西武園競輪

May 27, 2017

夜行列車が東急、東京メトロ、西武線を走る 史上初 目的地は運に左右される場所(写真21枚) https://trafficnews.jp/post/71854

この見出しから、西武園競輪を脊髄反射で連想した。夜行列車だから、ミッドナイト開催に特別招待された客がこれで横浜方面に帰るのか…って、いや目的地だもんな。じゃあ横浜を深夜出発の西武園早朝着、モーニング開催に…などと思いを巡らせたのだった。大ハズレ。どうも俺の中で西武線=西武園競輪ってイメージが相当に強く刷り込まれてるようだが、しかしそれにしても…我ながら…ねえ。趣味嗜好が偏り過ぎてるにも程がある( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 13, 2017

西武園ゆうえんち火災鎮火 当面は臨時休園 http://www.sankei.com/affairs/amp/170513/afr1705130010-a.html
>2017.5.13 11:30
afr1705130010-p2 「西武園ゆうえんち」内の火災があった現場(左下)=13日午前9時16分、埼玉県所沢市 http://www.sankei.com/images/news/170513/afr1705130010-p2.jpg

西武園と言えば遊園地。これは普通の人にとって当たり前の認識だろうが、バクチオヤジというロクでもない人種にとっては西武園=競輪場。だからこの火災、どこか競輪場が写ってる報道ないか各社チェックしてしまった。習性にしても情けないが、かくて産経新聞のコレ↑を発見出来た。プールの奥の「O」の字型の建物の、銀傘の開いてるトコから雛壇状の客席とバンク、内馬場が見える、これが競輪場。…ってなったのは実際行った経験があるから、スタンド裏からプールを見れて存在を知ってたから「プール写ってないか→競輪場は」って探索出来たんであって。
 いやしかし本当にロクでもないな我ながら。競輪場無事で良かったのは言うまでもないが、まず火事の、遊園地の心配しろっての。今回初めて知ったけど、遊園地としてハッキリ斜陽で、アトラクションも随分と減って来てるんだとか。これが致命打となって閉園…とまではさすがにないだろうけど、ライバル多いしアクセスも悪いしなあ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 11, 2016

 川口オートはナイターだし久々に行けるか…と思ってたが、雑事に追われ回避。しかしこの結果見ると
レース結果|川口オート|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル
行ってたら大ケガしてたのは間違いない。結果オーライだわな。

決まっていない終了時刻 野球試合後の乗客集中、鉄道会社はどうさばく? その工夫とは http://trafficnews.jp/post/57092/
>2016.09.11 乗りものニュース編集部
>数万人が同じ場所で観戦するプロ野球。試合終了後、大勢が最寄り駅へ一挙に訪れるため、鉄道会社は対策が必須です。しかも試合終了時刻は、最後まで分かりません。
>実際にそのとき、狭山線と西武球場前駅はどのように運用されているのでしょうか。西武鉄道の計画管理部運行計画課、石田大志主任に話を聞きました。

>――プロ野球の試合時は、一度に大勢の人を案内する難しさがあるかと思います。
>石田さん「試合開始時刻はナイターもデーゲームも基本的に変わらないため、往路輸送は難しくありません。ただ復路は試合展開によって大きく変わるため、たくさんの臨時電車をあらかじめ準備しておき、終了時刻に合わせて運転する列車を決める『パターン輸送』を実施しています。弊社には平日ダイヤと土休日ダイヤのほかに平日ナイターダイヤ、土休日デーゲームダイヤ、土休日ナイターダイヤの計5つのダイヤがあります」
160910_seibu_02-600x192西所沢〜西武球場前間4.2kmを結ぶ西武狭山線。単線で、途中の下山口駅でしか列車の行き違いができない(作図:乗りものニュース編集部)。 http://trafficnews.jp/assets/2016/09/160910_seibu_02.jpg
>――ダイヤの計画を立案するのにあたって、どのような苦労があるでしょうか。
>石田さん「問題になるのが、西所沢駅などの配線です。西所沢〜西武球場前間は単線区間であるため、片道7分30秒間隔、上下線合計で1時間あたり最大16本までの運転に制限されています。また、狭山線から池袋線への上り(池袋方面)ルートは、池袋線の下り本線(秩父方面)と平面交差しているほか、西所沢駅の狭山線ホームのうち1線は、カーブのため営業列車は8両編成までの入線に制限されています。これらの要素を踏まえてダイヤを計画しています」
>――野球以外にも、西武プリンスドームでは歌手のコンサートなどが開催されます。その場合もダイヤを作っているのでしょうか。
>石田さん「主催者側の来場者予想などを元に、野球用のダイヤをさらにアレンジした臨時ダイヤを作っています。野球は沿線からの来場者が多いのに対し、コンサートは沿線にとどまらず広い範囲から来場されるので、電車での来場率が高くなります。女性人気グループのライブやミュージシャンのコンサートに限らず、秩父の芝桜鑑賞や航空自衛隊入間基地の航空祭、秩父夜祭など、臨時ダイヤにより柔軟な対応を行っています。これだけの頻度で臨時ダイヤを運用している会社はないと思います」
>【了】


原ソースは超長記事だが読み応えある、興味深い内容だった。野球場や大規模コンサート会場、コンヴェンションセンターといった施設は他にもあるが、最寄駅が中間駅でなくこのような盲腸線の末端であるのは他にないのではないか。

 ※東京競馬場の最寄駅である京王競馬場線府中競馬正門前駅も末端駅だが、
  JRの府中本町駅も輸送のかなりを占めるため、西武球場前駅が
  ほとんど唯一のアクセス手段である西武球場とは訳が違う。
  埼玉スタジアムも埼玉高速鉄道浦和美園が最寄駅だが、広くJR各駅に
  バスを走らせてるためやはり事情は異なる。

野外フェスの、駅や駐車場からバスでピストン輸送する話は前ネタにしたが、
ステップ・バイ・ステップ : 酒とワラwの日々
鉄道車両はレールの上しか走れないから、バスのようにアチコチから調達し解散する直行直帰方式は取れない、球場駅に送り込み回送をし、終わったら車両基地に回送、しかもそれらは通常の列車運行の合間を縫って…だ。素人が考えるより遥かに難易度の高い綱渡り、こりゃ大変だ。
 西武鉄道と集客施設という事では西武園競輪場も ━━ 今はそれほどでもないが ━━ そうだ。まあ最終レースの発走時刻は決まってるから、ビッグレースの優勝セレモニーとかを入れても時間読みはし易い、だから野球よりコンサートのパターンか。
 いやしかしそれでも、野球やコンサートに比べれば楽だってだけで、東京近郊の鉄道会社にとっちゃ臨時ダイヤ組むだけでも結構な負担だもんな。鉄道マンの皆様ご苦労様です、そしてせめて彼らに迷惑掛けないような良い利用者でありたいものだ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 06, 2016

 休日出勤の下調べやら打ち合わせやら何やらで、普段行かないトコを動き回った。で、久々に入った西武池袋駅の激変振りに驚いた。池袋駅は毎日のように利用するし、西武百貨店地下の紀伊国屋書店もツキイチぐらいだが足を運ぶ、とはいえ西武線に乗る訳じゃないから駅ナカがどうだとかは全く知らなかったのだ。
 西武線に乗らない、則ち西武園競輪に行ってない、かつ練馬駅(←実際には区役所前だが)から高速バスで伊勢崎オートにも行ってないって事な訳で、実にどうもバクチ好きとしては面目ない。まあ伊勢崎は西武線使わないルートの方が本線だが、西武園はちょっと問題だ。とはいえ、俺的言い訳ももちろんあって、というのは俺が競輪を始めたのが1998年だが、当時は確か年間72日×50場=延べ3600日の開催があった。今は52日×43場だから2236日、さらに本場観戦不可のミッドナイト開催を除くと、

 ミッドナイト競輪|ミッドナイト競輪とは?
 >平成26年度133日の開催だったところ、平成27年度は225日開催の予定です

観戦可能なのは往時の56%の日数しかない。でもって今の輪界は年度内に一度のグレードレースを広域場外発売してもらう事で経営を成り立たせてて、だからその場外場では、一般開催を行いつつの併売ではなく場外売りに専念してもらいたい(=その方が売上が良い)。それは全場お互い様だから、必然的に一般開催は平日に追いやられる。A級よりS級、グレードならなお良し!って人ならそれでも問題ないだろうけど、こちとらS級は紛れが多過ぎるからヤだヒラ開催万歳\(^o^)/ っていう特殊ファン、なおかつ平日仕事だからして。ウチから電車(新幹線などは含まず)1時間圏内に競輪場は甘く見て8ヶ所(取手、大宮、西武園、京王閣、立川、松戸、千葉、川崎)あるが、

 開催日程|KEIRIN.JP
 開催日程|KEIRIN.JP

それでもこの開催日程じゃ、仕事休みの日に番組調べて「こっちの方が面白そう」って選択するなんて不可能に近いし、旅打ちを考慮してもかなり厳しい。ダメ押しに、俺はオートを主戦場としてるし競馬もやる、「初めに競輪ありき」ではないとあっちゃ、そりゃ競輪場から足が遠退くというものだ。

 今後のオートレース事業について|インフォメーション|オートレース AutoRace Official Website
 >4.平成28年度開催体制について
 >(1)開催日数
  >平成28年度の開催日数は、川口112日、浜松80日、飯塚88日、山陽48日、伊勢崎88日の計416日となり、5場の開催日数は平成27年度より増加します

山陽オート並の開催日程なんだものねえ。果たして俺が次競輪場に行けるのはいつになるのやら( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 05, 2016

琴奨菊、競輪トレで綱へ駆ける!驚異の身体能力にトッププロ脱帽「正直ナメてた」 : スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20160205-OHT1T50004.html
>2016年2月5日6時0分 スポーツ報知
20160205-OHT1I50009-L競輪場のバンクで自転車トレーニングをする琴奨菊(右端) http://www.hochi.co.jp/photo/20160205/20160205-OHT1I50009-L.jpg
20160205-OHT1I50008-L頭が大きくてヘルメットが入らない琴奨菊 http://www.hochi.co.jp/photo/20160205/20160205-OHT1I50008-L.jpg
>大相撲の大関・琴奨菊(32)=佐渡ケ嶽=が4日、千葉市の千葉競輪場で日本競輪選手会千葉支部のトップ選手たちと合同トレーニングを行った。
>琴奨菊の驚異の持久力に、競輪界のトップ選手が舌を巻いた。固定式自転車での1キロ走トレ。一般人や素人なら完走も難しいという過酷なメニューも「きつい!」と叫びながら走り切った。競輪界の最高峰レースである09年グランプリ覇者で、同年賞金王にも輝いた海老根恵太(38)は「度胸も体力もすごい」とびっくり。周囲で見守った競輪選手たちも「正直ナメてました」と脱帽した。
>初Vを果たした初場所後、休んでいた稽古をこの日から再開。午前は千葉・松戸市の部屋で体を動かし、午後からは1月上旬以来、2度目の競輪場トレを敢行した。佐渡ケ嶽部屋の力士や、関脇・嘉風(33)=尾車=ら計8人が参加。「ライバルは多ければ多いほどモチベーションも上がるから」と日本競輪選手会千葉支部の選手ら20人弱と笑顔で汗を流した。
>昨夏から指導を受ける塩田宗廣トレーナー(38)との肉体改造が実を結んでいる。179センチ、180キロの巨体。またがるマウンテンバイクがおもちゃに見えるほどだったが、3キロ走では最大傾斜24度のバンクを難なく上るなど、1周500メートルのコースを疾走した。競輪選手は「バランス感覚もすごい」と絶賛。ケトルベルやタイヤ引きなど、地道に続ける体幹トレで培った強靱(きょうじん)な肉体が躍進を支えている。(秦 雄太郎)

数あるスポーツの中で自転車競技が一番運動量が多い、という話を聞いた事がある。真偽は判らないが、全身(上半身も!)バランスよく鍛えなければいけないから、他競技の選手も参考になるかもな。埼玉西武ライオンズも、伊東監督時代は西武園競輪でトレーニングするのがキャンプ名物となってたし。
 っつうか、

 >昨夏から指導を受ける塩田宗廣トレーナー

この人、競輪選手も指導してるのね。

琴奨菊の初Vを支えたスポーツ科学の力 http://thepage.jp/detail/20160125-00000001-wordleafs
>2016.01.25 09:01
>31歳、2011年の大関昇進以来、26場所目にしての初優勝は、昭和以降で最も遅い記録だった。
>2005年の初場所で初土俵、その後、2007年名古屋場所で十両、2011年九州場所で大関となったが、この4年は、膝、腰、足首などの怪我などに苦しみ、満足に稽古もできず、角番は実に5回を数えた。2013年の九州場所では、大胸筋断裂の重傷を負い途中休場。先場所も8勝6敗だったが、左のすねを痛め14日目に休場した。昨年は2桁勝利は一度だけ。なかなか優勝候補に名前が挙がらず、引退まで考えたという崖っぷちの大関は、なぜ三十路を超えて覚醒したのか。
>実は、その裏には、スポーツ科学の力があった。
>昨年の夏からS級のプロ競輪選手などを指導しているグッドコンディショニングジムのオーナーでもある塩田宗廣・トレーナー(38)とタッグを組み、心機一転、徹底した肉体改造に取り組んだ。主に体幹強化にテーマを置いたトレーニングで、大型ダンプ用のタイヤに重りをつめたものを引っ張り、「ケトルベル」と言われる、やかんの形をしたダンベルを、ぶっ倒れるほどの回数、持ち上げた。カンフー映画のスター、ブルース・リーがトレーニングに使っていたことで知られる器具で、揺れることで、その反動を使い、様々な筋肉を鍛えることができる。179センチ、180キロの肉体は、外国人力士に比べて大きい方ではないが、「立会いで圧力が相手に伝わるようになった」と琴奨菊が実感するほどの劇的な効果をもたらすようになった。

なるほどこれなら琴奨菊が一気に素質開花したのも納得だ。とはいえ現役バリバリの競輪選手をして一目置かせるってんだからやっぱ大したもんだよな。JKAなり千葉競輪なりで化粧まわしでも贈ったらどうだ?いい宣伝になるし( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 04, 2015

6月3日 直通電車に乗ることの高揚感(和田章郎) http://www.keibabook.co.jp/homepage/freeweekinfo/yomimono/hensyuininfo.aspx?subsystem=0&kind=0227
>先月の5月16日土曜日に、NPB広島東洋カープによる度肝を抜かれるファンサービスがありました。『常車魂〜RED RIDING〜』と銘打った企画イベント。
>東京駅発の新幹線片道1便を球団が借り切って、新横浜、名古屋、新大阪、新神戸を経由。1300人のカープファンを広島まで乗せて、本拠地であるマツダスタジアムで観戦してもらう、というもの。
>昨年も“カープ女子”を貸切車両で招待する、というのがありましたが、今回は一車両ではなく、16両の“一編成”ですから、規模としては桁外れ。
>その片道乗車券を球団が負担し、観戦チケット、グッズ代金込みの参加費が何と5000円!。帰りの移動費は自己負担になりますが、それにしてもの大盤振る舞いです。
>この移動の際のワクワク感。
>例えば電鉄会社が親会社(今は厳密に言うと違うのかな?)の球団のファンも経験したことがあるでしょう。それが一編成の直通列車で運行されたら、よりテンションが上がるはず。甲子園みたいに始発駅から近いとアッと言う間でしょうけど、それでもより盛り上がりませんか。
>それは競馬でもまったく同じなんじゃないでしょうか。
>奇しくも上記カープのイベントが実施された同日、『京王競馬場線開業60周年記念セレモニー』が執り行われました。
>京王線東府中駅から府中競馬正門前駅へ延びる支線を“競馬場線”と呼ぶのですが、その開業が1955年。その60周年を祝ってJRA、京王電鉄がコラボで行ったのでした。
>駅改札から競馬場につながる連絡通路の開きスペース――来場されたことがある方ならわかるかと思いますが黄金のアハルテケ像があるあたり――で行われ、“一日駅長”に就任したサクセスブロッケンなどが姿を見せて、ほんの数十分だったようですが、セレモニーを盛り上げたようです。
>そんなような東京競馬場と京王線との深いつながりを思った時、それが広島カープのイベントがあった同じ日だったこともあって、今更ながら残念でならなかったことを思い出してしまったのです。
>以前、東京競馬開催日には、京王線の始発駅である新宿駅から府中競馬正門前駅への直通電車が運行されていました。
>ダイヤ改正に伴って、開催日に特急、準特急が東府中駅に臨時停車することになり、新宿駅発で毎時10分おきの電車に乗車することが可能になりました。それはそれでアクセスの利便性はアップしたのですが、ファンにとっては、とても重要な楽しみのひとつが消えてしまったことも事実でした。
>都心にある始発駅から“競馬場行き”の電車が出る。テツでなくとも、競馬ファンならこの高揚感は格別なんじゃないかと思います。無論、乗車するファン全員が一頭の馬を応援するわけではありませんので、カープの新幹線車中のような雰囲気にはなりようがないでしょうけど、でも……。
>新宿駅という巨大なターミナル駅で乗り換える際に、いかにもの出で立ちをした人達が直通電車が入線しているホームに集まり、私どもの競馬新聞を片手にゾロゾロと車両(特別なラッピングがあれば理想的)に乗り込んで発車時刻を待ち、電車が動き出したら「ああでもないこうでもない」とレース検討を始める仲間連れがいるかと思えば、それを煙たそうにしながら黙々と新聞を読みふけるオールドファンがいたりして。
>そういう多種多様でありながら、“競馬だけ”に興味を持ったファンを乗せた電車が東府中駅で停車後、支線に向かってゆっくりと動き出して正門前駅のホームに滑り込む。想像しただけで嬉しくなってきませんか?(私はなるのです)。
>これからもファンサービスの再検証は行われるでしょう。その時に、直通電車の復活をJRAから要請することはできないでしょうか。
>勿論、京王電鉄側の都合や、沿線住民の意向などにも配慮しなくてはならない問題であり、簡単でないであろうことは理解できるのですが。東京競馬開催日のすべてでなくてもいいのです。せめてG掬日だけ、いやダービーやジャパンCといった特別なレース当日の午前中だけでも……。
>ひとつのプロ野球の球団が、新幹線の一編成を借り切ることができるのなら……と考えるのは、部外者の無責任な意見になってしまう、のかな?。
>JRAと京王電鉄がコラボで『競馬場線開業60周年セレモニー』を実施するのを見て、案外、無理な訴えではないのかも、などと淡い期待を抱いた15年の春競馬でした。
>美浦編集局 和田章郎

 >和田章郎(編集担当)
 >昭和36年8月2日生 福岡県出身 AB型
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 05, 2015

【千葉競輪存廃問題】今後の競輪界の動向を占う指標 http://www.tokyo-sports.co.jp/race/cycle/384654/
>2015年04月04日 16時00分
575ca3ce.jpg中村浩士(左)と渡辺社長 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/04/ef6a618d39588f96591553d5c293df45.jpg

>千葉競輪存廃問題の実情は? 2017年度末をもって廃止の方向と発表された千葉競輪だが、存続する意義があると立ち上がる人は多い。日本写真判定株式会社の渡辺俊太郎社長は、競輪場のあり方そのものを深慮しつつ、伝統ある千葉競輪の存続に総身をなげうっている。千葉をホームバンクにして活躍している中村浩士は「絶対に存続!」と声を大にする。
>現時点で千葉競輪は黒字だ。だが千葉競輪を施行している千葉市は、18年度から単年度での赤字が継続する見込みであり、施設の老朽化に伴う大規模修繕費がかかることを理由に今年1月23日、17年度末をもって競輪事業を廃止する方向で調整すると発表した。
>現在、千葉競輪は日本写真判定(以下、日写)と包括委託契約を結んでいる。期間は13年4月から16年3月まで。千葉市は16年4月から18年3月までの2年間を猶予期間としているため、4月からの3年間がカギを握る。渡辺社長は「まだ“廃止の検討”をすることを決定した、という段階。存続するつもりでやっていく。もともとこの3年で終わるつもりでやってきていない」と、猶予期間の2年間も契約していく考えだ。
>千葉市は18年度から赤字になるという試算を出しているが、市の直営から13年度に日写に運営委託してからは経営状況は改善されている。渡辺社長は「11年度から委託を受けている富山競輪の経験を生かせている。千葉は2年目で富山の5年目くらいの成果を出せている」と胸を張る。13年度は市議会の答弁によれば2億100万円の黒字になっているのだ。千葉と同年に委託を開始した松阪競輪(三重県松阪市)も一時は存続が危ぶまれていたが、日写への民間委託によって収支が改善したため、すでに24年度まで長期に契約を延長している。日写の運営実績はすでに揺るがない。
>千葉競輪場はただのギャンブル場として存在するのではない。20年の東京五輪開催が決定したこともあり、非常に貴重な施設になっている。中村は「千葉は周長500メートルの大きなバンク。カント(傾斜)も浅いので、小さいバンクより危険が少ない。パラリンピックの競技や練習場として活用することは、とてもメリットがある。また子供たちが自転車に習熟するのにも最適」と話す。渡辺社長も「首都圏で民間委託されている競輪場は千葉だけ。民間委託されていないと容易に開放することはできない」と千葉競輪場だからこその必要性を主張する。


いろいろと突っ込みドコロの多い記事だ。

 >「首都圏で民間委託されている競輪場は千葉だけ」

大宮と西武園と松戸は首都圏じゃありませんかそうですか。まあ「首都圏で民間委託されている競輪場(のうち弊社が手掛けている場)は千葉だけ」って事なんだろうけど、東スポもそこは補足しないと。
 同県内に松戸も有るため(333mと周長の小さいバンクだが)、練習箇所云々の主張も切迫感に欠けるのも痛い。何より、千葉が、日写が包括委託契約を結び運営してる富山や松阪と決定的に違うのは、当の千葉にやる気が全く見られない事。その契約内容にもよるが、基本、自治体サイドにはノーリスクで利益が保証されせいる美味しい事業なんだけどねえ?まだ黒字であるにも拘らず競輪事業から撤退した西宮&甲子園という前例も有る事だし。
 何にせよなくなるのは寂しい、それは確かだ。でも戦いは極めて厳しいし勝算も低いよ。頑張っては欲しいけど、正直期待薄だよなあ(´・ω・`)

Echoes(エコーズ)
Echoes(エコーズ)

アーティスト:千葉史絵トリオ
販売元:Cadenza (jp)
発売日:2013-07-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 16, 2013

井の頭線、消えた延伸計画と「日本一」の三鷹球場 http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK12033_S3A610C1000000/
>2013/6/14
>井の頭線の終着駅として栄えている吉祥寺駅だが、実は途中駅になる可能性があった。京王電鉄の社史、「京王帝都電鉄30年史」によると、吉祥寺駅からさらに北に延ばす計画があったという。どんなプランだったのか。事実関係を確かめるため、国立公文書館で資料をあさってみた。
>まず見つかったのは、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)が1948年(昭和23年)12月、運輸省(当時)に提出した文書だ。「久我山 田無間鉄道延長線敷設について」とある。
>さらに調べていくと、翌1949年12月に京王は違う申請を出していた。「計画を変更する」とある。久我山から分岐するのではなく、井の頭線を吉祥寺からそのまま延ばす、という。吉祥寺駅から田無駅へ向かい、さらには西武池袋線の東久留米駅(東京都東久留米市)まで延ばすプランに変わっていた。これが、井の頭線の延伸計画だ。
>文書には気になる記述があった。「申請中のものとして西武鉄道株式会社より武蔵境、東伏見間の地方鉄道敷設免許申請があるが競願関係とはならない」
>なんと、西武鉄道も近くで鉄道敷設を計画してた――。いったいどんな計画なのか。公文書館でさらに調べていくと、今度は西武が提出した文書が見つかった。
>西武が申請を出したのは1949年(昭和24年)10月のこと。京王が最初に免許申請してから1年とたっていない。
>東京都府中市の是政駅から武蔵境駅(武蔵野市)まで走る西武多摩川線を、西武新宿線の東伏見駅(西東京市)まで延ばす、という計画だった。1950年10月には一部を修正し、西武新宿線側の接続駅を東伏見駅から武蔵関駅(練馬区)に変えている。
>ほとんど同時期に同じエリアで路線が競合するのは偶然とは思えない。何があったのか。改めて両社の申請書を見比べてみると、どちらにも、ある施設のことが書かれている。その施設の名は「スポーツセンター」という。
imagehttp://www.nikkei.com/content/pic/20130614/96958A9C93819499E3E0E2E1E18DE3E0E2E4E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5609771011062013000001-PB1-62.jpg
>終戦後しばらくして、武蔵野市を一大スポーツ拠点にする構想が持ち上がった。陸上競技場やサッカー場、プールにテニスコート、巨大な選手宿舎などを作るという計画だ。その中核を担ったのが、当時日本一ともうたわれた野球場、「東京スタディアム」だった。
>「東京スタディアム」は両翼91.4メートル、中堅128メートルもある立派な球場だった。収容人数も6万人近かったという。後楽園球場よりも大きかった。
>京王、西武の新路線は、この球場へのアクセス権を巡る争いでもあったのだ。
>都心部からかなり離れた場所に、なぜこれほど立派な野球場ができたのか。ジャーナリストの長沼石根さんによると、発案者は東海大学の創立者でもある松前重義氏だという。
>中島飛行機の工場があった広大な敷地に、戦後、武蔵野市がスポーツ施設を構想した。市がプロジェクトのリーダーとして目を付けたのは、市内在住の松前重義氏。逓信院総裁も務めた松前氏を三顧の礼で迎え入れ、何を目玉にするか議論した。
>関係者の多くは競輪場を主張したが、松前氏は野球場を強く推し、1949年10月、野球場建設が決まった。
image武蔵野中央公園に向かう遊歩道の途中に、武蔵野市が作製した看板があった。三鷹駅の北にかつて野球場があったことを示している http://www.nikkei.com/content/pic/20130614/96958A9C93819499E3E0E2E1E18DE3E0E2E4E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXZZO5615193013062013000000-PB1-59.jpg
>さっそく松前氏は国鉄に話を持ちかけ、三鷹駅から中央線を分岐させることに成功する。中島飛行機が三鷹から工場まで物資を運ぶために使っていた引き込み線を利用したのだ。球場の前には「武蔵野競技場前」という駅を設置し、試合がある日は東京駅から直通運転を行った。
>さらには発足したばかりの国鉄スワローズなどプロ球団に声をかけ、1951年(昭和26年)からプロ野球の公式戦が行われるようになった。初戦の勝利投手は国鉄の金田正一。川上哲治、青田昇らスター選手が連日登場した。
>だが、活躍もここまで。なんとこの球場、たった1年しか稼働しなかったのだ。
>「春になると西の方の空が真っ赤になるほど紅塵が舞い上がるのが毎年のことであった。集まった観客にその紅(あか)い砂が舞い落ち、目の中に入って野球をみておれない」(関島久雄「中島飛行機の大きな工場と小さな鉄道、そしてその後」)
>当時、このエリアには連日強風が吹き、土ぼこりが舞った。グラウンドがかすむほどだったという。芝生が定着する前に見切り発車したことも響いたようだ。あまりに評判が悪かったため、オープン後1カ月で一時閉鎖して整備し直したものの、8月を最後に公式戦では使われなくなった。東京からの遠さも各球団の足が遠のいた一因だったようだ。
>運営会社は1953年(昭和28年)に解散。球場は1956年(昭和31年)に解体された。日本一の球場は、1年間稼働したあと放置され、わずか5年で姿を消した。
>野球場の挫折は、京王、西武の計画をも狂わせた。1958年(昭和33年)、当てが外れた両社はそれぞれ、新路線建設の申請を取り下げた。
>西武はこう記す。「申請当時と著しく事情が変化した」。いずれは東京五輪の会場にも、と意気込んでいたというだけに、関係者の無念は想像に難くない。(河尻定)

国鉄(=現JR)武蔵野競技場線の事は知っていた。だから同線のそもそもの由来である、幻の東京スタディアムの存在も一応知ってはいたが、しかし京王と西武の延伸計画は初耳だった。
 東京オリンピックは1972年、この当時としてはだいぶ先の話だし誘致活動も具体的にしてはいなかっただろうけど、それでも構想ぐらいはあっただろうし、それは大ブロシキだと笑い捨てるにはあまりにもったいない、魅力的なプランだったろう。そしてそのアカツキには一枚噛まさせてもらって…という遠大な計画はしかし、それを実現させるためには絶対に大成功させなければいけない最初の一歩で躓き、全てがご破算となった。拙速という言葉で片付けるには手にし損ねたものが大き過ぎる、歴史的分岐点だった。
 もし仮に、球場が成功し、後に同地が一大スポーツ施設となり両線が敷設されてたらどうなってただろうか?…まあ、考え出すとキリがなくなるので3競オートに限定するが、多摩川競艇へのアクセスルートが増えてる分だけ行き易くなってて、今よりもうちょっと栄えてたのは間違いない。
 逆に、当時の関係者の多くは競輪場を主張したとあるが、そうなってたらどうだったろうか?両線の計画はもちろんなかっただろうが、それよりも、野球場建設が決まった49年10月の前月(!)である9月、遊園地をクローズして競輪場に転換した京王閣が開業してる。西武園は翌50年春、立川は51年の秋だ。ここにも大きな影響を及ぼしたであろう事は想像に難くない。当時ですら「東京から遠い」と評され都心からの集客に苦労した三鷹のさらに先、立川は出来なかった可能性もある。逆に、それでも立川は強行して、多摩地区が蟻一匹入り込めない一大競輪エリアと化し、憐れ多摩川競艇は…となってたかもしれない。でも、競輪売上危機となり花月園がクローズしたのと前後して、オーヴァーストア状態の多摩地区も、結局はどこかしら無くなってる可能性が極めて高いよなあ。あと、京王閣の施行者である東京都十一市競輪事業組合には武蔵野市も参加してるが、これも違う形になってる筈だ。
 …いやホント、歴史的分岐点だったよな。良かったのか悪かったのか(’A')

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 08, 2012

 伊勢崎オートではGIシルクカップ開催中だが、敢えて袖にし西武園競輪のヒラ開催を打ってみた。そのココロはこれ。
32be4e4c.jpg
何度か書いて来たが、俺は競輪が三層制だった頃、全国各場の出走表をFAXで取りまくり一番自信あるレースにドン!という賭け方をし、勝っていた。
私的競輪衰亡史感 : 酒とワラwの日々
7車立だと三分戦で後手踏んでも6(あるいは5)番手、運行下手な選手でも力があれば充分巻き返せる。三層制当時のB級戦は9車立だったとはいえ、この選手から1枚でも売れてるのが不思議な選手が2、3人は居た事を思うと車立の減少=車券妙味の減少とはならない。なら、ヒラドン打ちがまた出来るんじゃ?と淡い期待を込めてCS275ch。パッと見、一番固そうなのが1R。

 出走表|KEIRIN.JP
 1 畠野 実   48 福島 76.86 0 0 0 1
 2 岸田 知明  37 埼玉 67.95 0 1 3 2
 3 江本 道明  27 千葉 82.36 0 3 2 0
 4 三浦 平志郎 22 秋田 73.53 0 1 0 1
 5 吉田 元輝  25 茨城 75.00 1 7 0 0
 6 西村 康之  38 東京 63.59 0 0 0 0
 7 片岡 昌彰  35 千葉 80.65 0 0 5 2

←【5】26 【3】7 【4】1

これなら降級の千葉コンビで鉄板だ。果たしてその通り、2車単2.7倍(゚д゚)ウマー
レース競走結果|KEIRIN.JP
今日の仕事はこれにて終了、後は伊勢崎オートに移行しても良いのだが、後学のためそのまま見入る。綿貫さん(=前の実況アナ)の元気な姿久々に見れて何より。あとミッチーこと永倉さん(=前の競輪選手会埼玉支部長)の喋りもイケる(´∀`)
 肝心のレースだが、人気ラインが後方に置かれても巻き返せる、カントが緩くて直線の短い西武園バンクなのに捲りがバンバン決まる。たった1回だけで判断するのは拙速に過ぎるが、どうやらヒラドンは行けそうな感触を得た。一方で、若手自力型が軒並み勝ち上がったので明日の準決勝は大乱戦必至、逆に一般戦は誰が逃がされ(≠逃げ)んだかっつう顔触れ、チャレンジは基本初日限定だろう。そして1、2班戦だが、9車立になるのが通しで見てると強烈な違和感を覚える、我ながら新鮮で笑える。これも選抜がなくなって一般予選×5ヶレースとなった事で強メンが分散して賭け易くなりそうなものだが、そこまで自信持ってブチ込めるものはなかった。まあこれもたまたまかもしれん、いきなり決め付ける事もない。
 さてこの新制度、ネットを見ると「固過ぎてつまらん」っつう声が多勢だ。でも↑で書いたが、俺はかつてヒラ開催の、自信有る固いレースばっかやってた。月平均25レース、それが新制度下では少な目に見積もって15レースになるとして、今度は多目に見積もって3レース中1レースは外すとする。的中レースの配当は3倍。トータルだと、月間投資額の倍になる。1レース千円だと月1万5千円が3万に…ってそんな小バクチ楽しいかと嘲われそうだが、給与所得者として月1万5千円の増収って今のご時世バカにしたもんじゃない。まだ競輪リハビリ期間中につき即再開とはならないが、様子見ぃ見ぃチビチビ打って行きたい( ´-`)y-~~~

セヴン、カム・イレヴン
セヴン、カム・イレヴン

アーティスト:ハーブ・エリス&ジョー・パス
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2002-05-22
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 20, 2011

宇都宮競輪、耐震性万全…早い再開を http://www.daily.co.jp/general/2011/03/20/0003879392.shtml
>地震が発生したのは、デイリースポーツ杯(F1)の最終日9Rの発走直前。出走選手がスタート台についたところで発生した。スタート審判が即座にレースを取りやめ。それ以降のレースも全て中止となった。
>発生当時の様子について、「メーンスタンドが揺れたが大きな被害はなく、揺れが小さくなったところで速やかにお客さんに避難していただきました」と宇都宮市経済部公営事業所・入江正夫副所長(開催執務副委員長)は振り返る。避難途中に足をくじいた1人を除き、2659人の来場者は全員無事に避難することができた。
>競輪場は一部の壁に小さなひびは入ったが、検車場もガラス張りのメーンスタンドも、昨年8月の全日本選抜競輪で訪れた時と何ら変わりはない。バンク内は2コーナーに幅2ミリ程度のひびが入っている程度で、競走には何の影響もないとのこと。すぐにでもレースを開催できる状態にある。
>「コアなファンの方々は払い戻しついでに競輪場に足を運んでくれているし、“いつ開催するの?”という電話での問い合わせもありますよ。リニューアルした効果は絶大でしたね」。09年4月にリニューアルしてから約2年。耐震構造に優れた施設に生まれ変わった宇都宮競輪場の強じんさを証明してみせた。
>「これからも安心してお客さんに来場していただけるはずです。あとは、計画停電と社会的状況を見極めながら、開催に向けて関係者と協議を進めていきたい」。4月以降の1日も早い開催に向け、関係者の努力は続く。
>(2011年3月19日)

F1とはいえ日本選手権直後の手薄なメンバー、平日で給料日や年金支給日も無関係、それで宇都宮の都市規模思えば2659人とは大したものだ。何より地震発生後の観客対応が素晴らしい(・∀・)!

大宮、西武園の埼玉2場もひび割れ http://www.daily.co.jp/general/2011/03/20/0003879381.shtml
>大宮競輪場は、地震当日の11日にバンクのホームストレッチ内外線内側や、4コーナーからホーム、1コーナーにかけて亀裂が発生。その後、バック側や2センターなどで亀裂が増加していた。
>ただ、埼玉県選手会の関靖夫支部長は「大宮と西武園はバンクにひび割れなどが生じていますが、走れないほどの状態ではありません。実際、選手は練習のためバンクに入っていますが問題は起きていません。また、両競輪場は耐震構造と自家発電の設置もありますから、競輪競技はできると判断しています」と前向きなコメント。ただ、福島原発の状態については大いに気にしていた。
>(2011年3月19日)

原発ばっかりはね('A`)

取手競輪は深刻な被害…バンク内に亀裂 http://www.daily.co.jp/general/2011/03/20/0003879386.shtml
>取手競輪場は深刻な被害を被った。
>走路そのものは問題なさそうだが、バンク内の中心部から走路間際まで至る所に亀裂が走っている。第2特観席(74年1月完成)のガラスは大小38枚が破損した。取手競輪場は14年度完成に向けて、ホームとバックを入れ替えるプランを立て、耐震を含めた改修を考えていたところだった。
>「第1特観席(01年1月完成)は大丈夫だったが、メーンスタンド(70年10月完成)は柱にひびが入っている。余震の関係でメーンと第2特観席は中に入れない状態」と茨城県自転車競技事務所の青木宏記運営課長(開催執務副委員長)は現状を説明する。5月中旬のオープンを予定して建設中のサービスセンターも資材が入らず、業者も来れない状況。完成がいつになるのか分からない。
>「開催可否よりも、まずは施設の安全性を確認することが先決。バンクは補修すればOKな状態なので、今月中に具体的な建物、設備の検証を専門家にお願いする」
>(2011年3月19日)

 >ホームとバックを入れ替えるプランを立て、耐震を含めた改修を考えていた

へーえ。そんな計画有ったんだ。俺初めて足を運んだ競輪場が取手で、つってもその一度きり、もう13〜4年前だけど、当時既にボロいスタンドだなっつう印象受けた記憶が有る。今築42年か。全盛期ほど客数多くないから真新しいバック特観に集約して、発走地点やカメラ位置も入れ換えようと。廃止論議なんざとんでもないウチはまだまだ競輪やるぞっつう意欲の表れだな。…なるべく早く行っとかんと。まあ全ては再開が前提、頑張ってくだされ(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 24, 2011

伊藤之人S級へ昼も“深夜”も全開/競輪 http://www.nikkansports.com/race/kka/news/p-rc-tp1-20110124-728261.html
>西武園競輪(F2)が24日、開幕する。
>伊藤之人(28=東京)の表情が明るかった。前場所の小倉は、公営競技初となるミッドナイト競輪の開幕シリーズに参戦。初日を逃げ切って快勝し、決勝に駒を進めた。「(無観客で)静かで集中して走れました。いつもとは雰囲気が全然、違ってましたね」。最終レースの発走時間は午後11時17分。宿舎に戻って就寝するのは午前3時だった。「普段は11時までには寝てますから(笑い)。疲れましたが…」。新鮮な体験をして、帰京後は休養と練習で調整は万全だ。「昨年は、2期連続ぎりぎりでS級を逃しているから、今期は確実に狙う」。特予11Rは、パワー全開で別線を撃破する。
>[2011年1月24日10時25分 紙面から]

やっぱ時間帯への戸惑い大きいのね。プチ時差ボケ。今は冬だから四日市と小倉以外『通常ナイター』は無いけど、夏場んなってナイター本番なんつったら選手の体内時計ドシャメシャんなる。ミッドナイトに斡旋する選手は特に、直前直後の開催との斡旋間隔開けてやる様配慮…するんだよね('A`)?

ナイト・アンド・デイ
ナイト・アンド・デイ
アーティスト:ジョージ・ケイブルス・トリオ
販売元:ディウレコード
発売日:2008-07-25
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 15, 2010

 大相撲の人気の長期低落傾向(視聴率ではなく観客動員数)は今に始まったこっちゃなく、さらに九州場所は元々客入りが悪い。そこに降って湧いた白鵬連勝記録挑戦の特需だったのに、まさかの負けでドッチラケ。明日以降悲惨な客入りになりそうな。今日ですら砂被りが満員でない、まあ平日の昼下がりだし不景気だし、と強弁するとして、しかしたまにロングで映す2階席といったら、往年の川崎球場を思わせる。そのうち流しソーメン持ち込んで、NHKで全国映ってる中でやるヤツ現れるんじゃないか。
 で、そのあまりの光景を笑い合いつつ、同僚に西武園競輪場の話をしてやった。スタンドにぐるりと屋根が付いてるが、別にドームじゃないから場所によっては直射日光が当たるし雨も吹き込む。しかも西武園は一般的な競輪場と違って、東京ドームの様に外周部から入ってバンク側に降りて行く構造、車券売場や売店も外周部に有る。なもんで、バンクかぶり付きで観てると、車券買いに行く都度スタンドの一番下と上をエッチラオッチラ往復しなければならない。でもって競輪は3競オートの中で一番客層が高く、かくてほとんどの客はスタンドの一番上に分布する事に。結果、レース画像の2コーナーから4コーナーに掛けてスタンドが映り込むが、そこには人っ子一人居ない(1台のカメラに全選手捉えるため『引き』の画角となる。周長400mのため、競馬中継の向正面の様に上下横長二分割画面にしても意味が無い)。もちろん観客は居て選手名とかを叫んでる、しかも屋根に反響して、実況音声がマスクされるぐらいデカい声援が飛んでるのだが、画面だけ視ると無観客競走。初めて視た人は「競馬のゲート音みたく、SEで声援被せてんじゃね?」と疑問を抱くほどに、違和感有りまくり映像。
 …ええ、同僚にはウケてました。真面目な話、こういうバカネタの方が関心持ってもらえるし、ファン拡大にも近道な気がするんだが( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 11, 2009

 西武園競輪は首都圏場に有るまじき高齢客層、予想屋の『猛牛』『ギャンブラー』を除けば俺が最年少かっつう状態だったのだが、およそ似つかわしくないギャルとギャル男のカップル二組(四人グループ)を発見。カン高くデケー声で話してるから嫌でもその会話は聞こえて来るのだが、そこそこ獲れてて楽しんでる様子。興味が湧いて来て締め切り後の四人を観察してると「これいきなりガシャンとか落車したりしてw 」「ちょw ウケる」「何あの筋肉やっべw 」「○○さんよか凄いんじゃないw 」
 痛車(いたしゃ)に見るマーケティングビジネス理論とかいう新聞記事を基に旧日記でネタにした事が有るが、YOU TUBEやニコ動にアップされてる競輪モノの中では大量落車シーンが桁違いの閲覧数を誇っている=競輪的『外野』にとっては落車はスペクタクルでエキサイティングと好意的に捉えられてる、新規顧客を呼び込むとはこういう格闘技路線を前面に打ち出しで売り込め!…と半ばギャグで書いたのだが、そういう楽しみ方をしてる手合いがリアルに居たのだった。そして彼等は、レース終わりで選手に罵声飛ばしてるオヤジを見て、またケラケラ笑ってる。彼等にとって競輪場って『絵に描いた様なダメ人間を間近に見れるテーマパーク』でもあるんだなと( ´-`)y-~~~
 さて、バクチ場の帰りは一駅歩くなりどこかで時間潰すなりして、オヤジ軍団の群れを避ける様にしている。誰かと連れ立って来てる分には素直に順路に乗っ掛かり、道すがら反省やらバカ話やらしてくが、独りで来てる時は極力オヤジ回避策を取る(バス乗るしかないトコは仕方無いが)。そのココロは、何か変なモン憑いて来ちゃいそうだから。んなゲン担ぎしてる時点で負けと言われりゃそれまでで、でも本当に負のオーラ大噴出させてるオヤジがたまに居る、そんなのとバスや電車といった密室で一緒になったら堪ったもんじゃない。
 で、西武園は駅至近とあって来る分には至便だが、帰りは逆に逃げ場が無い。駐車場先にショッピングモールが有るが、ここのいなげやは競輪客御用達として有名につき逆効果。俺が長らく西武園から足が遠退いてた最大の理由がこれだ。それが昨日再訪したのは、キッカケも有るにせよ、一つ発見が有ったから。駅を出てすぐ、右手に階段が有る。上って左が競輪場〜新秋津駅のバスプールだが、右奥(=新秋津バスが出る方向)へ下るとすぐ、道路向かいに小っちゃなバス操車場が有る。ここから所沢駅西口行きの路線バスが出てて、こら格好のオヤジ回避手段になるかなと。本数もソコソコ有るし、180円だし。所沢には行った事無いが、池袋線と新宿線の交わる西武鉄道の拠点にして西武百貨店も有る、ならちょっとした街並みだろうと。…大ハズレorz 駅西口から見て右手に向かう道は確かにダイエーまでの間結構な賑わいだが、そんだけ。千歳烏山辺りと良い勝負。まあ西武百貨店で時間潰せたから良いけどさ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 10, 2009

 キヨシロー追悼企画で競輪やるかって気になった(実際にはやらんかったが)翌週には藤沢秀行の死。「おまエエ加減競輪せえや」と尻叩かれてる気がして西武園へ。
 前書いたが、最後に競輪場に足を運んだのは昨秋の花月園記念、しかしこの時は車券全く買ってなく、じゃ最後に買ったのいつだと電投記録調べるとその後の全日本選抜@西武園だった。これを優勝したのは三宅伸だが、俺が前ここに来たのは、当時三日制だった記念を三宅伸が優勝した日(調べてみると9年前)。そんなこんなでテメー勝手に因縁を感じ、いざ!と。
 前は西武新宿から直通の急行だか準急だかが開催日のみ臨時運転されてたと記憶するが、んなもなとっくに廃止されている(帰り便は数本残されている)。で、車窓の景色は当時の事など記憶に無いが、今でも西武柳沢過ぎると畑が現れるのね。だからって訳でもないが、東村山の乗換時間が10分も有るので立ち食いソバ屋に入ったら、珍しく山菜ソバが有った(競輪場内の食堂にも山菜ソバ出してる店が有った)。
 ここは、2ちゃんねるの競輪板ではとにかく客いねー!って事になってるが、理由が有る。入場して
951a6de5.JPG

真っ直ぐ行くと1コーナー最上段。
68a98a2a.JPG
つまり

●東京ドームの様に外周部からバンク側に降りていく構造
●バンク近くになるほど屋根の恩恵を受けられず、陽射しも雨もモロ直撃(今日は最高気温30℃!)
●カントが緩い事で知られるバンクだが、それでも近付くほど、座ると手前側が死角に

51db2926.JPG

●バンクに近い場所は穴場まで遠い

かくて普通の客は便利なスタンド最上段にタムロ→TVに映る範囲に客おらん、となる理屈。
 マイナス材料ばっかじゃアレなんで良いトコも挙げると

●コンクリ打ちっ放しのスタンドは経年劣化が目立たない→その代わり鉛筆で落書きされ放題
●座ると死角が出来ると書いたが、雛段の角度は良く、立ってる分には場内どこからも非常に見易い→ゴール前は特観しか無い事や大型映像が無いのをケナす向きも有るが、レースそのものは見易いし入線順位も掴み易い
●オネーチャン警備員が居るので、気持ちが荒んで来ない
●場内緑が多く、気持ちが荒んで来ない→夏場は虫刺されに注意

439588b9.JPG
27ea6805.JPG
dd34a570.JPG

●場内に多摩川競艇の広告が有るほど鷹揚
020af69a.JPG

●ビールはモルツとスーパードライを選べる

まあそんな案配。続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 03, 2009

 テレ玉『バッハプラザ』の大宮競輪の扱いにはやはり不満を感じてしまうが、これは俺が旧世代だから、というのは否定し難い。

NHKの討論番組で驚いたネットに対する認識不足 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT33000024032009
>NHKの討論番組「日本の、これから テレビの、これから」に出演した。メーンゲストは民放連の会長、NHKの副会長、糸井重里氏、ジャーナリストの嶌信彦さん、そして私の5人。さらに各民放のプロデューサーや放送作家、そして視聴者代表の方々が加わった生放送の討論番組で、3月21日土曜日の午後7時半から3時間というゴールデンタイムに放映された。
>制作者の方々の現状への危機感が薄いように感じたが、ご覧になった方はどうであっただろうか。例えば、決まった時間にテレビを見るということが今後減っていくと答えたのは、制作者9人のうち、わずか1人。残りの8人は今後もタイムテーブルに合わせて視聴者が番組を見てくれると思っているようだった。
>視聴者代表のどなたかが言っていたような「昔と比べてテレビ番組の質が下がっている」という話では決してない。単にテレビの他に面白いことがたくさん出てきているのだ。テレビしか娯楽がなかった時代ではないのだから、必然的に、決まった時間にしか見られない番組は敬遠される、というか相手にされなくなる。
>絶対価値が変わっていなくても比較優位性が薄れているということに、テレビの制作者たちが感づいていないことは正直ショックであった。
>そして、嶌さんが「ニュースとスポーツこそテレビに向いているコンテンツだ」と言い切った(つまりマスが関心のある即時性のあるコンテンツ以外はネットでもいいということか)。
>[2009年3月30日]

 >単にテレビの他に面白いことがたくさん出てきているのだ

の『テレビ』を『3競オート』に置き換え論じる事も出来るが、それより俺が切実に感じたのは別の事。TBS『お笑い頭の体操』『8時だョ!全員集合』等を手掛けたプロデューサー・居作昌果は著書『8時だョ!全員集合伝説(双葉社)』の中で、放送メディアとしてはラジオの方が歴史が有り、また、TV黎命期には受像機は庶民にとって高値の花で普及するか解らん、だからTBSの様に両方やってる局では即戦力人材をラジオが取り、「ゴチャゴチャ言うてるとTVに飛ばすぞ」的扱いだった、という主旨の事を書いている。また日テレで『光子の窓』『九ちゃん!』『巨泉×前武のゲバゲバ90分』等を手掛けた井原高忠は、やはり著書『元祖テレビ屋大奮闘!(文藝春秋社)』で、映像メディアとしては映画の方が先んじてたため、撮影が長引いても「スイマセンこの後TVのスケジュールが」「TVなんか(!)待たせとけ」的扱いだったし石原裕次郎や宍戸錠の出演には『銀幕の大スターに出て頂く』って感覚だった、と述べている。で、そういう、メディアの主役の座をTVが他から奪って行く様を体感してる人は最低でも70代、だから今のTV界には居ない(出る側はともかく作る側には)。
 一方、今はどこのTV局も自社サイトを有してるが、これは最初に番組有りき、ネット主導のものはほとんど無いし、そこに携わってるのは専門部署の人間(もしくは外注)。今の番組制作の現場でもPCやネットは普通に使われてる筈だが、彼等が入社する前(=まだ学生だった頃)とはネット環境が大幅に異なる、当時の彼等はメディアの主役の座がTVが他から奪われて行くなんて考えた事も無かったろう。つまり今番組作ってる人編成してる人経営してる人、そういうTVの中の人達は、どっちも知らない谷間の世代の筈だ(物凄く広くて深い谷だが)。…そらTVがネットに取って変わられるって言われても、リアリティ持てんよな('A`)
 で、それは受け手である俺も、だ。世間一般に何事かを訴え掛ける時、TVというフォーマットよりネット配信の方が費用対効果が高いのは解り切ってて、でも、それでも、効果の絶対値では現状TVの方が勝るのもまた事実。だから大宮&西武園競輪(実体は日本トーター)の意図するトコロは存分に認めつつも『バッハ』や『ももチャリでGo!』捨てるの勿体無いよなまだ過渡期だろ早くないか、となってしまうのだ。3競オートは地上波の枠もっと買えよ、と。彼等に言わせりゃ、俺こそ地上波過大評価の時代遅れなんだろうけどさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote