坂上忍

May 15, 2017

仕事もプライベートも全部ギャンブル――坂上忍の仕事論 #2 http://bunshun.jp/articles/-/2425
>「文春オンライン」編集部2017/05/14
>坂上 本気の演技って、演技を取っ払ったところにあるんですよ。「坂上忍流ディープな夜遊び」で韓国に行ったときには、カジノで20万円を200万円にしたんです。その賭けをしているときは、人殺しみたいな顔をしてたと思いますよ。ギャンブルをやっていると、「ここなんだ」っていう勝負所があるじゃないですか。その瞬間を待ってやっているようなものなので、それがきたときはもう自分の顔なんてどうでもいいんですよ。ただ、その勝負に勝ちたいので。もちろん仕事ということは忘れてないけど、そこで放送禁止レベルの顔になれるかどうかってあるじゃないですか。それぐらい徹底的に遊んで、演技ではない顔を見せることが「ディープ」であり、「やり切る」ということ。 
img_ad48e21533552340bf14b8beeea96c2f525451 「坂上忍流ディープな夜遊び」韓国編。 カジノでも「やり切る」坂上さん。 http://bunshun.jp/mwimgs/6/a/-/img_ad48e21533552340bf14b8beeea96c2f525451.jpg
>――「ギリギリのところで勝負している感覚」を追い求めているように感じますが、それはプライベートでも変わらないのですか?
>坂上 そうですね。僕はもうすぐ50歳になりますけど、映画を観ても、音楽を聞いても、何かと似ていると感じる年齢なんだと思います。そうなると、どんどん刺激が得られにくくなっていくんですが、刺激を求める感覚は消えてないんですよ。ただ、それを自力で呼び起こすのはすごく大変な作業で。
   >その点でいうと、ギャンブルとか女性ってあまりにリスクが高すぎるから、刺激が枯れないんですよね。だから、休みになったらタクシーを拾って、平和島に行くんですよ。その途中で、やっぱり多摩川じゃないの?と思い、多摩川に変更するかどうか悩んで、いや初志貫徹だろうって平和島に行く。
   >そして僕と同じようなギャンブル好きに囲まれて、ギラギラした雰囲気の場所で「ごめんなさい、50歳まで生きてしまいました」と思いながら、「もう一回、ダメなことさせてください」とお願いして金を賭ける。僕は根っこがクズなんで、これに勝る快感ってあるのかなと思います。そうしてあり金がなくなって、なんで多摩川いかなかったんだろう……と後悔する(笑)。
>◆◆◆
>坂上忍/1967年生まれ。テレビドラマの子役としてデビュー。芸能プロダクション「アヴァンセ」を総合プロデュースする他、数々のテレビ番組で活躍。「バイキング」(毎週月〜金 11:55-13:45放送 フジテレビ系)ではMCを務めている。
>◆◆◆
>『坂上忍流ディープな夜遊び』(Amazonプライム・ビデオにて絶賛独占配信中、毎週金曜更新)
>坂上忍が本気の夜遊びを敢行。ギャンブル、歓楽街など「ディープな」場所でハメを外しまくる。地上波では放送できない密着ドキュメンタリー。
amzn.to/2jsWD7x
>◆◆◆
>構成:川内イオ 撮影:榎本麻美/文藝春秋

やっぱり良いわこの人は。紛れもなく「本物」だ。ちょっとパブ記事っぽいけど、坂上さんならではなところが良く出てて普通に読ませる、「命の次に大事なものをオモチャにして遊ぶ」ってな物言いがあるけど、バクチやってるとその辺が雑な感覚になってしまう事も少なくない、でも坂上さん、いつもそれを忘れない。その意味をきちんと背負って全力で勝負してるのが尊敬出来る。それでいて平和島か多摩川かと迷い、負けて後悔するクダリなんか最高だ。
 ワイドショーなりヴァラエティなり視てて、この人の意見や姿整に全面的に賛成する訳では決してないが、でも尊敬出来る。偉とするに足る人って少ないもんなあ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 05, 2016

坂上忍「6千万円」ボートレースで負けた額を公開! | 日刊大衆 http://taishu.jp/detail/25335/
>2016年11月02日 15時00分 公開
1477984797326682 http://img.taishu.jp/images/contents/35/25335/1477984797326682.jpg
>10月31日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、俳優の坂上忍(49)が出演。趣味であるボートレースの負け金額を明かし、くりぃむしちゅーの上田晋也(46)、チュートリアルの福田充徳(41)らを驚かせる場面が見られた。
>この日は坂上がさまざまな質問に対して事前アンケートで答え、その質問と回答をレギュラー出演者たちが選んで、トークが展開された。この中で福田が選んだのが、“今年の年末の大勝負にいくら賭ける?”というもの。これに対し、坂上が「すでにけっこう使っちゃってるので、数千万ぐらいだと思います」と回答していたことが紹介されると、福田ら出演者たちから驚きの声が上がった。
>これを受けて上田が昨年の成績を聞いたところ、坂上は「ヤバかったす」と言ってこっそり指を立てて見せ、6000万円も負けたことを明かした。
>これには上田らも驚き「へこみました?」と聞いたところ、坂上は「いやー、平和島競艇場で叫んでたの俺だと思う。ホントでも、いい大人が泣きますからね」と、負けたときに涙を流したことを明かした。さらに坂上は「なんだか知らないけどホント、無感情な涙って流れるんですよ」「泣いてる意識がなくて、ここらへんが濡れてるのを感じるわけ。あ、俺泣いてる……みたいな」と、負けて悔しい気持ちを超えた涙なのだと説明していた。

ネットだと「(話)盛ってる」とか、ヒドいのになると「作りだ」とかエラい言われようだったが、「なぜかフジ『バイキング』のMCをやってる毒舌俳優」ぐらいの認識しかない人からしたら信じられないのも無理はないか。過去の言動からすると充分信用に足るんだけども。
 坂上さん、二十歳からの年中行事として、その年のプラス分を全部競艇場に持ってって最終レースまでに使い切る事を自身に課している。その最終で勝てば翌年の上半期は新しい仕事は入れず遊びまくる、ただし外したらマジで無一文だ。そうなるとこの記事↑の通り、猛烈な悔恨の情にさいなまれる事となるが、それは翌年から「また仕事頑張ろう」というモチヴェーションになるし、仕事始めまでマジでひもじい思いをするから庶民的金銭感覚も取り戻せる、悪い事ばかりではない。もちろん、負けは悔しい。無感情の涙が流れるほど悔しい。でもそれだって、俳優として「悔しいという感情を表現する時の演技の経験」として肥やしになってるだろう。ただでは起きないのだ。
 とはいえ、大抵の年は負けて泣いているという。って事は、坂上さんには大変申し訳な話だが、大晦日は平和島競艇行って最終Rのオッズに注視して、カブってる目=坂上さんがブチ込んだであろう目を外して買えば美味しいって事だ。なに坂上さんだって、浄財感覚で笑って許してくれるだろう。それでも罪悪感と後ろめたさがあるというなら、坂上さんの本業たる俳優の方にカネを落とせば ━━ 舞台見に行くとか ━━ すれば良いのだ。…まあ俺は、大晦日はスーパースター王座決定戦と決まってるから、このチャンスもただ見逃すしかないんだけども('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 14, 2015

<弁護士が気がついた>5月9日「めちゃイケ」は「賭博罪」と「遺失物等横領罪」に該当する? http://blogos.com/article/111979/
>2015年05月13日 07:00
>高橋維新[弁護士]
>2015年5月9日のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」(以下、めちゃイケ)は、2時間スペシャルであった。以下に、感じたところを記す。
>中身は、「オカネ屋」と「持ってけ100万円」という企画の2本立てである。
>「持ってけ100万円」は、矢部が自分の現金を街中に放置し、一定時間拾われなければ倍になるが、拾われれば拾った人のものになってしまうというゲーム企画である。今回は坂上忍も参戦し、2人の対決という形でゲームが行われた。
>このゲーム企画には、2つの犯罪の陰が見え隠れしているのである。
>まずこのゲーム自体、拾うか拾われるかというギャンブルであるため、賭博罪に当たる可能性がある。
>家族でチョコレートを賭けて麻雀をする場合などはこの例外に当たると考えるのが常識的なところであろうが、「持ってけ100万円」については、賭けている額が大きいのでなかなかこの例外に当たると言いづらい。
>それもこの企画は今回で9回目ということなので、より重い常習賭博に当たる可能性すら出てくる。
>もう一つ。
>拾った物を自分の物にする。これは、完全に遺失物等横領罪に当たる。
>一応矢部も坂上も拾われたら拾った人の物になるということを同意したうえでゲームに臨んでいるので、厳密に言うと落ちている現金は遺失物ではないと思われるが、拾う者にはそのような事情は分からないので、「遺失物等横領」が抵抗なくできる者が得をする仕組みになっている。
>つまり、このゲームが「遺失物等横領」を助長していると言われても文句は言えないのである。
>一応めちゃイケもこの点に配慮はしている。
>まず賭博については、坂上には損失を補填し、矢部からはもうけを取り返すというシーンを番組の最後の最後に放映することで、「賭博ではないですよ」ということを強調していた。
>この「フォロー」も例えば漫然と「※もうけはあとで取り返しました」というテロップを入れるだけでなく、コント仕立てになっていたので、何をやるにもおもしろさを最優先する「めちゃイケ」の矜持を見た気がした。
>遺失物等横領については、拾った人にすぐさま演者とカメラが近づき、拾われた矢部や坂上が「あげる」ことを正式に了承することで、「遺失物等横領である感」を薄めていた。
>こういったフォローが入るのも、テレビに対する風当たりが厳しいご時世を反映してのものだろう。

まあこれは「地上波でオッパイ映しちゃいけない」なんてのとは次元が違う、モロにコンプライアンスの問題だからねえ。それでも遺失物等横領罪に抵触する可能性についてはすぐ解るが、賭博罪の方は正直ウッカリしてた、でも言われてみればもっともだ。大昔、日テレの『EXテレビ』で、「クイズ1人だけ答えました」だったと思うが、ゲームに失敗すると演者がマジで現金没収される企画が有って、みんなヒーヒー言ってるのを笑ってたのだが、好評企画につき再度…となった際「大阪府警から『レートが高過ぎる』と指導が入りました」とギャグにしてたのをハッキリ覚えている。もちろんこのレートは、高い方が視てる側にとって面白いに決まってるが、やはり何事にも限度っつうもんが有るわなと( ´-`)y-~~~

ヴェリー・クール
ヴェリー・クール

アーティスト:リー・コニッツ
販売元:ユニバーサル
発売日:2012-03-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 19, 2014

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/155053
>2014年11月19日
fc226304.jpg道のりは険しい/(C)日刊ゲンダイ http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/155/053/eba63189db25eac8ea7e2cf624ce268b20141118125811243.jpg
>「ブラックマヨネーズ」のブツブツ顔のほう、吉田敬(41)が売れっ子タレント・坂上忍(47)のポジションを狙っているともっぱらだ。
>もっとも、狙っているのは死に体のフジ系昼の番組MCではなく「ボートレース芸人」の座。
>根っからのギャンブル好きで、大手パチンコメーカーの専門チャンネルで冠番組を持っているが、「昨年度までMCとして起用されていた地上波の競輪番組が、今年度は契約更新されなかった。後輩の若手芸人にレース場に誘われて以来、ボートレースにハマったこともあり、趣味と実益を兼ねた“ボートレース芸人”への鞍替えを模索しているとのことです」(放送作家)。
>連日のように自身のツイッターにボートレースネタをアップするのは、吉田なりの“営業”だが、その道は険しい。JLC(日本レジャーチャンネル)で冠番組を持つ坂上や、専門誌「競艇マクール」の表紙イラストやコラムを担当、自身の名前を冠した大会を開催する蛭子能収、カトちゃん、作詞家の喜多條忠といった「重鎮」がひしめいているからだ。
>「それでも吉田の地道な活動は実を結び、某放送局がボートレース関連の出演オファーを出したそうです。結局、所属事務所サイドとギャラで折り合いがつかず流れてしまいましたが、本人はお笑い芸人としての行く末を心底案じている。いかにボートレースで食べていくかに腐心しています」(前出の放送作家)

いつの写真だよ!ゲンダイは、特に芸能人は、恐ろしく古い画像を平気で掲載するけど、よっぽどライブラリー無いんだろうな。社名とは裏腹に現代感覚皆無な紙面ではあるけども、それでも、ここまで名が体を表さない会社も珍しい。
 それは良いが、ブラマヨは記事にも有るように、過去何度も地上波の競輪特番をやっている。

 ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部が今年もグランプリを盛り上げます!
 ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部が一年ぶりに復活!グランプリ2012事前特別番組のお知らせ
 ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部によるグランプリ2011事前爆笑番組について
 ニュース|KEIRIN.JP 日本テレビ系列全国ネットで「ブラマヨの自転車王決定戦」が放送されます!

この手のヤツって、意欲は認めるが地上波ヴァラエティとしてはつまらないものがほとんどなのだが、一連のブラマヨものに関してはさすがの腕前、深夜(岸和田全日本選抜のは日曜夕方だったが)なら充分合格点を与えられるクオリティを有していた。

 >「昨年度までMCとして起用されていた地上波の競輪番組が、
  今年度は契約更新されなかった」

そりゃこれの視聴率とか売上貢献度とかは高くはないだろうけど、見切っちゃうのはいかにももったいない。JKAも、もうちょっと長期的視点に立たんと。しかもだ、

 >「後輩の若手芸人にレース場に誘われて以来、ボートレースにハマった」

よりによって商売敵の競艇に持ってかれるって、大失態もいいトコロだろう。そりゃ吉田は大阪出身だけど、この画像のM-1グランプリを優勝した05年から東京を活動拠点にしてるし、家も東京だ。それでも【競艇>競輪】なのか。さらにダメ押しで、そのブラマヨ番組に出てた他の芸人達からも、その後、競輪エピソードが全く出て来ないのがまた何とも。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 05, 2014

坂上忍 元テレ東・亀井京子アナをバッサリ「大嫌い」 http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/274462/
>2014年06月05日 16時06分
5de221fc.jpg
“風水キャラ”の亀井(左)をぶった斬った坂上忍 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2014/06/404682690d2f874e80ad16735e546f67.jpg
>俳優の坂上忍(47)、フリーアナウンサーの亀井京子(31)が5日、東京・港区のベクトルラウンジで行われたAGF「ふくろぅのママ」お披露目PRイベントに登場した。
>ブレーク中の2人が、コーヒー詰め替え袋を「ビンなどに詰め替えずに袋のまま利用する」ことを推進するイベントに招かれた。
>坂上は「毎朝コーヒーを飲む。1日、5杯から10杯ですね。朝はブラックですが、マージャンをする時は『アリアリ(砂糖、ミルクあり)』です。糖分で脳を活性化させないといけないので。この『アリアリ』って雀荘用語なんですかね?」とギャンブラーらしいコメントで笑いを誘う。
>亀井は「夫がプロ野球選手(DeNAベイスターズの林昌範投手)なので、集中力を高めるのに、コーヒーのカフェインがいいらしいんです。少し、フライパンでいると風味が増します」と主婦らしいテクニックを語った。
>その亀井は占いなどにはまり、特に“風水キャラ”で知られている。
>そのことを聞いた坂上は「めんどくさい。大嫌い」と毒ガス噴射。続けて「何を根拠にそんなこと言ってるのかわからない」とぶった斬った。
>亀井は「私が夫を風水で“洗脳”している。でも、男の人はそういう(占いとか)ことにこだわらないほうがいいですね」と元局アナらしいフォローで、坂上の機嫌を取っていた。

「アリアリ」って讃岐うどんの「ひやひや」みたいだな。つうか、検索したらニューハーフが出て来たw 局部未工事(=玉アリ竿アリ)の事らしい。勉強になった。
 しかし坂上忍、一連の競艇エピソードはバクチ打ちとして大いに尊敬出来るが、麻雀って結構オカルトとか運とか流れとか言う人が多く、それだけにこの風水嫌い発言はちょっと驚きというか。まあ麻雀打ちには確率原理主義者も居るが、この人がそうだって話は寡聞にして知らないし。一局お手合わせ願いたいが、そんな機会なんか有る訳ないよなあ('A`)

ブラック・コーヒー
ブラック・コーヒー

アーティスト:ペギー・リー
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008-05-28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 27, 2014

競艇で3億円負けた坂上忍 ギャンブル好きの原点は石立鉄男 http://www.news-postseven.com/archives/20140126_237913.html
>2014.01.26 07:00
>46才にして芸歴43年の大ベテランの坂上忍(46才)。彼は今、人生2度目のブレークを迎えている。その強烈すぎる個性の素顔とは――。
>東京・大田区にある平和島競艇場。坂上は、大晦日に必ずここで、1年間に稼いだ有り金すべてをつぎ込む。20年以上続けている禊ぎの“儀式”だ。勝ちのトータルが1億円、負けは3億円にもなるという。

 ><年末の大勝負で1年の稼ぎを整理し、身を清めるのです>(『婦人公論』より)

>他にもマージャンや競馬など、ギャンブル全般を愛してやまない。2012年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーを引き受けた際も「カジノに行きたくなったら休んでいい」という条件付きだった。
>彼のギャンブル好きの原点は、故石立鉄男さん(享年64)にある。石立さんは、仕事をさぼってギャンブルに行くなど、かなり破天荒な人だったという。坂上が15才の時、ふたりはドラマ『天まであがれ!』(1982年、日本テレビ系)で親子を演じた。ある時、ふたりでポーカーをした時のこと。1回も勝てなかった坂上がその理由を尋ねると、石立さんは得意気に、イカサマの種明かしをしていった。

 >「坂上さんは、その生きざまに感銘を受けたそうです。石立さんは、プライベートを表に出しませんでしたが、坂上さんは、隠さずにオープンにしてしまう人」(プロインタビュアーの吉田豪さん)

>※女性セブン2014年2月6日号 


へーえ(゚д゚)!坂上忍のギャンブラーっ振りはしばしば見聞きした事があるが石立鉄男のは初耳だった、今までは演技の大きい個性派俳優って認識しかなかったけど、そんな人だったのか。で、興味を持って関連記事をクリック。

 吉田豪と坂上忍が激論&衝撃告白 石立鉄男の芸能界最強伝説 http://www.news-postseven.com/archives/20120531_111600.html
 >2012.05.31 07:00
 >──資料を集めてたら、影響を受けた人の名前の中に石立鉄男さんの名前があって、それでちょっと納得できたんですよ。あの人も異常な変わり者で、なおかつギャンブラーだったじゃないですか。
 >坂上:そうですよね。何回か競艇に連れてっていただいたこともありますけど、ホントに真っ当な方ですよ。
 >──あんまり真っ当だっていう話は聞いたことないんですけど(笑)。いろんな人に悪い影響を与えた、みたいなことは何度も聞いてます。
 >坂上:ただ、やっぱ僕にとっては一番初めに影響された大先輩が宇津井健さんで、次が加山雄三さんで、次が石立さん。宇津井さんはホントに真面目の横綱みたいな方なんで。加山さんは、それでもスマートな遊びがある方で。石立さんは、イカサマでも平気でやるぞ、みたいな(笑)。それがすげえなと思って。
 >── 一緒にギャンブルやって、いきなりイカサマやられたんでしたっけ?
 >坂上:そうです。ポーカーだったかな? いくらやっても勝てなくて。それで10円か50円か100円か、どんどん取られてって。それで後から「おまえは俺には勝てないぞ」って言われて。「なんでですか?」って聞いたら、イカサマの種明かしをされて。ひどいこの人って思ったんですけど、でもなんか一番うれしかったですね、そういうつき合い方っていうのが。
 >──何人か役者さんの取材で石立さんの名前が出たことがあるんですけど、まあロクな話は出ないんですよ(笑)。仕事をサボッてギャンブルに行ったとかの話ばっかりで。
 >坂上:ああ、そうでしょうね。あんなに時間遅れる人もあんまりお目にかかったことがないから。普通に来なかったりしてたし。
 >──ボクが衝撃を受けたのは、百瀬博教さんっていう元ヤクザの作家の方がいて、ボク、いろんな人に「芸能人で最強は誰ですか?」って聞いてるんですけど、百瀬さんに聞いたら「それは石立鉄男だよ、間違いない。あいつは本職にも一歩も退かなかった」って言ってて。
 >坂上:はい。おそらく石立さんは……たとえば表と裏があるならば、裏で強かった人なんで。それこそ将棋も半端じゃないし。本当のいい時代の……だから普通、勝新さんとかあっちまでいっちゃうんですけど、全然石立さんのほうがひどいよ(あっさりと)。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote