立川競輪

March 14, 2017

侍戦5時間で祝杯よりダッシュ 水道橋駅も終電死闘 http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1791958.html
>[2017年3月14日9時52分 紙面から]
sy-samurai-meP2017031400120-ogp_0 オランダを破り喜ぶ中田(中央右)ら日本選手 http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/img/sy-samurai-meP2017031400120-ogp_0.jpg?20170314170112
>侍ジャパンが4時間46分の死闘を制した13日午前0時前、東京ドーム最寄りのJR水道橋駅は終電間際の観戦客でごった返した。総武線の水道橋駅から横浜に行くための終電は午前0時10分発。浦和へは同0時17分。千葉行きは同21分。駅周辺の飲食店関係者の男性は「すごい数の人がダッシュしてましたね。WBCの開催日は普段のプロ野球の1・5倍はお客さんが来てくれましたが、12日は寄ってくれる人がほとんどいなかった」と残念そう。
>またドーム周辺には集結したタクシーが何列にも連なり、終電を逃した観戦客を待ち受けた。

ドームの最寄駅はJR水道橋と都営水道橋、メトロ後楽園。このうち都営とメトロは単なる駅で、繁華街どころか終電近く(「過ぎ」ではない!)まで飲み食い出来る店を探すだけで結構な苦労だ。JRの駅向こうに出れば学生街、それなりに店はあるけど所詮は学生街、≠繁華街だから選択肢は限られるし、ホテルやネットカフェや24時間営業の店もたかが知れてる。そんなだからゲームセットが23時54分なんてなったらみんな血相変えて駅ダッシュorタクシー争奪戦となったのもむべなるかな。仮に早く終わったところで、アフターを楽しみたいならドーム周辺なんかじゃなく、電車で新宿池袋銀座辺りに出るのが普通の感覚だろう。
 ドームには、普段は使用しない競輪のバンクが収納されているのはつとに有名。開催が実際に再開される見込みは絶無なのだが、古い競輪ファンは今なお夢想しているようだし、専門紙のコンドルは「こんな都心で競輪やれば競輪人気復興も云々」と、しばしば未練がましく訴えていたものだ。しかしこのようにドーム周辺は繁華街でも都心でもなんでもない、新宿まで電車で15分だったら京王閣でも一緒だ。そりゃドームは冷暖房完備だし雨風も関係ないけど、レース(←仮にやったとして)終わって一歩出たら途方に暮れる事を思うと「こんなトコで競輪なんて勘弁してくれや」ってのが偽らざる心境だ。
 周辺環境やアフターまで込みでのロケーションを考えれば、首都圏だとやはり川崎にトドメを刺す。繁華街(≒駅周辺)まで歩いたって10分かそこら、途中には色街もある。羽田も成田も京急で乗り換えなしの一本、新幹線も品川や東京駅から一本だから、地方のファンが遠征しに来るにも至便だ。次点は立川だが、駅までの距離や繁華街の規模では小差も、飛行機組が辛い。これは京王閣もそう、しかもダンジョン新宿乗り換えってだけで地方組にとってハードル激高になる。平塚は遠い。いや地元の人にはもちろんありがたいだろうけど、遠征組は大変だし、都民にしたって横浜から先は体感的にメチャメチャ遠く感じるものだ。っつう訳で、川崎でKEIRINグランプリやってくれないもんか。大井競馬や東京ビッグサイトも近いから「せっかく(広い意味での)東京に来たんだからついでに」需要も拾える、かなり良いと思うんだが(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 29, 2016

 BSスカパーで「ダラケ!」という番組をやってるそうで、そこでノースフェイスの箱型リュックが
7a551e81
身体を鍛えてるゲイの間に流行ってる…という情報が、ネットでちょっと話題になっている。
8664771e
あくまで2丁目でこのリュック背負ってる上下スウェットの人は高確率でゲイだっつってるだけなのだが、「ホモランドセル」って言葉がパンチ利き過ぎで(こういうワードセンスってゲイならでは)、ノースフェイス=ゲイご用達ブランドみたく思ってしまうし、果てはノースフェイスでなくても箱型リュック=ゲイとか、どんどん膨らんでしまいそうで怖い。実際ネット上でも「俺これ持ってるけどもう使えないわ」「棄てた」ってな声も多い。LGBTって言葉をしばしば見聞きするようになったが、公言すると叩かれるからしないだけで内心「ホモあっち行け」って思ってる人は少なくないだろうし、「ホモ自体は全く構わないけど俺がそう見られるのは絶対に嫌だ」って人はもっと居るだろう。デリケートな問題なのでこれ以上深入りはしないが、でも世間一般から絶対に良く思われてないバクチ好きクラスタに属する俺からすると、どうしてもホモランドセルの件をバクチに置き換えてみたくなる。
 3競オートの中でも競輪は特に客層が高く、なもんで「灰色のオヤジ」などと揶揄される事も多い、色味に乏しいファッションセンスの持ち主ばっかりだ。だから例えば立川とか、住宅街のど真ん中に競輪場があるトコロで、競輪と全然関係ない一家が買い物に行って、「おじいちゃんそんな地味な服ダメよ、競輪場の人(=客)みたいじゃない」てな会話は多分されてると思う。だからせめて俺だけでも…と昔ベッキーがTVで言ってた「黒禁止ルール」を課してみた事はあるが、単なる若作りになったり色彩感覚ゼロのイっちゃってる人になったり、オシャレジジイへの道は果てしなく遠い。若い頃からセンスを磨いておかなかったムクイとはいえ、ツラい(´;ω;`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 07, 2016

ふるさと納税でKEIRINグランプリ2016前夜祭招待券セット! http://blog.tachikawakeirin.jp/info/2016/11/keirin2016-5561.html
>2016年11月 1日 (火)
>立川市へ1万円のふるさと納税をされた方に先着で10名様にお礼の品としてKEIRINグランプリ2016招待券セットをプレゼント!詳しくは「ふるさとチョイス」のサイトから「立川市」を検索して下さい!
>■ふるさとチョイス
http://www.furusato-tax.jp/
>■お礼の品
>・KEIRINグランプリ2016前夜祭招待券
>(12月21日に京王プラザホテル(新宿)にて開催)
>・KEIRINグランプリ2016ジャンパー
>・KEIRINグランプリ2016ニット帽
>■受付期間
>平成28年11月7日から11月30日まで
>(10名様のふるさと納税が確定次第終了します)
>※寄付御礼!好評につき予定数を満たしお陰さまで終了となりました。ご寄付いただいた皆様、ありがとうございました。

最近は、ふるさと納税に批判的な意見も見られるようになって来た。Aという自治体が「1万円納税してくれたら5000円分の返礼品をお送りします」ってやってて、自治体Bに住む(=本来Bに住民税を納める)人が応じたとしたら、両自治体合わせて得られる税収が5000円減になってしまう。それを全国的に突き詰めると国の財政問題となる、「ふるさと納税でこんなに得しました(はぁと)」ってはしゃいでばっかじゃいられないのだ。まあ、当の自治体にしたって、他所の自治体がやってるのにウチだけやらないって訳にも行かないとはいえ、チキンレースになっちゃってるからねえ。
 という事はさて置き、立川市のこれ↑。前夜祭にファンが参加するのって抽選だったように記憶してるが、1万円払ったら先着10人無条件でOKですよ…ってのはUSJのファストパスみたいだなと。返礼品がオリジナルジャンパーとキャップって、一般な売価はともかく発注原価は千円チョイだろうからそれほどの持ち出しでもない。1万円という額や10人というのが適正かという事は検討の余地があるにせよ、やり口としては上手い。でもって速攻満口だもんな。かつて何度もネタにして来たが知恵者揃い踏の立川市、いや大したもんだわさ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 02, 2016

ハリセンボン箕輪はるか含め吉祥寺に抱く不満 http://www.news-postseven.com/archives/20161101_461483.html
>2016.11.01 16:00
>「吉祥寺」の名を冠したマンションに住んでいるという主婦B代さん(50才)はやっぱり“吉祥寺ブランド”を捨てられない。
>「夫が吉祥寺に住んでいたので、結婚をきっかけに私も吉祥寺に来て。あっ、ごめんなさい、つい癖でそう言っちゃうんですが、ホントは練馬区関町です…(苦笑)。家の道を一本挟んだ隣が吉祥寺地区で、マンションも吉祥寺って書いてあるので、人に聞かれるとつい言っちゃうんですよねえ。
 >それに、関町って言っても“どこそれ?”ってなるんですが、吉祥寺だと“ヘェ〜!”って羨望のまなざしに変わるんですから。最寄りの武蔵境駅までは徒歩2分ですが、20分かけて歩いて吉祥寺駅を使っています。運動になると自分に言い聞かせて…(苦笑)」
>※女性セブン2016年11月10日号

これ凄く解る。ウチの社は築地だが、近辺のマンションはみんな「銀座東」とかだもの。築地ブランドがどうとか言ったところで銀座の前には形無しだ。で、これで思い出したのがこれ。

 駅の間のどの街ともいえない感 - デイリーポータルZ:@nifty(三土たつお) (2013.10.01 11:00)http://portal.nifty.com/kiji/130930161927_1.htm
 >たとえば東京の渋谷でいうと、ぼくは宮益坂を登った向こうはもう渋谷と思えない。そんなふうに、どこまでをその街と思うかは行政による区切りとも違うし、人によってもさまざまだ。
 >なのでみんなはどう思うかを教えてもらおうと思って「どこまでこの街?」というサイトを作った。
 002どこまでこの街?」。アイデアは当サイトライター大山顕さんの「どこまで東京?」から。 http://portal.nifty.com/2013/10/01/c/img/pc/002.jpg
 >するといくつか面白いことが分かった。

この中の「どこまでこの街?」を、改めていろいろ探ってみた。

 どこまでこの街? http://dokomade.net/cities/14

駅近に大型商業施設が立ち並んでる西口の方が都会と思ってしまいがちだが、古くから栄えた大宮の街は東口である事がよく解る。そして4人中3人が競輪場を大宮の街に含めているのが、バクチ打ちとしては嬉しくなって来る。まあ残る1人も手前の氷川神社までは大宮としているように、競輪場も含むところの大宮公園を「公園全部大宮でしょ」ってのが回答した人の気持ちなんだろうけど。

 どこまでこの街? http://dokomade.net/cities/47

子供時分から立川を自転車で走り回ったのか、極端に街域を広く設定した人が1人いるが、それ以外でも競輪場を含めた人が1人。ありがたいけどしかしどうだ、駅前通りはともかく税務署入口の信号を右に、競輪場の方に曲がった時点で個人的には街感なくなるけどなあ。オマケしても税務署、その向い側の豊川稲荷までだわさ。

 どこまでこの街? http://dokomade.net/cities/46

川崎を川崎せしめてるのは臨海部の工業地帯だっていう2人を除外してもなお極端な答があって驚かされるが、含む・含まないを別にして競馬場・競輪場を考慮のポイントに上げた人がいて、やはり川崎の街に占める競馬場・競輪場の存在感は良くも悪くも大きいんだなあ…と。
 競馬・競艇場はデカい土地がいるし競輪場は客層が悪い、オート場はヤカマシイ(消音マフラーはかなり静かだとはいえ)迷惑施設だから、今から都市部の街中には造れない。これらの場は、レース場が出来た後から周囲が開発されたパターンであって、とはいえ街中に位置するというのは財産である事は間違いない。これらの場の何とありがたい事よ( ´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 02, 2016

変わる首都圏の駅そば 老舗から系列へ…画一化に嘆きも http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ2K45KYJ2KUTIL01C.html
>伊藤唯行2016年3月2日7時32分
AS20160302000574_commJR我孫子駅「弥生軒」の名物「から揚げそば」。これで2個入り、540円 http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160302000574_comm.jpg
AS20160229000793_comm長く親しまれてきたJR立川駅の「奥多摩そば」。もうすぐすべてのホームから、なじみの店名が消えるという
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160229000793_comm.jpg
>昨年11月、東京のJR立川駅のホームで長く親しまれてきた「奥多摩そば」の看板が消え、近隣の駅と同じ「清流そば」に変わった。店の運営は2年前からJR東日本系列の日本レストランエンタプライズ(NRE)が担当。同社の方針で立川駅にあった4店のうち2店の名前がすでに変わり、残りも新年度中には切り替わる。
>「奥多摩そば」は地元の弁当店が開店。戦後まもなくから続く濃厚な汁と、がんもどきや玉子が載った名物「おでんそば」が評判だったが、経営者が高齢で撤退した。「清流そば」でも名物メニューは残ったが、麺やつゆは変わったという。通勤時に食べていたという50代の男性は「寂しいね。以前の味が懐かしい」と惜しむ。
>首都圏では駅そばの閉店が相次いでいる。千葉駅では2014年6月、長く続いた「万葉」が看板を下ろした。他にも味に個性があった新宿駅や池袋駅の駅そば屋が閉店。複数の駅に点在していた「喜多そば」「小竹林」など、首都圏のJR利用者にはおなじみだった店も次々に姿を消しつつある。
>代わりに増えているのがNREなどJR系列会社の新店舗だ。店名を変えないで引き継いだり、駅の改装に合わせて新たに出店したり。ただ同じ会社の店だとメニューはほぼ共通で、昔から通うファンは「個性が消えた」と嘆く。
>逆風の中でも昔ながらに頑張っているのが、常磐線・我孫子駅の「弥生軒」。もともとは弁当店で、戦時中には画家の山下清も働いていた老舗だ。
>名物は「から揚げそば」。大人の握り拳ほどあるから揚げがドカンと載る(1個入り400円、2個入り540円)。駅近くの工場で調理しており、植崎和基代表は「自家製で新鮮なのが売りです」。駅周辺の宅地化に合わせ、早い時期に弁当から駅そばに方向転換したのが好調の理由という。
>駅そばを食べ歩くライターの鈴木弘毅さんは「駅ごとに個性があるのが魅力で、画一化が進むのは残念。特産品を使ったご当地メニューなど、お客さんが『食べに行きたい』と思うような店が増えてほしい」と話す。(伊藤唯行)

立川の奥多摩そばってなくなっちゃったんだ! Σ(゜Д゜) KEIRINグランプリの時は年末休みだからここのおでんそばを食える機会はなかなかなくて、だからこそ大きな楽しみだったのに。飛び抜けて旨いとかいう訳じゃないんだけど、ここでしか味わえない、貴重な存在だった。立川競輪に行く際の大きな楽しみが1ヶ、失われちゃったんだなあ…。
 そこ行くと我孫子は偉い、たとえ最後となろうとも、唐揚げそばの弥生軒には頑張ってもらいたい(などと言うまでもなく、全国にファンが居るのだが)。ぶっちゃけ取手競輪行く時しかチャンスはないんだけども、さ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 25, 2015

22億円かけて施設改修/立川 http://www.nikkansports.com/public_race/news/1511683.html
>[2015年7月23日17時32分]
><立川競輪>◇F2◇前検日◇23日
>立川競輪が8月から約22億6000万円を投じて施設の改修工事を実施することを発表した。
>4角にある第4スタンドを解体し、芝生エリアを新設。メーンスタンドと第2スタンドの耐震改修などが実施される。年内の本場開催は改修中も実施されるが、来年2月から3月の期間は改修作業のため行わない予定。

ついに着手か。一昨年のグランプリは例のSSイレヴン騒動に嫌気差して行かなかったがその前、2010年の時点でもあそこは閉鎖してたもんな。観客数に対して明らかにオーヴァースペックである以上、改装の際にスケールダウンさせるのは道理だ。川崎競輪も大井競馬も、まだ工事はスタートしてないが平塚競輪もその方向性だし。…とにかく、何か資料がないか当たったら、

4月に再々公告/工事内容を3点に絞る/立川市の競輪場1期改修 http://www.kensetsunews.com/?p=40562
>東京都立川市は、立川競輪場施設改修工事(第1期)の一般競争入札を2015年4月に再々公告する予定だ。建設資材の高騰による工事費の増額、建設業者の人員不足などの要因から5月、7月と2度不調になったことを踏まえ、工事内容を耐震改修、老朽化した設備の改修、市民解放エリアの造成の3点に絞った。
>前回公告での施工内容は、正門棟の解体・新築、投票本館解体、センターコートの新築、市民に無料開放する市民の森造成、中央スタンドと第2スタンドの耐震改修・内部改修、第4スタンドの解体で、予定価格は約32億6000万円だった。次回の公告では、正門棟の解体・新築、投票本館解体、センターコートの新築、市民の森造成、第2スタンドの内装改修を削減し、新たに約4000屬了毀韻竜崑だを盛り込んだ。
>工事費の内訳として、中央・第2スタンド耐震改修に約3億円、設備機器の更新に約8億1000万円、内装改修に約6億円、市民の丘造成に約5億6000万円、その他工事に約1億円を見込んでいる。また第1期工事の完成後、センターコートの新設、市民の森造成などを含む第2期工事を行う予定だ。
>[ 2014-12-12]

おい待て日刊、全然違うじゃねえか。第4スタンド解体は先送りじゃないの?どっちなのよ。…まあ実際行きゃ判るんだけどさ。横着せず行って確かめろって事だよな、ウン( ´-`)y-~~~

【追記】
お客様へ 施設改修工事についてのお知らせ http://www.tachikawakeirin.jp/news/details/index_0347.html
808b0455.jpghttp://www.tachikawakeirin.jp/news/details/img/img-map.jpg

やっぱ残るんだよねえ、4コーナースタンドは。

Grantstand
Grantstand

アーティスト:Grant Green
販売元:Blue Note
発売日:2003-08-05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 17, 2014

レース結果|伊勢崎オート|ネットスタジアム

良いレースだったなと。ケツに火ィ着く前にやれや…とケチ付けてばっかじゃしょうがない、ここんトコずっとオート絡みでモヤモヤしっ放しだったのが少しはスッキリした。ありがとさん(´∀`) っつう訳で積み残してたプチ古ネタ。

「ポテロー」ついに出店 回転寿司がファミレス化する理由は http://www.news-postseven.com/archives/20140813_268976.html
>2014.08.13 07:00
ad4b7a28.jpg 【サイドメニューを充実させる回転寿司の「スシロー」】 http://www.news-postseven.com/picture/2014/08/SUSHIRO.jpg
>いまや回転寿司は寿司ネタよりサイドメニューで客を呼び込む時代になったといっても過言ではないだろう。
>業界トップの『スシロー』(あきんどスシロー)は、数年前から子供連れの主婦や女子高生などの間で「ポテトがうますぎる!」と評判になり、“ポテロー”なる造語まで生まれた。現在、フジテレビ(東京・台場)で開催されている『お台場新大陸』では、バラエティ番組とコラボして、ついにフライドポテトの専門店『ポテロー』を出店させてしまったほど。
>また、業界3位の『無添くら寿司』(くらコーポレーション)も、約40種類のサイドメニューを揃えて味自慢に余念がない。
>2年前に発売した「7種の魚介醤油ラーメン」は、1000万食を超えるヒットとなったほか、今年は3月に「イベリコ豚丼」を、6月からは「すしやの特上うな丼」を提供。税抜き980円と単品メニューの中で最も高い価格設定ながら、魚介ダレにこだわって評判も上々だ。
>回転寿司がここまでサイドメニューにこだわるのはなぜか。回転寿司評論家の米川伸生氏に聞いてみた。
>「業界全体が過渡期に差し掛かり、サービス、品質、そしてメニューのマンネリ化といった問題が起きているため、安い寿司だけを提供していては生き残れない時代になったのです。
 >また、大手チェーンはボックス席を設けるなどして子供から高齢者まで幅広い年齢層をターゲットにしています。そこで、さまざまな消費者ニーズに応えるべく“総合ファミリーレストラン化”して、来店動機を高める戦略に出ています」
>回転寿司の業界団体関係者はこんな話をする。
>「いまはプレミアム流行りなので、多少値段を上げても素材にこだわったサイドメニューがヒットすれば利益率が高まるのです。そのため、プリンやアイスなどのデザートも手抜きをせずに自家製のところが多いですし、食後のコーヒーもコンビニに負けないほど本格派のところが多い」
>このままの勢いが続けば、看板から“寿司”の名前を消してしまう店が出てくるかもしれない。

いや店名はそのままでしょ。俺はビック『カメラ』でウイスキー買ったりヤマダ『電機』で味付海苔買ったりしてるけど、そのネーミングの異常さは別に誰も気にしてないみたいだし。つか、この記事読んで真っ先に思い出したのがサテライト双葉。
複合型場外発売施設「双葉」 http://st-mbp-futaba.com/
『サテライト』っつうのは競輪場外車券売場の呼称で、しかし競輪人気低下から発券能力が余り出したので戸田競艇・川口オート・川崎競馬と取扱競技を次々拡げ、さらにそれらの場が場外発売を引き受けた場外も自動的に発売対象となるため、ほぼ全日、全競技を売るとんでもない施設になってしまった。まあ本末転倒っつうか庇を借りて…というか…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 15, 2014

実験!無料バスだけで都内をどこまで移動できるか? http://nikkan-spa.jp/681135
>2014.08.14 雑学
>毎日暮らしていて、意外とバカにならないのが交通費。しかし、都内を走る誰でも乗車可能な“無料バス”を使えば交通費をかけずに移動ができる。というわけで、距離を稼ぐ目的で循環バスを1周しない・同じ区間の重複乗車をしないというルールを決め、タダでどこまで行けるか、いざスタート!
>まずは、地下鉄竹橋駅近くの日経ビルからスタート。朝9時すぎに、無料バス「丸の内シャトル」に乗車した。乗っているのはサラリーマンやOLと思しき人たちで、座席は半分くらい埋まっている。約20分かけて、日比谷・有楽町付近をぐるりと回って新丸ビルで下車。この後は、徒歩で東京駅八重洲口まで移動して、次なる「メトロリンク日本橋」のバス停に向かう。
134be1bb.jpg
15〜20分ごとの運行なので待ち時間も少ない http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2014/07/BKR_140722_23.jpg
>丸の内シャトル同様、こちらも約15分間隔で運行しているため、待ち時間もなく乗車できた。が、日本橋あたりへショッピングに向かうオバサマ方で車内はぎっしり。そのうえエアコンが効いておらず、かなり蒸し暑い。が、これもタダの宿命。我慢我慢で約20分、地下鉄京橋・宝町駅で下車し、次の目的地を「東京ベイシャトル」が走るお台場に設定した。
>問題は、お台場までタダで行く方法。お台場まで無料で運んでくれるバスなどありはしない……と諦めかけたところで発見したのが、月島から東雲のショッピングモールまでの無料送迎バス! そこで、京橋から月島まで約45分ほど歩いてバス停へ。送迎バスは1時間に1本だけなのだが、タイミングよく待ち時間なしで乗ることができた。今度はエアコンも効いてるし車内はガラガラ。快適な30分を過ごし、目的地に到着した。
>ここで時間はちょうどお昼時。バスだけタダで使うというのは気が引けたこともあり、ショッピングモールのフードコートで食事をとった。その後、再び送迎バスに乗り込んで有明テニスの森まで移動する。そこからはまたまた徒歩で約30分。東京テレポート駅からついに「東京ベイシャトル」に乗ることができた。ダイバーシティやアクアシティ、フジテレビなどお台場の名所をぐるりと回り、フジテレビ湾岸スタジオでバスを降りた。タダでお台場から出るには、ショッピングモールのバスに乗るしか手段がなく、重複乗車になってしまうため、ここでチャレンジは終了。結局1日かけて約17km無料バスで移動することができた。スタート地点の竹橋からお台場まで有料交通機関を使って直行で移動したら597円。送迎バス以外は途中下車が自由というメリットもある。それを思えば、悪くない無料バスの旅だったと言えそうだ。

 ><検証結果>
 >無料バスだけで約17km! 東京観光には意外とアリ
 >【START】竹橋駅
 >↓(1)丸の内シャトル・約30分・4km
 >新丸ビル
 >↓(徒歩)
 >東京駅八重洲口
 >↓(2)メトロリンク日本橋・約20分・3km
 >地下鉄京橋・宝町駅
 >↓(長めの徒歩)
 >地下鉄月島駅
 >↓(3)イオン東雲のバス・約15分・4km
 >イオン東雲
 >↓(4)イオン東雲のバス・約5分・2km
 >有明テニスの森駅
 >↓(徒歩)
 >東京テレポート駅
 >↓(5)東京ベイシャトル・約20分・3.8km
 >【GOAL】フジテレビ湾岸スタジオ


徒歩45分とか30分とか挟むんじゃねえよもう何でも有りになるじゃねえかヽ(`д´)ノ! ってケチ付けたくもなる。それはともかく、同僚が、平塚駅→競輪場の無料バスに、どう見ても競輪客とは思えん地元オバが平然と乗り込んで来て、競輪場に着いてそのオバを観察してたら案の定、入場門とは反対、つまり外へ出て行った…というのを何度も目撃している。まあ、競輪施行者から地元に迷惑料が払われてるっていうのはそこまで込み、とも言えるが。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 23, 2014

 こんなのやってたのか。

伝統博打・手本引きの疑似体験イベントに潜入 http://nikkan-spa.jp/643802
>2014.05.21 雑学
>タバコの紫煙が立ちこめるなか、強面の男たちが寄り添い、額に脂汗を浮かべながら遊戯に熱中する。勝負は一天地六の賽の目次第。無造作に積み上げられた札束が行き交うたびに、狂喜と怨嗟の声が薄暗い室内に響もす――。
>東映の実録ヤクザシリーズではおなじみの賭場の光景。が、昔ながらの博徒が廃れつつある昨今の裏社会にあって、この手の賭場が開帳されることはほぼなくなったという。流行り廃りに関係なく、そもそも我々一般庶民にとっては無縁の場所ということもあり、「本当にそんな世界があるのか?」と、異次元の出来事のように捉えている方も多いことだろう。もちろん、記者もその一人だ。旅行ガイド本を見ただけではその国に旅行したことにならないのと同じで、自らが体験することなしに、その世界観を知ることはできない。そんな折、日本伝統博徒である手本引きの再現イベントが実施されることを知った。主催するのは、東京・秋葉原にあるアミューズメントカジノ店「アキバギルド」。早速、同店へと向かった。
6a3af555.jpg
盆ゴザの上で札束が飛び交う本格的な演出 http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2014/05/DSC_0952.jpg
>カジノテーブルが取り除かれた店内の一角には畳が敷かれ、コの字型に白い布をかぶせた盆ゴザが用意されている。普段はメイド服のディーラーたちもこの日は着物で、白いサラシに片肌出しという本格衣装。手本引きには目木、繰り札、張り札などの専用道具が必須だが、この日のために専門の職人さんに作ってもらったという凝りようだ。写真を見れば、ズク(札束)が盆を覆い尽くす様子が見てとれるが、こちらのお札はもちろん偽札。小道具の演出ひとつで、本場の雰囲気を味わうことができる。
>1から6までの数字が書かれた6枚の札から親が任意の1枚を選択。子は「親が何を選んだか?」を読み、1点から4点までの様々な張り方で勝負する――というのが、手本引きの簡単なルール説明。1点賭けの“スイチ”は「賭けたお金の4.5倍が戻ってくる」とわかりやすいが、2点賭け以上は張り札の置き方や賭ける札束を置く位置などを変えることで配当が違う。そのバリエーションは10種類以上ある(なかには懸け札をナナメに置いたり、重ねて置くマニアックなものもある)から混乱するが、その難解さも玄人に好まれる理由かもしれない。
>「映画の女優さんの演技を見たりして、胴(親)の立ち振る舞いについては研究しました。表情は変えずに1点を見つめる感じですね。繰り札を選ぶ基準ですか? 目木(胴の前に並ぶ、出目表のようなもの。直近の出目から根→小戻→三間→四間→古付→大戻と並び、繰り札を開けるときには『古付の3』などと呼ぶ)の並びだったり、簡単な算数だったり。でも、何回も連続で読みを的中されたときには、『あ、私が考えてること、見抜かれちゃってる?』ってドキドキします」(みやひ)
>そう、今回の手本引きイベントで胴を務めるのはすべて、普段はメイドの女子ディーラーたち。「あれ、どこの姐でっか? えぇ胴引きますなぁ」などと、来ているお客さんたちも日本酒を飲みながら、『極道の妻たち』のような台詞をつぶやきつつ世界観に浸っている。疑似ゲームとはいえ、女のコたちとの真剣な腹の探り合いは熱くなりそう……ということで記者も挑戦してみることに。
>手渡された15万円をどこまで増やせるか? というのが今回のルール。すでに150万円にまで増やしている人もいるから恐ろしいが、まずはヤマポン(3点賭けの一種。本命の数字だと2.8倍が戻り、抑えの2点がくれば、「種」といってチャラとなる)で1万円ずつを様子見。増えたり減ったりを繰り返しつつ、勝機が見える。
153efe66.jpg
目木を動かす瞬間、一同の視線は胴の指先に集中する http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2014/05/DSC_0886.jpg
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 25, 2014

都内初出店! イケア立川が4月10日開店 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140224/tky14022422170014-n1.htm
>2014.2.24 22:17
64b2ec9f.jpg
開店に先立ち報道陣に公開された「IKEA立川」の店内=24日、東京都立川市 http://sankei.jp.msn.com/images/news/140224/tky14022422170014-p1.jpg
>北欧家具メーカーのイケア・ジャパンは24日、建設を進めている「IKEA立川」(東京都立川市緑町)の店内を報道陣に公開し、4月10日に開店すると発表した。国内7店目で、都内では初めての出店となる。
>IKEA立川は売り場面積約4万平方メートルで国内店では2番目の広さ。近隣の約50世帯を訪問し家具の配置や梁の位置などを分析。同社製の家具や雑貨を使ったインテリア提案コーナーに「立川地域の住み方を反映させた」(同社)という。
>太陽光パネルの設置や地中熱の活用も取り組むほか、JR中央本線の立川駅から徒歩圏内にある立地を生かして公共交通機関での来店を促進する。他店では車の来店が中心だが、立川では駐車場を有料化。公共交通機関を使った来店者への優待も検討する。
IKEA立川 - Google マップ

よりによって北口かよ!これって、競輪帰りに駅カオスと化すんじゃないのか。競輪オヤジとアニヲタとIKEAファミリーが渾然一体となってえらいこっちゃカオスになる事は必定。…いや「車券獲ってIKEAで買い物して帰るぜ!」っつうぐらい余裕持って迎えりゃ良いんだけど、現実はなかなか、ねぇ…('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 04, 2014

出馬表
競走成績
川崎競馬出来事 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/01/04/kiji/K20140104007315960.html
>≪川崎競馬出来事≫
>【競走除外】▽8R…サウスヤクモ(準備運動中に左前ハ行)
>【競走中止】▽1R…シナノフラワー(4角手前で左前肢球節脱臼、酒井騎手は右大腿打撲、鼻出血、口唇挫創)、トーホウリリス(故障馬に接触し落馬、馬は左肩甲骨骨折、騎手は異常なし)、ヨッチャンスンリー(故障馬に接触し落馬、人馬異常なし)▽9R…ヴァサーロ(1角で右前ハ行、騎手は異常なし)
>【騎手変更】▽酒井(1Rで落馬負傷)→4R張田京、5R森、6R和田、7R御神本、9R見沢、11R滝川、12R笹川▽下原(交通事情のため)→11R張田京▽平瀬(飛行機に乗り遅れたため)→11R内田
>【騎乗停止】▽平瀬(11Rの前検量受検時刻に遅れ、騎乗変更となったため。4日から実効2日間)
>[ 2014年1月4日 05:30 ]

何だこの乗り変わり?と思ったら例の有楽町の火災で新幹線もストップ、って事だったのね。

たんぽぽ川村、火災で新幹線“缶詰め”車内からブログ更新も http://www.sanspo.com/geino/news/20140104/owa14010405000000-n1.html
>2014.1.4 05:00
0f41c4a9.jpg
たんぽぽの川村エミコ http://www.sanspo.com/geino/images/20140104/owa14010405000000-p1.jpg
>3日午前6時35分ごろ、JR有楽町駅近くの建物から出火した。この影響で東海道新幹線は5時間余り、東京−新大阪のほぼ全線で運転できなくなった。お笑いコンビ、たんぽぽの川村エミコ(34)は愛知・安城市でのライブに向かうため乗車していた新幹線が火災の影響で停車。車内からブログに「早く火が消えますように」とつづった。開演時間を遅らせ、ステージには間に合ったという。アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウル(東京ドーム)でも学生代表の関学大で、主力を除く選手やスタッフ約80人が試合の後半まで会場に着けなかった。また、川崎競馬第11R報知オールスターカップにオオエライジンで参戦予定だった兵庫所属の下原騎手も新幹線による移動ができず、張田騎手が代打騎乗で優勝した。
>(紙面から)

下原理1勝損したな。進上金75万も。痛いっちゃ痛いがこればっかりはな。火元のパチ屋訴える訳にも行くまい。

村上博幸、新幹線遅れも影響なし/立川 http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/f-rc-tp1-20140103-1239169.html
><立川競輪>◇G3◇前検日◇3日
>村上博幸(34=京都)が新幹線運行遅れの影響で午後3時30分過ぎに立川競輪場入りした。
>「朝7時26分に乗って、276分遅れでした。食事はしていませんが車内でぐっすり眠れたので疲れはありません」。初日特選11Rで深谷知広の番手回りに気合を入れ直していた。
>[2014年1月3日17時44分]

競輪界にも影響か。つくづく、リニアモーターカーの早期完成が望まれるな、バックアップ機能としても有用だ( ´-`)y-~~~

デュオ(紙ジャケット仕様)
デュオ(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ケニー・ドリュー&N.H.O.ペデルセン
販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2013-06-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 30, 2013

 例の選手会脱退騒動で何かアヤが付いた気がしてKEIRINグランプリ@立川に行く気にはなれず。つか風邪が抜けないし、ウチでTV観戦にとどめた。良かったね金子(´∀`)

大井競馬場の女子率が上昇 きたる午年は競馬場がホット http://dot.asahi.com/dot/2013122900008.html
>(更新 2013/12/29 18:17)
77189c19.jpg
競馬観戦型レストラン「ダイアモンドターン」での「TCK女子会」は人気イベントのひとつ http://dot.asahi.com/S2000/upload/2013122900008_1.jpg
f6ac918d.jpg
女性がもっと楽しめる競馬場作りをっていきたい」と語る青柳広報担当課長 http://dot.asahi.com/S2000/upload/2013122900008_2.jpg
4dcf0562.jpg
トゥインクル開催日は毎日、女性だけのファンファーレ隊「東京トゥインクルファンファーレ」が後半レース発走のファンファーレを生演奏をしている http://dot.asahi.com/S2000/upload/2013122900008_3.jpg
>午年を目前に控えた年の瀬。東京・大井競馬場のナイター競馬「トゥインクルレース」では女性客の姿が目立つ。カップルや女性同士のグループ、さらには一眼レフカメラを片手にパドックをひとり眺める女性までいる。なぜ、大井競馬場に女性が増えているのか?
>大井競馬場を運営する東京シティ競馬(TCK)は、長年に渡り「女性客取り込み作戦」に取り組んできた。例えば、女性でも気軽に遊びに来ることができるようなお洒落な雰囲気作り。ガラス張りの建物、清潔なトイレ、通路の壁のデザインに至るまで、一昔前の競馬場とはまったく異質の空間が広がっている。来年には新しいコンセプトで設計された新スタンドも建設される。4号スタンド内には競馬を観戦しながらゆっくり食事ができる競馬観戦型レストラン「ダイアモンドターン」もある。
>その「ダイアモンドターン」で有名シェフの作る料理を堪能できるプレミアムな女子会、初心者の女性にも競馬の面白さがわかるような競馬セミナー、「浴衣de馬コン in TCK」と題した合コンイベントも催すなど、東京シティ競馬では女性をターゲットにしたイベントを頻繁に開催してきた。
>加えて今年、若い女性に支持されている人気モデルをキャンペーンキャラクターに起用したことも、女性客獲得に大きく貢献しているという。昨年4月、TCK史上初の女性課長となった青柳幸恵広報担当課長に話を聞いた。
>「おかげさまで女性のお客様は増加傾向にあります。TCKでは長年、女性向けのイベントを数多くやってきましたが、特にこの1、2年、その努力が実りつつあります。ちなみに過去6年での来場者に占める女性の割合は13.4%から15.6%とわずかに増えている程度です。ただ、以前まで女性の方は男性に連れて来られた“受け身”の方が圧倒的に多かったのですが、最近は自発的にいらっしゃる方が増えている。その質の違いは数字に表れない部分ですが、取り組みの成果を感じています」
>一方、TCKが女性客を呼び込もうと取り組むのには、こんな寂しい事情もある。
>実はこの10年で、大井競馬場の総来場者数はほぼ半減している。TCKの佐藤和也広報係長は「最大の原因はネットの存在」と指摘する。
>ネットで馬券を買う人数は10年で200万人近く増えているものの、ネットでは一人当たりの馬券購入単価が低いため、全体の売上げはむしろ右肩下がり。ネットを含めると馬券購入者の総数は増えているが、売上金額は年間1200億円程度あったものが今や1000億円を割り込むほどに減っているのである。
>そこで女性客を競馬場に呼び込むことで、若い世代の競馬ファンを取り戻し、来場者数全体の底上げ、収益アップを図ろうというわけだ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 17, 2013

 昨日は、不吉とまでは言わないがお世辞にも縁起が良いとは言えない夢で目が覚めて、だから予定の川口オート行きは中止、夜のライヴまで大人しく過ごす事に。余裕でハシゴ出来るスケジュールだったんだけども(´・ω・`)
1a77e6ed.jpg
ライヴつってもいわゆるライヴハウスじゃなく30人ほど入れるバーっつうかパブっつうか、の隅の机と椅子をどかした僅かなスペースがステージ、だからドラムセットは無しの、カホンやパーカッションでのヴァージョン(そんな状況でも強引にウッドベース入れる東京ゴッドファーザーズの暴挙!w )。客席スペースもかなり狭く、だから顔見知り度数極めて高めのホームパーティーに一人紛れ込んだ感がアリアリとしてたがそこは音楽の力、大変楽しい一夜となった。生演奏ならではの説得力や、それまで知らなかった音楽に触れる喜びはこのトシになっても(だからこそ、と言うべきか?)良い経験となる。酒は美味いカレーも美味いソーセージ(手作り!)も美味いお子ちゃまは可愛い、そして主催のザ・ローナンバーズのマモさんがめっちゃ良い人で(´∀`)
 ところでそのバーは「間違って川越街道の方行っちゃった」「私もです」っつう会話がいくつか聞こえた。池袋の六叉陸橋交差点(↑のフライヤーだと『五差路』となっている)は都内随一の交通事故多発地点で、そのココロは自分がどこに行くのが正しいかまごつき易いから…だそうだが、それは徒歩であってもそうだったと。労金から高架をくぐる方向のローソンに渡る(『高架に沿う』方向に別のローソンが有るのが間違いポイント)→隣の芸文社を回り込む…が正解なんだけど、かなり判り難い箇所ではあった(それは『隠れ家感』というプラスにも作用するのだが)。
 ここから本来のバクチブログ的な話に無理から繋げるが、最寄駅から結構な距離歩く場というのがある。最終レース終わりだと渋滞が酷く、無料送迎バスあるけど歩いた方が早いわ…っつう川口オートや平塚競輪。送迎バスはあくまで集客のためなので最終レース前に運行終了、帰りは問答無用で歩くしかない立川や小田原競輪。そもそも無料バスなんかない中央競馬etc.それでも、バクチ客のファッションって独特のテイストで統一されてて、だから全く初めての場に下調べなしで行っても、それっぽいオヤジ(←オッサンである俺からしても『オヤジ』としか呼べない方々)に着いてくだけで何とかなってしまうのだ。つっても平塚は結構ウネウネ曲がるので、誰も居ない時に俺一人で歩くとなったら辿り着ける自信はない(川口は一本道だし、立川や小田原は位置関係が判り易い)。今は亡き花月園競輪では鶴見駅までの道すがらに警備員が立ってて、でもその想定路とは明らかに違う道をオヤジ共がズンズン分け入ってて困惑した。で警備員に道訊いてるそばから「こっちの方が近いよ」と教えてくれるオヤジも居て。結局俺は警備員ルートを取ったが、後で調べたら確かにオヤジルートの方が近い、だが初めての人間は絶対選択しない経路だった。抜け道というか裏道というか。…まあ所詮は『オケラ街道』なんだけどさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 16, 2013

井の頭線、消えた延伸計画と「日本一」の三鷹球場 http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK12033_S3A610C1000000/
>2013/6/14
>井の頭線の終着駅として栄えている吉祥寺駅だが、実は途中駅になる可能性があった。京王電鉄の社史、「京王帝都電鉄30年史」によると、吉祥寺駅からさらに北に延ばす計画があったという。どんなプランだったのか。事実関係を確かめるため、国立公文書館で資料をあさってみた。
>まず見つかったのは、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)が1948年(昭和23年)12月、運輸省(当時)に提出した文書だ。「久我山 田無間鉄道延長線敷設について」とある。
>さらに調べていくと、翌1949年12月に京王は違う申請を出していた。「計画を変更する」とある。久我山から分岐するのではなく、井の頭線を吉祥寺からそのまま延ばす、という。吉祥寺駅から田無駅へ向かい、さらには西武池袋線の東久留米駅(東京都東久留米市)まで延ばすプランに変わっていた。これが、井の頭線の延伸計画だ。
>文書には気になる記述があった。「申請中のものとして西武鉄道株式会社より武蔵境、東伏見間の地方鉄道敷設免許申請があるが競願関係とはならない」
>なんと、西武鉄道も近くで鉄道敷設を計画してた――。いったいどんな計画なのか。公文書館でさらに調べていくと、今度は西武が提出した文書が見つかった。
>西武が申請を出したのは1949年(昭和24年)10月のこと。京王が最初に免許申請してから1年とたっていない。
>東京都府中市の是政駅から武蔵境駅(武蔵野市)まで走る西武多摩川線を、西武新宿線の東伏見駅(西東京市)まで延ばす、という計画だった。1950年10月には一部を修正し、西武新宿線側の接続駅を東伏見駅から武蔵関駅(練馬区)に変えている。
>ほとんど同時期に同じエリアで路線が競合するのは偶然とは思えない。何があったのか。改めて両社の申請書を見比べてみると、どちらにも、ある施設のことが書かれている。その施設の名は「スポーツセンター」という。
imagehttp://www.nikkei.com/content/pic/20130614/96958A9C93819499E3E0E2E1E18DE3E0E2E4E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5609771011062013000001-PB1-62.jpg
>終戦後しばらくして、武蔵野市を一大スポーツ拠点にする構想が持ち上がった。陸上競技場やサッカー場、プールにテニスコート、巨大な選手宿舎などを作るという計画だ。その中核を担ったのが、当時日本一ともうたわれた野球場、「東京スタディアム」だった。
>「東京スタディアム」は両翼91.4メートル、中堅128メートルもある立派な球場だった。収容人数も6万人近かったという。後楽園球場よりも大きかった。
>京王、西武の新路線は、この球場へのアクセス権を巡る争いでもあったのだ。
>都心部からかなり離れた場所に、なぜこれほど立派な野球場ができたのか。ジャーナリストの長沼石根さんによると、発案者は東海大学の創立者でもある松前重義氏だという。
>中島飛行機の工場があった広大な敷地に、戦後、武蔵野市がスポーツ施設を構想した。市がプロジェクトのリーダーとして目を付けたのは、市内在住の松前重義氏。逓信院総裁も務めた松前氏を三顧の礼で迎え入れ、何を目玉にするか議論した。
>関係者の多くは競輪場を主張したが、松前氏は野球場を強く推し、1949年10月、野球場建設が決まった。
image武蔵野中央公園に向かう遊歩道の途中に、武蔵野市が作製した看板があった。三鷹駅の北にかつて野球場があったことを示している http://www.nikkei.com/content/pic/20130614/96958A9C93819499E3E0E2E1E18DE3E0E2E4E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXZZO5615193013062013000000-PB1-59.jpg
>さっそく松前氏は国鉄に話を持ちかけ、三鷹駅から中央線を分岐させることに成功する。中島飛行機が三鷹から工場まで物資を運ぶために使っていた引き込み線を利用したのだ。球場の前には「武蔵野競技場前」という駅を設置し、試合がある日は東京駅から直通運転を行った。
>さらには発足したばかりの国鉄スワローズなどプロ球団に声をかけ、1951年(昭和26年)からプロ野球の公式戦が行われるようになった。初戦の勝利投手は国鉄の金田正一。川上哲治、青田昇らスター選手が連日登場した。
>だが、活躍もここまで。なんとこの球場、たった1年しか稼働しなかったのだ。
>「春になると西の方の空が真っ赤になるほど紅塵が舞い上がるのが毎年のことであった。集まった観客にその紅(あか)い砂が舞い落ち、目の中に入って野球をみておれない」(関島久雄「中島飛行機の大きな工場と小さな鉄道、そしてその後」)
>当時、このエリアには連日強風が吹き、土ぼこりが舞った。グラウンドがかすむほどだったという。芝生が定着する前に見切り発車したことも響いたようだ。あまりに評判が悪かったため、オープン後1カ月で一時閉鎖して整備し直したものの、8月を最後に公式戦では使われなくなった。東京からの遠さも各球団の足が遠のいた一因だったようだ。
>運営会社は1953年(昭和28年)に解散。球場は1956年(昭和31年)に解体された。日本一の球場は、1年間稼働したあと放置され、わずか5年で姿を消した。
>野球場の挫折は、京王、西武の計画をも狂わせた。1958年(昭和33年)、当てが外れた両社はそれぞれ、新路線建設の申請を取り下げた。
>西武はこう記す。「申請当時と著しく事情が変化した」。いずれは東京五輪の会場にも、と意気込んでいたというだけに、関係者の無念は想像に難くない。(河尻定)

国鉄(=現JR)武蔵野競技場線の事は知っていた。だから同線のそもそもの由来である、幻の東京スタディアムの存在も一応知ってはいたが、しかし京王と西武の延伸計画は初耳だった。
 東京オリンピックは1972年、この当時としてはだいぶ先の話だし誘致活動も具体的にしてはいなかっただろうけど、それでも構想ぐらいはあっただろうし、それは大ブロシキだと笑い捨てるにはあまりにもったいない、魅力的なプランだったろう。そしてそのアカツキには一枚噛まさせてもらって…という遠大な計画はしかし、それを実現させるためには絶対に大成功させなければいけない最初の一歩で躓き、全てがご破算となった。拙速という言葉で片付けるには手にし損ねたものが大き過ぎる、歴史的分岐点だった。
 もし仮に、球場が成功し、後に同地が一大スポーツ施設となり両線が敷設されてたらどうなってただろうか?…まあ、考え出すとキリがなくなるので3競オートに限定するが、多摩川競艇へのアクセスルートが増えてる分だけ行き易くなってて、今よりもうちょっと栄えてたのは間違いない。
 逆に、当時の関係者の多くは競輪場を主張したとあるが、そうなってたらどうだったろうか?両線の計画はもちろんなかっただろうが、それよりも、野球場建設が決まった49年10月の前月(!)である9月、遊園地をクローズして競輪場に転換した京王閣が開業してる。西武園は翌50年春、立川は51年の秋だ。ここにも大きな影響を及ぼしたであろう事は想像に難くない。当時ですら「東京から遠い」と評され都心からの集客に苦労した三鷹のさらに先、立川は出来なかった可能性もある。逆に、それでも立川は強行して、多摩地区が蟻一匹入り込めない一大競輪エリアと化し、憐れ多摩川競艇は…となってたかもしれない。でも、競輪売上危機となり花月園がクローズしたのと前後して、オーヴァーストア状態の多摩地区も、結局はどこかしら無くなってる可能性が極めて高いよなあ。あと、京王閣の施行者である東京都十一市競輪事業組合には武蔵野市も参加してるが、これも違う形になってる筈だ。
 …いやホント、歴史的分岐点だったよな。良かったのか悪かったのか(’A')

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 21, 2012

日本初の3公営競技発売施設!!オートレース場外車券売場「オートレース双葉」が12月27日山梨県甲斐市にオープン! http://autorace.jp/news/2012/1221_info/index.html
>オートレース場外車券売場「オートレース双葉(ふたば)」が12月27日(木)午前10:00、山梨県甲斐市にオープンします。
>「オートレース双葉」は、川口オートで開催される全レースをはじめ、全国のオートレース場で開催されるレースもほぼ毎日購入でき、1日中オートレースを楽しめます。
>施設は競輪場外車券売場「サテライト双葉」、ボートレース場外舟券売場「ミニボートピア双葉」が併設され、大型モニター、観覧席、休憩コーナーやレストランなども備え、多彩なレジャーを楽しめる施設です。

スーパースター王座決定戦に合わせてのオープン、KEIRINグランプリも同時に楽しめる絶好のタイミング…や、どうせならもう一週早めて競艇の賞金王決定戦に合わせればもっと広く告知出来たのにもったいない('A`)
 ところで、立川競輪がサテライト双葉を立ち上げたのが2003年の12月7日。その後2008年3月27日にミニボートピア双葉を併設し、そして今回。これ、要するにこの9年間で競輪がいかに落ち込んだか(=車券売れなくなって発券容量に空きが出たから、新しいビジネスに手を出してる)を如実に表してるよな。何ともはや('A`)

ダウン・ウィズ・イット
ダウン・ウィズ・イット

アーティスト:ブルー・ミッチェル
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2006-02-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 16, 2012

立川のランドマーク「第一デパート」 5月15日に完全閉店 http://www.news-postseven.com/archives/20120509_107312.html
>2012.05.09 12:15
>今回取り上げる中央線の駅は立川。駅近辺に伊勢丹、高島屋、ルミネなどが立ち並ぶこの街には、もう1つ名物デパートが存在する。
>* * *
>ビル内にはフィギュアや漫画、鉄道模型、ゲームなど、幅広いジャンルのお店がぎっしり。玩具だけでなく、「立川で3番目にうまい店」というキャッチコピーで有名な「サンモリノ」(パスタが絶品)などの軽食喫茶もあり、1966年の創業以来、中央線住民から愛されてきた立川文化の象徴が『第一デパート』だ。
>子どもが喜びそうなものはなんでもあるので、「人生で最初におもちゃを買ったのは第一デパート」と答える立川住民も多いというこの第一デパートは、「老朽化と時代の流れ」を理由に、5月15日に完全閉店することになった。
>閉店後には、周辺ビルを含む再開発事業が行われ、地下3階〜地上35階の高層ビルが2015年に完成予定。1階から5階の商業施設には、ヤマダ電機が入居することが明らかになっている。
>失われゆく立川カルチャーがある一方で、4年前に新たに生まれた立川カルチャーが「立川屋台村パラダイス」。こちらは焼き鳥、串揚げから、アメリカンテイストのカフェ&バーまで12店舗が入居し、はしご酒好きののんべえにはぴったりのスポットになっている。
>こちらを運営するのは、第一デパートと双頭をなす個人店系集合ビル『フロム中武』。こちらを立ち上げた理由を尋ねると、「立川は地価が高く、個人店がとても参入しにくい土地なんです。だから周辺のお店もチェーンばかり。でも、弊社では、立川の個人店文化をもっと大事にしたかったんですよ」という頼もしい言葉が返ってきた。

 >第一デパートは、「老朽化と時代の流れ」を理由に、5月15日に完全
  閉店することになった

えー昨日だったんだ。立川って競輪以外で行く事無いから知らんかったわ。中野アキバに次ぐヲタの街として注目され出してアニメの舞台にもなって、その中核を占めたのがこの第一デパートだっつう記事は見た事有って、一度物見遊山で覗いてみっかと思った事も有ったけど。

 >立川は地価が高く、個人店がとても参入しにくい土地なんです。
  だから周辺のお店もチェーンばかり

なるほどねえ。多摩地区の中核都市の座を八王子から奪ったのは競輪のお蔭でもあるけど、街が栄えた、開けた事によるデメリットも当然有る訳で。誰もが喜べる街作りなんつうのは現実的には不可能、とはいえ寂しい事ではある。

 >第一デパートと双頭をなす個人店系集合ビル『フロム中武』

最後の砦だな。これは競輪場への無料バスが出る向かい側。駅から競輪場まで歩くんだったらペデストリアンデッキをこのフロム中武の前へ降りる階段。頑張ってつかあさい(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 22, 2012

「イタコ数珠」はOK? 女性週刊誌における"悪徳"占い師のグレーゾーン http://www.cyzowoman.com/2012/02/post_5297.html
>「女性自身」(光文社)3月6日号
>下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の"欲望"に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!
>第114回(2/17〜21発売号より)
>近所にありながら一度も足を踏み入れたことのない「競輪場」へ初めていった。めくるめく世界。競輪が? いや違う。競輪場の中にある一杯飲み屋や飲食店が。女友達(50代)と2人、異様に歓待されたから。若くないのに、女というだけでこれだけ喜ばれる世界があったとは! アラフォー以降の女子にはお勧めスポットである。
>2012.02.21 火

この記事はオセロ中島騒動に関して、たまたま女性自身を名指ししてるが、マスコミ総体への辛辣な批判でもある。優れて真っ当なものではあるのだが、その導入部がこれかよ、と '`,、('∀`)'`,、
 この感じだと立川か川崎っぽいが、そもそも何で行こうと思ったのか。いや良いんだけどね、新規客はどんな形であれウェルカム。お一人様上手な女性なら、モツ煮で一杯飲ってるだけでも充分楽しめるだろう、たとえ車券を一枚も買わなかったとしても、場にとってプラスだ。…って、それは供食側が、それに応えられるレヴェルである事が大前提ではあるんだけども( ´-`)y-~~~

It's Ok to Listen to the Gray Voice


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 04, 2011

東電やめたら電気代3割節約 立川競輪場、契約先変更で http://mytown.asahi.com/areanews/tokyo/TKY201106030551.html
>2011年6月4日
>東京都立川市が運営する立川競輪場(同市曙町3丁目)が2010年度、電気の購入先を東京電力から特定規模電気事業者(PPS)に替えたところ、電気料金を前年度の3割近く節約できたことがわかった。予想以上の「効果」に、市は見直しの対象を拡大。今年度は、小・中学校など53施設が東電以外と契約した。
>PPSは「電力の自由化」を生かし、自前の発電所などから調達した電気を売る新規事業者。市行政経営課によると、PPSから競輪場に提案があり、経費節減の一環として電気の購入先を見直すことになった。入札の結果、住友商事系のサミットエナジー(本社・中央区)が東電に競り勝った。
>競輪場の電気料金は、東電と契約していた09年度は約6200万円。だが、10年度は約4500万円に下がり、電気代を約27%節約できたことになる。市によると、気候の変動もあって単純比較はできないが、単価が安くなった点が効果として表れているという。
>市は見直しの範囲を拡大。今年度は市立の小・中学校や地域学習館、福祉施設など53施設を3グループに分け、グループごとに契約先を検討。それぞれ異なるPPSから電気を買うことにした。
>今年度は契約先を選ぶ際、価格だけでなく、発電に伴う二酸化炭素の排出量など環境にどれだけ優しいかも基準にした。それでも今のところ、電気代2割弱の節約が見込めるという。
>節約の成功例として、立川市には他の自治体から問い合わせが来ている。同課の田中準也課長は「これほど節約できるとは当初考えていなかった。最大限の見直しを進めているが、今のところ不便はない」と話す。昨年5月に開庁した市役所新庁舎についても、今後見直しを検討していくという。(大西史晃)

東京電力や、今の電力会社の送電体制への批判とかは置いといて、とかくコスト意識が低いと批判される事の多い自治体という組織でも、収益事業(=3競オート)を施行してるトコはちゃんと考えてるぞと。でもってその効果が認められるや他部署でもすぐに…ってのは、市役所職員全体に競輪事業の意義が高く認められてる事の証左だ。「バクチなんてけしからん」と白眼視する人は今なお多いが、そういう人達の住む自治体は当然これ以上のコスト意識持ってるんだろうね?と聞ける訳で、でもってその結果のぐぬぬ顔も想像出来る訳で。一バクチ打ちとして痛快痛快。でかした立川(・∀・)!

【追記】続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 03, 2011

ジャンとともに 立川競輪60年 (上)開発支えた「ドル箱」 http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000401101310001
>2011年01月31日
>立川市曙町の立川競輪場で27日に始まった「日刊ゲンダイ杯」。寒風にさらされたスタンドは空席が目立つ。それでも、予想紙を握りしめたファンのまなざしは真剣そのもの。残り1周半を告げる「ジャン」の鐘が鳴り響くと、「差せ!」「まくれ!」と、渦巻く歓声が熱を帯びた。
>レース終了後、客は通称「オケラ街道」を通り、JR立川駅へ。駅北口に広がる近代的なペデストリアンデッキは、2001年に整備された。
>立川市の「顔」ともいえるこれらの駅前施設整備に競輪の収益が投入されてきたことはあまり知られていない。
>市が運営する競輪がこれまでに上げた収益総額は1323億円。市の一般会計に繰り入れられ、学校施設などの教育費が509億円で最大。土木費355億円がそれに次ぐ。「駅前整備に集中投資することで、優良企業や店舗が進出し、法人税収が増える。相乗効果を狙ってきた」と市財政課は説明する。
>「ギャンブルの街立川」の呼び名はありがたくはない。しかし、87年から20年間市長を務めた青木久さん(85)は、「立川の街づくりを支えたのは競輪だった」と話す。
>立川駅北口、南口の区画整理のほか、米軍基地跡地の「ファーレ立川」の開発、中央線高架化の負担金……。
>国、都を巻き込んだ大規模事業を推進できた背景には、競輪事業をバックにした市の豊富な資金力があってこそだ。「市のイメージ低下のマイナスもあったが、収支でいえばプラスでしょう」
(中)人気衰退、細る繰入金 http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000401102010001
>2011年02月01日
>暮れも押し詰まった昨年12月30日、凍えるような寒空の下、立川競輪場はファンの熱気に包まれていた。競輪界のトップ選手を集めた最高峰レース「KEIRINグランプリ」が3年ぶりに立川で開催されていた。
>そんな熱気とはうらはらにスタンド一つがぽっかり空いていた。「入場者が減っている中、第4スタンドを使用しなくても運営可能なため。これにより経費節減ができた」と主催者側。実際、3年前に比べると入場者は約4千人減少の1万6千人、売り上げも約14億円減の約49億円と目標に5億円届かなかった。
>最高の人気レースであるグランプリといえども、衰退を止めることはできない。
>ピークの89年度には、競輪特別会計から立川市への繰入金が78億円。ところが、バブル崩壊後は入場者が減り続け、収益は落ち込んだ。
>競輪事業の基金が底をついたため、市は05年から、繰入金を毎年1千万円に制限している。
>「ドル箱」でなくなった公営ギャンブルに、07年の市長選では、一部の候補者から廃止論も飛び出した。
>打開策として市が構想するのは、無料の冷暖房付きスタンドなど、高齢者に優しい施設の改修だ。一般会計への持ち出しを制限した5年間で、ようやく29億円ほどの施設整備基金ができた。
(下)ファン高齢化、廃止続々 http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000401102030001
>2011年02月03日
>立川競輪のみならず競輪界全体が苦境にあえいでいる。
>20年前には約2兆円あった売り上げが、2009年度は約7300億円にまで激減している。
>現在、全国に競輪場は46場。やめていく競輪場も相次いでいる。昨年3月には横浜市の花月園が廃止となり、今年3月には大津びわこがなくなる。
>京都府が主催する向日町(京都府向日市)は昨年開設60年を迎えた歴史のある競輪場だ。ここでも廃止の議論が起こっている。1998年度から5年間赤字が続き、その後持ち直したものの、09年度も赤字、10年度も厳しい収支が見込まれている。検討委員会が昨秋、「廃止やむなし」との意見をまとめ、今後、その提言を受けて府が結論を出すことになる。
>(この連載は米沢信義、斉藤勝寿が担当しました)

冒頭、てっきり朝日がゲンダイを揶揄した記事書くのかと早合点してしまったが、原ソースでは三連単で客単価が落ちたとかオリンピックで競輪がメジャーになればとか、この手の記事には毎度お馴染みのフレーズが並ぶ、そこは端折った。それより俺的にツボったのは

 >競輪事業の基金が底をついたため、市は05年から、繰入金を
  毎年1千万円に制限している
 >一般会計への持ち出しを制限した5年間で、ようやく29億円ほどの
  施設整備基金ができた

たった5年で29億も積み立てられたって凄くね?経営難に喘ぐ場は確かに少なくないし、輪界が今のままで良い筈もないのだが、それでも競輪の持つポテンシャルって、まだまだバカに出来んものが有るよなと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 30, 2010

 駅地下でゲン担ぎに鴨蕎麦食って立川。前来たのはいつだったか、中央線の三鷹→武蔵小金井が下りだけ高架化されてたが、もう上下線共出来ている(駅はまだ未完成な部分も有るが)。立川駅もまたデカくなった様な、さすがは中核都市だ。競輪場まで無料バスが有るが歩いたって10分チョイ、構わず歩く。で、税務署前の信号を右へ曲がって、
7200e662.jpg
ちょっと行くと豊川稲荷立川分霊所。
f9434db4.jpg
前来た時ではなく更に前の、立川記念の時お参りしておみくじ引いたら凶で、その年のKEIRINグランプリ@立川の時もお参りしたらまた凶(書かれてる文言も違う)で驚愕した事が有った、そいで今回引いたら
2148740d.jpg
またしても!二度有る事は三度有る!厳しいお稲荷様だが、ここまで念入れんでも…いや、俺が下踐なればこそかorz
 まあとにかく競輪場。前売りでグランプリの車券だけさっさと買う。
97981b2b.jpg
どこで読んだか誰の文だったか、「グランプリは一番自分勝手な奴が勝つ」ってのに説得力を感じて、じゃあ海老根だと短絡思想。で、スピードくじの列に並ぶ。グランプリは穴場激混みだから買い目もう決まってる人は先に買っといて、そしたらこのくじ引けるのよっつう立川の混雑緩和策だ。したらこの手のくじ運弱いワタクシが!
52809b1f.jpg
望外の喜び…は一瞬、こんなトコで運使っちゃってこの車券やっぱアカンかと。もうすっかり凶おみくじに気持ちが支配されている。海老根消えたら俺のせいだ、海老根と海老根ファンよ、スマン(-人-)
 その後は場内散策…4コーナースタンドの2Fは閉鎖、
2aa27e6b.jpg
もちろん穴場も。
6bbb8c90.jpg
立川すらも、こんなに人減ったのか(´・ω・`)
 午後から雨っつう予報に反して徐々に晴れたが、昨日からガクンと気温が下がってメチャ寒い。風が無いのが救いだが、とにかく休憩所に避難し、グランプリまで暇をもて余す。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 27, 2009

立川競輪で7693万円の高額配当 公営競技史上2位 http://sankei.jp.msn.com/sports/other/090527/oth0905271847011-n1.htm
>2009.5.27 06:46
>100円玉2枚が7693万円に!! 27日行われた立川競輪の『ビッグドリーム』(1口200円)で、公営競技史上第2位となる7693万4700円という夢の高額配当が飛び出した。
>200円といえばカップ麺1個が買える程度の金額。それが、高級分譲マンションが買えるぐらいの7693万円に“化けた”からすごい。的中はわずか1票。確率は167万9616分の1というのも納得。立川競輪で「夢」が起きた。
>「夢」をかなえたのが最後の4レースの1、2着を順不同で当てる4重勝2車複式の「ビッグドリーム」。この重勝式車券は立川、函館、名古屋、一宮、岐阜、四日市で実施されている『ビッグドリーム』と、平塚、松戸、伊東温泉、大津びわこ、小倉で実施されている『チャリLOTO』の2つの方式がある。
>ビッグドリーム、チャリLOTOとも、コンピューターが自動発番するもので、いわばサッカーくじ「toto」の「ビッグ」や「宝くじ」みたいなもの。あくまで自分で決めるのではないから高額配当も可能だ。
>実際、『チャリLOTO』では昨年の6月5日に平塚で7969万8600円という配当が出ている。なお『ビッグドリーム』では今年の3月11日の四日市で出た2564万7900円がこれまでの最高配当だった。今回はそれを大幅に上回る『ビッグドリーム』の最高配当で、立川では初の的中だった。
>なお方式が異なる平塚では、現在のキャリーオーバー額は3億3808万6950円に膨らんでいる。

何ちゅう例え方や。リアルな('A`)
 しかしまあアレだ、ウチ帰ってダイジェスト見たら、実は11R(=ラス前)の時点で有権者1口にまで絞られてて、この人が最終も当てちゃったという訳。すげー。最後の36分の1の関門もクリアするたぁ大した幸運だ。番組キャスター「的中された方、よろしかったら番組の方に当たった感想などお寄せください、あと(苦笑混じりに)明日この半分くらい買ってください」嘘偽らざる心境でしょうな。キャリー貯まるまで長いからねえ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 09, 2009

 棋士の藤沢秀行が亡くなった。競輪打ちには名の知れた大豪で、競輪に限らずバクチ全般、また酒に女にとエピソードも多い。豪放磊落を地で行く人だったそうで、でもそれは虚勢を張ってただけで実際は自分に脆いタイプの人だったのではないか?っつう気がする。人と居ると間が保たないから酒に走りアルコール依存症に…とか。自分で存れた、自身を取り戻せたのは碁やバクチの局面に対してるその瞬間だけだったんじゃないか。いや全くの直感だけど。
 この前亡くなった忌野清志郎もそうだが、時代的にも人脈的にも結構近いトコ見てるのに俺はちゃんと出会う事無く終わっちゃったなと。せめて碁打てりゃねえ…手元の本に何か、触れられたエピソードが無いか探してみたが、『風雲ジャズ帖の逆襲/山下洋輔(東京書籍)』に一行出て来るのみ。

 風雲ジャズ帖の逆襲
 著 者:山下 洋輔
 販売元:東京書籍
 発売日:1995-09
 クチコミを見る

この本はどういう趣向か、著者の周辺人物は全て当て字や読みも変えてあって山下文学初心者にはいささか取っ付き難いが、自身は『野暮舌』として登場する。

 >この後、さらに交友が続き、野暮舌は片岡九段に競輪を教えてもらう
  ことになる。住んでいるところが多恥川市と知って片岡さん「そういう
  所に住んでいて競輪をしないのはもったいない」とのお言葉。
 >大きな記念レースの招待券を用意してくださった。その日、特別
  観覧席のロビーに連れていってもらうと、その一角にはあの伝説の
  藤沢秀公名誉棋聖を始め、有名棋士がずらりと揃っているという光景。
  野暮舌と保志さん、互いに袖をつつきあいながら、「あ、秀公だ」
  などと小声で興奮する。この日、片岡九段の「競輪は団体競技です」
  から始まる適切な指導とビギナーズラックで、野暮舌、数千円分を勝った。
 >終わって、大群衆と共に押されるように多恥川駅まで移動した。
  駅ビル内の居酒屋で乾杯。やがて片岡さんの音頭で反省会がはじまり、
  それぞれが買ってあった専門新聞と赤鉛筆を出して記憶をたどる。
  片岡九段は最後のレースで究極の読みを的中させ、レース展開が
  その通りになったという。しかし、ある選手の一瞬の動きで着順が
  数センチ入れ替わった。その結果を冷静に反芻していたが、さすがに
  色白の頬は紅潮していた。話される言葉の中になにやらケイリンという
  ものにまつわる様々な深淵な世界がちらりと垣間見られるのだが、
  それ以上の理解には到達できぬ、野暮舌、保志の初体験コンビなのだった。

さらにこのエピソードの後半には、こんなクダリが。

 >冗談半分にせよそう言う片岡九段からは、一瞬「勝負師」の姿が
  立ちのぼる。考えてみたらこの方の住む世界は、単なる表現の世界
  ではなく、相手を倒し、殺し、自分が這い上がらねばならない、勝負、
  武芸、の世界なのだった。真剣勝負に臨む片岡九段の姿は、我々に
  見せたことのない凄みを帯びるのだろうと、野暮舌恐れつつも実感したのだった。

こういう人達が引き付けられるサムシング、何物かが競輪には有るのだろう。面白いのは、将棋も、羽生を初めとして競輪打ちが多い事だ(中継番組のゲスト等にしばしば登場する)。両競技は脳の使う部分が違うというが(碁は女流棋士も男に伍して戦えるが将棋は棋力の男女差が大きく、プロ棋界で男が女に負けるとそれだけで大ニュースとなる)、囲碁=競輪・将棋=競艇とか明快に棲み分けるのでなく、それぞれが競輪に魅せられている(もちろん他のバクチに手を出してる人も多いだろうが)。
 さて、いみじくも片岡は競輪を団体競技だと山下に説いた。この本の初版は95年9月。それから14年、競輪のルールや競輪を取り巻く環境も随分変わった。今の輪界は片岡にはどう映っているだろうか( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 04, 2009

 自転車野郎・忌野清志郎追悼企画ですんげく久し振りに競輪やっか、取手か千葉か、立川→川崎ナイターのダブルヘッダー…と一応考えはしたが、いかんせん未だ完調とは言えない体調。大人しくヒッキーに徹すのみ。
 さてキヨシローだ。初めてRCサクセションに接したのは中学の時で、その印象は何じゃこりゃ。今まで聴いた事無い、何か面白い、でも既に洋楽〜ジャズに入り浸ってた俺は、片目で眺めつつも深入りする事は無かった。サブカル誌・ビックリハウスは愛読してたから、キヨシロー当人や周辺人物の言葉とか文化とか考え方にはそれなりに理解してるつもりだが、世間一般からは必ずしも広く受け入れられた訳ではない、しかし送り手側にそのセンスを色んな形で取り入れ広める人が続々現れてったって事は、単なる異端ではなく最先端だったって事だ。凄し。合掌…しつつ、こっから違う方向で筆を進めたい。
 人が、それまで接した事の無い物に触れた時の反応は
●新しい、面白い
●既存のルールから外れてる、ダメ
のどちらかだ。同じ人間でも音楽に対しては前者・食い物に対しては後者、みたいな事は有ろうが、とにかくそこに何か有りそうと直感が働くか、好奇心が湧くか、冒険してみる気になるか、だ。未体験=解らない→でも面白そう→理解出来た→面白い、という回路は特殊なものではない。人は、特に音楽や映画を初めとする芸術分野に於いて、その様にして興味の幅を拡げてきた。もちろん無条件に未知な物を受け入れて来た訳ではない、ちょっとカジってみたけどやっぱ合わんわこれ、てな事ももちろん多々有る。
 バクチにしたって同じ事、そもそもバクチ自体が結構な冒険なのだからして、最初にそれに触れる時点で面白好きな人の筈だ。そしてそれを好きになった後、他に浮気せず一筋…という人は極めて少数派であろう、好奇心旺盛に他のバクチにも興味を示すのが自然な姿だ。競輪一筋ウン十年と公言するコンドル武田氏は、しかしオフではパチに興じてる様を自らサイトに書いている。完全にパチ依存症の同僚は、しかしパチ一本ではなくある時期から中央競馬にも手を染めた。最初から中央競馬とパチの二本立てだった上司は、パチからスロに浮気した時期が有る。競馬一筋だった同僚は他の同僚からパチを教わり感化され、いつしかパチメインにシフトして行った。また別の同僚は競馬から始まり競輪競艇オート全てに手を染めたが、今では競馬一本だ。競馬から競輪にシフトした俺は、さらにその後オートへ移行。これらの変化は「儲け難くなって」と必要に迫られてのものだけではない、自分にはまだ未知の世界だが面白そうだと直感出来なければ、そこに進まなかったろう。
 …ってまあ何だ、着地点を見極めずに書き出したもんだから収拾付かなくなったが、それもまた冒険というものだろう、てな事で一つ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote