控除率

August 14, 2016

「パチンコ店のお盆営業」に、パチスロで勝ち抜くための最善策とは | 日刊大衆 http://taishu.jp/detail/23950/
>2016-08-13
>お盆といえば、ゴールデンウィーク、お正月と並んで数えられる、パチンコホールの「三大回収期」として有名なわけです。大型連休というのは、黙っていても人が溢れかえりますから、自然と営業が厳しくなりがちという寸法でございます。そんな中、どう戦うべきか。
>■店選び案(1):むしろ連休でこそ“強い”傾向にある店
>こんな店を選ぶためには、過去の調査が必要なわけで、心当たりがあるとすれば、それを見てきた近所の店になりますね。ゴールデンウィークやお正月にむしろ出している感がある店。僕の過去の経験上だと、大学時代に通っていた店がそうでした。もしかしたら「学生街にある→大型連休は人が帰省するため客が減りがち→還元して集客せねば」というロジックが成り立つ可能性もなきにしもあらずですかね。
>■時間選び案:夜の稼働落ちを狙う
>大型連休中は日中の客付きがよく、稼動が劇的に上がるものの、夕方から夜にかけて稼動が落ち着く店が少なくありません。それもそのはず、日中の混雑は普段昼間に仕事をしている人々が集うからでありまして、夜には家族や親戚とご飯を食べたり、同窓会でお酒を飲んだり、予定がある方も少なくない。そうなると、天井近くまでハマった台が空いたり、数少ない高設定履歴の台が空いたり、チャンスが夜に訪れる可能性があるわけです。打ちに行きたい気持ちを昼間はグッとこらえ、涼しくなってから突撃するのも一つの策としてはアリかもしれません。
>■松本バッチ プロフィール
>1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45〜)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00〜)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

パチが3競オートと違うのは、馬(舟・車)券の控除率に当たる店の利益率を、店が自由に変えられる事。台ごとにはもちろんだが機種ごと、あるいはパチとスロでも割を変えられるし、もちろん日によっても違う。店の営業方針にもよるが、「今日は、明日以降回収するだけの『撒き餌デイ』だから」と全台プラス設定(=マイナス控除)とする事だって出来る(しかも合法)。という事は逆に、黙ってても客が来る大型連休時には客にとってキツい調整とされるのがデフォ、さてその時パチ打ちはどう立ち振る舞うか…というのは永遠の課題だ。
 (1)は夜間人口の少ないオフィス街、東京で言えば神田か京橋、新橋という事になる。大手町から霞ヶ関にかけてはそもそもパチ屋がないし、銀座は観光客が居るから店も強気で営業出来る。…というのがパチ打ち同僚の言い分だったのだが、言われてみれば学生街もそうなんだねえ。
 そして夜打ち案。これも言われてみれば納得、説得力がある。もちろんこれらだけで勝てる訳ではないにしても、勝率が上がる事は確かなんだから試さない手はない。
 さて3競オート。パチやスロとは違い、特定のレースだけ控除率を下げるサーヴィスをする事はあるが、ゴールデンボッタクリウィークみたいな事はない、という事はいつでもどこでもコンスタントに打てるという安心感が強みになる。改めて、いろいろと再確認したなと(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 25, 2016

2016/04/02~04/04 【4月2日〜本場開催お得情報】第5R・第9Rの2連単払戻率について
>16/3/24 update
>平成28年度のオートレースは山陽開催でスタート!
>「浜のてんぷら屋プレゼンツ 新・三国志シリーズ〜準決勝戦8バトル~」は4月2日(土)開幕!
>開催期間中の第5レース・第9レースは2連単払戻率が80%になり、大変お買い得になっています。
>ぜひ2連単でもご投票くださいませ。
改)4月平開催http://sanyoauto.jp/wdprs/wp-content/uploads/2016/03/%E6%94%B9%EF%BC%894%E6%9C%88%E5%B9%B3%E9%96%8B%E5%82%AC.jpg

車券客にとっては間違いなくプラスな施策で、にも拘らず、ワクワク感とか有り難みにイマイチ欠けるんだよな。三連単=70%・二連単80%ってのは物凄く理に叶ってるし魅力的である事は解ってるんだけど、きちんと予想できるレースならやっぱり三連単で買いたくなるものだし、現実に車券売上の9割以上を三連単が占めている。つうか、三連単で客の資金回転率が悪くなった→二連単に誘導したい…っていうんだったら、5レースと9レースだけなんてケチくさい事言わんと全レースやんなさいよ。「いやそれだと出血大サーヴィス通り越して失血死しちゃうから」ってんなら、せめて最終二ヶRであるとか、逆に朝の1・2Rとか、誰にでも判り易い形でやるべき、何だって5と9Rなんて中途半端なトコロでやるんだか?百歩譲って、「今後もずっと5・9Rでやります!」ならまだしも、この開催だけなんでしょ?こういうやり方はセンスないよ。…いやホント、何だってこういう具合になったのか。誰か教えて、正味のトコロを('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 01, 2016

【実録】『スクラッチの宝くじ』を100万円分買ってみた http://rocketnews24.com/2015/12/31/685068/
>Yoshio2015年12月31日
p1390433https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390433.jpg
>人生で初、そして最後の大バクチでした。
>さて、みなさんは『スクラッチくじ』という宝くじをご存知でしょうか。その言葉通り、削ればすぐに結果がわかるクジです。だいたい1枚200円で、10枚セットで販売されています。
>その1枚200円のスクラッチクジを100万円分買ったら、1等は当たるのでしょうか。子供の頃から気になっていたので買ってみました。ただ、その前に嫁を説得する必要があります。なぜなら、自腹購入なので……!

 >私:「スクラッチクジを100万円分買って、どのくらい当たるか試してもいい?」
 >嫁:「いいんじゃない、だって、もし本当に当たったらアナタのモノになるってことでしょ? ちなみに100万円分って何枚?」
 >私:「5000枚。」
 >嫁:「それさ、そこそこあたりそうじゃない?」

>さすが私の嫁、理解がチョッパヤです。むしろ「そこそこ当たりそうじゃない」という返事までもらえました。これで準備は完了です。
>ということで、まずは銀座に行って、みずほ銀行で100万円をおろしました。宝くじを買うために100万円をおろしたのは初めてです。足のブルブルがマジでおさまりません。
>さて、おろしたてホヤホヤの100万円をガッチリ握りしめて、今度は当たりが出ると有名な数寄屋橋の宝くじ売り場へと向かいます。すると、その日は年末ジャンボの発売最終日。長蛇の列ができていました。ただ、私が買うのはスクラッチ100万円分。この列に並ぶ必要はないのです。なんという優越感。私の列はコッチです。コッチコッチ。
p1390320-1https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390320-1.jpg
p1390326https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390326.jpg
>ドキドキしつつ並び始めて5分後、スタッフから「どうぞ〜!」という声が。早速、「スクラッチ100万円分ください!」と伝えると、「ええええ?? はい?」という困惑した表情。回りにいたスタッフにも動揺が走ります。
>すると、奥にいたスタッフがお札を扇状に広げて数え始めました。スタッフによると、一度にこれほどスクラッチを買った人は見たことがなく、最高でも10万円程度とのこと。
p1390349_2ahttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390349_2a.jpg
>最後に「当たりますように!」と優しい声をかけてもらい、スクラッチがいっぱいに入った紙袋を2つ渡してもらいました。はぁぁ……。なんという満足感と高揚感でしょうか。
p1390359_ahttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390359_a.jpg
p1390401https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390401.jpg
>とにかく、無事にスクラッチクジ100万円分を入手できました! あとは会社に帰って削るだけ!
img_2429https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390442.jpg
>その前に、今回購入したちびまる子ちゃんのスクラッチ宝くじの等級と、本数を確認しておきましょう。今回のクジは、全体で250万通、5億円分が売り出されているそうです。
p1390442https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390439.jpg
p1390439https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/img_2429.jpg

 >1等(100万円)…… 25本
 >2等(10万円)…… 50本
 >3等(5万円)…… 100本
 >4等(1000円)…… 1万4400本
 >5等(200円 )……25万本
 >クリスマス賞 (1万円)……1万2500本

>私は5000枚(100万円分)を買ったので、それを元にどの程度当たりがでるのか、確率を出してみたいと思います。

 >・1等100万円が出る確率 → 10万通に1本なので → 20分の1。
 >・2等10万円が出る確率 → 5万通に1本なので → 10分の1。
 >・3等5万円が出る確率 → 2万5000通に1本なので → 5分の1。

>まず1等〜3等の出る確率ですが、意外と高いって思うは私だけでしょうか? だって1等が20分の1でしょ!? いやコレ、マジで出るんじゃね?(笑)
>次に4等からクリスマス賞ですが、これは本数が多いので5000本中、必ず何本か入っていることになります。

 >・4等(1000円)……28本前後
 >・5等(200円)……500本
 >・クリスマス賞(1万円)…… 25本

>つまり、5000枚の中には、4等28本前後、5等500本、クリスマス賞25本入っている計算となり、それらを合計すると、

 >(1000円×28)+(200円×500)+(10000円×25)=37万8000円

>そう! つまり、37万8000円は当たる可能性があるのです。100万円使っても、約38%は戻ってくるなら少し安心ではないでしょうか。逆を言うと、約60万円を使ってギャンブルしているようなもの。なんだか当たる気がしてきました!
>それでは、そろそろ結論にまいりましょう。スタッフ総出で削り、かかった日数は約5日間。
>まず、クリスマス賞(1万円)ですが、これは全部で24本も入っていました。金額にして24万円。予想の25本に1本届かず残念な結果に……。
>次に5等の200円。これは全部で486枚入っていました。金額で言うと9万7200円。おかしい(笑) 5等は必ず500枚入っているのに14枚足りません。どこかにいってしまったんでしょうか(涙) 今さら大量のハズレクジから探す力はありません……。来年にでも探そうっと。
>そして、4等の1000円。これは全部で28枚ありました。金額にして2万8000円。予想とドンピシャ! スゲゲゲぇぇぇ……!
imagehttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/img_2508-2.jpg
>以上、必ず当選する等級から見てきましたが、次は、おまちかねの1等、2等、3等の結果となります。
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>なんということでしょう!! 1等〜3等が……
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>Report:Yoshio
>Photo:RocketNews24.続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 06, 2015

銀座の宝くじ売り場行列先頭の男性 過去最高当せんは3千円 http://www.news-postseven.com/archives/20151203_368100.html
>2015.12.03 07:00
>まだ薄暗い明け方6時の銀座の街には、すでに70人近い人が列をつくっていた。今年もドリームジャンボで1等・前後賞合わせて7億円、サマージャンボで1等・前後賞合わせて7億円が2本当せん。平成に入ってからの億当せんは470本で計717億円を超え、名実ともに“日本一”の売り場といわれる『西銀座チャンスセンター』。
>いちばん乗りは、宝くじ購入歴40年というベテランの山浦健志さん(68才)。長野県から出てきたのは発売4日前のことだ。
>「どうしても1番になろうと思ってさ(笑い)。寝袋に着替え、タオルに歯ブラシを持ってやってきたんだよ。途中雨が降ったときには、売り場の軒先で雨宿りさせてもらったり。さすがにひとりの間は寂しかったねぇ」
>そう言うと、すぐ後ろに並んでいた4人の男性たちが笑いながらうなずく。鈴木さん(67才=神奈川県)、山田さん(74才)、恩田さん(63才=埼玉県)、白井さん(71才=千葉県)と山浦さんの5人は、ジャンボ宝くじ発売の度に先頭にならぶ名物おじさん「銀座宝くじ5人衆」だ。
>全員揃ったのは発売前夜。軽く飲みながら一緒に発売を待つのが恒例だというが、今年は1等・前後賞合わせて宝くじ史上最高額の10億円とあり気合もひと味違ったという。
>「今までの最高当せんは3000円なんだけどね(笑い)。今年は10億でしょ! 日本橋の福徳神社と新橋の烏森神社に行って当せん祈願してから来たよ。どちらも当たるっていうので有名な神社だからね」(前出・山浦さん)
>窓口が開くと、山浦さんは連番30枚とバラ3枚を購入。山田さんはなんと1000枚! 5人ともこだわりの方法で購入すると、「また次のジャンボで!」と解散していった。
>※女性セブン2015年12月17日号


何という本末転倒w 夏の甲子園のラガーさんとかはまだしも、こっちはギャンブルなんだから。純粋に投資として見たらお話にならない、損切りしてそのエナジーというかリソースは他に回すべきものだ。
 とはいえ、同病相憐れむ仲間と楽しくやってるのなら、外野がアレコレ言うのは野暮というものかもしれない。つうか、俺が手を出すオートレース競馬競輪だって、宝くじより遥かにマシであるとはいえ、それでも控除率30〜20%というのは金融取引と比べると投資条件としては極めて悪い。でもって、そういうバクチで俺が勝ってれば問題ないが現実は決してそうではない。「ギャンブルで負けたくなかったら、そもそもギャンブルなんてやらない事だ」っていう物言いや理屈は重々承知してて、その上で、その状態に肩までドップリ浸かってるのだから。そりゃこの人達みたく何日も前から泊まり込んだりはしないが、こっちだって他人の事なんかとても言えたもんじゃない。上から語っちゃいかんわな(´・ω・`)

ワン・モア・チャンス
ワン・モア・チャンス

アーティスト:MALTA
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2001-03-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 22, 2015

なぜ元が取れないのに人々はハイブリッド車を買うのか? http://nikkan-spa.jp/869448
>2015.06.21 車,雑学
写真のポーズは、アベノミクスという言葉が生まれてから、当コラムでたびたびやっているアベノミクスポーズ。SPA!では2013年初頭からやっておりますが最近、類似したポーズが埼玉ポーズと言われて話題になりました。まあアベノミクスポーズも、原点がDAIGOの「ういっしゅ!」なんですが。どうでもいい与太話で始りましたが、今回も話題のクルマの与太話です http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2015/06/AUTO_150616_01.jpg51940592.jpg
>MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
>池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu
>今回取り上げるのは、トヨタのカローラ・フィールダー(以下、カローラ)と、その対抗馬たるホンダの新型シャトル。
><与太話その1>ハイブリッドはムダ!
>カローラもシャトルも、ハイブリッドモデルが主力だ。しかしハイブリッドは値段が高い。シャトルで30万円から70万円、カローラだと1.5リッターガソリン車に比べて60万円から80万円も高い。これじゃガソリン代ではまず元が取れない。だって、年に8000km走るとしても、ガソリン代なんざ8万円くらいなんだから。
>ハイブリッドにしてもそれが5万円に減るだけ。年にたった3万円しか節約できない。元を取るには最低10年、ヘタすりゃ25年かかる。そんなに乗るか?
><与太話その2>それでもハイブリッドが売れる!
>カローラで6割、シャトルにいたっては初期受注の9割がハイブリッドモデルだ。なぜみんな元が取れないのにハイブリッドを買うのか。
>それは、ヒトは固定費を極端に嫌うからだ。クルマの値段が高いのはたまのゼイタクなので気持ちいいが、ガソリン代がかさむのは日々のムダなので不愉快そのもの。よって精神安定剤としてハイブリッドが売れる。
>ハイブリッド車がこんなに人気あるのは世界中で日本だけ。日本人はケータイの電池の減りにも異常に神経質と言われるが、農耕民族の血だろうか。

うーむ。よくある「経年劣化によるバッテリーの載せ換え料金が桁違いに高い」「電気モーターの働かない高速域利用主体の、郊外在住や高速道走行が多い人にとっては無意味どころがマイナス」なんてなハイブリッド不要論ではなくて、もう単純に値付けの段階からはおかしいという、一分の隙もない無慈悲な論理!にも拘らずハイブリッドの方が圧倒的に売れるっつうのがまた何ともはや。まあリセールヴァリューが(今のところ)良いとか、ドライヴフィールや静粛性が好ましいとか、価格差をも上回る、本人的には充分納得出来るだけの理由が有るんだろうけども。
 でもこの記事読んで初めて気付いて慌てる人も居るんだろうな。で、この手の錯覚って結構あるものだ。最近の冷蔵庫は省エネ設計だから電気代がこんなにお得(はぁと)なんてのも、その冷蔵庫の値段と現有機のリサイクル料金合わせたら元を取るために何年かかるんだって計算したら「別にいいか」ってのが関の山だ。氷温ストッカーだの野菜室だの付いてる家族向けのヤツですらそうなら、ウチの俺の2ドアのヤツなんて20年とかかかるんじゃないか?まあ今のもそれぐらい使ってる年代物だけど、今から20年後ったら関心の俺がもう死んでる可能性だって結構あるからねえ。なおさら「まいっか」だ。
 …と、こんな風に解っててなおオートとか競馬やっちゃうって、我ながらどうかしてる。数学的には、やればやるだけ控除率の分だけ負ける方向に収束するって解ってて、にも拘らずやっちゃう。まあそれは好きだからな訳で、「ハイブリッド車が好きだから」と同じになってしまう、彼らを批判やら嘲笑やら出来た義理じゃないんだよな。嗚呼( ´-`)y-~~~

アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー (I Wish I Knew How It Would Feel to be Free)
アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー (I Wish I Knew How It Would Feel to be Free)

アーティスト:ビリー・テイラー
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:1998-01-28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 01, 2015

 さあ夏競馬開幕!…なんて口にしようものなら、競馬やらない人から白痴扱いされるに違いない。でもってまだ立夏どころか、東京じゃ梅雨入り宣言すらされてない。今週から新馬戦が始まり4歳馬の本賞金が半額カウントされるが、古馬路線ではGI戦線真っ只中で、新聞各紙も記事のウエイトも当然安田記念に割かれるから、「話題の新馬」とかのPOG絡みの記事とかを紙面で見る事はほとんどない。
 っつうか、そもそもが、ダービー翌週から夏競馬がスタートするようになったのだってここ1・2年の話だ。20世紀の競馬オヤジだったら福島&中京開催…に先立つ函館開催が始まって初めて「ああ夏だな」となったものだ。それが東京&阪神開催のうちに「夏」って言われても、そんな簡単に気持ちなんか切り替えられないのも無理なかろうて。せっかくJRAが夏競馬の単勝だけ控除率を下げるとか言ったところで、何とも片手落ちな事になってしまってる。

 「メイクデビュー」って文法上おかしいよなと:酒とワラwの日々

いや本当、今年のは良い線行ってる案だと思ったんだけどなあ。せっかくの振興策も、これじゃ一貫性っつうもんがないよなあ。何とももったいない…('A`)

【追記】
本年度はヴィクトワールピサ、ワークフォースらの産駒がデビュー! http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=30214
 >2015年06月01日(月)18時00分

ネットメディアでも新馬について触れてる記事はこれぐらい。何ともはや(´・ω・`)

Very Early
Very Early

アーティスト:Bobo Trio Stenson
販売元:Dragon
発売日:1997

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 09, 2015

今夏2歳戦で単勝払戻に売上5%上乗せ http://www.daily.co.jp/horse/2015/05/09/0008007086.shtml
>2015年5月9日
>JRAは8日、今夏の2歳戦の全場全レース(6月6日〜9月6日、期間中184レース)で、単勝を対象に通常の払戻金に売り上げの5%相当額を上乗せして払い戻すことを発表した。単勝馬券への上乗せは初の試みとなる。
>データ的に、2歳戦は全体平均より単勝の売り上げ比率が高い。単勝を買って応援するファンが多いと考えられることから、実施に踏み切った。ただし、端数切り捨て金の関係で、勝ち馬の配当金が100〜150円の場合は上乗せされない。

これ、しばしば有る「三連単導入が売上低減を招いたから、より当たり易い賭式に客を誘導して云々」論と一緒にしてはいけないだろう。2歳戦は予想データが少ないので、3着まで予想しなければいけない三連単や三連複のような賭式は手を出し難く、相対的に馬券売上に占める単勝のシェアが高くなってるってだけだろう。だからこの事案は、「三連単→単勝」の誘導ではなく新規に、「2歳戦なんて判らん、時間の無駄」とスルーしてる層に「そんな事言わんと2歳戦も注目してチョーダイ」っていうのがJRAの意図だろう。それは半年後の、3歳春のクラシックへの客の注目度の向上にもつながる、なら5%なんて安い投資だわな。
 実際問題、2歳の、特に新馬の短距離戦だと血統と調教だけで、3着までに来れる馬はかなり判る。普段新聞の調教欄をほどんど見ない俺ですら、1頭だけなら何とかなるのだ。それが、ただでさえ控除率の面で有利な単勝にさらに5%上乗せという大サーヴィス。こりゃ乗せられてみる価値は有りそうだよなあ( ´-`)y-~~~

5
5

アーティスト:ソフト・マシーン
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2005-03-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 27, 2015

オート2連単の払戻率70%から80%に変更 http://www.nikkansports.com/public_race/news/1452148.html
>[2015年3月26日11時29分 紙面から]
>オートレース施行者(千葉県、船橋市、川口市、伊勢崎市、浜松市、飯塚市、山陽小野田市)は4月からSGおよび特別G1において、2連勝単式の払戻率を80%に設定する。つまり控除率が30%から20%に変更となり、払戻金が増えることになる。過去1年間のSGおよび特別G1を参考にすると、払戻金は約13〜14%増える計算になる。ファンにとっては朗報だが、対象車券は2連勝単式に限定されている。
>払戻率変更の背景には、売り上げ減に歯止めがかからない厳しい現状がある。小型自動車法の一部改正に伴い、12年6月9日の川口、伊勢崎、飯塚開催から全6場で払戻率を75%から70%に変更した。しかし施行者収支の改善には至らなかった。事業環境を考慮して逆転の発想で今回の見直しとなった。
>これまでも「分かる、当たる、楽しい」をコンセプトに6車立てレース、2級車VS1級車、期別対抗バトルなどファンが楽しめる企画に順次取り組んできた。最近は佐藤摩弥と益春菜の女子レーサーの活躍や新人選手の台頭が目覚ましい。世代交代の動きが活発となり、より魅力のあるオートレースが実現しつつあるのは確かだ。
>昨年、船橋オートの15年度末の廃止が正式に発表された。今はこれを起爆剤として行動を起こすときだ。ポジティブ思考でオートレースの面白さを前面に押し出せば、1度離れたファンを呼び戻し、新たなファン開拓にもつながるはずだ。

値上げが受け入れられなかったから値下げして、とりあえず持ち出しだけど今はお客さん呼び込む事を優先しましょ…って、どこぞのブラック居酒屋チェーンみたいな迷走っ振り。まあ客的には歓迎すべき事象ではあるんだけど、何せ今のご時世やオートを取り巻く環境を見ると、両手を挙げて歓迎とは言い難い。というのは、潰れるレース場が出て来た昨今、一ファンに過ぎない身であってもつい売上やら業界の行く末やらを気にしてしまうようになってしまってて、で、そんな立場からすると、出血大サーヴィスのつもりが出血が止まらずそのままあぼーんしたりしないのか?って危惧してしまうのだ。売上変わらずに二連単シフトしたら大惨事だぞ。…まあ、おそらくそうはならないだろうけども。
 三連単という賭式の導入で一人当たり購買額が減ったのが売上右肩下がりという主催者施行者サイドの分析、これはおそらく間違いない事は以前書いた。
千のカネになって : 酒とワラwの日々
っつう訳で各競技団体は「お客さん昔みたいに三連単以外の賭式で太く厚い買ってみてくださいよ」と三連単を発売しない開催を試行したものの歴史的大不評大惨敗を喫したのも当時ネタにした。
三連単ないと : 酒とワラwの日々
老人の小銭を取るか : 酒とワラwの日々
銅メダルまで決めろ : 酒とワラwの日々
また、これに先んじてJRAでは単複の払戻金に特別給付金という形で増配し、実質的に単複の控除率を引き下げた。後日、指定レースの馬連でもって同様の措置を取ったが、それで馬券売上に占める三連単のシェアが下がったという話は寡聞にして知らない。今では正式に、賭式別に控除率が定められ、高額配当が見込める賭式ほど控除率が高く設定されているが、やはりファンの主流は三連単だ。スポーツ紙もTVも、予想の目は三連単がほとんどだし。っつう訳でオートのコレも、今までのものと違って三連単30%・二連単20%と差が大きく、より二連単に食指が動きそうな設定にはなってるけど、でもそんな上手く行くかっつったら、ねえ…('A`)?

※オートの車券売上は90%以上が三連単・残りが二連単・その他の賭式はゼロに等しいので、二連単より当たり易い賭式に設定がなくても矛盾しない


From the 70's
From the 70's

アーティスト:Bill Evans
販売元:Fantasy
発売日:2002-03-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 01, 2014

「パチンコ税」導入されたら…“先駆者”名古屋人の悲痛な叫び http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/327941/
>2014年10月31日 16時00分
>自民党税制調査会は28日、党内で浮上していた「パチンコ税」の導入を2015年度は見送る方針を固めた。15年10月に消費税率を10%に引き上げるかどうかの判断を今年末に控えており、家計負担が一段と増す新税は、国民の反発を招くと判断した。しかし、パチンコ税はいつ導入されるか分からない。そこで、数年前から換金時、すでに一定の“控除率”が導入されている名古屋地区に注目だ。
>名古屋の場合は正確に言えば税制ではなく手数料。ホールとは無縁をうたい、換金所が1・5%取るシステムとなっている。あるホール関係者はこう声を潜める。
>「名古屋では5年ほど前からすでに手数料制を採用する店が増え、換金時に10円玉を受け取ることに違和感を持つ人は少ない。ただ、一番分かりづらいのが手数料を取るところと取らないところがあること。しかも隣接地域の同じチェーン店でも、一方は10円単位で出てくる=手数料アリ、もう一方は手数料を取らず最低単位が100円のところもあり、その基準が分かりづらい」
>最近では手数料を撤廃する店も徐々に増え、それをウリにしている店もあるほど。たかが1・5%と侮るなかれ。「毎日が戦い」のヘビーユーザーにとっては、金銭的かつ精神的なダメージを受けることもあるのだ。
>「名古屋地区ではコインを550枚出せば1万円になる計算だけど、手数料のある店だとそれが残念ながら9850円。どうしてそんな金額になるんやろと思って電卓を叩くと1・5%が判明したのよ(笑い)。1万円使って何とかチャラだと思った瞬間、小銭がジャラジャラ出てきたらゲンナリした気分になるしね〜。10万円なら1500円も取られるんだで」(名古屋市在住40代女性)
>手数料制は一時、愛知県内の他地区にも飛び火したが、客の猛反発にあい、すぐに撤廃された経緯もあったという。
>豊橋市の男性は「豊橋でも一時、10円が出てくることがあったけど、すぐに客が飛んで、元に戻った。とにかく不評だったで〜」と語る。
>ギャンブルに“控除率”はつきものだが、新規導入となれば、様々な障壁もある。果たしてパチンコ税導入はこのまま見送りで収束するのか。再燃時には、“先駆者”として小銭を受け取り続ける名古屋人の悲痛な叫びを自民党はどう受け止めるのか。

いや小銭が発生するから客が不平訴えてる訳じゃないでしょ。だったら「消費税8%じゃ1円玉ウザいし暗算も面倒臭い、キリの良い10%にすりゃ良いのに」みたいに、『1.5%なんて端数生じる数字じゃなく、2とか5とかキリの良いパーセンテージにしろよ』ってな声すら出そうなもんだ。だから本件は、店が出玉甘くした分を換金所にシフトしたと考えれば合理的にも思える、けどそれを実感出来ないから、ただ単に換金所にマージン抜かれてる感覚しか持てなくて、それで反発してるんじゃないの?
 つか、3競オートじゃ売上の圧倒的多数を三連単が占めてて、だから実際行くと解るけどかなりの客が百円買いしてて、必然的に的中払戻金は十円単位になる事が多く、でも3競オートファンの間から「ジャラ銭重たいわー」みたいな不満の声はをほとんど見聞きしないのはなぜか?…やっぱこの不満の声は『抜かれてる感』から来るものだよ( ´-`)y-~~~

Ghost Town
Ghost Town

アーティスト:Bill Frisell
販売元:Nonesuch/elektra
発売日:2000-03-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 20, 2014

【経済記者の裏耳早耳】馬券の払戻金が減っちゃう!? 政府内に「宝くじ式」課税案浮上 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140719/fnc14071907000001-n1.htm
>2014.7.19 07:00
>「当たり馬券」を手にする感激が今後薄まるかもしれない。政府・与党内で、一定額を超えた馬券の払戻金に対し税金を課す現行方式を改めて、「宝くじ」のように購入時の税負担を増やす手法を押す声が浮上しているからだ。宝くじ方式が採用されると、購入時に税金が多めに取られる半面、払戻金は非課税となる。ただ、その分払戻金が減り、馬券全体の販売が落ち込む可能性もある。馬券好きの反発を招くのは必至で、実現のハードルは高そうだ。
>「検討しなければいけないテーマ」。税制改正の実権を握る自民党税制調査会の野田毅会長は、馬券に対する課税方法の見直しが必要との認識を示す。
>見直しを検討する背景にあるのが、「外れ馬券が経費にあたるか」どうかを主な争点にしていた裁判で、馬券の買い方によって、外れ馬券が経費になったりならなかったりするという課題が見つかったことだ。
>「外れ馬券が経費」かを争点にした裁判では、競馬予想ソフトを使って大量購入した馬券の払戻金をめぐり、昨年5月の大阪地裁での1審判決に続き、今年5月の大阪高裁の控訴審でも「経費」との判断が下された。このケースでは、1レースで数百万円単位の馬券を買うことも珍しくなく、金額の大きさと継続性が裁判所から「営利目的」とされ、払戻金は一時所得ではなく「雑所得」と認定された。
>一般的なサラリーマンの場合、競馬の払戻金などで一時所得のもうけが年90万円を超えると、所得税と住民税の支払い義務が生じる。これに対し、経費として認められれば、得た払戻金は必要経費すべてを所得から控除でき、税負担が劇的に減る。
>ただ「外れ馬券は経費」という論理は、雑所得と認められて初めて成り立つ。100〜1000円単位での買い方が多い一般的な馬券購入が雑所得と見なされるケースはまれで、「外れ馬券=経費」という理屈はまず通らない見込みだ。
>税制は「公平、中立、簡素」であることが大原則。万馬券を当て、律義に申告義務を果たす人もいる中、野田氏は「便乗していろいろとごまかしをするケースも多々ある。正直者が損するというのは、税制上、最も避けなければいけない」と、改正の必要性に言及する。
>既に政府・与党内では見直しに向けいくつかの案が浮上している。日本中央競馬会(JRA)による高額購入者から源泉徴収する案とともに「宝くじ方式」を導入してはどうかという意見も出ている。「馬券の売り上げのうち25%を控除し、うち10%分は国庫(税金)に入る」とする現行のJRA法の控除率をさらに引き上げ、馬券購入段階での税負担を増やす代わりに、払戻金に税金をかけないという手法だ。ただ、宝くじ方式を採用すると税金の取りはぐれが少なくなる半面、払戻金が減り、ファン離れを招く恐れもある。このため、野田氏は見直しに際しては「競馬を楽しむ方々の考えも踏まえて検討していかなければいけない」と慎重に進める考えを示す。
>今後の税制改正作業の中でファンも巻き込み大きな議論となる可能性もある。

プチ古ネタだが。

 >日本中央競馬会(JRA)による高額購入者から源泉徴収する案とともに
  「宝くじ方式」を導入してはどうかという意見も出ている
 >現行のJRA法の控除率をさらに引き上げ、馬券購入段階での税負担を
  増やす代わりに、払戻金に税金をかけないという手法だ。ただ、
  宝くじ方式を採用すると税金の取りはぐれが少なくなる半面、
  払戻金が減り、ファン離れを招く恐れもある

既に控除率を引き上げたオートレースは、当然だが売上減を招いた。まあ減収増益だから良かった…と言ってたのは初年度だけ、今年の売上は目も当てられない。課税の公平性が高まるのはもちろん良い事だが、それで税収減を招くようでは、良策とはお世辞にも言えまい。
 課税対象額を超える払戻金は自動的に天引きされた金額と納税証明を窓口で渡され「これで確定申告してチョーダイなんぼか戻って来るかもよ」ってのがアメリカ競馬。これまた確かに公平だけど、これ日本で導入するには施行者にシステム変更の負担を強いる事になるし、馬主みたく百万単位でホイホイ賭けてる人からしたらレースごとにいちいち証明書が付いて来る事になる、面倒極まりない。そんな煩雑さを嫌って大口客が逃げたらやっぱり税収減、ヤブヘビもいいトコロだ。
 結局、バクチ打ちは儲けたくてバクチをやってるのだから、そのチャンスを減らされる策に賛同しないのは自明。つか、そもそも控除率を設定されてる、その時点で納税してる、二重課税だろうに。経費裁判の弁護士と同様に、3競オートの払戻金には課税されるべきではないと俺は思うんだけどねえ…('A`)続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 18, 2014

話題のペプシ「コカより美味い」CM、なぜ違法ではない?意外に緩い比較広告への規制 http://biz-journal.jp/2014/03/post_4405.html
>NEW 2014.03.18
293d246d.jpg
「ペプシ 公式サイト」より http://biz-journal.jp/images/post_4405_20140317.jpg
>スクリーンに「ペプシNEXZERO」「コカ・コーラ ゼロ」と大きく映し出されたとある記者会見の会場。壇上の女性が「ペプシ!」と商品名を読み上げると、青い服を着たペプシ陣営が大喜びし、スクリーンには「61%、31%(*ママ。俺注)」という円グラフが映し出される。
>最近、流れている「ペプシNEXZERO」(サントリー)のCMですが、ライバルである「コカ・コーラ」と比較して「どちらが美味しいか」を直接的に表現するもので、最初に見た時はさすがにびっくりしました。
>画面下には、小さく「調査をもとにしたCM上の演出です」と映し出されていますので現実に行われた記者会見ではないことがわかりますが、あまりこの手のCM手法に慣れていない我々日本人としては、戸惑いすら覚えてしまいます。
>そこで今回は、こういった「比較広告」が許されるのか、「景品表示法」上の考え方からひも解いていきたいと思います。
>そもそも、商品のキャッチコピーやCM上の表現も、憲法上の「表現の自由」に該当するものですので、他社の名誉を棄損したりしない限り、「違法」とされることはないはずです。
>もっとも、景品表示法(景表法)は、「自社の商品の内容や取引の条件について、競業他社の商品よりも著しく優れている、有利である、と誤解されるような表示」を「不当表示」として禁止していますし、公正取引委員会は、このようなキャッチコピーなどに対し差し止めなどの命令を行うことができるとも規定しております。
>このような規制があるため、日本では、競業他社の商品と比較して自社商品をアピールする方法、いわゆる「比較広告」を“忌避”する傾向が強かったわけです。
>しかし、実は、1987年から公表されている「比較広告に関するガイドライン」では、

 >(1)比較広告で主張する内容が客観的に実証されていること
 >(2)実証されている数値や事実を正確かつ適正に引用すること
 >(3)比較の方法が公正であること

>という3つの要件を満たせば、「比較広告」は違法ではない、という方針をとっています。いわば、行政の解釈によって、法律の規制を緩やかにしているわけです。したがって、「比較広告」自体が許されないわけではないのです。
>例えば、「A社の商品より10%安い」といったものならば、「値段」の点が事実であれば(1)と(2)は簡単にクリアできるでしょうし、後は、比較する商品の内容量、大きさなどの点で不当なものでなければ(3)もクリアできるでしょう。
>また、「コカ・コーラより美味い」といった消費者の主観が入るようなものであったとしても、「100人中、60人の『美味い』という回答による」といったアンケート調査などに基づいたものであれば、(1)と(2)はクリアできるでしょうし、アンケート方法が公正であれば(3)も満たすことでしょう。
>さらに、最近では、俳優の堺雅人を起用した「他社より〜」という内容のソフトバンクモバイルのCMが流行っていますが、このCMも、実験や実証に基づいたものであることから、「比較広告」として許されているわけです。
>なお、「比較広告は欧米ではよく行われている手法である」と説明されることがありますが、これは間違いです。確かにアメリカはかなり自由に行われているようですが、ヨーロッパ諸国では「比較広告に関する指令」などで、この種の広告は厳しく制限されているようです。
>(文=山岸純/弁護士法人アヴァンセリーガルグループ執行役員、弁護士)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 03, 2014

JRAも払戻率変更へ WIN5は上限6億円に http://race.sanspo.com/keiba/news/20140303/etc14030313480008-n1.html
>2014.3.3 13:48
>JRAは3日、勝馬投票法(いわゆる馬券の種類)ごとに払戻率を変更することを発表した。法改正に伴うもので、適用されるのは6月7日以降。すでに地方競馬や公営競技では発表、実施済みが進んでおり、JRAもこれに続くことになった。
>変更後の払戻率は、単勝と複勝が80.0%、枠連、馬連、ワイドは77.5%、馬単、3連複は75.0%、3連単は72.5%、WIN5は70.0%となる。
>また、これに伴いWIN5の払戻金最高限度額は従来の100円に対して2億円から、6億円に引き上げられることになった。
>このほかにも、下記の件が発表された。
>◆JRA60周年記念馬連
>「JRA60周年記念競走」として施行される10レースの馬連に、通常の払戻金の売り上げ5%相当額が上乗せされる。
>◆ダービーウィーク馬連
>5月31日、6月1日の2日間、JRA全場、全レースの馬連を対象に、通常の払戻金の売り上げ5%相当額が上乗せされる。
>◆消費増税への対応
>競馬場の一般入場料、指定席料、駐車場利用料、ウインズ エクセルフロアの利用料は、いずれも4月1日以降も料金は据え置き。
>◆ウインズ新宿リニューアルオープン
>東日本大震災の影響で営業を休止していたウインズ新宿が、4月26日にリニューアルオープンする。

いろいろ発表されたが、個人的に一番大きいのはウインズ新宿か。3年チョイ、長かったねえ。しかし世間的にデカいのはこっちか。

 >WIN5の払戻金最高限度額は従来の100円に対して2億円から、
  6億円に引き上げられることになった

で、昨日のWIN5が

 JRAホームページ
 >2014年3月2日(日)
 >発売票数 6,245,644票
 >発売金額 624,564,400円
 >1レース目 2レース目 3レース目 4レース目 5レース目
 >発走時刻 15:01 15:10 15:25 15:35 15:45
 >レース 阪神10R 伊丹S 中山10R ブラッドスト 小倉11R 周防灘特別 阪神11R 阪急杯 中山11R 中山記念
 >勝馬 8 ジャンナ 6 アビリティラヴ 1 ジャベリン 1 コパノリチャード 4 ジャスタウェイ
 >単勝人気 11番人気 2番人気 14番人気 2番人気 2番人気
 >残り票数 33,725票 4,546票 63票 10票 1票
 >※「発売票数」「発売金額」は、概ね30分おきに更新いたします。
 >※発走時刻の変更等により、レース順序が変わることがあります。
 >※「残り票数」は競走の確定順で表示されます。
 >的中馬番 8-6-1-1-4
 >払戻金 200,000,000円
 >的中票数 1票
 >次回へのキャリーオーバー 260,928,530円

的中1票2億円、「本当は4億6000万だけど2億で頭跳ねルールだからゴメンね〜」っつうのを「納得行かんけど、まあ2億だって大金だし良いか」と自分を何とか納得させた翌日に「夏競馬から上限6億でーす!」こりゃ堪らんよなあ。いやJRAももちろんこのタイミングを狙った訳じゃなく全くの偶然なんだけど、この人「せめて半分寄越せ!」っつう心境だろう。喜びから一転、ご愁傷さま(´・ω・`)

ヘッド・オン+3
ヘッド・オン+3

アーティスト:ボビー・ハッチャーソン
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2014-02-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 28, 2014

http://www.iwatekeiba.or.jp/hp/news/2013/140228i01.html>勝馬投票券の払戻率について http://www.iwatekeiba.or.jp/hp/news/2013/140228i01.html
>今般、競馬事業の振興を図るとともに、勝馬投票券の魅力を高めるため、勝馬投票券の払戻金算出方法を見直した改正競馬法が、平成26年4月1日から施行されます。
>これに伴い、岩手県競馬組合では平成26年度第1回水沢競馬第1日(平成26年4月5日)以降の勝馬投票券の払戻率を下記のとおりといたしますのでおしらせいたします。
>投票法 変更後の払戻率 これまでの払戻率
>単 勝 80.0% 競馬法で定められた払戻率(約74%)
>複 勝 80.0%
>枠 複 75.0%
>馬 複 75.0%
>馬 単 75.0%
>ワイド 75.0%
>三連複 72.5%
>三連単 72.5%
>五重勝 70.0%

http://www.tokyocitykeiba.com/news/10204>勝馬投票券の払戻率変更について http://www.tokyocitykeiba.com/news/10204
>2014.02.28
>勝馬投票券の払戻率変更について 東京シティ競馬(TCK)は、平成26年4月1日(火)から勝馬投票券の払戻率を下記のとおり変更することを決定しましたので、お知らせいたします。
>平成24年6月に改正された競馬法で、勝馬投票券の払戻金の算出方法について、70%〜80%の範囲内で各主催者が投票法ごとに払戻率を定めることができるようになりました。TCKにおける現在の払戻率は、競馬法で定められた計算式で約74%となっていますが、お客様の購入動向などを慎重に検討した結果、下記のとおり変更することとなりました。
>今回の変更によって、的中しやすい勝馬投票券の払戻率を上げることにより、的中の楽しさを味わっていただくとともに、払戻率が一定になるため、お客様にもわかりやすい形でご提供できるようになります。
>なお、平成26年3月30日(月)から4月4日(金)までの開催は、3月30日、31日は従前のとおり、4月1日から4月4日までは、経過的に払戻率を一律75%といたします。
>【払戻率の変更内容】  3月31日まで 4月1日〜4日 4月20日以降
>単勝 競馬法で定められた計算式による払戻率(約74%) 75% 80%
>複勝                 80%
>枠複                 75%
>枠単                 75%
>馬複                 75%
>馬単                 75%
>ワイド                75%
>3連複                72.5%
>3連単                72.5%

http://www.kawasaki-keiba.jp/news/20140228_2.html>勝馬投票法の払戻率について http://www.kawasaki-keiba.jp/news/20140228_2.html
>今般、競馬の振興を図るとともに勝馬投票法の魅力を高めるため、的中者に対する払戻金の算出方法等を見直した改正競馬法が、平成26年4月1日から施行されます。
>これに伴い、神奈川県川崎競馬組合が主催する平成26年度第1回川崎競馬(平成26年4月14日〜4月18日)以降の払戻率について、次のとおり定めましたのでお知らせいたします。
>各勝馬投票法の払戻率
>勝馬投票法の種類 払戻率
>単勝式勝馬投票法 単勝 100分の80
>複勝式勝馬投票法 複勝 100分の80
>枠番号二連勝単式勝馬投票法 枠単 100分の75
>馬番号二連勝単式勝馬投票法 馬単 100分の75
>馬番号三連勝単式勝馬投票法 3連単 100分の72.5
>枠番号二連勝複式勝馬投票法 枠複 100分の75
>普通馬番号二連勝複式勝馬投票法 馬複 100分の75
>拡大馬番号二連勝複式勝馬投票法 ワイド 100分の75
>馬番号三連勝複式勝馬投票法 3連複 100分の72.5
>※現在の払戻率は、競馬法で定められた計算式により約74%となっています。
>実施する日
>平成26年4月1日

126e026c.jpg
http://www.sagakeiba.net/info/img/20140228/inf2014022802_1.jpg>http://www.sagakeiba.net/info/img/20140228/inf2014022802_1.jpg

http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20140228-OHT1T00073.htm>馬券払戻率を変更 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20140228-OHT1T00073.htm続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 17, 2013

たばこ、大幅値上げでも禁煙者は増えず? http://www.asahi.com/articles/OSK201312140150.html
>2013年12月16日18時07分
f06e6c10.jpg
主な国のたばこ価格 http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20131216001998_comm.jpg
>【編集委員・田村建二】3年前にあったたばこの値上げ額は1箱110円などと大幅だったにもかかわらず、値上げによる販売量の変化の度合いは20〜30円ほどの値上げだった過去2回と変わらないことが、厚生労働省研究班の解析でわかった。「国民の健康のため、さらに思い切った値上げが必要」という。
>たばこ税の引き上げなどに伴い、2010年秋に代表的な銘柄で20本入り1箱の価格が300円から410円になったりした。研究班は日本たばこ協会の統計データなどを使い、値上げがその年度の販売数量にどう影響したのか、過去の値上げと比べて検討した。
>たばこの販売量は、健康への関心などのために減り続けているため、統計学的な手法で調整。値上げの影響だけを見られるようにした「価格弾力性」を算出した。この指標の数値が大きいほど、値上げによる影響力が大きくなる。
>すると、10年の値上げのときの値は0・28。主な銘柄で20円の値上げだった03年の0・30、同様に30円の値上げだった06年の0・27とほとんど差はなかった。

財務省大勝利だな。ウチの社にも「『500円ぐらいになったら止める』って言ってたのに(まだ吸い続けてる)な」っつってるのが少なくないし、つか、煙草の依存性って大麻や酒、ヘロインより強いそうだし。

 「大麻は中毒性なし」という研究結果が発表される http://rocketnews24.com/2013/11/18/387633/
 >Nekolas / 2013年11月18日
 >米国立薬物乱用研究所による調査で、大麻使用者の9パーセントが依存傾向にあることが分かり、大麻を吸い始める年代が早かった人ほど、その傾向が強くなることが判明した。しかし大麻への依存は、薬効が切れても手の震えや嘔吐などの禁断症状が出ない「精神的依存」と呼ばれるものだ。
 >他の薬物使用による依存の割合は、アルコールが15%、ヘロイン23%、ニコチン32%との結果が出ており、これらの数字に比べると大麻は9%とごく少ない。
 >参照元:Huffington Post(英文)
 >執筆:Nekolas
 >Photo:Rocketnews24

煙草は依存性が強いから値上げしたって客は何だかんだ言いつつ買い続ける、そんな目に見えて売上減なん起きない…なら、いきなり倍とかはさすがに無理だが、毎年1本当たり5円とかのペースでジワジワ上げてったら、1箱2000円ぐらいまで行っても大丈夫そう。そうなったら財務省ウハウハだな。
 依存性と値上げっつう事で俺の身近な話としては、オートレースの控除率引き上げだ。オート全体では売上は確かに下がったが、減ってないもんな俺は。いや全く減ってない訳ではない、多少減りはしたが、それでも競馬競輪の下げ幅、率に比べりゃむしろ俺内シェアは高まってる。悪材料をも上回る魅力がそこに有るなら、不利な条件にも目ェ潰っちゃうもんなのよね人間って( ´-`)y-~~~

ブハイナズ・デライト
ブハイナズ・デライト

アーティスト:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2010-04-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 08, 2013

 月曜は、出社するなり休みどうだったか語り合うのが普通だと思うが、そうするとウチの社ではバクチの出来を語る事になる。ご多分に漏れず自慢話は少なく、馬や騎手の罵倒や自己反省が多いのだが、特に多いのは買い方の反省、毎週のディスカッションの結果として俺らの中では三連複が多数派となっている。三連単だと、仮に2頭を軸に固定しても相手8頭マルチだと48点買い、100円買いでも4800円掛かる。もっと削りたい、と相手を無理から削ったりフォーメーションで決め打ちしたりして抜け目…を繰り返してるうち、俺らの収入レヴェルでは、少なくとも中央競馬では三連単は無理だと(地方競馬によく有る『実質4頭立て』みたいなレースなら三連単しか買いようがないが)。馬連でも馬単でも良いが、極めて僅かなアヤで着順が変わってしまう事を思えば、三連複というファジーな買い方が一番小銭で遊べるだろうと。

 「そういや最終レースの馬連だけ控除率5%下げるのっていつからだっけ?」
 「えーと…(調べる)月末からですね」
 「まだそんな先かぁ」

最終レースは「馬連」がおトク!払戻金に5%上乗せ! http://jra.jp/news/201306/062404.html
>2013/6/24
8d90a79e.jpg
http://jra.jp/news/201306/img/062404.jpg
>7月27日(土)〜9月29日(日)の期間、JRAが行うすべての最終12レース(期間計54レース)の「馬連」を対象として、通常の払戻金に売上げの5%相当額を上乗せして払戻いたします。
>最終レースはおトクな「馬連」をお楽しみください!

 >対象レース
 >対象レース 対象の投票法 上乗せする率
 >第2回新潟競馬(7月27日(土)〜9月 1日(日))の第12レース 馬連 5%
 >第2回小倉競馬(7月27日(土)〜9月 1日(日))の第12レース
 >第3回函館競馬(7月27日(土)〜8月11日(日))の第12レース
 >第4回函館競馬(8月17日(土)〜9月 1日(日))の第12レース
 >第4回中山競馬(9月 7日(土)〜9月29日(日))の第12レース
 >第4回阪神競馬(9月 7日(土)〜9月29日(日))の第12レース

毎度お馴染み、「三連単導入のせいで客の資金回転が細くなった→売上低下」厨はどこにでも居て、確かに一理有るが、だから主催者サイドが何とか二連単や単勝・複勝に誘導しようとして興した一連のアクション(競艇の二連単ナイトや岸和田競輪の賭式制限開催、JRAの単複への特別給付金制度)に客が全く関心を示さなかったのは今なお記憶に新しい。そこでJRAでは賭式ごとに控除率を変えようとする動きが有る、

 ホースレースのチキンレース : 酒とワラwの日々

これ自体は諸外国ほとんどがそうで、合理的ではある。ただ、それに先立ち馬連も優遇するっていうなら、最終レースでそれをやるのはいかにも筋悪だ、一レース辺りの売上も注目度も高いメインでやるべき。それか、そもそも「それほど配当付かないけど当たり易い(しかも控除率優遇)→資金回転が良くなる」って根付かせたいなら、逆に午前中全レースでやるとかしたら良いだろう。三連単どころか馬連すらなかった時代の競艇や競輪では「前半レースは連複のみ・後半レースは連単も併売」とかだった、これこそ客の資金回転を良くするための策だった。…何とも今回の施策、チグハグに映るんだよな( ´,_ゝ`)

ジャズ・フォー・ア・サンディ・アフタヌーンVol.1
ジャズ・フォー・ア・サンディ・アフタヌーンVol.1

アーティスト:オムニバス
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2002-11-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 06, 2013

埼玉ク〜!福岡ムムッ? - ||| 博多華丸・大吉私信電心 ||| http://d.hatena.ne.jp/sonox/20130605/p1
>2013-06-05
>昨日福岡で仕事が夕方に終わったものの、そのまま飛行機乗ると上空にいる頃W杯出場が決まる
>とはいえ最終の飛行機に変更してギリギリまで試合を見たとしてもあの本田のPKは見れていない
>ということで急遽泊まることにしました。
>さて じゃあ 福岡のどこで誰と見よう?サッカー好きのケン坊?サッカー好きの社員さん?サッカー好きのフランス料理屋のコックさん?
>ん〜 迷った挙げ句 とりあえず中学の同級生にメールしてみました。さぞ盛り上がってるであろうと思いきや返ってきたメールは
>『は?そげなとがあると?そげなことより松中が一軍に復帰したバイ!』げな
>は〜〜っ あんたは博多の人やね〜
>よし!気にいった そっちに行くバイ
>と 野球バカの同級生夫婦の家へ。すると攝津好きの同級生とワイン好きの同級生とアサヒビール好き同級生も合流し即席観戦パーティーに。
>『ねぇ これいつ始まるん?』
>『野球ならもう二回の表バイ』
>『松木は解説というより 声の大きなファンやね』
>などのガヤを抑えつけ何とか最後まで観戦出来ました。
>全く興味がないと言ってた松中推しメンの同級生もさすがにあのPKを見ながら
>『俺やったら蹴りきらん俺やったら蹴りきらん』と連呼してましたバイ!
>ちなみにその同級生はこのブログの管理人
>『やっぱり写真載せた方が喜ぶ人が多かばい』
>と言ってたのでその模様をよろしくです。
>さて 飲み足らなかった私は管理人のマンションを出て馴染みの屋台へ。
>パラシュート部隊斉藤くんと合流してサッカー見てた?と聞くと
>『すいません さっき起きました』
>はぁ?屋台は我々以外の席も全て埋まってましたが誰ひとりサッカーの話はしてませんでした。
>あれ?
>てっきり国民的行事のように思ってましたが関東と九州では少しズレがあるようです。
>【そげなことより松中一軍】
>今思えば名言だったのかも知れませんね…
>よかろうもん!
3fee4803.jpg
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sonox/20130605/20130605110752.jpg

うーむ。確かに日本のそこかしこでサムライブルーを応援し熱狂してたが、そうでない人も一定数、確かに居る。もう終わってしまったが日テレの『HaKaTa百貨店2号館』で、HKT48のメンバーが福岡あるあるをやってた中に「福岡の人は誰でも『若鷹軍団(←ソフトバンクホークスの応援歌)』を歌える」ってのが有って、全員でワンフレーズ合唱して「じゃあアビスパ福岡の応援歌歌える人?」ってなったら全員黙り込んだのが印象的だった。メンバーに若田部健一の娘も居るから絡む仕事も有るだろうが…と思ったが、屋台の様子からするに博多では

 野球>>>>>【越えられない壁】>>>>>サッカー

だと断じて良さそうだ。土地柄お人柄。
 3競オートでは東の競輪・西の競艇という言われ方を長らくされてた。特に関西人は、東京での知名度の低さやスポーツ紙の競艇の扱いの悪さに驚くと。とはいえ歯止めの利かない競輪の凋落っ振りに、それすらも死語となりつつあるのが実情。オートは既に控除率を上げた(=払戻率を下げた)、競馬競輪は検討中なのは以前ネタにした、対して競艇だけはついぞそんな話が出て来ない。地位逆転まで有るかもな。まぁどのみち俺はやらんけど( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 05, 2013

笠松競馬:払戻率、引き下げ検討 知事「財政改善を」 /岐阜 http://mainichi.jp/area/gifu/news/20130605ddlk21040024000c.html
>毎日新聞 2013年06月05日 地方版
>単年度収支での赤字が続く笠松競馬(笠松町)について、古田肇知事は4日の記者会見で、他の地方競馬主催者と払戻率の引き下げを検討していることを明かし、「余裕があれば財政的に改善の道が見えてくる。それぞれの競馬場のやり方もあるが、できるだけ早く結論を出してほしい」と述べた。
>昨年6月の競馬法改正で、約75%と規定された当選馬券の払戻率は70%まで引き下げが可能になった。
>県笠松競馬支援室によると、同競馬の昨年度の馬券売上高は約106億円と3年連続で過去最低を更新。基金で赤字を補てんしている状態で、数年後に基金が底をつく可能性もあるという。
>古田知事は「ファンも多く、期待に応えようと懸命の努力している」と評価をしながらも、「ぎりぎりのところで何とかやりくりしているが、税金での赤字補てんはしない」と強い姿勢を示した。【加藤沙波】

 >他の地方競馬主催者と払戻率の引き下げを検討している

水面下で動きが動いてる場は他にも有るのかもしれないが、実際検討してると報じられたのは名古屋だけで、

 ホースレースのチキンレース : 酒とワラwの日々

しかもその名古屋では、施行者サイドは積極的なのに対し経営改革委員会は極めて冷淡だ。だから名古屋が委員会に押し切られたら、日本で唯一笠松だけが単独で控除率引き上げ(=払戻率引き下げ)に踏み切る事になる。これは常識的に考えて非常に厳しい、もちろん名古屋が共闘してくれたところで大きな違いはない、オッズパークや楽天競馬で買ってた人達が一斉に逃げ出すのは変わらないのだから。何かもう、ねぇ…('A`)

ファイブ・スポット・アフター・ダーク・トミー・イン・ニューヨーク
ファイブ・スポット・アフター・ダーク・トミー・イン・ニューヨーク

アーティスト:Tommy
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2007-12-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 12, 2013

【競馬サイドストーリー】競馬法改正「テラ銭操作OK」はパンドラの箱か…ますます開く中央・地方格差の“皮肉” http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130511/wsp13051118010011-n1.htm
>2013.5.11 18:00
b7167b68.jpg
テラ銭アップか、それとも…。存廃でテラ銭アップか、それとも…。存廃でゆれる名古屋競馬 http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/photos/130511/wsp13051118010011-p1.htm
>昨年の競馬法改正によって、主催者が払戻率を加減できるようになった。増収に直結する「テラ銭」(配当の中から一定の割合で主催側が受け取る金)アップOKという画期的な改正なのだが、赤字に苦しむ地方競馬サイドの反応は意外に鈍い。払戻率ダウンで客が来なくなってはと及び腰なのだ。貧すれば…か。逆に経営が盤石なJRAは機敏に反応し、さらなる増収へ意欲満々だ。(田中恵一)
>日本中央競馬会(JRA)は先ごろ、定例記者会見の席上で馬券種別ごとに払戻率の変えることを検討している−と明らかにした。現在の払い戻し率はおおむね75%。これを馬券によって70〜80%まで動かすことを考えているという。この場合の「検討」は決定とほぼ同義だろう。定例会見で公表したことを覆した前例はほとんどないから。近いうちに実施になるはずだ。
>「外国では当たりにくいものは(払戻率が)低く、当たりやすいものは高くなっている」という担当理事のコメントを素直に解釈すれば、JRAでも払戻率は的中率の低いWIN5や3連単で下げ(払戻金ダウン=テラ銭アップ)、逆に的中率の高い単勝、複勝は上げる(払戻金アップ=テラ銭ダウン)ことになりそう。緩急をつけることでファンの購買欲を刺激しようというわけだ。
>もう少し詳しく言うと、現在は、ファンが売り場やネットで馬券を買った瞬間に胴元=JRAによって25%の「テラ銭」がさっぴかれている。もちろん、それが必要経費や賞金などに当てられるわけだが、25%というのは諸外国に比べてけっこう高い。実はそこまで高率でなくても競馬は開催可能である。
>今回のように5%テラ銭をダウンさせても問題ないのだ。種別によって30%までアップさせれば、全体の帳尻も合う。
>ギャンブル御法度の風潮の日本で、中央・地方競馬が例外的に存在を認められている根拠は競馬法だ。そこに定められた算式に基づき「払戻率75%」が決められてきた。その競馬法が昨年6月、一部改正。主催者の裁量で70〜80%の範囲内で自由に設定できるようになった。
>今回のJRAの動きはこの改正によるものだ。
>もっとも、法改正は黒字JRAではなく、赤字の地方競馬を救済するための動きだった。各地で相次いでいる地方競馬の廃止の流れにストップをかけようという国の援助の手。払戻率を下げる=つまりテラ銭をアップさせれば、同じ売り上げでも実入りが多くなり、経営がラクになるだろうというわけ。
>それに対してまっさきにJRAが食いついて、テラ銭ダウンで購買欲を刺激するという逆パターンの振興策を切り出してきたのは皮肉ではあるが。
>では、本来のターゲットである地方競馬はどんな動きを見せているか?
>名古屋競馬(名古屋市港区)は累積赤字40億円超。岐阜県(笠松競馬)と連携して番組を運営しており、ファン数も多く、他地方の競馬に比べるとまだ体力はある方だが、愛知県、名古屋市などの主催者サイドは、ずいぶん前から存廃を論議してきた。というより、なるべく早く廃止したいという意思をあからさまにしてきた。
>先ごろ行われた経営改革委員会でも「今年度中の黒字が存続の最低条件」などと高いハードルを課した。それに対して、競馬組合側は「来年度から払戻率を現行75%から70%へ下げれば4億5600万円の黒字に転換し、5年で15億円の黒字が見込まれる」との試算を示し、存続を訴えた。
>競馬法改正を“正しく”利用したまっとうな意見に思われるのだが、委員会は「払戻率の引き下げに頼らず、経費節減の徹底で黒字化を」とニベもなかった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 30, 2013

県営競輪場:外部委託で存続へ 14年度から、黒字転換目指す あり方委で県が方針 /奈良 http://mainichi.jp/area/nara/news/20130329ddlk29010616000c.html
>毎日新聞 2013年03月29日 地方版
>1億2200万円の累積赤字を抱える県営競輪場(奈良市秋篠町)の存廃を検討する「県営競輪あり方検討委員会」の会合が28日、奈良市内で開かれた。県は、14年度から車券販売などの運営のほとんどを外部の業者に包括的に委託したうえで存続させる方針を示した。外部委託で年間約9000万円の経費節減をし、将来は累積赤字を解消できる見通しという。委員から県の方針への反対意見はなく、5月に中間報告をまとめる。【伊澤拓也】
>県によると、委託する業務は車券販売のほか、レースの実況や広告、警備・清掃など。これらを一業者にまとめて委託することで職員数を削減し、経費節減ができるという。委託期間は16年度末までで、その先は更に検討するとしている。
>県の想定では、外部委託に加え、払い戻し率を現行の75%から70%に引き下げると、14年度から4億円以上の累積黒字に転じる。現在、全国で13自治体が競輪事業を外部に業務委託しており、経費削減に一定の効果があるという。
>委員会では業者による見積もりが示され、委員からは「想像以上に効果がある」と前向きな意見が出た。委託業務の範囲を明確にするよう求める意見もあった。
>また、施設の老朽化で必要となっている耐震工事費の見積もり結果も示された。特に屋根の補強が必要な中央スタンドの工事で4600万円、東西のサイドスタンドも含めると9300万円という。
>今年度の収支見込みは、2月の重賞レースの売り上げが好調だったこともあり、約1300万円の単年度黒字。累積赤字は年度末に約1億900万円に縮小される見通しとなった。

喫緊な廃止論ではない、というのは何よりだけど

 >県の想定では、外部委託に加え、払い戻し率を現行の75%から
  70%に引き下げると、14年度から4億円以上の累積黒字に転じる

やるんだな。払い戻し率を変更出来る法令の文言は各施行者が独自に出来る事になってるが所詮は建前、同じくJKA(ひいては経済産業省)が管轄するオートレースでは、個別に払戻率引き下げ(=控除率引き上げ)を発表したが他場も追随し結局は全場横並び。独自設定という建前上各施行者がそれぞれに発表したが実際は根回しが済んでて、皆で渡れば怖くないっつうお馴染みのパターン。競輪だけは違う、とはとても思えない。あと1年か…('A`)

テイク・ファイヴ
テイク・ファイヴ

アーティスト:カーメン・マクレエ&デイヴ・ブルーベック
販売元:ソニー・ミュージックレコーズ
発売日:1998-01-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 02, 2013

【愛知】名古屋けいば存続へ道筋 払戻率下げで黒字化 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130202/CK2013020202000032.html
>2013年2月2日
56252f07.jpg
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130202/images/PK2013020102100188_size0.jpg
>経営不振の名古屋けいば(名古屋市港区)の存廃問題を話し合う有識者による経営改革委員会が一日、県庁であった。二〇一四年度から馬券の払戻率を現行の75%から70%へ下げれば、黒字化するとの試算がまとまり、存続の方向に傾いた。ただ、委員は「さらなる経費節減がなければ、いずれ赤字になる」と指摘し、存続の条件として経営改善を求める意見が相次いだ。
>馬券の払戻率は、売り上げのうち、予想を的中させた人への支払いに充てる比率。競馬法で75%と定められていたが、経営難の地方競馬を支援するため、昨年六月に改正され、70〜80%を目安にして各競馬場が自由に決められるようになった。
>名古屋けいばが75%を維持すると、赤字幅は年々拡大する見通しだが、70%へ引き下げた場合は、一四年度に四億五千六百万円の黒字になると試算した。四十億円の累積赤字を少しでも減らすために、黒字の間は競馬場の営業を続けるという認識でまとまった。
>だが、馬券の売り上げは減少傾向が続いており、今後の売り上げ見通しを基にした利益の試算では、一八年度には一億三百万円に縮小する。
>各委員は「当面の延命策にすぎない。多すぎる随意契約の見直しが必要だ」「人件費を削減すべきだ」と指摘。施設の耐震改修には五億七千八百万円かかることから「五、六年は黒字になるかもしれないが、長期的に存続できる計画を出すべきだ」と求めた。
>競馬組合側は「随意契約は限定的にやっている。給与体系は県に準じており、カットするのはなかなか難しい」と答え、当面は馬券の発売窓口の削減や、インターネット馬券発売の委託料の引き下げで経費節減を図るという。経営改革委は今後、存続のための条件などを詰めて四月に報告書案を提示。七月ごろに最終報告書を取りまとめ、大村秀章知事に提出する。
>(後藤孝好)

ぶっちゃけ詰んでるよな、名古屋の人口基盤で高知に毛が生えた程度の賞金水準って時点で既に脳死レヴェルだ。俺は主戦場がオートレースで、こちらは既に控除率引き上げ(=払戻率引き下げ)を経験済だが、オート全6場足並み揃えての行動だから【割は悪いけど得意種目たるオート】>【割は良いけど得意とは言えない3競】であるならばオート購入機会や額が激減するという事は無い。対して名古屋競馬は、他場がそうしないのに先陣切って控除率引き下げに動いた(他場も追随するかはまだ流動的だが、笠松以外は意志表示はしてない)。この状況で、例えば名古屋開催日は南関4場+ホッカイドウ競馬とバッティングするが、売上の圧倒的シェアを占めるネット投票客がわざわざ分の悪い名古屋を選択する筈がない。本場客だけを相手にすると言うならまだ解る…が、同じ市内に、それもクルマで10分ぐらいの距離に競輪場が有りボートピアも有る。俺が中の人になれと言われても無理ゲー、遅いか早いかだけでフェードアウトは目に見えてるよなぁ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 26, 2012

サラリーマンの小遣い、バブルから半減の4万円弱--1回の飲み代も2860円に激減 http://news.mynavi.jp/news/2012/09/25/063/index.html
>御木本千春  [2012/09/25]
>新生銀行は24日、「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を発表した。同調査は、1979年に開始した「サラリーマンのお小遣い調査」について、調査結果の変遷を取りまとめたもの。
>それによると、サラリーマンの1カ月のお小遣いは、バブル絶頂期である1990年の7万7,725円をピークに徐々に減少し、2012年は1981年(4万833円)と同程度の3万9,756円まで減ったことが明らかになった。
>お小遣いと収入との関係を調べたところ、2001年までは高い相関関係にあったが、近年は月収の下げ幅を超えて減少していることが判明。2010年の場合、収入はバブル期の1989年とほぼ同程度であったが、お小遣いの額は1989年の5万3,000円と比べて2割以上も少ない4万1,910円だった。
46d3faf1.jpg
お小遣い額の30年間の変遷(出典:新生銀行Webサイト) http://news.mynavi.jp/photo/news/2012/09/25/063/images/001l.jpg
>昼食代の変遷を見ると、ピークである1992年の746円から減少傾向にあり、2005年以降は500円前後で推移。これは1979年と同水準。昼食の内容については、1993年には41.1%が外食中心であったが、2012年には「社食」や「持参弁当」「購入弁当」が上位を占め、中でも「持参弁当」は5割以上に上った。また、昼食にかける時間は、1983年の平均23分に対し、1993年は27.6分、2012年には19.6分と約3分の2まで減少している。
>1カ月の飲み回数を見たところ、1999年には6.0回だったのに対し、2012年には2.4回まで減少。これを週に換算すると、1999年の週1.5回から2012年には0.6回まで減ったことが分かった。1回の飲み代も、2001年の6,160円から2012年には2,860円と半分以下に激減し、調査史上最低額を記録。さらに、仕事の後に外食しない人も2012年には37.9%を占め、家飲みが定着しつつあることがうかがえる。
>「お小遣い対策・節約のためにしていること」としては、1981年以降「昼食代」と「飲み代」が上位に常にランクイン。そのほかの節約術は時代とともに変化しており、1982年以降からバブル期にかけては「タクシー乗車」が上位に入っていたが、バブル崩壊後は下位に沈んでいる。また、近年は「弁当持参」に加えて「水筒持参」も増えており、2012年には各世代で20%前後の人が水筒を持参していることが分かった。

酷いねこりゃ。デフレ経済、デフレ外食産業、東日本大震災とかの数字低減事項を考慮しても酷い。こういう記事を実際目の当たりにすると3競オート改革論とかナンボ吠えても虚しくなるだけ、(せめて日本だけでも)景気が良くなってくれん事にはとてもギャンブルどころじゃないもんな。
 だからって、それを理由に売上低下もしょうがないやむを得ないと片付けてはもちろんいけない、ただ手をこまぬいてるだけでは座して死を待つのみだ。…つっても、やれる事は粗方やり尽くしたよなぁ。乾き切ったタオルをさらに絞る様な経費削減策も限界に達し、控除率引き上げなんつう究極的手段にまでオートは踏み出した。地方競馬の一部や競輪でもそういう噂は出てるし。どこまで続くヌカルミぞ。んー( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 15, 2012

電話投票謝恩キャンペーン http://autorace.jp/raceinfo/2012/0806_thanks_campaign/
>いつも電話投票(inet投票)をご利用いただいている皆様へキャッシュバックキャンペーンのお知らせです!!
>奮ってのご参加をお待ちしております。
>1.期間中100万円以上購入された方、先着300名様にもれなく5万円
>キャンペーン概要
応募方法 期間中100万円以上購入で、先着300名様にもれなく5万円キャッシュバック!
>車券購入された時点で自動エントリーとなりますので、ご応募は不要です。
>対象期間 平成24年8月15日(水)の開催から9月30日(日)
>当選発表 当選者の発表はお客様のオートレース口座へのキャッシュバックをもって代えさせて頂きます。
>2.期間中10万円以上購入された方の10名に1名様の割合で抽選により1万円
>キャンペーン概要
>応募方法 期間中10万円以上購入で、抽選で10名に1名様の割合で1万円キャッシュバック!
>車券購入された時点で自動エントリーとなりますので、ご応募は不要です。
>対象期間 平成24年8月15日(水)の開催から9月30日(日)
>当選発表 当選者の発表はお客様のオートレース口座へのキャッシュバックをもって代えさせて頂きます。

これ、リアルでは「100万って( ´,_ゝ`)プッ 」と鼻で笑ったのだが、公式ツイッターの今朝のツイート見て気付いた、こりゃアリだわと180度転身。

 オートレース @auto_official http://twitter.com/auto_official/status/246766472469311488
 >電話投票謝恩キャンペーン: 2012/09/14 bit.ly/R1Jw8v
 >9:24am Sat Sep 15

 >いつも電話投票をご利用いただきまして有難うございます。
 >電話投票謝恩キャンペーン1の「期間中100万円以上購入された方、先着300名様にもれなく5万円」はもうすぐ終了致します。
 >ふるってご利用下さい。

 >電話投票謝恩キャンペーン
 http://autorace.jp/raceinfo/2012/0806_thanks_campaign/

これ、オートは今夏から控除率を5%上げた(=還元率を5%下げた)が、100万に対して5万のキャッシュバックなら「100万買ってくれた大口客には今まで通りの控除率でサーヴィスさせてもらいますんで」っつうのと等価だ。バブル時代は帯封(=100万円)持って来る客は珍しくなかったそうだが今や絶滅危惧種(川口のロイヤルには今なお居るらしいが、俺は入った事無いので真偽は不明)、なら、ハイローラー(=大口客、太客)の優遇策として意義は確かに有る。
 競馬ライターの須田鷹雄の持論だが、競馬ファンやマスコミ(非・競馬マスコミも含む)や文化人は控除率を下げろとばかりアピールするが、そりゃ客側としちゃ控除率は低いほど有難いが、それで従事員(馬主や騎手、選手らも含む)が青息吐息だったり、施行者、ひいては競技そのものがが潰れちゃったら元も子もない。現実問題として、JRAが単複だけに特別給付金を設定し実質控除率を引き下げたり、昨夏の北海道シリーズでは馬連などでもこれを設定したが目ぼしい成果(=特別給付金つまりJRAの持ち出し、をリカヴァリー出来るほどの売上増)は無かった。じゃあJRAに限らず全施行者が「控除率引き下げなんてナンセンス!」となってしまうのもむべなるかな。それなら、ファンサーヴィスとして一番筋が良いのはハイローラー優遇策ではないのか…と。小銭客としちゃ面白くはないが言わんとする事は充分に解る、百貨店の上得意様や飛行機のファーストクラスと思えば別におかしくはない。バクチオヤジの妬み嫉み僻みはもちろん有るだろうが、それで押し通せるだろう。なるほど控除率を上げて購入額に応じてキャッシュバックっつう手が有るのか、やるじゃん(´・∀・`)ヘー

テイク・ファイヴ
テイク・ファイヴ

アーティスト:スーパー・トロンボーン
販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2009-07-29
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 18, 2012

●今朝の読売新聞で、世界的デザイナーのポール・スミスが10代の頃は自転車競技選手を目指してた事を初めて知った。
c13ecfd5.jpg
>創業者のポール・スミスさんは、イングランド中央部にあるノッティンガムで
 生まれた。15歳で大好きな自転車競技の選手を目指して学校を中退。
 ところが17歳の時に交通事故に遭って、半年間入院し、選手の夢が絶たれた。
>パブに入り浸っているうちに、地元のデザイナーの卵たちと仲良くなり、
 友人の店の奥を借りて週2日だけ店を始めることに。わずか4平方誕らずの
 窓もない場所だったが、パリののみの市で仕入れた雑貨なども並べて
 販売したところ評判を呼んだ。
>フリーランスのスタイリストなどいくつもの仕事を掛け持ちして
 収入を得ながら、恋人だったポーリーンさん(現在の妻)と1970年に
 地元ノッティンガムに最初の店を開いた。

いや判らんもんだねえ人生っつうのは( ´-`)y-~~~

●各スポーツ紙裏カラーの広告(写真はサンケイスポーツ)。
101113be.jpg
テメーヽ(`Д´)ノ! よくもまあオートdisってくれたもんだ。や、商売敵を叩くのは商い事の基本だ、オートが潰れるのは競艇界にとってプラスにこそなれマイナスになる事など何一つ無い。だから好きにおやんなさい、ただ、一オート打ちとしてこの仕打ちは一生忘れん( ´,_ゝ`)

●日曜福島競馬6レース、15頭立て14番人気で大穴を空けたコウズシャイン、

 2012/06/17 福島6R 3歳未勝利 コウズシャイン - YouTube
 レース結果 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1203020206/

管理する二本柳俊一厩舎にとって4年2ヶ月振りの勝利(599連敗!)であった事を知った。…よう厩舎経営出来てるな('A`)?

薄暮開催は「オレンジレース」 http://www.f-keiba.com/news/detail.php?id=1695
>2012.06.18
>平成24年度船橋ケイバは、第6回開催(9月3〜5日)までを薄暮開催として実施する予定ですが、薄暮開催は、空が夕焼けに染まる時刻まで実施されることから、夕焼け空のオレンジ色をイメージして「オレンジレース」と命名しました。
>「オレンジレース」でもサラブレッドの白熱した戦いが繰り広げられます。ご期待ください。
>【オレンジレース(薄暮開催)最終レース発走時刻(第4回開催以降は予定時刻です)】
>第3回開催(6/18〜22)18時30分
>第4回開催(7/19・20・23)18時20分
>第5回開催(8/8〜10)18時00分
>第6回開催(9/3〜5)17時35分

昭和の時代だったらこのネーミング絶対通らんかったよな。「もし7枠(=橙帽)ばっか出まくる日が有ったら要らん誤解招く」つって。いやホント時代変わったよなあ( ´-`)y-~~~

オレンジ
オレンジ

アーティスト:BAZRA
販売元:カッティング・エッジ
発売日:2006-07-26
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 10, 2012

払戻率引き下げも1人当たり購買額アップ http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/p-rc-tp1-20120610-965131.html
>オートレースは9日の開催から払戻率が75%から70%に引き下げられたが、川口オートでは5月26日(土)の売り上げ1億2597万1700円(入場5211人)と比較して、今開催は1億2184万3100円(同3943人)と1人当たりの購買額はアップした。
>[2012年6月10日9時31分 紙面から]

…まあ嘘は書いてない、間違いではない。けど、売上っつうのは当日の天候とか近隣での他競技の開催の有無とか3競オート以外のイヴェントであるとか、給料日や年金支給日との兼ね合いとか、それは色々なファクターに影響される、昨日一日だけを以て『むしろ好結果』と決め付けるのはあまりに短絡的に過ぎる。

川口オート、払戻率引き下げ後初のレース http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20120609-OYT8T01149.htm
eae3c802.jpg 初めて払戻率を引き下げて行われたオートレース(川口市青木の川口オートレース場で) http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20120609-OYT9I01214.htm
>ファンの心中は複雑だ。同市の男性(61)は、「どんどん来場者が減っているのに、さらに来る気をなくさせてどうする」とあきれたように話す。一方で、同市の男性(58)は「別に気にならない。面白いレースをしてくれればそれでいい」と容認する。東京都足立区の男性(62)は、「配当が減ってうれしくはないが、つぶれるよりはまし。設備投資をするなら冬の寒さ対策をきちんとしてほしい」と話していた。
>川口オートを運営する同市は5月、払戻率引き下げを全国で初めて決定。売り上げが右肩下がりで減少するなか、ファン離れのリスクを取ってでも収益改善を図るためで、他のレース場も相次いで払戻率を引き下げている。
>(2012年6月10日 読売新聞)

やっぱ一般紙は冷静だ。
d044b859.jpg
オートに限っても、先月26日は本場開催が川口・伊勢崎(ナイター)・山陽で川口を場外発売したのは伊勢崎(全レース併売)なのに対し昨日は川口・伊勢崎(ナイター)・飯塚の場外は船橋・浜松(いずれも川口&伊勢崎)だ。そりゃ26日より売れるに決まってる。それに、最初の日っつうのはそうと気付かず来てしまう習慣ファンが必ず居て、ダメージは徐々に現れる。去年の競艇&競輪の三連単非発売開催は初日より二日目・二日目より三日目、と落ち込んで行ったものだ。この後のGIIチャレンジカップ(GIIとはいえ全場全日場外発売だから充分参考になる)やプレミアムカップ、果てはSGオートレースグランプリ辺りまで見ないと売上云々とはとても言えまい。もちろん影響は軽微にとどまって欲しいけど、ねえ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 10, 2012

苦渋の決断…オート控除率25%から30% http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/p-rc-tp1-20120510-948441.html
>オートレースの車券の控除率が25%から30%になることが9日、オートレースを統括するJKAから発表された。公営競技の控除率は一部(中央競馬の単複20%)を除き25%で、オートレースだけ控除率を上げることによるファン離れが懸念されるが、昨年度の売り上げは831億2359万5600円で、ピーク時91年の3497億7667万7200円と比較して23・8%まで落ち込んだため、健全運営するために苦渋の決断を下した。
>2連単、3連単など、すべての賭け式の控除率が30%になる。公営競技の払い戻し率の変更は法律改正が必要だが、競輪とオートレースは3月23日に衆議院で、同30日に参議院で可決されていた。まず6月9日に開催が始まる川口オートから控除率を上げるが、車券発売のシステムの関係などから全6場が別々の控除率で車券を発売することは難しく、順次変更するとみられる。
>[2012年5月10日8時31分 紙面から]
公営ギャンブル初、払戻率引き下げ…川口オート http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120509-OYT1T01032.htm
>競馬や競輪、競艇など公営競技で、払戻率の引き下げは全国初。
>的中した車券の払戻額が6・7%減るため、オッズが下がることになる。川口市公営競技事務所は「ファン離れの原因となりかねないが、収支が改善した分はサービス向上のために施設改善などに有効投資したい」としている。
>飯塚オート(福岡県飯塚市)でも払戻率を引き下げる方針を固めている。
>(2012年5月9日21時43分 読売新聞)

払戻率引き下げ(=控除率引き上げ)は昨日のうちに発表されてたが、
新着情報|川口オートレース http://www.kawaguchiauto.jp/info.php?detail=113
>お 客 様 へ お 知 ら せ
>この度、川口オートレース場では、第 180回通常国会において、小型自動車競走法が改正されたことに伴い、6月9日(土)の川口市営第3回第2節開催のレースよりお客様への払戻率を75%から70%に変更させていただきます。
>皆様には大変ご迷惑をおかけいたす事でございますが、今後一層、皆様がご満足いただけるような場内施設整備や事業運営に努めて参る所存でございます。
>何卒ご理解のほどお願い申し上げますとともに、相変わらずのご支援をお願い申し上げます。
>平成24年5月9日
>川口オートレース場 開催執務委員長
お 知 ら せ - お知らせ|飯塚オート http://www.iizuka-auto.jp/information/article/%E3%81%8A%E3%80%80%E7%9F%A5%E3%80%80%E3%82%89%E3%80%80%E3%81%9B_407
>2012/05/09
>第180回通常国会において「自転車競技法及び小型自動車競走法の一部を改正する法律」が可決され、平成24年4月1日より施行されました。
>この改正の趣旨は、競輪及びオートレースの売上げの継続的な減少とそれに伴う施行者収支の悪化という厳しい事業環境を踏まえ、自主的かつ自由度の高い事業運営を実現することにあります。
>今回の改正に伴い、飯塚オートレース場についても、平成24年6月9日の開催より、払戻率が70%となります。
>今後とも、魅力あるオートレースを開催し、施設改善とファンサービスにより一層努めてまいりますので、ファンの皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
>開催執務委員長

これだけじゃ情報が少な過ぎなため一晩待った結果が、冒頭の日刊の記事。

 >車券発売のシステムの関係などから全6場が別々の控除率で車券を
  発売することは難しく、順次変更するとみられる

第1四半期、遅くても上半期には全場そうなるんだな。
 さて。他社との競争の中での経営改善策として『値上げ』っつう選択肢を採るのは悩ましい問題だ。ウチの社は半年前に8%弱の製品値上げをした。相次ぐリストラで業務に支障をきたす様になったからの苦渋の決断、もちろん若干のシェア低下は有ったがすぐ下げ止まり、痩せ我慢してる同業他社ゴクローサン m9(^Д^)! となった(その他社は、さらなるリストラをするのだと)。カフェ等ではメニューの入れ替えの際こっそり上乗せパターンが多いが、単純に値上げする店も有る。牛丼やハンバーガーのチェーン店による期間限定ダンピングの効果とセール終了後の反動は非常にしばしば話題となり議論もされるが、要は、値上げで客足が落ち業界シェアが低下しても、利益面で改善されたのであれば一応『勝ち』だ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 21, 2012

競輪、オートの払戻率70%に引き下げへ http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/p-rc-tp1-20120121-892717.html
>経済産業省は20日、経営難が続く全国の競輪やオートレースを支援するため、売上金に占める当たり車券の払戻金の割合(払戻率)について、下限を現在の75%から70%とする方針をまとめた。経営の自由度を高めて収支改善を後押しするのが狙いで、今月召集の通常国会に改正関連法案を提出する。同日開かれた産業構造審議会の分科会に改正法案を提示し、了承された。
>[2012年1月21日7時54分 紙面から]
地方競馬 払戻率引き下げ可能に!競馬法改正案提出へ http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/01/19/kiji/K20120119002460890.html
>農林水産省は18日、経営難に陥っている地方競馬の支援で競馬法を改正する方針を固めた。売上金に占める当たり馬券の払戻金の割合(払戻率)について、競馬を主催する事業者が一定の範囲で決められるようにする。払戻率の引き下げを可能にし、地方競馬の収益を改善するのが狙い。今月召集の通常国会に改正案を提出する。
>全国に19カ所ある地方競馬は、91年度の売上9862億円をピークに減少傾向が続き、10年度の売上金は3332億円まで落ち込んでいる。そのため改正案が成立、施行されれば、多くの地方競馬が払戻率の引き下げを検討するとみられる。払戻率は競馬法で計算の仕方が定められており、現在は75%程度。法改正では集客増加に向け引き上げもできるようにし、払戻率の設定をより柔軟にする。
>だが、地方競馬の馬券だけ払戻率が下がれば、中央競馬(連勝式75%、単勝、複勝式80%)との払い戻し格差が生じてファン離れが一層加速するとみられる。地方競馬の一部施行者では払戻率を5%引き下げることで1億円規模の収入増が見込めるというが、致命的な売り上げ減につながる恐れもある。
>[ 2012年1月19日 06:00 ]

払戻率引き下げばっかクローズアップされてるが、

 >法改正では集客増加に向け引き上げもできるようにし

つまり一律75%(控除率25%)にせんでエエですよってだけ、て事は競輪オートのもそう思って良いのかな。こっちはソース無し、希望的観測だけど。
 問題は、割が悪くなる事を嫌っての客離れ→売上減、こればっかりは正直、やってみないと判らない。競輪は、よく言われる事だが客の高齢化が著しく新規客の開拓が出来てないが、て事は競輪しかやらないって人が多いって事でもあり、意外と落ちない様に思える。競輪競馬を半々でやってたのが四分六とか三七になった、みたいな人は少なかろう。これはオートもそう、競輪ほど極端ではないがネット各所見ても客の固定化っつうか、オート側からすると客を囲い込めている。問題は競馬だ。
 存廃論議が公然となってる弱小場では売上のかなりをネット投票が締めている。ネットユーザーにとっちゃ場が客柄が悪いとか汚いとかメシが不味いとかは関係無い、全ての競馬場が等価で、その中でどこのどのレースを買うかを判断する。これが、同日開催のA場が控除25%B場30%だったらどっちを買うか?まあ25%だけど儲け難い場<30%だけど儲け易い場って事も有るからストレートに客がスイッチする訳じゃないけど、でもやはり民族大移動するのは目に見えてるよなあ。

 >致命的な売り上げ減につながる恐れもある

そうなったらマジ即死だ。実際やるかねえ('A`)?

25-アート・ブレイキー・トリビュート-
25-アート・ブレイキー・トリビュート-

アーティスト:マンハッタン・ジャズ・クインテット
販売元:スリーディーシステム
発売日:2009-07-22
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 17, 2011

asahi.com(朝日新聞社):競輪・オートレース払戻金5%減へ 赤字対策で経産省 http://www.asahi.com/politics/update/1216/TKY201112160751.html
>2011年12月16日23時36分
>公営ギャンブルの競輪とオートレースの売り上げが低迷しているため、経済産業省は16日、法律で定める当たり券の払戻率を引き下げる方針を固めた。自転車競技法と小型自動車競走法は、勝者を予想する車券の売り上げの75%以上を、当たり券の払戻金に充てると定める。これを「70%以上」へ引き下げるほか、開催回数の下限と上限を定めた国の規制もやめ、効率的な運営を促す。
>来年の通常国会に改正案を出す見通し。払戻額や開催回数が減れば客離れが進む恐れがあるが、経産省は、自治体など運営側の裁量が増え、収支改善につながると期待する。
>経産省によると、競輪は昨年度、運営する48自治体のうち15が赤字。1991年度の売り上げと比べて競輪は3分の1以下、オートレースは4分の1以下に減った。客層の固定化や高齢化が原因だという。

(ノ∀`)アチャー これマズいよなあ。3競オートの中でも競輪は最も客の年齢層が高く、だからちょっとぐらい控除率上げても客そんな離れんやろ…っつう発想は解る。控除25%が30%になるっつうのは施行者にとっては2割増、いや各種経費や経産省に収める分を引いた純利益なら倍増とかまで有るか。売上減でも増収になるなら良しっつうのは解るし施行者バンザイしちゃったアカツキにはこっちゃバクチ打てんくなる、だから控除率引き上げは嫌だが一定の理解はする。その上で、だ。
 払戻金=購入金額×オッズ。そのオッズの計算方は(売上高−控除額)÷的中票数、但し小数点以下第一位まで求めそれ以下は『切り捨て』る(四捨五入ではない)。例えば3.75以下略となった場合、100円に対する払戻金は375円ではなく370円となる。切り捨てられた端数金(この場合は5円分)は別途積み立てられ最終的には収支に合算されるのだが、毎レース発生するこれは単純平均で一レース辺り5円。これがレース毎にカスられてる訳で、つまり実質的には今でも30%控除されてるんであって、これを30%と明文化したところで増収策として機能するのか?でもってネット世論見るとそこに気付いてる人は皆無、競輪\(^o^)/オワタ って意見が圧倒的だ。『タウリン1000mg配合』ってのと『タウリン1g配合』ってのはイコールだが後者の方がショボく感じる、それと一緒で『控除率25%(1円単位切り捨て)』ってのと『控除率30%』ってのはイコールだが後者の方が圧倒的に渋く映る。…単に競輪オートのイメージ悪化にしかならん様に思えるんだが('A`)?
【追記】
 冷静に考えるに、端数切り捨ては的中票数で割り切れるかどうかの問題だから、控除率関係無く発生するんだよな。

 >増収策として機能するのか?

ここの部分は完全に俺の勘違い、ああ恥ずかしorz
怖いほどダマされる数字トリック (PHP文庫)
怖いほどダマされる数字トリック (PHP文庫)

著 者:雅 孝司
販売元:PHP研究所
発売日:2004-09
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 06, 2011

来年度は「JRA2連福」実施 http://www.sanspo.com/keiba/news/111206/kba1112060501002-n1.htm
>2011.12.6 05:00
>JRAは5日、大阪市内で定例会見を開き、JRAプレミアムに替わり、来年度はJRA2連福(にれんふく)を実施すると発表した。馬連、枠連、ワイドでのみ通常の払戻金に売り上げの5%相当額を上乗せする。
>対象は1月5日の中山金杯、京都金杯から12月24日の中山、阪神の全レースまで計36レース。JRAプレミアムは全投票方法が対象だったが、JRA2連福は3つの投票方法に絞った。小畠理事は「的中者の多い式別で実施することで、より多くの方に還元できればと思っています」と、説明した。

平たく言やぁ、JRAも単年度赤字突入でJRAプレミアムなんて道楽は出来ませんっつう事だわな。売上に占めるシェアの高い三連単・三連複・馬単はプレミアム対象外とし、馬連・枠連・ワイドの限定レースのみ実施と(単勝・複勝は既に控除率の優遇策が有る)。法律のせいなのか、日本では全ての賭式で控除率が均一だが、海外では高配当が臨める賭式ほど控除率が高い傾斜配分になっている(前述の単複の控除率は特別給付金を上乗せっつう扱い)。結果的にこれに近いスタンスだ。
 で、これで構わんと思う。プレミアムによってJRAの売上が伸びる事には全くならなかったっつう事は、JRAが勝手に出血してただけな訳で、それは馬産や地方競馬を支える体力の低下に直結する。もちろん、多少たりともこっちの取り分が減るのは確かだが、んなもん「あー構わん構わん、要はアレだ、今以上に勝ちゃあ良いんだろ」と鷹揚に構えるのがバクチ打ちの矜恃というものだ。努力しろ、精進しろ俺(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 02, 2011

たばこ税収、3か月ぶりに前年並みに回復 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110301-OYT1T00913.htm
>財務省が1日発表した1月の国の税収実績によると、たばこ税収(2010年12月出荷分)は前年同月比0・7%減の約764億円だった。
>昨年10月に1本あたり3・5円増税された影響で、一時的な出荷量の落ち込みから税収が減少したが、3か月ぶりに前年並みの水準に回復した。
>日本たばこ協会によると、12月のたばこ出荷量は28・7%減の153億本だったが、1月は18・9%減の133億本だった。1月出荷分が反映される2月のたばこ税収は増税効果が表れ、前年実績を2割前後上回りそうだ。
>(2011年3月2日08時59分 読売新聞)

これ要するに、値上げ前にまとめ買いしてた人達のストックが底突いて来たって事だよな。まだ残ってる人や、これを期に禁煙or節煙した人が居るから出荷量ベースは絶対戻らないにせよ

 >1月出荷分が反映される2月のたばこ税収は
  増税効果が表れ、前年実績を2割前後上回り
  そうだ

値上げは、国(=財務省や国税庁)的には大成功だったって事だ。
 値上げ以降何度も禁煙に挑戦しちゃあ挫折し…って奴がウチの社に居るが、話聞くと刑事ドラマに出て来るクスリ切れたジャンキーそのもの。いつもタバコ置いてたトコに無意識に手が伸びるなんてのは可愛い方、捨てたからない筈のタバコを半狂乱になって部屋中探し回ったり、気を紛らすために酒量がテキメンに増え、タバコやめれても今度アル中なるんじゃないかってな感じなのだと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル で、コイツは強いタバコを吸ってた訳ではない。試しに口にしたニコレットがニコチン強過ぎて気分悪くなったほどだっつうし。
 逆に、値上げを期にすっぱり禁煙したのは2人、吸ってたのはそれぞれショートピースとショートホープ。それより前に俺もやめてるが、ロングピースだった。だからソイツは「よくやめれましたね」と感心するがこれはアレだ、こういうヘヴィな銘柄を吸うのは拘りあればこそ、「これでなきゃ」っつう。いや軽いの吸ってる人だって「ネクストやモリスワンじゃ駄目なんだ、ケントワンじゃなきゃ」とかあるとは思うが、キャスターとかキャビンが新商品として出たのが30年ぐらい前か、その頃からタバコ界は軽い方へ軽い方へと流れてて、そのトレンドの中での拘りに過ぎないから、「んな軟弱なモン吸ってられっかカーッペッペッペッ」てな俺らとは根性の入り方が違うと思うのだ。で、その意志力の強さをそのままに「禁煙!」って方に向けてしまえるからじゃないか、と仮説を立ててみる。もちろん根拠なんか微塵もない全くの思い付きだが、マイルドセブンとか吸ってる連中は変わらず吸い続けてるの見ると、ねえ。ニコチンの依存性ってヘロインの次ぐらいに強い、医学的には覚醒剤や大麻よりタチの悪いものらしい。となれば「何だかんだ言ったって喫煙者逃げられっこねーからw 税収増(゚д゚)ウマー 」てな感じだと思われ。
 さてそれでバクチ話だが、3競オートで、宝くじと同じく控除55%(=期待値45%)にされたら絶対やめるよな、アホらしいもの。4月スタートのオートのくじ車券(ネーミング未定)しか買う気せんわ。じゃ27とか30%になったら?…やめないだろうな、まだ賭ける楽しさや、その競技の面白さの方が勝る。ただ、額は減るだろう、あとオート一本に絞るとかはあるかもしれん。40なら多分やらない、じゃ35なら?33は?…これって、自分のバクチ依存度の高低が顕れるような( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 21, 2011

 JRAとそれ以外の公営競技では計算法が違うしJRAプラス10なんてのも有るが、面倒なんでここでは一律控除率25%(=客の期待値は75%)とする。で、3競オートのいわゆる元返しだが、特定の目に投票が集中し支持率75%に達した時そうなる…訳ではない。実際には払戻金の10円未満は切り捨てだから、110円となるための支持率68.18181818…%を僅かでも上回れば109.99999999…円、即ち100円元返しだ。切り捨てられる端数が大きいほど施行者(゚д゚)ウマー
 一方で良い事ばかりではない、支持率75%を超える目で決まってしまった場合、本来得られる筈だった25%の控除が目減りしてしまう事になる。もっと極端な、例えば支持率100%の目で決まってしまったら賞金等の経費分施行者まるまる持ち出し、涙目も良いトコだ。んな事有るかい!というツッコミも有ろうが、かつて楽天競馬やオッスパークで「期間中に〇円購入の全ての方にポイント(=サイト内通貨)10%付与」とかのキャンペーンをやって、地方競馬だと場や開催条件次第で超鉄板馬がしばしば表れる、そこに複勝100万ドン!のポイント乞食がワラワラ群がった。それでなくても馬券発売をサイト経由する事で手数料払ってるのにこの有り様、施行者泣きゲロものだ。いや、施行者ばかりか楽天競馬やオッズパークだってポイント分丸損だし。以後、この手のキャンペーンでは『※単勝式・複勝式を除く(高知競馬は更にワイドも除く)』の条文が付け加えられる事となった。
 で、今日の笠松競馬メインはウインター争覇。
レース成績表
勝ったヒシウォーシイはこれで11連勝、
地方競馬 データ情報
3戦連続で単勝元返し。でも複勝120円。何という誰得。こんな単勝なぜ買う。キャンペーンも当然関係無いし…('A`)?

The Hundred In The Hands [ボーナス・トラック2曲収録・国内盤] (BRC267)
The Hundred In The Hands [ボーナス・トラック2曲収録・国内盤] (BRC267)

アーティスト:ザ・ハンドレッド・イン・ザ・ハンズ
販売元:BEAT RECORDS / WARP RECORDS
発売日:2010-09-11


クチコミを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote