東京オリンピック

April 18, 2017

五輪会場でボートレース!大会後黒字運営へ公営ギャンブル変身検討 http://www.hochi.co.jp/topics/20170417-OHT1T50228.html
>2017年4月18日5時0分 スポーツ報知
20170417-OHT1I50145-L 東京五輪のボート・カヌー会場となる海の森水上競技場のイメージ(都提供) http://www.hochi.co.jp/photo/20170417/20170417-OHT1I50145-L.jpg
>2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場となる海の森水上競技場(東京・江東区青海先)が大会後に、公営ギャンブルのボートレース場とする案が検討されていることが17日、複数のボートレース関係者への取材で分かった。同競技場は五輪後に年間約1・6億円の赤字が見込まれている。年間収支の改善や施設稼働率を上げる案として期待する声がある。
>複数のボートレース関係者によると、五輪後に海の森でのボートレース開催を目指し、関係者と協議を始めた。会場周辺は公園で住宅地などがなく、騒音問題もクリアできるという。
>海の森では、ボートレース開催の条件も整っている。コースは直線で2000メートル、8レーンで、ほかに約2000席の観客席、宿泊施設や飲食店なども整備される。海の森は海水だが、ボートレース大村(長崎・大村市)なども海水で開催されており、支障はないという。

これ、五輪関係者はまだ何も言ってはいない、あくまで競艇サイドが勝手に構想を吹いているだけだ。とはいえ、ボートやカヌーはかなりのマイナースポーツであるから五輪後の施設維持管理だけでも大赤字必至、だったらいっそ競艇に使ってもらえれば…ってなる可能性は確かになくはない。
 それは良いが、実際なったらどうなるか?どこの場もスタンド改修に合わせて規模縮小するのが昨今のトレンドだが、それでも東京で(隅っこの方とはいえ)2000席ってのはさすがに小さ過ぎる、最小限のスタンド増設はするべき=初期投資が必要になる。
 カニバリゼイションはどうか。公共交通機関としては現状ゆりかもめしかない(もうちょっと行けば、りんかい線の東京テレポート駅があるが)、足回りが良いとはお世辞にも言えない立地で、江戸川からも平和島からも微妙に行き辛い。でも両者の中間に位置するから、影響ゼロとは言えないだろう。周辺環境からするとナイターも可能で、そうなると直接的な食い合いはない。首都圏っつうか東京の3場プラス戸田は昼開催のみで、ただしこれらの場の客は他場のナイターの場外発売を売っていた、それがシフトする可能性は高い。いずれにせよ、客の財布の中身は一緒なのだから、どこかヤられる場は出る。他競技から奪って来れるのなら話は別だが。
 もう一歩踏み込んで、前述の過小なスタンドとナイター可能な周辺環境を逆手に取って、無観客のミッドナイト開催を行うというのが競艇関係者の理想かもしれない。であるなら、ミッドナイトでウハウハの競輪オートは顔面蒼白となるが…って、まだ何も決まってないんだけどさ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 28, 2017

24年夏季五輪は消滅の危機 次の東京が最後の五輪になる? http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/27/kiji/20170226s00048000240000c.html
20170227s00048000160000p_view 2024年夏季五輪招致に向けたイベントでライトアップされたパリのエッフェル塔(AP)Photo By スポニチ http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/27/jpeg/20170227s00048000160000p_view.jpg
>【藤山健二の独立独歩】東京五輪の次の24年夏季大会に立候補していたハンガリーのブダペストが、ここへ来て招致断念を発表した。同大会の開催地は9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まるが、直前になってブダペストが断念したことで、残る候補地はパリとロサンゼルスの2都市だけになってしまった。
>もともと24年大会にはドイツのハンブルクやイタリアのローマも立候補を予定していた。しかし、ハンブルクは15年11月に実施した住民投票で反対が過半数を占めたために断念。ローマも「美人すぎる市長」で有名になったビルジニア・ラッジ氏が「招致反対」を訴えて当選し、昨年9月に立候補を取り下げた。いずれも巨額の開催費用への懸念がネックとなった。
>近年の五輪はひたすら肥大化への道を突き進み、経費も雪だるま式に膨れ上がっている。東京五輪の開催経費は最大1兆8000億円と見積もられている。誰がそれだけの経費を負担するのか、いまだに東京都と組織委員会、政府の結論は出ていない。世界有数の大都市である東京でさえこうなのだから、ブダペストが断念したのは賢明な判断だったと言っていい。
>パリやロサンゼルスなら財政的には開催可能だろうが、両国は財政とは別の問題をもう一つ抱えている。移民とテロへの懸念だ。トランプ大統領は就任前にIOCのバッハ会長と話した際、ロスへの招致を支援する意向を示したが、就任後の入国制限などを見る限り、不特定多数の人が大挙して入国することになる五輪に積極的とはとても思えない。フランスも5月の大統領選挙の結果次第では移民政策の変更に伴い、招致反対の声が一気に強まることも予想される。まさかとは思うが、ブダペストに続いてパリとロスも土壇場で撤退し、24年大会は消滅、東京が歴史上最後の夏季五輪になる可能性も決してゼロではないのだ。(編集委員)
>[ 2017年2月27日 09:00 ]

この記事は「(今の方向性のままだと)五輪はいずれ出来なくなる(可能性は否定出来ない)ぞ」つってるだけで、今すぐ消滅の危機だとは言ってない。しかし説得力は確かにある、現に、規模が段違いとはいえWBCが今年限りだと半ば公然と囁かれてるように、商業的に割が合わないものを好き好んで手掛ける物好きは居ない。ならば五輪もその限りではない訳で、さてIOCはどうするか…まあ今さら180度転換なんて出来っこないだろうけど。
 日本以外の主要先進国では「五輪は4年に一度開かれる世界大会」ぐらいの認識でしかない…という事を俺は知ってるが、しかしそれは日本人としては極めてレアな存在である事もまた、ちゃんと解っている。前にも書いたが、敗戦から立ち直り高度成長期を迎えた日本は東京で行われた五輪で、また日本選手が大活躍した事で強烈な成功体験が刷り込まれてしまった。その直撃世代がちょうど今マスコミ各社で中心的存在なのだから、「五輪だ祭りだメデタイな」って世論誘導に当然なる。だから世間一般も、世界選手権10連覇よりオリンピック銀メダルの方が扱いが良かったりするのが現実だ。ここでもガラパゴスニッポン。話モトイ。だから「五輪で国威発揚!」みたいな国でもない限り、五輪消滅となっても外国人アスリートはそれほど動揺しないだろうが、日本選手はそれこそもう阿鼻叫喚だろう。そして「五輪入賞でメジャーに!」と目論んでいるマイナー競技選手やその団体も顔面蒼白だろう。さて競輪関係者はこの記事をどんな風に読んだろうか(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 06, 2016

廃止一転、存続も 千葉市、施設整備提案受け 千葉競輪 http://www.chibanippo.co.jp/news/local/369931
>2016年12月5日 20:56 | 無料公開
>売り上げ低迷で2017年度末で廃止する方針を示していた競輪事業について、千葉市が存続も視野に調整していることが5日、分かった。12月定例市議会で未来民進ちばの代表質問に答えた。千葉競輪場の運営委託先の「日本写真判定」(東京・千代田区)が、競輪も行える自転車競技場を同社負担で整備する提案をしたことで存廃を再検討。市は17年9月までに最終判断する。
>市経済企画課によると6月、国際規格に沿った屋内板張りの250メートルトラックを持つ競技場に再整備する提案を同社から受けた。市は廃止方針を打ち出した昨年1月、老朽化した競輪場の施設改修に多額な費用がかかることを主な理由に挙げていたが、「同社負担での整備なら、その課題は解決される」とする。
>ただ、国際規格のトラックで競輪を実施するには、経済産業省や競輪を統括するJKAによるルール変更が必要などの課題があるため、市は関係団体と協議を進めていく。

(´・∀・`)ヘー 昔、競輪の電話投票会員月報で読んだ記憶があるが、今は亡き西宮は開設当時は周長300mで、しかしルール改正で周長333m以上でないと競輪開催出来なくなって改修したのだと(西宮は、野球場のグラウンド上にバンクを組み立てる方式なので、通常の競輪場と違って対応出来る)。であるならば250バンクってのは何考えとんねん!?ってなってしまうが、屋内って事と合わせて考えると、2020年東京オリンピックの自転車競技は伊豆ベロドロームでやると決まってるのの強奪狙いなのか?当初案は大井にバンクを新設する予定だったのを経費面から中止、有り物の伊豆で…って経緯でそうなったのであって、何が何でも伊豆でなきゃダメって訳ではない。なら千葉の方が圧倒的に東京に近く、アクセスでも圧勝だ。オリンピックや世界選手権などのトラック競技で競輪選手が活躍する事が競輪人気復興への道だ…とJKAは信じ切ってるようなので、特例的に250バンク競輪案もスンナリ通るかもしれんな。
 しかし俺的には嫌だ。かつて吉岡稔真が「33(3m)バンクは(勝負処での判断を)間違えたら巻き返せない、400なら一度、500だったら二度巻き返せるチャンスがある」と語ってた。吉岡ほどの選手でそうなのだ。一体に短走路は先行有利だから固いと言われているが、吉岡よろしく強い先行型でも取りこぼしたり、逃げを意識するあまり先行争いとなり漁夫の利捲り一閃とか、なまじ人気がかぶってるだけに崩れると大波乱になってしまう。だったら強い選手のアタマ固定で行ける500 ━━ 今の千葉もそうだ ━━ の方がよほど買い易いというものだ。
 何より、500バンクは貴重で、かつ希少だというのがある。俺が競輪を始めた頃は競輪場は全国に50あって、そのうち8場が500だった。しかし門司が閉鎖、松山は移転新築の際400にしてしまった。そして大津びわこも閉鎖で残り僅か5場。それで千葉まで500でなくなっちゃったら、ねえ。ただでさえ熊本が震災被害で使えないというのに。
 さらに前には西武園も500だったのを400に改修してるんだそうだし、500バンクの特殊性が嫌われてるという側面はあるのだろう、それは否定しないが、しかし何とか500は残してもらえないもんだろうか(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 08, 2016

伊豆が“東京五輪ブーム”で日本一早く沸騰しているワケ | 日刊SPA! http://nikkan-spa.jp/1059090
>2016.3.7
>〜今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第23回〜
>※スポーツ好きブロガーのフモフモ編集長が、東京五輪でチケットが買えそうな穴場競技探訪へと出かけました。今回の穴場候補は自転車。“ケイリン”で世界的に名を轟かせながらも五輪競技としての日本国民の注目度はイマイチ。“東京五輪”なのに会場を伊豆に飛ばされるなんて穴場に違いないと予想したフモフモ編集長。しかし、最寄りの修善寺駅から車で30分、一見すると廃墟のような佇まいの会場では驚きの光景が待ち構えていた……
>これだけ遠くて廃墟っぽいと、さぞやガラガラなんだろうとお思いでしょう。
>僕もそう思っていました。
>10人くらいしか客がいなくてガラガラだろうと。
>しかし、予想に反して駐車場には大量の車。そして自転車競技会場のベロドロームに次々に吸い込まれていく人、人、人。会場に飛び込んでみれば、ロビーには人があふれ、スタンドはビッシリと観戦客で埋まっています。

 >「え、ウソでしょ!?」
 >「自転車&伊豆なのにこんなに客がいるわけない!」
 >「絶対にサクラ!!」

>と穴場慣れした僕も、心底驚く光景でした。
171何だ、この大入り満員は!!サクラにしても多すぎる!! http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/02/171.jpg
>メインスタンドもバックスタンドも人でビッシリ。約1800人収容という会場は大入り満員です。基本的には地元からのお客さんのようで、入場口でも伊豆市住民専用の受付に来訪者が集中しています。売店のオジサンに聞けば、これはベロドローム開場以来の大入りとのこと。確かに地元住民には無料招待があり、近隣の競輪場でも招待券を配布しているそうですが、タダにしたってこれだけ集まるのは尋常ではありません。東京五輪開催に向けて、現地は大変な盛り上がりのようです。
>そして単に数が多いだけでなく、競輪場でタダ券を配布しただけあって伊豆のファンは自転車競技への理解も非常に高い。
>観衆の盛り上がりもさることながら、会場自体も素晴らしい。ドイツの職人が板を貼り付けて作ったという国内唯一の全天候型トラックは、見るだけでも壮観です。板張りの美しいトラックは、最大斜度45度という急角度のバンクを備え、身を乗り出せばまるで崖のよう。観客席とトラックの距離は極めて近く、ゴール後には手を出して選手とハイタッチすることも可能です。
>そこを時速60キロにも及ぶスピードで選手たちは周回していきます。自転車を漕ぎトラックを駆けるゴォォォという音、近くの板を通過していくときの床の振動、通過後に巻き起こる風。臨場感という意味ではコレ以上ないほどの体験です。
231これは五輪映えしそうな雰囲気! http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/02/231.jpg
261最後のコーナーでは車体が真横に傾くほどの猛スピードに http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2016/02/261.jpg
>レースの競り合いはもちろん、ときどき落車のアクシデントもあったりして、一日見ていても飽きない楽しさが今回の観戦にはありました。会場の雰囲気も含めて、非常にオススメできる現地観戦向け競技です。ただ、穴場ではありません。地元観衆は非常に熱気が高く、移動の面でも自家用車でこられるという優位性があり、そこに割って入るのは困難でしょう。
>東京五輪本番では仮設席の増設を含めて、現状の約1800席から約4700席まで増席するという話ですが、会場には空きスペースはほとんどなく、相当なすし詰めになる予感。そして、会場のイス以上にボトルネックとなるのはバスのイス。帰り道にバスの運転手さんが話していたことによれば、会場までの道路は狭く、バスがまともにすれ違える場所は3ヶ所程しかないのだとか。実際に乗車した便でも、民家の脇の細道を通ったり、対向車とすれ違うために路肩に寄せて一時停止する場面がありました。
>シャトルバスを増便するのは可能だとしても、道路を広げるのは難しい。道路を広げる手間をかけるくらいなら、お台場の空き地に新しいトラックを建てても一緒ですから。修善寺の温泉宿に前泊して8キロ歩いていくか、思い切って会場付近でテントでも張るか。会場にたどりつければ楽しいが、行くまでが難しいという意味で、伊豆オリンピックの自転車競技は「難所」と言えるのではないでしょうか。穴場ではなく難所。うっかりチケットを手に入れてしまった場合は、なるべく早く現地に行かれることをオススメします。スムーズに移動しても東京から3時間掛かりますので。

当たり前だが伊豆で毎日レースが行われてる訳ではない、記者はいつ何の大会に行ったんだろうか?とはいえ、本場はそんなに凄かったのか。俺は行った事ないけど伊豆の自転車熱って凄いんだな。でもって、略したが記者が自転車競技の魅力について簡潔に過不足なく伝えている、その筆力には感心した。ブックマークしといて、自転車競技の醍醐味とか勝負処について聞かれたら「これ見ろ」で済む、それぐらいよく書けている。
 その上で、穴場でなく難所ですかそうですか。確かに大変そう、こんな事なら当初案通りに、お台場にトラック作った方がよかったか。カネに余裕あったなら、だけども('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 18, 2016

ガールズケイリン・中山麗敏がボクサー転向へ!東京五輪目指す http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20160216-OHT1T50268.html
>2016年2月17日5時45分 スポーツ報知
20160216-OHT1I50147-Lガールズケイリンを引退、ボクシングで東京五輪を目指す中山麗敏 http://www.hochi.co.jp/photo/20160216/20160216-OHT1I50147-L.jpg
>ガールズケイリン1期生の中山麗敏(33)=神奈川=が引退し、ボクシングに転向する意向を固めたことが16日、分かった。すでに選手手帳は返納されており、JKAに受理され次第、正式に登録消除となる。
>中山は、高校卒業後、サンディエゴ州立大に進んでボクシングを始め、20歳から約5年間の実技経験がある。28歳からガールズケイリンで活躍していたが、オリンピック出場の夢をあきらめきれず、昨年からボクシングのトレーニングを再開。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代が挑戦したミドル級でリオデジャネイロ五輪出場の可能性を模索していた。昨年12月の日本選手権にエントリーしたものの、「いかなる種目のプロ選手も競技会には参加できない」というアマチュアボクシング規定に阻まれ、出場を断念。今後も規定の変更がなければ、五輪出場は難しい状況だが、一筋の希望を信じて競技に専念する。
>中山麗敏「競輪とボクシングの両立は難しく、少しでもオリンピック出場の可能性があるのなら、ボクシングに集中しようと決断しました。決して競輪がイヤになったわけではない。この4年間は楽しかったし、いい勉強をさせてもらいました。競輪界で培った経験を次にも生かしたい。東京五輪に出てメダルを取ることを目標にこれからは頑張りたい」
>◆中山 麗敏 (なかやま・りーみん)1982年4月12日、大阪市生まれ。33歳。大阪府立市岡高卒。サンディエゴ州立大中退。ガールズケイリン1期生として2012年7月1日平塚(〈1〉〈1〉《2》着)デビュー。同年から2年連続で「ガールズグランプリ」にも出場。165センチ、70キロ、太もも64センチ。血液型A。通算成績199戦、49勝、2着54回、3着32回、優勝8回。

ああ、元々ボクシングから競輪に転向して来たのか。だからボクシングサイドからすると出戻りって事になる。オリンピックってそんなに魅力的なのか、俺には理解出来ないが、五輪至上主義者が居るのも解るし、否定はしない。つうか、首尾よく東京五輪で結果を出したアカツキには再度競輪に出戻り…って事すら有り得るよな。その時は37歳、でもそれよりオバ…じゃなかった、上の選手だって居るから問題ないか。
 …それにしても、思い立ったが吉日、何でも即行動の人なんだなあ。頑張ってつかあさい(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 23, 2014

 休日になるとダメ人間モードになるのは相変わらず。伊勢崎オートはSGオートレースグランプリの優勝戦だし船橋競馬にはふなっしー来るし、しかもどっちもしばらく振りだし。でも昼過ぎまで起きれないというテイタラク。何だ俺は鬱か何かか?

五輪ボート会場、東京湾は「不向き」 戸田監督会が現地調査で指摘 http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/09/22/09.html
>2014年9月22日(月)
6d65b511.jpg 「無風でも波が立ち、突然横風も吹く」「海上は変化が激しく、ボート競技は難しい」と話し合う監督会のメンバーたち=8月、東京湾の「海の森水上競技場」予定地 http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/09/22/09.jpg
>2020年の東京五輪・パラリンピックのボート競技会場をめぐり、東京都、五輪組織委などが東京湾の「海の森水上競技場」開催を決めているのに対し、戸田市の神保国男市長が「戸田市の彩湖を推薦したい」とする要望書を舛添要一東京都知事らに提出した。
>競技の環境や建設コストなど「総合的にみて彩湖が適している」としたが、その根拠は8月8日に戸田ボートコースの大学ボート部監督らでつくる戸田監督会(約30チーム、鈴木崇司代表)が行った東京湾の現地調査だった。好天でも波が立ち、時々不規則な海風が吹く環境に、監督たちの感想は「こりゃ駄目だ」だった。
>監督会の一行約10人は午前10時すぎ、戸田市笹目の荒川べりの船着き場を小型クルーザーで出発。午後0時半ごろ、「海の森―」の計画地に到着した。
>競技場は東京23区のごみを埋める中央防波堤埋立地の隙間の幅約200メートルの運河を改造する計画だ。
>好天で夏の日差しが熱い。ほとんど無風。だが、波が船べりをたたく音がする。エンジンを停止して風の様子を見た。「風は静か。しかし、この波ではボート競技は無理」と一橋大総監督も務める鈴木さん(77)。
>他の監督やOBたちの視線も厳しくなった。
>「運河の両端に水門を設置して海流と波の影響をなくす計画だが、技術もコストも大掛かりなものだ」。両岸に切り立つ高さ2メートルのコンクリートの護岸に「このままだと波が反射する。反射しないようにする工事も大変だ」。「風も問題。こんな近くに風力発電の風車があるなんて驚きだ」
>監督会は戸田コースに艇庫を置く22大学やNTTなど有力実業団も含め約30チームが参加し「彩湖が良い」と指摘している。
>しかし、日本ボート協会の18日時点での公式見解は「今年5月に東京都の提案に基づいて、東京五輪組織委、FISA、日本ボート協会の4者の合意で海の森会場と決定した。あらためてコメントを出せる状況ではない」(相浦信行事務局長)とし、今回の要望を受け入れる様子はない。
>これまで神保市長らはこの問題解決のために、水面下での政治折衝を目指していたが、今回の「要望書」で問題は水面上に浮上した。「現場の声を無視して進めようとしている。何か大きな力を感じます。彩湖が素晴らしい所なんだということを世論に訴えたい」と神保市長は話している。

戸田市が、市に艇庫を置くチームの監督会の意見を利用し利権に預りたいだけと映るのだが(さらには埼玉新聞の記事だ)、話半分としても、東京湾の競技場予定地に問題がない訳ではない…という事だけは解る。
 ところで彩湖って聞いた事ないけどどこよ?と調べてみると
荒川第一調節池 - Wikipedia
彩湖・道満グリーンパーク http://www.toda-greenpark.or.jp/park/doman/
1175c35a.jpg 交通アクセス http://www.toda-greenpark.or.jp/park/doman/doman_access/img/doman4.jpg
(´・∀・`)ヘー てっきり戸田競艇場でやるのだとばかり思ってたが、こんなトコ有るんだねえ。外環の戸田西インターそばならアクセスは悪くないし、駐車場も広い…いや代案としてはあり、ってだけなんだけど。それでも、万が一ここに決まっても、競艇ファンがストレスに見舞われる訳ではないと判っただけで収穫だ( ´-`)y-~~~

20/20(トゥエニイ・トゥエニイ)(紙ジャケット/SHM-CD)
20/20(トゥエニイ・トゥエニイ)(紙ジャケット/SHM-CD)

アーティスト:ジョージ・ベンソン
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2012-06-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 24, 2013

パナソニック、東京五輪は天の恵みか? 最上位スポンサーの意外な“憂鬱” http://www.sankeibiz.jp/business/news/130923/bsb1309230601001-n1.htm
>2013.9.23 06:00
09fa31c3.jpgパナソニックがロンドン五輪に納入した放送用の3Dカメラ(同社提供) http://www.sankeibiz.jp/images/news/130923/bsb1309230601001-p1.jpg
4438ebd6.jpgパナソニックがロンドン五輪期間中、会場内に設置した「3Dシアター」。来場者が、五輪の開会式や競技映像の3D放送などを楽しんだ(同社提供) http://www.sankeibiz.jp/images/news/130923/bsb1309230601001-p2.jpg
4f92f474.jpgパナソニックがロンドン五輪期間中、会場内に設置した「3Dシアター」。来場者が、五輪の開会式や競技映像の3D放送などを楽しんだ(同社提供) http://www.sankeibiz.jp/images/news/130923/bsb1309230601001-p3.jpg
52bb7a26.jpgロンドン五輪の開会式では、パナソニック製のプロジェクターが巨大な建造物に映像を映し出した=2012年7月(同社提供) http://www.sankeibiz.jp/images/news/130923/bsb1309230601001-p4.jpg
>2020(平成32)年夏季五輪の東京開催が決まったことで、国内では莫大(ばくだい)な経済効果が期待されている。とくに、家電大手のパナソニックは日本企業で唯一、五輪の「最上位(TOP)スポンサー」を長年にわたって務めてきた。関係者からは「AV(音響・映像)機器が不振の中、反転攻勢の“起爆剤”になる」(関係者)との声も上がるが、薄型テレビの需要が落ち込んだままで、巨額のスポンサー費用に見合う効果はあるのだろうか…。
>「東京五輪が、テレビ買い替えのタイミングになると信じている」
>東京五輪が決まった翌日の16日。あるパナソニック社員は顔をほころばせた。
>テレビの買い替えは通常、購入してから10年程度といわれる。
>平成23年3月の家電エコポイント制度終了、同年7月の地上デジタル放送移行前の駆け込み需要時にテレビを購入した人が多く、東京五輪が開幕する32年前後には、買い替え需要が高まるとみられる。
>パナソニックは、1988年のカルガリー五輪以降、AV機器の分野で国際オリンピック委員会(IOC)と「最上位スポンサー」の契約を結んでいる。最上位スポンサーは1分野につき1社と定められており、五輪ロゴを使ったテレビCMを独占的に世界中で流せるほか、AV機器を主催者に納入する優先交渉権を持つ。
>12年のロンドン五輪では、放送用の3D(3次元)カメラなどをオリンピック放送機構に納入し、五輪史上初めて、3D映像が全世界に配信された。
>会場や周辺施設には、2500台以上のパナソニック製監視カメラも設置された。
>同社は、16年開催のリオデジャネイロ五輪まで、IOCとスポンサー契約を結んでいる。東京五輪でも、契約できるよう水面下の交渉に臨んでいるとみられ、パナソニック幹部は「日本国内で開催される五輪であれば、宣伝効果は、他国開催の2倍とみていい。まさに天の恵みだ」と期待を寄せる。続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 08, 2013

【東京五輪決定】「安倍首相演説が決め手」ロイター通信が絶賛 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130908/erp13090806590005-n1.htm
>2013.9.8 06:58
c5ab441e.jpg
IOC総会で、東京のプレゼンテーションをする安倍首相=7日、ブエノスアイレス(ロイター) http://sankei.jp.msn.com/images/news/130908/erp13090806590005-p6.jpg
>【ロンドン=内藤泰朗】「安倍晋三首相の演説が2020年東京五輪大会決定への決め手となった」−。ブエノスアイレス発のロイター通信は7日、こんな見出しで五輪開催地決定のニュースを伝えた。
>同通信はその中で、「東京は、安倍首相がカリスマ的な嘆願を国際オリンピック委員会(IOC)に行った後、実施された投票で接戦だったイスタンブールを破り、2020年夏季五輪の開催地の地位を獲得した」と強調した。
>さらに、「国家指導者のなめらかな演説は、IOCが懸念する福島原発問題の不安を解消するために行われた。日本は60対36でイスタンブールを大差で下したことから、演説はその目的にぴったりと合っていたようだ」と指摘した。

 【カウントダウン五輪決定】東京招致委最終プレゼン全文(7)安倍晋三首相 http://sankei.jp.msn.com/politics/topics/politics-18715-t1.htm


起きたら東京オリンピックが決まってた、やれメデタシ。とは言うものの当の東京はそれなりに大変だ、2002日韓FIFAワールドカップと違って東京単独だから人手はその比じゃなし、会場は湾岸部に集中してるが観戦目的の観光客はもっと都心部に泊まる、人手や物流、交通規制がどうなるかなどはちょっと想像付かない。前の東京五輪の時は俺産まれてないし。「ビッグサイト使えないからコミケ出来ない」と心配の声が早くも上がってるし、夏の甲子園にプロ野球にJリーグにetc.と影響は多岐に渡る。3競オートももちろんそうだ、特に南関東競馬は影響大な筈。7月24日→8月9日とパラリンピックの8月25日→9月6日は一体どんな風になるのか。あと平和島と江戸川競艇も。…まあまだ7年有る、今のところは楽しみに待ち構える事にしましょ(´∀`)

20/20(トゥエニイ・トゥエニイ)
20/20(トゥエニイ・トゥエニイ)

アーティスト:ジョージ・ベンソン
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2013-07-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 09, 2013

招致五輪マラソンコースは東京が凝縮 http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20130109-1069722.html
a64b7b71.jpg
記念撮影に臨む猪瀬直樹東京都知事(左から2人目)、吉田沙保里(同4人目)ら http://cache2.nipc.jp/sports/news/img/sp-20130109-004-ns-big.jpg
>20年東京五輪のハイライトは、新旧の名所を巡るマラソン−。東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は8日、都庁で前日7日に国際オリンピック委員会(IOC)に提出した立候補ファイル(開催計画書)の内容を公表した。「Discover Tomorrow 未来(あした)をつかもう」をスローガンにしたファイルで大会ビジョンや財政計画などとともに明かされたのが会場プラン。国立競技場発着のマラソンは、東京の魅力を詰め込んだコースとなった。開催地決定は9月7日で、マドリード、イスタンブールとの激しい招致合戦がいよいよ本格化する。
>「東京の中心で行われる大会は、かつてないダイナミックな祭典になる」。猪瀬都知事は、東京五輪の魅力を力強く口にした。立候補ファイルに書かれていたのは「先進的で安全な都市での開催」「選手村を中心に半径8キロ以内に85%の競技場が集中するコンパクトな大会」「伝統、文化から現代に至るまでの東京の魅力を体験できる」などの内容。そのすべてを具現化するのが、東京を体験できる」などの内容。そのすべてを具現化するのが、東京を体験できるマラソンコースだった。
>8万人収容の超近代的スタジアムに変貌を遂げる国立競技場をスタートし、東京ドーム、皇居を巡って南下。東京タワーを横目に今度は北上し、銀座、日本橋を通り東京スカイツリーを見上げながら浅草で折り返す。64年東京五輪前に誕生した東京タワーと昨年完成した東京スカイツリー、過去と現在、そして未来をつなぐコースになった。
>ロンドン五輪が周回コースだったように、国際陸連では観客動員や観戦しやすさから周回コースを推奨している。しかし、東京マラソンで沿道に130万人もの観客を集めるマラソン人気の日本なら、折り返しでも動員力に問題はない。都スポーツ振興局の沢崎招致計画担当課長は「日本陸連とも相談しながら決めました。招致に関しても問題はありません」。魅力的なコースは、逆に招致へのアピールポイントにもなる。
>64年東京五輪のマラソンは、国立競技場をスタートして西に向かった。味スタ前に今も記念碑が残る調布市飛田給が折り返し地点。父親に肩車され、甲州街道沿いでアベベや君原に声援を送った子どもたちも多かった。今回は逆に東に、都心に向かうコース。64年大会以上に多くの子どもが、父親の肩越しに「オリンピック」を体感できる。
>20年五輪の会期は7月24日から8月9日。最終日、日本、いや世界中の目がトップランナーが金メダルを目指して駆ける東京に集まる。
>[2013年1月9日9時18分 紙面から]

371582e9.gif
競技会場プラン(オリンピック) http://www.shochi-honbu.metro.tokyo.jp/bid-committee/jp/plan/venue/index.html
これによると[15]夢の島競技場・馬場馬術・障害馬術[20]海の森クロスカントリーコース・総合馬術[28]大井競馬場・近代五種(馬術、ランニング、射撃)と有るが、クソ暑い東京で外国勢の馬は夏バテせんのか?それはまあ日本選手っつうか馬にはアドヴァンテージとなるけども。良いのか?つか、[26]大井自転車競技場・自転車競技(トラック・レース)[27]大井ホッケー競技場・ホッケーって大井競馬場の駐車場に仮設し五輪後撤去するもんだと思ったら運河挟んで反対側、競馬場からしたら向正面の奥の運河のさらに向こう、場所でいうと大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森に造るのか。まあ冷静に考えてみりゃ五輪規模の運動施設ったら施工から撤去までどんな急いでも1年掛かる、大井競馬が了承する筈ないか。にしても、続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote