違えたら本気張り手で鼓膜粉砕、ぐらいの大惨事にもなりかねなかった。白鵬よく抑えた。偉い(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 21, 2010

賭博否定の力士、戸惑いも 白鵬や魁皇ら http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201006210118.html
>2010年6月21日10時59分
>野球賭博に揺れる角界に、名古屋場所(7月11日初日、愛知県体育館)を控えた力士たちからは戸惑いの声が漏れてくる。横綱白鵬、大関の魁皇、把瑠都は本人や師匠が「上申書を出していない」などと話しており、相撲に集中しようとしている。
>白鵬は自身が賭博をしていることは否定したが、「まあ、色々あるからね。よく分からないね」。力士の代表としての責任を感じてか、言葉は控えめだった。
>モンゴル出身の幕内鶴竜は「野球賭博をしたことはないし、賭けマージャン、花札も、ルールが分からないからしたことがない。(誘われても)人の言いなりになったらダメ」と、きっぱり話す。今の外国人力士はモンゴルや東欧、ロシア出身者が多く、野球のルールそのものを知らない者も多い。

収束の気配が全く見えない角界賭博疑惑だが、外国人力士がこぞってクリーンなのは彼らが根っからギャンブル嫌いなのではなく(もちろん実際嫌いな力士も多いのだろうが)、単に野球のルールを知らなかったり野球そのものに興味を持てないから、っつう理由だったってのがちょっとオマヌケ。オリンピック採用種目から外された様に、世界的には極めてローカルな普及してないマイナー競技だから、無理も無いってば無いか。…いや俺は、単にローカルとかマイナーとか言ってるだけであって、「だから下」っつうつもりは無い。ポロとかクリケットとかカバディとかアーチェリーとかハンドボールとかボブスレーとかカポエイラとかゲートボールとかにしても下に見てはいない(少なくとも当人はそのつもりだ)、そしてもちろん競輪やオートも、だ。その競技がローカルとかマイナーとかいうのと、俺にとって面白いかつまらないかっつうのは全く別の問題であって( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 15, 2010

琴光喜ら野球賭博関与 琴光喜、名古屋場所の出場自粛 相撲協会、現時点の処分下さず http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00179118.html
>大関・琴光喜らが野球賭博への関与を認めた問題をめぐり、相撲協会は、琴光喜に対して処分は下さず、7月の名古屋場所の出場自粛の申し出を了承するだけとなった。
>日本相撲協会の武蔵川理事長は「琴光喜の名古屋場所出場を辞退させる申し出がありました。それは理事会で承認した」と語った。
>そして、これまでの説明を一転させ、関与を認めた大関・琴光喜について、相撲協会は当面の謹慎と7月の名古屋場所の出場辞退を了承するにとどまった。
>武蔵川理事長は「(琴光喜本人が)脅かされていたということを含めて、自分だけではなく、家族とかも含めて危険ではないのかという判断もあって、本人はなかなか、正直に認めることができなかったのではないかと思います」と語った。
>琴光喜は14日夜、「(進退は?)それはもう、協会におまかせしています。ご期待を裏切って申し訳ございません」と語った。
>師匠の佐渡ケ嶽親方は「琴光喜の来場所の出場停止を申し入れてきました。本当に申し訳ありませんでした。(親方の判断?)はい、わたしの判断です。(大関とはどんな話を?)まだ、光喜とは話はしていません。(一部から引退もという声もあるが?)いや、もう...まだ」と語った。
>(06/15 18:48)

 >「(琴光喜本人が)脅かされていたということ」

これ、支払いの追い込みだけでなく、本業の相撲で八百長持ち掛けられてても全然おかしくないよな。野球賭博やってる『組』なら、他にも非合法賭博も手掛けてても不自然じゃないし。
 賭博と八百長っつう事では、普通の人は3競オートを思い浮かべるだろうが、間違い。というのは、例えば俺がソッチの人だとして、騎手(競艇競輪オートの選手でも良いが)に報酬と引き換えに、断トツ人気が予想される騎乗馬の負けを依頼したとする。そして負ける。これは簡単だが、まだ八百長は成功してない。このレースで俺が馬券獲って大儲けして初めて八百長が成功したと言えるのであって、でないとただ特定の騎手を負けさせカネ恵んだだけになってしまうのだ。人気被って消えてくれる馬が居るのだから美味しいレースには違いないが、他にも何頭もそのレースには出てる訳で、だから3競オートで八百長仕組んで勝つっつうのは言うほど簡単じゃない。言う事聞いてくれる人を少なくともそのレースの三分の一、理想は半分以上確保してないと儲ける事は難しく…て事は、業界そっくりズブズフなぐらい関係深くないと無理だ。そしてそういう手駒が増えれば増えるほど成功率は高まるが、バレる率も高まる。
 対して、これが相撲だったら、ただ一人買収するだけで成功率100%だ。近付くのも簡単、会社社長としてタニマチになって、実はその会社がフロント企業でしたっつうオチ。俺がソッチの人だったらやる。絶対やってる。
 …まあ元々が、相撲の成り立ちって純粋なスポーツじゃなく、伝統芸能の色彩が強い。プロレスみたく「そういう部分も有るんですよ」って風に最初に断っときゃ楽だったのに( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 12, 2010

メッセンジャー黒田容疑者、午後にも釈放 店長側と示談成立 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100112/crm1001121215008-n1.htm
>2010.1.12 12:14
>大阪・ミナミのガールズバーで男性店長(24)を殴って重傷を負わせたとして、吉本興業所属の漫才コンビ「メッセンジャー」の黒田有(たもつ)容疑者(39)=大阪府東大阪市=らが逮捕された事件で、南署が12日午後にも黒田容疑者を釈放する方針であることが分かった。黒田容疑者と店長側との間で示談が成立したという。
>黒田容疑者は先月26日午前0時ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のガールズバーで、知人の会社役員(40)=同=とともに店長を殴り、顔の骨を折るなど約2カ月の重傷を負わせたとして傷害容疑で逮捕された。その後の再診断で、骨折は過去に負ったもので、黒田容疑者の暴行と無関係だったことが判明していた。府警は役員についても釈放するとみられる。

前にも書いたが、黒田は元来関西ローカルの人で、東京の番組に出だして日が浅い上にネタ芸人としての認知度は限りなくゼロに等しい。となると、キー局で復帰出来ても「ああ、あのガールズバーの人ね(・∀・)ニヤニヤ 」ってのが普通の人の反応だろう。これは使い難いだろうなあ('A`)
 まあ謹慎は謹慎だろう。過去、中田ボタンの野球賭博、加藤茶の交通事故(自身と同乗のオネーチャン、対向車の計5人に重傷を負わせた)、仲本工事と志村けんは競馬法違反(ノミ行為)といった不祥事は、然るべき謹慎の後復帰している。横山やすしにしたって、最後の事件以外は許されている。一方、山本圭一は一発レッド、小笠原まさやも無期限謹慎だ(同じく淫行のレギュラー──漫才コンビの、ね──はTV干されただけで済んでるのに)。大物、大御所ともなれば会社も守るが、そうでない場合の線引きは結構微妙だ。
 3競オートの選手の不祥事の処分にしたって、結構微妙だ。今節の伊勢崎オート・シルクカップにしたって、謎の休場期間が有る選手二人居るもんな。いや具体的にどうとか今さら良いけどさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote