宝くじ

October 31, 2017

宝くじ、1等と2等が同番号の“重複当せん”はどうなるのか?│NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20171030_624498.html

言われてみれば理論上は有り得る話だもんな。あの抽選法は公正だけども、それでもそういう事は何千万何億分の一かもしれないけど起こり得る、そしてそうなった際の取り決めを事前に設定してお祝かないといけない。こういう制度設定者って大変だよな、と感心する。今やってるハロウィンジャンボだと、1枚300円が前後賞と組違い賞以外の全て、1〜5等とハロウィン賞が重複当選する可能性がある訳で、その場合は3億1101万3300円だ。…まあ、そうなったら八百長呼ばわりどころの騒ぎじゃないか(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 27, 2017

【日本ハム】栗山監督「感動」木田GM補佐が7球団から清宮引いた! : スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171026-OHT1T50203.html
>2017年10月26日18時30分 スポーツ報知
20171026-OHT1I50132-L 清宮の交渉権を獲得して笑顔の日本ハム・栗山監督 http://www.hochi.co.jp/photo/20171026/20171026-OHT1I50132-L.jpg
>日本ハム・栗山監督は清宮の交渉権獲得の瞬間に満面の笑みを浮かべた。「木田さんが引いて右手を挙げるイメージはできていた。挙げろ! 挙げろ!と、思っていたら挙げた! みたいな」と、自らは13年からくじ引き5連敗でくじ引き役をクビになっていただけに興奮を隠せなかった。

あらゆる場に於いて確率は等しく…とはいうものの、それは無限に繰り返し試行した時の話。人の人生なんていう僅かな時間(!)で確率を論じたって、そりゃムラも生じるに決まってるし、それは数学的に全く矛盾しない。だから晴れ男・雨男とか、クジ運の強い弱いなんてのも出現するし、宝くじで億が複数回当たる人がそれなりの人数居ても何もおかしくない。
 一方で、数学的にはナンセンスだが「運」というものも根強く信じられてて、特にバクチクラスタでは全面的否定をする人はほとんどいない。俺だってそうだ。そして「人間の運の総量は決まっている」とも。だから栗山監督5連敗Σ( ゚Д゚)!ってなる反面、日本ハムとしてはダルビッシュ有に大谷翔平を獲ってるんだからトータルではプラマイゼロ、いや大幅なプラスじゃないかとも思う。でもって清宮だろ。もう充分勝ち組じゃないのさ( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 16, 2017

遺産で6000万入った貧乏婆さんの末路(追記の追記有り) https://anond.hatelabo.jp/20171011173917

…何たるちゃ('A`) 自分に限っては絶対大丈夫!って思ってても、いざそうなってみるとやっぱりなっちゃうんだろうか。ただ、一つ言えるのは、馬券舟券車券でウン億獲っても ━━ くじ系のそれを除けば ━━ 遺産なり宝くじなりといった「棚から牡丹餅」とは違って、それはれっきとした頭脳労働の報酬であるという点だ。だから純粋なアブク銭じゃないってのはあって、多少たりとも浮かれずに済むんじゃないかとも思える。…いや、でも帯(=100万円、を越える配当の意)の経験すらない身でこんな事言っても説得力なんかないよな(´・ω・`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 24, 2017

コンビニのくじで当たったのはいいけど… https://twitter.com/i/moments/889314617607897088
DFYTrOqUMAALfyZ
https://twitter.com/y_haiku/status/888919621385846784/photo/1

いやいやいやいやいやいや('A`) 俺もこの手のコンビニ700円くじはキリン氷結とか日清どん兵衛とか、結構いろんなもの当たったけどさすがにそんな、家まで保つかも判らないものはなかったし、常識的にコンビニチェーンたるものそんな賞品設定はしないだろう。山田全自動さんが「要らないものが当たった微妙な感じ」を出そうとした意図はもちろん解るけど、それにしたってもうちょっと他のものはなかったのかと。
 3競オートで、「朝の1レースから最終まで楽しんでってくださいね」とばかりに先着入場者にプレゼント(または、それが当たるくじ)をする事があるが、その昔 ━━ ってほどでもないが、それでも10年以上前だ ━━ その賞品が結構値の張るものだった事も珍しくなかった。で、別冊宝島の競輪もので、

そのスピードくじでセカンドバッグなんか当たっちゃって、大して欲しくもないし、っていうかこんなものでツキなんか使いたくなかったのに…ってクダリが、要らんもの当たっちゃったありがた迷惑感が本当によく出てて、凄く印象に残っている。
 一般的な感覚だと、くじが当たり→さらなる大幸運の前兆…ってなるんだろうがカネ儲け、バクチ目当てな者の心中は結構複雑で、例えば宝くじ売場で窓口のオカーサンが「当たりますように」ってお愛想で言うのを毛嫌いする人だって居る。人間の弱さの証し…なんていうと大層に過ぎるか('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 27, 2017

キャンペーンQ&A | -196℃ストロングゼロ ご愛飲感謝キャンペーン | サントリー https://196cp.jp/apc/sscp/K1706196/static/qa/qa01.html
fv https://196cp.jp/apc/sscp/K1706196/img/top/fv.jpg
>Q1 : 応募方法を教えてください。
>A1: パソコンかスマートフォンからキャンペーンサイト(http://196cp.jp/)にアクセスします。対象商品に付いている応募シール二層目に印字されている14桁(上7桁、下7桁)のシリアルナンバー(1本分)を入力し抽選ゲームに挑戦します。「当たり」が出た場合は、発送先登録画面に必要事項を入力し登録を完了してください。

景品表示法というものが存在する。高額の賞金や商品が当たるキャンペーンで釣るのは簡単だがその原資は商品の売上から出る、極端な話「当たれば1億円もらえます、その代わり今まで10円だったものを1000円に値上げしますね」なんてやったら、1億当たった極めて僅かの人間を除いた圧倒的多数が不利益を被る事になる。かくて、ほどほどにしなさいね…と上限を定めた訳だ。景品を顧客に提供する場合、懸賞による取引価格が5000円未満なら価格の20倍、5000円以上なら10万円がリミット、そして懸賞総額も売上予定総額の2%まで。
 ガリガリ君は「当たりが出たらもう1本」だから商品価格の1倍、という事は当選確率を2%(=1/50)にまで高める事が出来る。実際の小売店舗では1箱(=30本)に別にオマケ用の1本を添えていると見聞きした事があるが、当たりを売った店≠当たりを引いた人が引き換えに来る店である事も多いから持ち出しになる店もあるだろう、だから「ウチも1/50で良いところを1/30で出して身銭切ってるんで、そこはお互い様っていう事でどうか一つ」と処理してるんだろう(実際の当選確率が1/50以下であれば、景表法的には問題ない)。
 で、−196℃。メーカー希望価格なのか実勢価格なのか・消費税は含むのか含まないのかといった辺りは判らないが、ウチの近場では西友・マルエツプチ・まいばすけっと・スギ薬局みんな350cc缶が103〜108円といったところ。なもんで厳し目に見積もって100円で計算すると、2000円が当たる→当選確率を1/20にしなければいけない→1/50のさらに1/20だから都合1/1000。これってナンバーズ3のストレート当選確率と一緒だ。でもってナンバーズ3の期待値が47.5%に対しての2%。純粋にギャンブルとか投資として考えたら全くの論外でしかない。しかしサントリー以外からも数多く出ている缶チューハイとの差別化、訴求力のための広告戦略と考えればなるほど充分アリだ。巧いトコ突いたもんだよなあ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 31, 2017

宝くじ販売、9000億円割れ=総務省 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052900918
>都道府県や政令市が2016年度に発売した宝くじの売上額が前年度比7.7%減の8452億円にとどまったことが29日、総務省のまとめで分かった。前年度を下回ったのは2年ぶりで、9000億円を割り込んだのは1998年度以来。2005年度の1兆1047億円をピークに、売り上げ低下傾向に歯止めがかかっていない形だ。
>サマーや年末などのジャンボくじの売り上げは11.5%減。総務省は、1等賞金を引き上げるなどの取り組みがなく、賞品の魅力が高まらなかったためとみている。「ロト6」や「ロト7」などの数字選択式くじも5.2%減となった。
>(2017/05/29-19:26)

宝くじ自体が見放され出した…って決め付けるのはまだ早計かもしれないが、でもこれはちょっとさすがにねえ。参加人口が減ったのか一人当たり購買額が減ったのか、そのデータもないから推測も限られるけど、3競オートですら下げ止まって上向きに転じてるというのに。推理という要素があるだけ3競オートの客は本気度や熱心さが宝くじとは桁違い、ってのはあるかもしれないけども、それにしたって、ねえ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 18, 2017

当せん番号案内(ナンバーズ3)

今週のナンバーズ3、14日の火曜(=4618回)と木曜で同じ【101】が出た。っつう訳で、改めて今週の当選番号をチェックしてるうち、ふと閃いた。
 ナンバーズに限らず、宝くじの払戻率は47.5%。実にどうも、3競オートと比べると絶望的な気持ちにさせられるが、1口200円だから理論上の配当金はストレートが9万5000、ミニは9500円。この↑数字を見ても、多少の上下はあるが確率の揺らぎの範囲内だ。ゾロ目や水曜日の3の【789】のような並び、語呂合わせ(同日のミニ【89】は「野球」だ)で買える目はどうしても買いが集中するため安くなるが、逆に、そういう目を避けて選べば弱干とはいえ率は良くなる。それでも47.5%が50%になる程度だけども。
 で。仕事の合間にスポーツ紙のレース面見て「これ面白そう」と手を出す事があるが、この状況下では買うったってせいぜい3000円まで、しかも平日に地方競馬だオートだといったところで獲れそうなレースを一本釣りするのだから必然的に本命サイド、せいぜい中穴までだ ━━ 開催本場に居るならそれなりに穴狙いもするが ━━ だから当たったところでタカが知れている。このペースでコツコツ積み上げて行くのって実は結構バカにならないのだが、でも手っ取り早くある程の額に…とはならない。そこでナンバーズだ。もちろん払戻率の壁が分厚い事は重々承知した上で、3だとボックスでも辛いがミニだったら当選確率1/100、2口買えば1/50だ。2口ったって400円だからタバコより安い。確率的にも1パチや5スロ打つより良いし、それで当たれば約1万。ミニ2口買って「諭吉チャーンス!」ってのは結構現実みがありそうに思える。
 重ねて書くが払戻率の問題は途轍もなくデカく、だから当たって上回ったら即勝ち逃げしなければならない。最終的にはコツコツ方式には勝てないし、それだって確率的にはマイナスに収斂する。でも、わきまえてやる分にはアリだと思うんだよな(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 08, 2017

かつて日本はギャンブル大国だった!?驚きの「近代賭博史」(河合 敦) | 現代ビジネス | 講談社 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50924
>2017.02.08
>ギャンブル(賭博)は、日本でも古代から存在しています。ただ、基本的に時の政権はすべて、賭博を抑制する方向で動いてきました。
>早くも持統天皇の689年には、双六賭博を禁止する法令が出されています。しかし根絶するのは難しかったようで、その後もたびたび朝廷は双六を禁止する法を発します。それは鎌倉時代以降、武家政権になってからも変わりありません。
>江戸時代になると、庶民の間にも賭け事が広く浸透し、囲碁や将棋、かるたも賭け事の対象になっていきました。現代で言えば、ゴルフや麻雀がそうした対象になっているのと似ています。この頃の賭博といえば、二つのサイコロを投げて出た目を合わせ、半(奇数)か丁(偶数)を当てる賽賭博が主流でした。
>幕府が賭博と同類だとしてたびたび禁じたものに富突があります。「とみつき」と読みますが、富くじとも呼ばれました。これは現在の宝くじに似ていますが、宝くじを国が管理しているのとは真逆といえるでしょう。

はあ…。古代ローマ時代からギャンブルは行われていそうだから、それから何百年も後の日本がそうであっても全然おかしくないか。日本人は勤勉な農耕民族だから云々といった物言いが非常にしばしばなされるが、ヒトとしての本能なんだろうなあ。まあ、だからこそ依存症といった深刻な問題も出て来る訳だが。当時は遊びとかレジャーなんてたかが知れてたろうしねえ…って、じゃあこれだけ遊びや楽しみが世に溢れてるにも拘らず、今の時代にギャンブルに興じるヤカラって、古代人なのか?いや、プリミティヴな欲求を今なお忘れぬ、野性味溢れるワイルドな漢なんだぜイェーイ\(^o^)/ …これは無理があるな、我ながら。無理があり過ぎるorz


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 07, 2017

チェーンソー脅迫YouTuber逮捕、収入は7年半で約45万円 ネットは「勝者総取り」、参入はリスクだらけ https://abematimes.com/posts/1855206?categoryIds=70273
>2017.01.06 08:39
>公務員や会社員など、安定職業を選ばず、ややギャンブラー的人生を選ぶと考えた場合、2つの考え方からどちらに足を踏み出すかが重要になる。

 >【1】とんでもなく稼ぐ人間がいる業種に参入し、自分もそうなれることを目指す
 >【2】まだ参加者があまりいない上に、大きく稼げるかはわからない業種にとりあえず参入する

>私はあまり人に助言はしないが、もしも子供がいた場合は【2】を目指せ、と言うことだろう。YouTuberはもう競争が激し過ぎる。もはや参入しても勝てる勝負をするのは難しい。これは宝くじにも同じことが言える。2016年の年末ジャンボは、1等7億円が25本、1億5000万円の前後賞が50本。2等が1500万円なだけに、1億円以上は75本ということになる。そして発行枚数は5億枚。1億円以上が当たる確率は0.000015%である。かつて宝くじが趣味だったという女性がある時宝くじをやめた理由を語った。

 >「昔、宝くじを印刷している場面を見に行ったんですよ。すると、ダーーーッと一斉に刷られた宝くじがとんでもない枚数出てきて、この時私『あっ、こりゃ当たるワケない』と思いました。毎回3000円分買っていたのですが、その年から『買ったつもり』で3000円の寿司のセットを食べることにしています」

>彼女は宝くじのことを【1】だと認識し、「勝てない勝負からはさっさと降りる」という判断をしたのである。というわけなので【1】のようなものに参入する場合はあくまでも趣味と割り切り、人生を賭けるほどのものにしないのが吉である。
>文/中川淳一郎(ネットニュース編集者)


この記事の主眼は、チェーンソーで宅配業者を脅した様子をYouTubeで動画公開した男が逮捕されたという騒がせたバカニュース、そこから「先行者利益」というものが極めて大きいネット社会に於いてビッグになる事の難しさを説いたものだが、しかしこの宝くじの女性の話にはキちゃうなあ。確かに1億以上が当たる確率0.000015%って言われても小さ過ぎてピンと来ないけども。10枚買って、ジャンボは年5回発売だから先の確率は50倍になって、それでも0.00075%。これ雷に打たれて死ぬ確率なんかより低いんじゃないのか?そういう確率ばかり集めた記事だかサイトだかを見た記憶がある、で、検索してみたら

 ●他人に殺される確率:0.03%
 ●雷にあたって死ぬ確率:0.0012%
 ●スズメバチに刺されて死ぬ確率:0.0012%
 ●乗った飛行機が墜落する確率:0.0009%
 ●山で熊に殺される確率:0.00046%
 ●隕石が当たって死ぬ確率:0.0004%

50倍でやっと熊以上、それでも飛行機以下だ。立場が違って、大金払わなければならない火災保険とか自動車保険だったら確率的には大して違わなくてもなら加入する意義もあるけども、実にどうも、宝くじには絶望しかないな。こういうのは10枚とか3枚とか買っといて「当たったら○○するんだ〜」って発表まで夢を見るためのもの…って割り切ってるんだったら良いけど、少なくとも本気で狙うもんではないよなあ。
 改めて、「当たるんです」の発売に際し「宝くじよりずっと確率面で有利」って言われてたけど、実際8の4乗だから1/4096=0.024%。これだって素直に有望とは言い難いけど、でも雲泥の差だもんな。いや〜、つくづく宝くじはないわ( ´,_ゝ`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 30, 2016

2016/12/30『被災地支援競輪KEIRINグランプリ2016シリーズレポート』 最終日編

新田が動いた時点で「1周勘違いしてないか?」と思った。でもって先頭誘導員交わした瞬間「(早期追い抜きで)失格だろ?」と。「村上強かったねえ」「やんないで良かった」って感想しかない。


2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る!リアル過ぎるお金事情 http://money-goround.jp/article/2016/12/30/3599.html
>今回お話を伺ったのは、2016年最も売れたと言っても過言ではないお笑い芸人「永野」さん。
>周囲からは「孤高のカルト芸人」と呼ばれ続け、自身も「たったの21年で売れた」と公言して憚らない永野さんは、何故、途中で挫折してしまうことなく、お茶の間のスターへと登り詰めることが出来たのか。
>そして、そんな永野さんにとっての「お金」とは。テレビなどではあえて見せないようにしているという「本音」を教えていただきました。
>(聞き手:ラリー遠田)

>―貰うようになってから「お金に対する考え方」に変化はありましたか?

>うちの事務所には、バーターが全然なかったので、小銭すらも稼げなかったんですよ。
>そういう状況だったので、「(給料が)ゼロに近い」って言ってる人たちの中で、自分だけはマジなゼロ。マジでゼロなんですよ。それくらい本当に貰ってなかったので、「パッ」って手に入ってしまったというギャップで、なんか、(お金の存在を)すごく意識したんですよ。

>―その時の感覚って、どういうものでしたか?例えば「通帳の残高を見たら、急に増えている」のような。

>意識しないようにはしましたね。真面目なことを言うと、「意識しないこと」を意識しました。意識すると変わってしまう気がして。「世の中はお金じゃないんだ」みたいな考えはひとつの正解だと思うし、良い考えだと思ってるんですけど、いざ実際にお金を貰ったら、なんていうか、これは「力」だと感じてしまいましたね。「マネー イズ パワー」みたいな。
>だからと言って、こういう場所で「お金大好きです!」とか言ったり、純粋な理想ばっかり追ってたけど「やっぱ金ですね!」っていうキャラも嘘になってしまうので。
8919 http://money-goround.jp/wp-content/uploads/2016/12/8919.jpg
>現実的な奴が40歳くらいまで売れずに芸人続ける訳がないんですよ。「お金じゃないんだ」っていう中二病みたいなのは今でも全然あるんですよ。「夢見る少年」みたい気持ちが。そういう中でお金が入ったんで、「誰に対して」っていうのは全くないんですけど、嬉しかった部分はありますね。「金が入って、やったー!」じゃなくて、金の為じゃなくやってたんで、こんな苦労したんですけど、でも、それでもお金が入って来たので、「うわ、美しいな」って思ったんです。
>だから、「金だぜ!」っていうのはなかったですね。

>―お金自体が嬉しかったというよりも、認められたことに喜びを感じた?

>自分の評価、っていう感じがしましたね。ちゃんとやってがんばって、お金の為じゃなくてがんばって、それで2016年はすごく評価されたので、「ああ、美しいな」と思いましたね、素朴に。
>僕のことを昔から知ってる人は分かると思うんですけど、僕はそういうのとは程遠い世界にいたので(笑)。

>永野(ながの)
>お笑い芸人。宮崎出身、グレープカンパニー所属。約21年の下積み時代を経て、腰を振る独特のダンスとともに「ラッセンが好き〜」のフレーズのネタで2016年、大ブレーク。


「中二病」と自嘲するが、根っから真面目な人だなというのがよく解る。苦節21年、カネの苦労が身に染みてしまってるので、浮わ付かずに居れると。でも正直、確かにブレイクはした、一般的認知度は得たものの、TVで見ない日はない…なんていうレヴェルのまだ一歩手前で、だから「カネが入って来た」「評価された」つっても、例えば億というカネを手にした訳ではまだない筈だ。
 …って事はやっぱり、宝くじ当たったりなんかでいきなり億!ってなっちゃったら舞い上がっちゃうのも無理はないんだなあ…と。それまでの生活、人生を「下積み」と捉える事は出来るけど、それでも億という桁違いの額となったら人生観変わっちゃうのは不可避なんだなあ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 03, 2016

Dr.コパと長利正弘氏が指南!「史上最強」必勝法で「年末ジャンボ」をブチ当てろ!(3)14万台狙いで確率大幅アップ http://www.asagei.com/70848
>2016年11月30日 12:54
20161201n1st http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2016/11/20161201n1st.jpg
>宝くじアドバイザーの長利正弘氏は、最近のジャンボの傾向について「宝くじの3大聖地」(東京・西銀座CC、愛知・名駅前CC、大阪・大阪駅前第4ビル特設売場)に、ある異変が起きているという。
>「今年のサマージャンボでは、西銀座CCと大阪駅前第4ビル特設売場からの1等当せんがありませんでした。そればかりか、続くオータムジャンボでは3大聖地が全滅してしまった。『人気売り場であれば1等が1本ぐらいは出るだろう。それが自分かも?』という甘い考えが通用しなくなっています」

Σ( ゚Д゚)!もう年末ジャンボ売ってるけど、例によって西銀座チャンスセンターは長蛇の列だぞ。あの人達、長時間並んだ挙げ句カネドブかよ、現実はまことにもって厳しい…ってまだ決まった訳じゃないけども。
 モノクロ映像しか残ってないような、公営競技場に客が鈴なりだった時代は逆にコンピュータ性能が劣悪極まりなくて、発券業務だけで一苦労だったから、客を捌く処理時間を少しでも少なくするために窓口で釣銭は出さない ━━ 両替専用窓口があって、客の方で希望額ピッタリで出さないといけない ━━ とか、さらに昔は目ごとに窓口があって多点買いする時は一点目を買ったら別の目を買うためにその窓口に並び直して…なんてあったと聞く。子連れで行って、子供にカネ渡して「好きなの100円買って来い」って好きに行かせたら「何だもう買って来たのか」「あそこの窓口空いてたから」「(車券見て、枠単)5→5かよ〜(´・ω・`) 」→「来ちゃったよ5→5!でかした、何でも好きなの買ってやる」みたいな笑い話もあったと聞く。…いや〜つくづく時代を感じるな、結構なジジイの俺ですらピンと来ないもの('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 26, 2016

ノブコブ吉村 宝くじ「億」当たった芸人がいることを明かす http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/25/0009697254.shtml
>2016.11.25(Fri)
09697255「年末ジャンボ宝くじ」とのコラボ企画会見に出席した(左から)吉村崇、徳井健太、すっちー、山田花子、酒井藍、宝くじ「幸運の女神」の猪原彩咲さん=大阪市内 http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/11/25/Images/09697255.jpg
>この日は、宝くじ200枚(6万円分)を賞品にしたゲームを行うことが伝えられると、同席した吉本新喜劇座長のすっちー(44)が、すかさず「それ、この場でもらえるんですね?会社経由じゃないですね?」と確認。「去年(同じイベントで)吉本がいったん番号控えさせろと言い出して、えらいモメたんですよ」と社内事情を暴露していた。

キッツ!キッツいわ〜。いかにシブチンで知られる吉本とはいえ、これはさすがにキツ過ぎる。
 芸能人がTV番組でゲットした賞金や賞品ってちゃんともらえるのか?ってのはお茶の間の長年の疑問で、

 逃走中やクイズ番組でもらえる賞金は、本当に全額もらえるのですか... - Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316330073

完全にこの↑ベストアンサーの通りだったとすると、まず番組の方からはきちんと出されると。その上で、事務所とタレントの取り分といった話になる(場合によっては番組や局に「貸し」を作るべく返納するという事もあるだろうし)。で、吉本ではこうであるならば…本人の努力で勝ち取ったものではない、事務所が取って来た仕事のギャラの一部なんだから当然こっちの管理下にあるべきだと。まあ理屈は通ってる。通ってるけどさあ、そりゃ億とか当たったらその何割だって馬鹿にならない額だし「渡す前に引くぞ」ってなるのももっともだけど、どうせ300円(=末等)×20が精々でしょ?それぐらい…いや、「初めてのギャラは500円、そこから税金引かれて450円を2人で割って、電車賃にもならない、赤字です」なんて吉本芸人の話よく聞くもんな。そういう小さいのの積み重ねでこんにちの繁栄があるのだろうし。しかしそれにしてもこれは小さい…('・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 22, 2016

最高1億が毎回?新公営ギャンブルくじ「当たるんです」って何だ!?(2)発売開始時期は12月中旬が有力 http://www.asagei.com/70346
>2016年11月20日 17:54
>「当たるんです」には、当選金額の異なる「ギガ」「メガ」「ミニ」の3種類があり、いずれも後半4レースの1着車番を当てるもの。それぞれの確率は4096分の1で、その他のくじの当選確率と比較すると、かなり高確率であることがわかる。それで「毎日、必ず1人に1億円」となれば、オートファンでなくても興味をそそられるではないか。
>スポーツ紙記者が話す。
>「最大のポイントは、1口が高額ということです。1億円の『ギガ』にいたっては1口3万5000円ですからね。同じ1億円の年末ジャンボミニなら116枚買える。この場合の当選確率は約1万2300分の1ですから『当たるんです』のほうが宝くじより高確率なのは確かですけど‥‥」
>1口3万5000円が4096口集まれば総額1億4336万円となり、1人に1億円が当たる。購入数が倍の8192口であれば、2人が当選というわけだ。
>レース部デスクが話す。
>関係者からは『車券の選択肢が増えることは好ましいし、500円玉が143万円という発想は手軽でおもしろい』という声は聞きます。ただ、非課税の宝くじと違って2割〜2割5分の税金がかかりますし、この不況下で1口3万5000円のくじがどこまで人気を集めるのかは、心配ですね」

太い勝負をするとはお世辞にも言えない俺だが、開催本場(オートに限らない)に行く時は必ず3万は持って行く。何があるか判らないからだ。とはいえ、若い頃は帰りの電車代だけ残して勝負してスッテンテン…なんて事もあったがもう大人だ、負けっ放しヤられっ放しでも最後の万札が崩れそうになったら「今日は日が悪かった」と(不承不承だが)撤収する、3万そっくり行かれる事はない。まあ、ナンボ負けたら…っていうデッドラインはそれぞれだろうが、例えば毎回3万ヤられるとして、週2だったら3×2×52≒300万。その人の年収や生活レヴェルにもよるだろうが、笑って済ませられる人はそれほど多くはあるまい。だからこの「当たるんです・ギガ」の1口3万5千円(=当たらなかったら毎回それだけイかれる)ってのはハードル高いよなあ。
 ジャンボくじを100枚買っても3万円。なら大差ない…訳はない、ジャンボは年5回、1等1億程度のを全部カウントしても山陽オートの開催日数とは頻度が違う。ましてやモトロトのように他場分まで発売する(ように読める)となったら、カネがナンボあっても足りない。それこそ宝くじよろしくグループ買いが主流になるんだろうが、前述の開催日数を思うとそうオイソレとは手を出せそうにない。現実的なところでは「ミニ」を2口=1000円…それでも年間300日だったら30万か。俺は普通に車券買ってる方がエエわ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 10, 2016

これが現実?宝くじ「1億円当たった」男性が語る…悲しい末路 http://sirabee.com/2016/09/10/160596/
>2016/09/10
>宝くじを買って、億万長者になる夢を描く人もいるだろう。しかし高額当選者になったからといって、必ずや幸せな人生を手に入れられるわけではないようだ。
>しらべぇ取材班は、過去に宝くじで1億円が当たったことがあるというAさん(男性・関東在住)に話を聞くことができた。その中で、高額当選者の悲しき末路が明らかに。

 >「当時は40代でした。いわゆる零細企業に勤めていて、給料は残業代などを入れても30〜35万円といったところ。
  >当たったときは…声が出なかったですね…。心臓がバクバクして、夢かと思ったのと、これで人生は順風満帆だという安心感もあり…。妻と大泣きしました」
 >「4,000万円で家を建て直しました。信じてもらえるかわからないですが、きちんと形に残ったものはそれくらいですね…。
  >『高額当選すると金銭感覚が狂う』というのは、当選したときに貰った本を読んで理解はしていたんです。でも自分は大丈夫だろうと思っていました…。
  >しかし現実には1億円もあると、『1億円もあるんだし、たった1万円くらい』とか、ほんとうに金銭感覚が麻痺してくるんです。
  >日々の生活の中で、いい洋服を買ったり、いいお肉を食べたり、移動にタクシーを使ったり…。こんな些細なことを繰り返すうちに、気づけば残高はどんどん減少。
  >2年足らずで1億円は綺麗サッパリなくなりました…。その後は苦しかったですよ。『たった1万円』なんて思っていた生活から、また30万円でやり繰りしないといけない生活ですから…」

>(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)


見出しで「悲しい末路」なんてあるから、親戚やら知己やらにタカられ毟られ何もなくなったとか、この1億を元手に事業興して失敗して借金何倍何十倍…なんてのを想像したら全然じゃないの。そりゃ嫌な思いもしたけども、家を建て替えて2年間良い思いしたんだったら充分だろうよ。
 とはいえ、自分に限って金銭感覚が狂う事はないと思ってた…っていうのはよく解る。

 >日々の生活の中で、いい洋服を買ったり、いいお肉を食べたり、
  移動にタクシーを使ったり…。こんな些細なことを繰り返すうちに

そう、些細というか、塵も積もれば山なのよね。億なんて言わず、3競オートでもパチでも何でも良いが、5万とか10万とか勝ったとする。で、取り敢えず銀行に預金しとく。するとこれ、大体ひと月しないでなくなる。でもって何に使ったかも覚えてない。
 実際のところ、それまで298とか398の激安弁当で済ませてた昼メシをちょっと良い店で1千円使ったりとかしてるのだ。でもって夜も、ビールもう1本とか。だからバクチセオリーというか先人の教えとして、勝って万単位入ったら何か買え!と。高級店でグルメやオネーチャンの居る店で大盤振る舞い、あるいはフーゾク…といった使い方も良いが、そういう記憶に残るものより形に残るもの、ブツの方が良い。後で「これあの時ので買ったんだよな」「実質500円w 」とか、振り返ってニヤニヤ出来るし( ´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 13, 2016

img_a46229d367f6c1d6dacb08d878d5635c156997アラブ首長国連邦のドバイにある職場の車販売代理店で、取材に応じるインド人のモハマド・バシール・アブドル・カダルさん(2016年8月11日撮影)。(c)AFP/KARIM
SAHIB http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/4/1024x/img_a46229d367f6c1d6dacb08d878d5635c156997.jpg
img_39aab1d6facd799c8137375b1524ba2a221671アラブ首長国連邦のドバイ国際空港で、着陸に失敗し炎上したエミレーツ航空機(2016年8月3日撮影)。(c)AFP/Gulf News
Dubai/Ahmed Ramzan http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/9/1024x/img_39aab1d6facd799c8137375b1524ba2a221671.jpg
飛行機事故生き延び1億円当せん、インド人男性の波瀾万丈の1週間 http://www.afpbb.com/articles/-/3097169
>2016/08/12 13:29(ドバイ/アラブ首長国連邦)
>【8月11日 AFP】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で暮らすインド人のモハマド・バシール・アブドル・カダル(Mohammad Basheer Abdul Khadar)さん(62)は波乱に満ちた数日間を過ごした。
>英字紙ガルフニューズが報じたところによると、カダルさんは1週間の内に、ドバイの空港での飛行機事故を生き延び、ドバイの空港商業施設の運営会社が運営する宝くじで100万ドル(約1億円)を当てた。
>カダルさんが家族と共にインドで休暇を過ごしてUAEに帰国する際、搭乗していたボーイング777型機が着陸に失敗、炎上した。事故が起きたのは3日で、乗客乗員300人は全員無事に避難した。
>そのわずか6日後、カダルさんはインドに向かう途中で購入した宝くじが100万ドルの当せんくじだと知った。
>ガルフニューズによると、ドバイの車販売代理店で働くカダルさんはインド南部ケララ州に帰省する際に宝くじを買うのを習慣としているという。カダルさんは「私は質素な生活を送っているし、そろそろ引退する時期。飛行機事故を生き延びたとき、神が第二の人生を与え、このお金を授けてくれたのだと思う」とコメント。引退後はケララ州に戻り、経済的支援の必要な子どもたちのためにお金を使いたいと話した。(c)AFP

宝くじ高額当選のニュースはしばしば目にするが、1億ってのはニュースになるほどの高額ではない…ってインドの貨幣価値からするとそんなもんじゃない大金であるらしい。っつうかそれより、リアルな生命の危機(実際死者も出ている)を切り抜け、

 航空機炎上から脱出の6日後、宝くじ1億円当たる 印男性 http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35087341.html
 >カダル氏が搭乗していたエミレーツ航空521便の事故では、ドバイ国際空港に着陸する際、機体が滑走路上を滑り出火。機体胴体の上半分が焼失し、救援に駆けつけた消防士1人が死亡、乗員乗客300人のうち13人が軽傷を負った。

その週に当選なんだもんな。僅か1週間の間に大規模幸運2つなんて並外れてるよなあ。ウン、やっぱ凄いよこの人。ついでにLOTO7の出目予想でもしてくれないもんか(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 16, 2016

宝くじに当たった人の使い道「貯蓄」が44・8% http://www.nikkansports.com/general/news/1663357.html
>[2016年6月15日9時49分 紙面から]
>夢を描いて買うけれど、本当に当たったら堅実に貯金−。宝くじで高額当せんした人に使い道を聞いてみたところ、こんな姿が浮かんだ。
>みずほ銀行が14日までに、15年度の宝くじ長者白書を発表した。1000万円以上の高額当せん者を対象に当せん金の受け取り手続きをした際にアンケートし934人が回答した。結果によると、購入動機で最も多い回答は「夢を持ちたいから」で42・6%を占めた。「お金が欲しくて一発勝負」は9・0%。一方、複数回答で聞いた当せん金の使い道は「貯蓄」が44・8%で最も多かった。ほか「旅行」15・7%、「退職する」としたのは0・4%の4人だった。

これ見出しだけ見て「夢の○億円とか言ってるけどいざ当たったら預貯金かよ」って思ってしまったけど、調査法も記事も悪いわ。

 >1000万円以上の高額当せん者を対象

いや、そりゃ高額は高額だけどさ、ぶっちゃけ1000万ポッチじゃ会社なんか辞めれんでしょ。割増退職金出る状況下だったら「さらにプラス1000万なら行っちゃえ!」ってのも有りかもしれないけど、そうまでして人を減らしたい会社は既にやっちゃってる、もうそんな話を聞かなくなって久しいしねえ。
 でもって

 >当せん金の使い道は「貯蓄」が44・8%で最も多かった。
  ほか「旅行」15・7%

借金やローンの返済って答えはなかったんだろうか?

 >「お金が欲しくて一発勝負」は9・0%

なら結構いそうな気がするんだけど、ねえ('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 10, 2016

昔は捨ててたうまいもの - デイリーポータルZ:@nifty(榎並紀行) (2016.05.09 11:00) http://portal.nifty.com/kiji/160509196491_1.htm
>2016年5月9日
>食文化は移り変わる。昔は捨てていたり、積極的には食べられていなかったのに、調理法や保存技術の確立などによって人気食材になってしまうこともあるのだ。
>かつてはゴミとして認識されていたものが、今では高級食材としてもてはやされているなんて凄い。尊敬する。
>「昔は捨ててたうまいもの」を、改めて食してみた。
>昔は捨てられてた系グルメの最たるものといえば、まず内臓肉(もつ)が思い浮かぶ。現在ではホルモンは焼肉の人気メニューに昇格しているが、かつては「ホルモン」=「放(ほお)るもん」という認識からその名がついたという俗説もあるくらい、食用としての価値は低かったようだ。
>それが今では焼肉のみならず、各地のご当地料理にもよく使われるようになった。近年では山梨県の「甲府鳥もつ煮」や神奈川の「厚木シロコロ・ホルモン」などが、ご当地グルメの全国大会「B1グランプリ」でゴールドグランプリに輝くなど、よりメジャー感が増してきている。昔はマジ親に迷惑かけたのに、今じゃ雑誌のカヴァーになってそこら中で幅をきかせている。
004焼肉屋もホルモン激推し http://portal.nifty.com/2016/05/09/b/img/pc/004.jpg
>ホルモンが苦手でもハラミなら食べられるという人も多いだろう。内臓肉特有のクセが少ない人気部位だが、こちらも信じがたいことに昔は捨てていたり、ひき肉として加工されたりしていたらしい。も、もったいない。
005それが今や国産の骨付きカルビを50円上回る高級部位に http://portal.nifty.com/2016/05/09/b/img/pc/005.jpg
>上野の精肉店ではオージーのハラミが国産牛のカルビを値段で上回っていた。「特上」なんて呼ばれちゃって…いらない子からここまでのし上がったのかハラミよ。
>タイムマシンがあったら過去に戻って競馬でひと山稼ぐより、廃棄されたハラミを回収しまくって現代で売りさばくほうが確実に金になるかもしれない。競馬はタイムリープ法的なものにひっかかりそうだが、後者は廃棄ロスが減るしエコだし法的にも抜け穴っぽい。

タイムリープ法っていうのは、タイムマシンで過去に行って、既に結果を知ってるものを変えてしまう ━━ 例えば人の生死を変えたり、未来情報を持ってる者の特権で皆が予想するものを100%の確度で当てたり ━━ すると辻褄が合わなくなってしまうのでするべからず(or変えられない)っていうアレだ。でも、それはそれとして、この情報を持って過去に遡れたら大儲け出来るのに…と思う事はあるだろう。ジャンボ宝くじを当てるのは無理でも数字選択式宝くじで6億当てる事は出来る。株やFXでボロ儲けとか。しかしその喩えとして著者が競馬を選んだってのは、競艇競輪オートはもちろん、株などと比べてもネタに出来るだけの一般性、大衆性があると判断したという事で、競馬打ちとしちゃ実にありがたいし、競輪オート打ちとしては競馬が羨ましい。ポピュラリティって大事だよな(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 22, 2016

78億円払い戻し「馬券富裕層」 外れ馬券の経費認める逆転判決(東京高裁) http://media.yucasee.jp/posts/index/14967
>2016年04月21日 16時55分
>競馬の外れ馬券の経費性を巡って、6年間で総額78億3800万円の払い戻し金を受け、追徴、延滞税なども含めて5億円以上の支払い義務(追徴課税約1億9400万円)が発生したのは違法だとして、北海道の男性が国を相手取って処分取り消しを求めて訴訟の控訴審判決が21日東京高裁(菊池洋一裁判長)で行われ、原判決を取り消して、男性側の主張が認められ逆転勝訴となった。
>はずれ馬券が経費に算入できるか否かがポイントとなった今回の訴訟だが、先に大阪の男性の刑事事件(所得税法違反の罪)のケースでは、昨年3月の最高裁判決で経費性が認定されている。ただし、この男性と北海道の男性が根本的に異なっている点は、大阪が予想ソフトをアレンジした運用で買い目を全レース購入していく、自動的なものに対して、後者は自身で培った経験を基にして様々な要因を組み合わせて分析して購入するというもの。いわば前者が自動、後者が手動ということになる。
>大阪の男性のように機械的に全レース購入するような継続的、恒常的な経済活動があると認められれば、外れ馬券は経費として認定される。しかし、全レース購入しようとも、北海道男性のように独自の予想での購入はギャンブルだとして一時所得扱い、つまり外れ馬券は経費ではないと認定されていた。
>北海道男性の場合は、一審ではレースごとに自身で予想しており経済活動として認められなかった。ただ、控訴審では男性の主張をほぼ全面的に認めている。男性は「コンピュータソフト以上に正確な分析を行っていたことは明らかだ」などと主張していたが、まさに「天才馬券師」と言うほかない。6年間総額78億3800万円の払い戻し金という数字が、それを語りつくしている。
>確率的にもこんな天才は出現しないと思われるために、競馬などギャンブルは基本的に一時所得であるという前提になる。昭和45年の参議院大蔵委員会で、当時の国税庁長官・吉國二郎氏による興味深い答弁があるのでここに記しておく。一時所得か事業所得か、について「御承知のように、ギャンブルの所得は一時所得になるわけでございますが、もちろん常習でやっておればそれは事業所得になる場合もございます」と、事業所得の可能性に触れた。
>そもそも、馬券による富裕層の誕生はないものと国はこれまで考えていたが、国税庁はすでに所得税基本通達34−1の改正を予定しており、2人の男性は国を動かし、馬券富裕層への道筋をつけたという意味もある。

バクチ打ち的には得たり、大変真っ当な判決ではあるのだが、これを推し進めると外れ馬券を経費として認める=本業の損金として扱う、って事にもならないか。そもそもが最初に約25%控除されてるんだから利益に課税する事は二重課税だ…っつう声はあったけど、まんまでそれに沿った判決が今回出てしまった(まだ検察が控訴し、最高裁まで行く可能性はあるが)。
 前にも書いたが、例えば馬主がアタッシェケースに札束詰めて競馬場に来て、毎レース束で買って…なんて場合、毎レースごとに申告しなければならないという、法律が全く現実に即してないものになっていた。やっぱ究極的には、宝くじみたく払戻金には課税されないってすべきだよなあ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 09, 2016

当たりクジを操作して大金ゲットをもくろみ有罪判決を受けた男の弟も共犯に浮上 http://gigazine.net/news/20160408-brothers-rig-lotteries/
>2016年04月08日 20時00分00秒
>2015年にアメリカの宝くじの当選番号を違法に操作して当選金をゲットした罪で起訴され有罪判決を受けたエディ・ティプトンは現在服役中で、宝くじの不法操作に関係のあるコロラド州など4州から制裁金を課される可能性のある裁判を控えています。そんな中、ティプトンの弟も宝くじ詐欺に関与した疑いが濃厚となり起訴されています。
>エディ・ティプトンが不正操作したのは「Hot Lotto」という1から47までの数字5つとHotballナンバーと呼ばれる1から19までの数字1つの合計6つの数字を指定するという宝くじで、日本円にして数十億円の当選金がかけられることもある、まさに一獲千金な宝くじです。
>Hot LottoはMega MillionsやPowerballなどのようなボールマシンを使った当選番号選定システムではなく、コンピューターによって当選番号を選ぶ仕組みが取られています。
>当時、エディはHot Lottoを管理するMulti-State Lottery Association(全米宝くじ協会)のセキュリティディレクターという立場にあったことを利用して、ウィスコンシン州にある当選金選出コンピューターに、不正なコードをインストールして、ランダムな番号選出プログラムを阻害して、当選番号を操作可能なアルゴリムを使うことで、当選番号を不正に操作したとして起訴されました。
>そして、検察は2016年4月になってエディの弁護側証人を務めたトミーを、宝くじの当選金を不正に得た詐欺罪で起訴しました。起訴内容は、トミーがコロラド州とオクラホマ州で120万ドル(約1億3000万円)の当選金をだまし取ろうとしたというもので、この宝くじもHot Lottoであるとのこと。
>ティプトン兄弟が関与したとされる当選金の不正取得は、アメリカ国内の5つの州の6つの宝くじで、合計金額は1900万ドル(約21億円)以上とみられています。
a09http://i.gzn.jp/img/2016/04/08/brothers-rig-lotteries/a09.jpg
>コンピューターによって当選金を決定するプロセスを採用すれば、このような不正行為が行われることは予測できたはずで、Hot Lottoの当選番号選びの方法は、昔ながらのボールシステムに戻すべきだという指摘が挙がっています。
a03http://i.gzn.jp/img/2016/04/08/brothers-rig-lotteries/a03.jpg


コンピュータちゅうのは外野にとってブラックボックスであるから、仮に、本当に不正をしてなかったとしてもこういう嫌疑をかけられる宿命から逃れられないシロモノで、でもって実際こんな事が起きちゃったら「ホレ見ろ言わんこっちゃない」だ。3競オートの選手を管理棟に監禁し、通信機器も取り上げ外部との接触機会を断つ事で八百長嫌疑から逃れてる日本的ギャンブル感覚だったら絶対にあり得ない、本当直ちにボールシステムにするべきだ。…アレか、かの国にも理権構造みたいのがあって、コンピュータ業界が手放さないとかなのかねえ('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 02, 2016

ナンバーズとロト、システム障害で深夜1時に抽選 http://www.nikkansports.com/general/news/1599610.html
>[2016年2月2日1時50分]
numbersP2016020104818-w500_02日午前1時すぎから行われたナンバーズの抽選(「宝くじ」公式サイトから) http://www.nikkansports.com/general/news/img/numbersP2016020104818-w500_0.jpg
>みずほ銀行は1日、数字選択式宝くじ、第4329回ナンバーズと第1041回ロト6の抽せんが、システムトラブルの影響で遅れたと明らかにした。
>抽せんは午後6時45分ごろから約1時間で終える予定だったが、販売実績額の集計ができなかった。システム障害は1日のうちに解消できず、抽選が始まったのは日が変わって2日午前1時10分すぎ。みずほ銀行の宝くじホームページのサイトでは、ロト6の抽選の模様を生中継。司会の女性が、当せん番号を淡々と読み上げていった。
>宝くじのシステムはみずほ銀行のシステムとは別で、外部委託しており、同銀行が障害の原因を調べている。数字選択式宝くじをめぐるトラブルは少なくとも08年と09年にもあった。

昨夜のこの事象は結構話題となってて、ウチの社で皆が気になってたのは結果でも出目でもなく、観客立ち会いの下に行われる抽選がこんな深夜になっちゃさすがに客なんか入れられないだろうしどうするんだろう?と思ってたのだが、ミッドナイト競輪方式だったのか。これなら納得、言われてみればなるほどだ。一方で、システム障害のため販売実績額の集計が出来ずに抽選が長引いたとなれば、これは(競艇の)賞金王決定戦@住之江を思い出す(トラブったのは三国で、今調べたら2004年、そんな昔だったのか)。でもってこの賞金王はせっかく地上波で放送してたのに中継枠に収まらず、「番組終了時間が迫って参りました、試合の途中ですが皆さんさようなら」な野球中継的尻切れトンボとなったのだった。…やっぱネットの方が融通利くし楽だな('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 01, 2016

【実録】『スクラッチの宝くじ』を100万円分買ってみた http://rocketnews24.com/2015/12/31/685068/
>Yoshio2015年12月31日
p1390433https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390433.jpg
>人生で初、そして最後の大バクチでした。
>さて、みなさんは『スクラッチくじ』という宝くじをご存知でしょうか。その言葉通り、削ればすぐに結果がわかるクジです。だいたい1枚200円で、10枚セットで販売されています。
>その1枚200円のスクラッチクジを100万円分買ったら、1等は当たるのでしょうか。子供の頃から気になっていたので買ってみました。ただ、その前に嫁を説得する必要があります。なぜなら、自腹購入なので……!

 >私:「スクラッチクジを100万円分買って、どのくらい当たるか試してもいい?」
 >嫁:「いいんじゃない、だって、もし本当に当たったらアナタのモノになるってことでしょ? ちなみに100万円分って何枚?」
 >私:「5000枚。」
 >嫁:「それさ、そこそこあたりそうじゃない?」

>さすが私の嫁、理解がチョッパヤです。むしろ「そこそこ当たりそうじゃない」という返事までもらえました。これで準備は完了です。
>ということで、まずは銀座に行って、みずほ銀行で100万円をおろしました。宝くじを買うために100万円をおろしたのは初めてです。足のブルブルがマジでおさまりません。
>さて、おろしたてホヤホヤの100万円をガッチリ握りしめて、今度は当たりが出ると有名な数寄屋橋の宝くじ売り場へと向かいます。すると、その日は年末ジャンボの発売最終日。長蛇の列ができていました。ただ、私が買うのはスクラッチ100万円分。この列に並ぶ必要はないのです。なんという優越感。私の列はコッチです。コッチコッチ。
p1390320-1https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390320-1.jpg
p1390326https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390326.jpg
>ドキドキしつつ並び始めて5分後、スタッフから「どうぞ〜!」という声が。早速、「スクラッチ100万円分ください!」と伝えると、「ええええ?? はい?」という困惑した表情。回りにいたスタッフにも動揺が走ります。
>すると、奥にいたスタッフがお札を扇状に広げて数え始めました。スタッフによると、一度にこれほどスクラッチを買った人は見たことがなく、最高でも10万円程度とのこと。
p1390349_2ahttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390349_2a.jpg
>最後に「当たりますように!」と優しい声をかけてもらい、スクラッチがいっぱいに入った紙袋を2つ渡してもらいました。はぁぁ……。なんという満足感と高揚感でしょうか。
p1390359_ahttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390359_a.jpg
p1390401https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390401.jpg
>とにかく、無事にスクラッチクジ100万円分を入手できました! あとは会社に帰って削るだけ!
img_2429https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390442.jpg
>その前に、今回購入したちびまる子ちゃんのスクラッチ宝くじの等級と、本数を確認しておきましょう。今回のクジは、全体で250万通、5億円分が売り出されているそうです。
p1390442https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/p1390439.jpg
p1390439https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/img_2429.jpg

 >1等(100万円)…… 25本
 >2等(10万円)…… 50本
 >3等(5万円)…… 100本
 >4等(1000円)…… 1万4400本
 >5等(200円 )……25万本
 >クリスマス賞 (1万円)……1万2500本

>私は5000枚(100万円分)を買ったので、それを元にどの程度当たりがでるのか、確率を出してみたいと思います。

 >・1等100万円が出る確率 → 10万通に1本なので → 20分の1。
 >・2等10万円が出る確率 → 5万通に1本なので → 10分の1。
 >・3等5万円が出る確率 → 2万5000通に1本なので → 5分の1。

>まず1等〜3等の出る確率ですが、意外と高いって思うは私だけでしょうか? だって1等が20分の1でしょ!? いやコレ、マジで出るんじゃね?(笑)
>次に4等からクリスマス賞ですが、これは本数が多いので5000本中、必ず何本か入っていることになります。

 >・4等(1000円)……28本前後
 >・5等(200円)……500本
 >・クリスマス賞(1万円)…… 25本

>つまり、5000枚の中には、4等28本前後、5等500本、クリスマス賞25本入っている計算となり、それらを合計すると、

 >(1000円×28)+(200円×500)+(10000円×25)=37万8000円

>そう! つまり、37万8000円は当たる可能性があるのです。100万円使っても、約38%は戻ってくるなら少し安心ではないでしょうか。逆を言うと、約60万円を使ってギャンブルしているようなもの。なんだか当たる気がしてきました!
>それでは、そろそろ結論にまいりましょう。スタッフ総出で削り、かかった日数は約5日間。
>まず、クリスマス賞(1万円)ですが、これは全部で24本も入っていました。金額にして24万円。予想の25本に1本届かず残念な結果に……。
>次に5等の200円。これは全部で486枚入っていました。金額で言うと9万7200円。おかしい(笑) 5等は必ず500枚入っているのに14枚足りません。どこかにいってしまったんでしょうか(涙) 今さら大量のハズレクジから探す力はありません……。来年にでも探そうっと。
>そして、4等の1000円。これは全部で28枚ありました。金額にして2万8000円。予想とドンピシャ! スゲゲゲぇぇぇ……!
imagehttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/img_2508-2.jpg
>以上、必ず当選する等級から見てきましたが、次は、おまちかねの1等、2等、3等の結果となります。
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>なんということでしょう!! 1等〜3等が……
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>ジャンガジャンガじゃんがじゃんが〜♪
>Report:Yoshio
>Photo:RocketNews24.続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 17, 2015

パチンコ店で生活保護受給者調査、支給停止も 別府市 http://www.asahi.com/articles/ASHDH6JTJHDHTPJB015.html
>2015年12月16日16時47分
>大分県別府市が、パチンコ店などに生活保護受給者がいないか調べて回っていたことがわかった。10月に調べた際は、発見した受給者25人のうち数人が調査中に複数回パチンコ店にいたとして、支給額の大半を1カ月間、停止していた。厚生労働省は「調査は適切ではない」としている。
>市が15日の市議会で明らかにした。調査の根拠について、市は支出の節約に努めることなどを求めた生活保護法と説明。担当者は「他の納税者から苦情は多く、法の趣旨に反する人がいれば厳しく指導せざるを得ない」とする。受給開始に際し、遊技場に行くのは慎むとする誓約書を取っていることも理由に挙げた。
>市によると、10月の計5日間に、市職員35人が同市内の13のパチンコ店と市営別府競輪場を巡回。受給者25人を見つけて市役所に一人ずつ呼び出し、行かないように注意。調査した5日間で再び見つけた受給者については、支給額の大半を1カ月分取りやめた。

これ、生活保護を需給してない人からすると極めて腹立たしい事象で「別府市GJ!」ってなるのは当然だろう。それは承知の上で言わせてもらうが、バクチやるヤツは「負けてもいいや」って気持ちで手ェ出すのなんか居ない、みんな「勝とう」「殖やそう」と思ってやってるのだ。バクチは胴元が勝つように出来てるってのは確かだが、それでもその日、勝って帰る客が何人かは居るという厳然たる事実がある。でもってパチや3競オートより遥かに控除率の高い(=期待値が低い)宝くじやLOTO(=バクチである事は論を待たない)だったら、こうまで批判されないばかりか、逆に「ささやかな夢を託す気持ち解るよウンウン、当たるといいね生活保護抜け出せたらいいねぇ」なんて応援する人すら居るだろう。なぜパチや3競オートだけが悪く言われにゃならんのだ。カラオケ行きました風俗行きましたって言うんなら叩かれて当然だ、ただ一時の快楽に興じただけ、何の生産性もない行為なんだから。でもバクチは断じて違う。
 いや、バクチやらない人からしたら屁理屈に映るのは解ってる。そもそもバクチが発端でこんにちのテイタラクに…とか、生活保護支給日に全額引き出して意気揚々と場に出向いて…なんてのも中には居るのかもしれない、いや結構な率で居るのだろうな。でもその場合は、生活保護以前にギャンブル依存症の問題であって、何よりもまずそっちのカウンセリングを受けさせるのが先決だ。クドいようだが、バクチは何の生産性もない一時の快楽に興じる行為では断じてない。生活保護を需給してない健全な(?)一バクチ好きとして、こうまでバクチが短絡的に悪者にされる事に対して非常に強くイキドオリを覚えるヽ(`д´)ノ

オッズ・アゲインスト・トゥモロー
オッズ・アゲインスト・トゥモロー

アーティスト:ザ・モダン・ジャズ・カルテット
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2011-12-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 10, 2015

「2億円当せん券売る」 北見の男性170万円被害 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0211075.html
>12/09 07:33
>【北見】北見市の50代男性が7日、宝くじの当せん券をめぐり現金170万円をだまし取られたと北見署に届け出た。同署は特殊詐欺事件とみて調べている。
>同署によると、男性宅に11月上旬、占い師を名乗る男から「近々(あなたに)金が入る」と電話があった。さらに11月中旬ごろ、架空の金融機関従業員を名乗る男から「2億円当せんの換金されていない宝くじの券を、200万円で売ることができる」と電話で持ち掛けられた。
>男性は12月3日、男の指示で、オホーツク管内大空町の女満別空港から航空会社の貨物輸送サービスを使って、現金を東京都内の住所に送った。その後、金融機関従業員を名乗る男がさらに現金を要求したことから、北見署に相談した。

犯罪被害者の事を悪く言うのは追い討ちを掛けるみたいでちょっと気が引けるんだけど、でもこれはヒドイ。何でこんなレヴェル低いのに引っ掛かっちゃうかねえ。犯行グループも、アッサリ決まり過ぎちゃって拍子抜けしたんじゃないか?
 これが逆に「1億の当たり券を1億2000万で買いませんか」なら解る。実の親子であっても、カネをくれてやる際は110万を超える額に贈与税が発生する(1億だったら約5000万円)、「それが2000で済んだらお得でしょ?贈与したい相手が当たった事にして、自分で換金すればいい」と。そうやってカネ巻き上げて当たってない券や偽物を渡す、あるいはいきなりトンズラしちゃうと。これなら詐欺としても知能犯だ。対してこっちは、本当に知能がない。被害者には、引っ掛かっちゃった事ではなく「引っ掛かっちゃうぐらいの程度である事」それ自体に同情する。もう、読んでて情けない(´・ω・`)

マネー・ジャングル
マネー・ジャングル

アーティスト:デューク・エリントン
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-10-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 06, 2015

銀座の宝くじ売り場行列先頭の男性 過去最高当せんは3千円 http://www.news-postseven.com/archives/20151203_368100.html
>2015.12.03 07:00
>まだ薄暗い明け方6時の銀座の街には、すでに70人近い人が列をつくっていた。今年もドリームジャンボで1等・前後賞合わせて7億円、サマージャンボで1等・前後賞合わせて7億円が2本当せん。平成に入ってからの億当せんは470本で計717億円を超え、名実ともに“日本一”の売り場といわれる『西銀座チャンスセンター』。
>いちばん乗りは、宝くじ購入歴40年というベテランの山浦健志さん(68才)。長野県から出てきたのは発売4日前のことだ。
>「どうしても1番になろうと思ってさ(笑い)。寝袋に着替え、タオルに歯ブラシを持ってやってきたんだよ。途中雨が降ったときには、売り場の軒先で雨宿りさせてもらったり。さすがにひとりの間は寂しかったねぇ」
>そう言うと、すぐ後ろに並んでいた4人の男性たちが笑いながらうなずく。鈴木さん(67才=神奈川県)、山田さん(74才)、恩田さん(63才=埼玉県)、白井さん(71才=千葉県)と山浦さんの5人は、ジャンボ宝くじ発売の度に先頭にならぶ名物おじさん「銀座宝くじ5人衆」だ。
>全員揃ったのは発売前夜。軽く飲みながら一緒に発売を待つのが恒例だというが、今年は1等・前後賞合わせて宝くじ史上最高額の10億円とあり気合もひと味違ったという。
>「今までの最高当せんは3000円なんだけどね(笑い)。今年は10億でしょ! 日本橋の福徳神社と新橋の烏森神社に行って当せん祈願してから来たよ。どちらも当たるっていうので有名な神社だからね」(前出・山浦さん)
>窓口が開くと、山浦さんは連番30枚とバラ3枚を購入。山田さんはなんと1000枚! 5人ともこだわりの方法で購入すると、「また次のジャンボで!」と解散していった。
>※女性セブン2015年12月17日号


何という本末転倒w 夏の甲子園のラガーさんとかはまだしも、こっちはギャンブルなんだから。純粋に投資として見たらお話にならない、損切りしてそのエナジーというかリソースは他に回すべきものだ。
 とはいえ、同病相憐れむ仲間と楽しくやってるのなら、外野がアレコレ言うのは野暮というものかもしれない。つうか、俺が手を出すオートレース競馬競輪だって、宝くじより遥かにマシであるとはいえ、それでも控除率30〜20%というのは金融取引と比べると投資条件としては極めて悪い。でもって、そういうバクチで俺が勝ってれば問題ないが現実は決してそうではない。「ギャンブルで負けたくなかったら、そもそもギャンブルなんてやらない事だ」っていう物言いや理屈は重々承知してて、その上で、その状態に肩までドップリ浸かってるのだから。そりゃこの人達みたく何日も前から泊まり込んだりはしないが、こっちだって他人の事なんかとても言えたもんじゃない。上から語っちゃいかんわな(´・ω・`)

ワン・モア・チャンス
ワン・モア・チャンス

アーティスト:MALTA
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2001-03-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 01, 2015

「若者の宝くじ離れ」に「またか」 http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20151130-00046130-r25
>2015.11.30
2ce422fb.jpg根強い「宝くじファン」は多く、発売日には行列ができる売り場も ※この画像はサイトのスクリーンショットです http://amd.c.yimg.jp/amd/20151130-00046130-r25-001-1-view.jpg
>11月25日に、年末ジャンボ宝くじが全国で一斉発売された。今年は1等が7億円で、1億5000万円の前後賞を合わせると史上最高額の10億円となる。また宝くじ発売70年を記念し、70万円が当たる特別賞も約1万本用意されているとのこと。
>FNNニュースがこのトピックを、

 >「宝くじの売り上げは、若者の宝くじ離れなどで、減少傾向が続いていて、賞金額をアップすることで、売り上げ増加につなげたいとしている」

>と紹介すると、ネットユーザーたちからツッコミの声が上がった。「若者の○○離れ」は「若者の新聞離れ」「若者の車離れ」など、報道でしばしば使われる定型句だが、あまりにも多用されることから、「なんでも若者のせいにするな」と、ネット上では一種の定番ネタ化しているのだ。
>ツイッターでは

 >「若者の宝くじ離れって…なんでも若者の○○離れってすりゃいいと思うなよ」
 >「今『若者の宝くじ離れ』という単語がテレビから聞こえた。もはや釣りとしか思えなくなってきた」
 >「FNNニュースで『若者の宝くじ離れ』と言っていて、そんなことどこで調べるんだろうと思った(笑)」

>などといった意見が多数みられる。
>冬の風物詩ともいえる「年末ジャンボ」も、「若者の○○離れ」ネタの餌食(?)になってしまった…というニュースだった。
>(花賀 太)


売上不振の理由を何でもかんでも「若者の○○離れ」で片付けるのだって、単なる思考停止でしかないよな。とはいえ、確かに若年層の可処分所得の減少という現実はあって、だからどんな業界でも若年層をいかにして取り込むか苦闘してはいるが、その上の、今現在コアな層でありながら取りこぼしてるトコロ、をケアする方が正直手っ取り早いとは思う。それは3競オートももちろんそうで、まだまだやりようがある筈なんだよな( ´-`)y-~~~

Younger Than Springtime
Younger Than Springtime

アーティスト:Ross Tompkins
販売元:Arbors
発売日:2001-09-04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 17, 2015

服部学園・服部幸応理事長の長男を逮捕 1100万円架空請求で背任の疑い 「ナンバーズに使った…」 警視庁 http://www.sankei.com/affairs/news/151116/afr1511160009-n1.html
>2015.11.16 13:18更新
00491f6f.jpg 服部幸応・服部学園理事長 http://www.sankei.com/images/news/151116/afr1511160009-p1.jpg
>取引先に水増し請求させるなどして服部栄養専門学校を運営する「服部学園」(東京都渋谷区)に損害を与えたとして、警視庁捜査2課は16日、背任容疑で、服部学園元総務部長、染谷吉彦容疑者(43)=東京都新宿区西新宿=を逮捕した。同課によると、「(数字選択宝くじの)ナンバーズに使った」などと容疑を認めている。染谷容疑者は服部学園の服部幸応(ゆきお)理事長の長男。
>染谷容疑者は、取引先にデザイン料などを水増し請求させたり架空請求させたりして、正規料金との差額を実質管理する知人の口座に送金させる手口で、平成24年ごろから数千万円を不正に得ていたとみられる。

大木こだまよろしく「そんな奴ァおらへんやろ〜」と突っ込みたくもなる。

 大木こだまひびき 漫才 チッチキチー 往生しまっせ そんな奴はおらへんやろー - YouTube

言い訳として斬新過ぎる。競馬とか競艇とか株とかFXとか先物とか(あと女に入れ上げるとか)、横領したカネの使い途ってのはある程度相場は決まってるもので、それが宝くじ、さらにLOTO7とか6ならいざ知らず、よりによってナンバーズって可愛過ぎるだろ。何その小っちゃなスケール。まあ確かに宝くじもバクチには違いないけどもさ( ´,_ゝ`)

フォア&モア
フォア&モア

アーティスト:マイルス・デイビス
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2013-09-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 07, 2015

85歳女性、1億円超の紙幣切り刻んで死去 遺族への嫌がらせ? http://www.afpbb.com/articles/-/3065733?act=all
>2015年11月06日 18:07 発信地:ウィーン/オーストリア
e123cf81.jpg仏北部リールで撮影された20ユーロ札(2013年12月11日撮影)。(c)AFP/DENIS CHARLET http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/b/400w/img_3b4ee5c7a7b993eb31c8953f071c3734232063.jpg
>【11月6日 AFP】オーストリアで、85歳で死去した女性の遺留品から細かく切り刻まれた大量のユーロ紙幣が見つかった。総額100万ユーロ近くにのぼり、遺産を相続する親族への嫌がらせのために女性が細断したとみられる。
>司法当局が5日、明らかにしたところによると、高齢者施設で亡くなったこの女性のベッドから総額95万ユーロ(約1億2600万円)分の紙幣と預金通帳が見つかった。ユーロ紙幣も通帳ももれなく細断されていた。
>検察当局者はAFPに、切り刻まれた紙幣は女性自身の財産であり、刑事事件として成立しないため、遺族はどうすることもできないと語った。
>だが大衆紙クリア(Kurier)は、最後に笑うのは遺族のほうだと報じている。クリアによれば、オーストリア国立銀行(OeNB、中央銀行)は寸断された紙幣について、出所を証明できれば全額交換に応じると話している。

宝くじで高額賞金当たったばっかりに人間関係メチャメチャになったなんて話もある、なら「遺産巡って家族親戚が争うのは忍びない」なんてなってもおかしくないか。それか単純に、自分の財産目当てな姿勢や態度がミエミエで腹立ったとか。
 とはいえ、日本でも破損した紙幣については取り決めがある、

 傷んだお金の引換えについて - 日本銀行 http://www3.boj.or.jp/shizuoka/gaiyou/hikikae.html
 >■お札の引換基準
 >燃えたり、破れてしまっても、表、裏両面があり、残っている面積が全体の3分の2以上であれば全額、5分の2以上であれば半額、として引換えます。
 >なお、面積が5分の2未満の場合は、お札としての価値がなくなり、残念ながら失効となります。
 >■貨幣(コイン)の引換基準
 >溶けたり変形したりしていても模様の認識ができ、重さが正規の重量の2分の1を超えるものは全額で引換え、それ以外は無効となります(ただし金を素材とする貨幣の引換えは、模様の認識ができ、重さが正規のものの100分の98以上を有することが必要です)。
 >貨幣の場合、お札のように半額といった基準はありません。

他国だって当然そういうのはあるだろうし。ましてや無事換金出来るとあっちゃ、婆さんの負けだ。実際のところ、「細かく切り刻まれた」って、どれぐらい細かかったんだろうか?シュレッダーで3×6ミリとかだったらパッと見ゴミだから、遺族も気付かず捨てちゃってしておかしくないけど、刻み揚げみたいな短柵切りだったらモロバレ、それこそ単なる嫌がらせでしかない。対世間や隣近所に向けての、無言の訴えだわな(´・ω・`)

ザ・カッティング・エッジ
ザ・カッティング・エッジ

アーティスト:ソニー・ロリンズ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2013-03-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 03, 2015

300円分の買い物レシートで新車が当たる、税収増へ宝くじ導入 http://www.afpbb.com/articles/-/3062026?act=all
>2015年10月02日 17:32 発信地:ワルシャワ/ポーランド
358b81b2.jpgレジから出るレシートを手にする店員(2007年2月9日撮影、資料写真)。(c)AFP/LOUISA GOULIAMAKI
>【10月2日 AFP】なんの変哲もない普通の買い物レシートが、もしかしたら新車に化けるかも――ポーランドで1日、こんな宝くじが新たに導入された。消費税の脱税を防ぐための政府の奇策だ。
>ポーランド財務省は「10ズロチ(約317円)の買い物した人なら誰にでも、自動車やタブレット型端末、ノートパソコンなどの賞品を獲得するチャンスがある」と説明し、消費者に宝くじのウェブサイトに登録するよう呼び掛けている。
>ポーランドの付加価値税(VAT、日本の消費税に相当)の税率は23%で、エコノミストによると脱税額は推計で年400億ズロチ(約1兆2700億円)に上るという。
>この「レシートくじ」は18歳以上が対象で、レシートをオンライン登録すれば参加できる。最初の抽選日は11月16日に予定され、1か月につき車1台とノートパソコン数台が賞品として当選者に贈られる。
>消費税納付の際の根拠となるレシートを正直に発行した小売店の店主も、そのレシートが当たりくじになれば、米アップル(Apple)のタブレット型端末「iPad Air 2(アイパッドエア2)」がもらえる。
>レシートを活用した同様の宝くじは、ポルトガルやマルタ、台湾でも導入されている。(c)AFP

見出しでは税収増っていってるけど、こりゃ税徴収率向上って書くべきだよな。
 で、これで思い出したのが2、3年前か、ヤマダ電機やビックカメラでやってた「レシートに『当たり』が出たらタダ(上限10万円)」ってキャンペーン。何か300円ぐらいの買い物したら当たっちゃって「どうせならもっと大きい買い物しときゃ良かったああ損した損した損した!」って「引き」の弱い人が嘆いたり…っていうか「あれ本当に確率通りなのか」「安い買い物した人に当たり易くなるようプログラム出来るよな」とか、疑い出すとキリがない訳で、大盤振る舞いの割にありがたみが薄かったように思う。まあ、だからやめちゃったんだろうけど。
 結局コンピュータ抽選ってものに対する不信感とか胡散臭さがらは逃れられないのだから、このレシートくじのように後日抽選にした方が公正感が高まるわな。まあヤマダやビックのその場方式だと「レシートなくしちゃった」とかのクレーム来る可能性を考えなくて良いから楽だってのはあるか。んー。それぞれのメリット・デメリットだな( ´-`)y-~~~

ラッキー・ストライクス
ラッキー・ストライクス

アーティスト:ラッキー・トンプソン
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-05-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 31, 2015

浜松の75歳宝くじ販売員 53本の1等で当せん金が98億円突破 http://www.news-postseven.com/archives/20150730_338440.html
>2015.07.30 07:00
36e45879.jpg【木彫りの布袋を買ってから高額当せん続出(紀じい)】 http://www.news-postseven.com/picture/2015/07/norijii.jpg
>今年のサマージャンボ宝くじ(7月31日まで)は史上最高額となる1等・前後賞合わせて7億円。同時発売されている「サマージャンボミニ」の1等も7000万円にアップ(昨年は6000万円)したことで例年以上の賑わいを見せている。
>日本一有名な宝くじ売り場『西銀座チャンスセンター』(東京都中央区)では、7月8日の発売初日に早朝から350人が列をなした。
>そんな熱心なファンの間で、「よく当たる」と評判の売り場がある。そこには長年にわたって高額当せんを出し続けている超ベテラン販売員たちがいる。
>静岡県浜松市にある『宝くじのマスミ』の“紀じい”こと中村紀雄さん(75)。1952年開店の同売り場では、1986年の「年末ジャンボ」で初の1等を出して以来、これまでジャンボ宝くじで53本の1等を叩き出している。総額は実に98億5000万円。このサマージャンボで1等が出れば100億円を突破する。
>中村さんは独自の「開運術」を持っている。それが誕生したのは、初めて1等を出した前年の1985年のこと。
>「100万円当たったというお客さんからご祝儀で1万円もらったのよ。そんなときにフラッと立ち寄った古道具屋に、木彫りの布袋さんが店の奥に埃を被った状態でポンって置いてあったの。何かピンと来るものがあって、その1万円を元手に買っちゃった。すると翌年に初めてジャンボの1等が出たんです」
>以来、毎年のように高額当せんが出て、地元では評判の人気売り場となった。
>※週刊ポスト2015年8月7日号

この記事だけだと、この売場の中村さんだけが1等を輩出してるのか、当たる売場に勤めるうちの中村さんがたまたま開運について語れるだけなのか、ちょっと判断しかねる。まあ当たる売場やそこに所縁の猫がしばしば記事になるのだから、売場に勤める人にスポットが当たっても別段おかしくはないけれども。
 しかし中村さん、とても75歳には見えない、かくしゃくとしてるよなあ。童顔とか老け顔とかという事ではなく、老け込むっていうのは衰え、やはりネガティヴな要素である事は間違いない。歳を取っても若々しいっていうのは良い事だし、神様だって気軽に来易いよなあ。まあツキなんて理論的根拠のない、完全にオカルトなものだけど、でも「病は気から」って言葉が有ったり「プラセボ効果」なんつうモンも科学的に立証されてもいる。あながち捨てたもんじゃないよな( ´-`)y-~~~

You're a Lucky Guy
You're a Lucky Guy

アーティスト:Dave Frishberg
販売元:Concord Records
発売日:1999-11-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 29, 2015

ナンバーズのゾロ目当せん 3桁なら1年に2〜3回出る計算 http://www.news-postseven.com/archives/20150528_325493.html
>2015.05.28 16:00
>3ケタまたは4ケタの数字を選んで当てる「ナンバーズ」という数字選択式宝くじ。1口200円で、平日は毎日(年末年始を除く)抽せんが行われている。
>そんなナンバーズに、今年になってある異変が起きている。
>1月19日(月)に「222」のゾロ目が当せんしたのだが、その約3か月後の4月21日(火)にも「222」が出たのだ。さらに、5月15日(金)には「2222」まで出現するという事態になっている。
>これと似たような現象は過去にもあった。2010年1月に「999」が出現、同年3月と6月にも出たため、半年で3回も「999」が当せんしたのだ。
>ナンバーズの抽せんは1年に約250回あるため、3ケタのゾロ目は毎年2〜3回、4ケタのゾロ目は4年に1回出る計算になる。
>ナンバーズの歴史の中で、まだ出ていない4ケタのゾロ目は「0000・3333・4444・6666・8888・9999」の6種類。狙って当ててみるのも面白いかもしれない。
>※女性セブン2015年6月11日号

この手の確率論って、必ず「出目平均化の法則」を持ち出す手合いが居るものだが、それは何億何兆、ひいては無限にサンプルを取って行けば理論値に収束しますよってだけで、たかだか4000回強しかやってないナンバーズの出目に偏りが生じるのは当たり前。ましてやロト7なんて、やっと百回を越えたぐらいなんだし。
 もっと言えば、そもそも数字は自身の意志で出て来るものではない。3競オートの「駒(←あまり好きな言葉ではないが)」である選手達にはモチヴェーションとか勝負気配というものが有るから、こちらがそれを読み取り予想に活かす事で的中や勝利に近付ける。然るにナンバーズやロトは、サイコロやルーレットと同様、全ての目の出る確率は一緒だ。だからどんなに真剣に予想しようとも、的中確率はクイックピックと同じだし、各誌紙やweb媒体などでの予想コラムとかも数学的には何の有意性もない。よしんばそれで当たったとかかすったとかしても、それは偶然そうなってしまった(!)のに過ぎない。いやもちろん我々が3競オートについて真面目に予想してるのだって「偶然当たってしまっただけだろ」と言われたら、確かにその可能性は否定出来ないんだけど、でも、それでもなお数学的にはその差は歴然としている。
 まあウチの社にも出目予想に入れ込んでるのは居るけど、だからってソイツを馬鹿にしたりはしない。そこは方便というか、円滑な人間関係のためにはねえ( ´,_ゝ`)

All the Numbers
All the Numbers

アーティスト:Lester Bowie
販売元:Nessa Records
発売日:2009-10-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote