堀江貴文

March 14, 2011

地震情報でtwitterのひとつの可能性示したホリエモンやあゆ http://npn.co.jp/article/detail/76041434/
>2011年03月13日 12時10分
>11日、東日本を襲った超巨大地震で、ホリエモン(堀江貴文氏=38)やあゆ(浜崎あゆみ=32)など有名人twitter(ツイッター)が地震安否情報のハブアカウントをしての役割を果たしている。被災地の電話は地震から2日経った現在もほぼ不通の状況下で、ツイッター上で安否情報のアナウンスをRT(リツイート)しまくることで、フォロワーの多い有名人アカウントには情報拡散効果があるというわけだ。
>あるITジャーナリストは「この有事下でのこのような有名人のツイッターでの行動は称賛に値すると思いますよ。実際、地震直後は関東圏すべてで電話が繋がらなくなってましたし、メールも数時間のタイムラグが生じてしまい使い物にならなかった。でもスマートフォンを持っている人やネットに繋がる環境がある人はツイッターやスカイプでリアルタイムに情報をやりとりできていましたね。『無事なう』なんてツイートひとつでもまわりは安心できますからね。それを考えると、数十万人のフォロワーを持つ有名人が積極的に地震情報をRTしていけば、伝達手段としては、ひとつのハブ放送局みたいな役割を果たしているといえますね」と語る。
>たしかに、ホリエモン(フォロワー数60万)やあゆ(同42万)は、現在でも安否情報などを積極的に情報拡散を行っている。一部の売名行為なのでは?などという外野の声などお構いなしだ。デマや憶測などが流れるなど、まだまだ情報伝達手段としては完全とはいえないが、有名人ツイッターが果たしている役割はツイッターの可能性のひとつを示しているのではないか。

人間の情報分析力には限界が有って、情報量がそれを越えてしまった場合は信頼の置ける他者に評価を委ねるしかない(「〇〇に書いてあったから確かだ」等)。情報の受け手にとって、既存マスコミの存在意義は専らその信頼度に有って(それも今やすっかり地に落ちてはいるが)、でも今回の地震はブログ、YouTube、ミクシィetc.市井の人々が情報発信出来る時代となった今や、被災者自らレポーターでありアナウンサーであり放送局でもある、情報収集能力では既存マスコミの完敗だ。
 もっともそこは素人(たとえフェイスブックの様な記名型のものであっても)、デマやガセネタ(今回有名なトコでは『コスモ石油の爆発で有害物質が、雨の時は云々』)をわざわざ撒き散らかす不心得者も少なからず居て、またそれを【拡散希望】とか称して広める手合いまで居る(たとえ善意でとはいえ、ガセをガセと見抜けずチェーンメールよろしくスパムしたのは罪だ)。で、ならば、ヘタな事書くと叩かれるというポジションが担保になる著名人のツイッターをフォローしてしまうのが一番手っ取り早い。そして少なくともホリエモンやあゆはそういう立場に極めて自覚的で、フォロワーの要望にそれは見事に応えた。人となりに毀誉褒貶有る二人だが、この行動に限ってだけでも大いに称賛されて良い。
 ではこの間、既存マスコミはというと。

地震報道でKYぶりと人材不足を露呈したフジテレビ http://npn.co.jp/article/detail/16578355/
>2011年03月12日 18時00分
>11日に発生した東日本大震災を受け、発生直後からNHKと民放各局は報道特番を放送し続け、現地での被害状況や被災者の安否情報などを放送しているが、視聴者に違和感を抱かせるような“演出”をしていたのがフジテレビだった。
>「12日の早朝、両端が寸断された橋の上で助けを求めている人が複数いた。スタジオの安藤キャスターは人数を数えたり、『救助を求めてますよ』とまるで『助けろよ!』と言わんばかりだったが、ヘリから中継している島田彩夏アナは『必死に我々のヘリに手を振っています!助けて欲しいようです!』とまで言っておきながら、『どうすることもできません!』とあっさり救助を拒否していた。ヘリでの中継はこれまでの震災で何度も『助けを呼ぶ声が聞こえない』などと問題になっていたが、今回も改めて問題点を露呈した」(写真誌カメラマン)
>なんともKYなフジテレビの中継だが、今回の被災地広範囲にわたるだけに、現地リポートも“人海戦術”で行う必要があるはずだが、思わぬ形で人材不足を露呈してしまったのだ。
>「今回の地震のような緊急時に対応できる報道アナを育成しなかったツケが出た」(フジテレビ関係者)
>一方、どんどん人が辞め、人材難と言われている日本テレビは豊田順子アナが地震発生時にニュースを読んでいた際、聴者を落ち着かせようと「火を消してください。机の下に避難してください」、「泣いている子供がいたら抱きしめてあげてください」、「困っている人がいたら助け合ってください」などと適切なアドバイスを与えたうえに、地震や津波の情報を冷静に伝えていた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 20, 2010

堀江貴文インタビュー vol.3「堀江さんと孫さんとはどこが違うんですか?」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1027
>2010年08月19日(木)田原総一朗
>田原 今度、テレビ局は地上波をすべてデジタル化しますね。
>堀江 あれは変な話ですよ。
 本当はテレビ局がやらなければならなかったのは、地上波によるデジタル化ではなくCS化だったんです。
 だって地デジにすると、結局、送信側も受信側もアンテナや設備を替えるじゃないですか。全部、設備を更新しているでしょう。そこまで考えるんだったら、全世帯にCS受信用のパラボラアンテナを付けたほうがいいわけですよ。
 通信衛星のスロットを使えば、何百チャンネルも実際に出来ているわけです。欧米だって中国だって、みんなそうなっている。もしCSにすれば技術革新で、デジタル化だって容易にできたわけですよ。通信衛星をつかえば地デジと同じ品質で何百チャンネルってできるんです。
 なのに、なんで地デジになっちゃったのか。結局、これはプロ野球の球団問題と同じ(対談vol.1参照)で希少価値なんです。
>田原 どういうこと?
>堀江 民放キー局は5局しかないっていう希少価値なんです。寡占していることによって、一局あたりのCMの料金が跳ね上がっているわけです。これがCSによって多チャンネル化し分散しちゃったら全然儲からなくなるわけです。
 プロ野球の球団が自分たちのほかに新規参入を入れたくない、むしろできれば球団数を減らしたいと思っているのと同じですよ。
>田原 パイは同じだから局が増えれば、一局の取り分がドンドン減っていくというわけですね。
>堀江 減っていきます。しかも、もう一つ、前回話したように地上波テレビの電波料が携帯などに比べて破格に安いということです。いまのテレビ局を支えているのは、この二つのカラクリなんです。
 電波料の問題やCSの問題なんかはテレビや新聞は取り上げませんよね。テレビ局はすべて新聞社の系列ですからね。
 でも僕はタブーも何もないから言っちゃう。それなりに影響力もあるから、いろんな人たちに広まっちゃうわけです。
 「何だ、テレビ局は電波料をこれだけしか払ってないのか」なんて、これまでは一部の人しか知らなかったわけですよ。
>田原 僕はその問題は竹中平蔵さんから詳しく聞いたけどね。
 実は竹中平蔵さんは、本当は・・・。
>堀江 彼は総務大臣になっていたでしょう。
>田原 なった。あそこでやりたかったわけです。
>堀江 そう。あれは役所やマスコミにとって利権の牙城ですから。
>田原 そこにメスを入れようとしたから、竹中さんは、世の中から「悪者だ」と言われている。
>堀江 そうです。
 元々は逓信省だった役所から、KDDが民営化され、電電公社NTTが民営化され、それで郵政まで民営化された。もう総務省に残る利権は放送局・電波しかないわけじゃないですか。
 それすらも「開放しろ」みたいな話になったら、利権がなにもなくなっちゃうわけですよ。そうなると天下り先もなくなるわけです。
 だからテレビ局は役所や政治家と繋がっているんですよ。お互いに持ちつ持たれつの関係なんです。
 「ああ、つまりかつて金融機関が大蔵省担当のMOF担をおいていたように、総務省にも新聞社・テレビ局の波取り記者がいるんだな」と認識するようになったんです。
 しかもそのことは自分たちに不利なことだから、新聞もテレビ局も一切報道しない。だから国民は知らないわけですよ。記者クラブとかテレビ局のギルドがある。その中で、自分たちに不利な情報って絶対に流さない構造になっている。

この二人を嫌う人も多かろうが、二人が非常に頭の切れる、聡明な人物である事を否定出来る人は少なかろう。そして、少なくともこの引用部(元記事はこの数倍有る)に限れば、普段「マスゴミw 」等と嗤っている人なら、なるほど得心するだろう。
 …とか言いつつ、こと3競オートの専門紙に書いてある選手コメントに関しては、俺も鵜呑みにしてしまいがちだ。実際には、同一人物が一頭の馬に発したコメントが、新聞によって全く異なる内容だったりする事もある訳で。やっぱ専門紙よりスポーツ紙3紙買った方が良いのか…って、中央競馬以外ではこれ全く無意味だしな('A`) それかいっそ、予想ファクターからコメントを排除したものを新たに構築すべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote