ヴァーミリアン

September 07, 2015

12・6AKB劇場10周年祭は「超プレミア」必至 http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1534470.html
>[2015年9月7日7時9分 紙面から]
>AKB48が、卒業生が参加する記念イベント「AKB48劇場オープン10周年祭」を開催することが6日、決まった。12月6日に都内で行われ、前田敦子(24)大島優子(26)板野友美(24)篠田麻里子(29)ら、多くの卒業生が出演予定だ。楽曲の総選挙「リクエストアワー」など、卒業生がAKB48グループのステージに立つ機会はあったが、多数が出演する同窓会イベントは初めて。内容は検討中だが、卒業生たちが現役メンバーと名曲を披露する場面も期待される。
>一方で、ファン参加には、高いハードルが設けられた。08年に発売された「AKB48 2nd Anniversaryスペシャルフォトアルバム」に封入されていたチケットが必要。当時、限定2000冊しか売られなかったアルバムの特典で、しかも発売から7年たっていることから、「超」が付くプレミアチケットになるとみられる。

ネットでその招待券を拾って来た。
7a344d8d.jpg
このイベのチケットをオークションで落とそうとするなら、最大で2000枚しかないし(本当に、この世にそれだけしか存在しない!)、このフォトアルバムは買ったけど付属品に過ぎないチケはいつの間にかどっか行っちゃったなんて人も居るだろう。それに本人死去で遺品処理とか、破産などによる差し押さえで処分されたってケースもあるだろうから実数はさらに少ない、もう天井知らずで吊り上がってもおかしくない。ただ、じゃあその7年前ってそもそもAKBってどんなだったのかというとだ。

「AKB48」商法また不当表示? 景品に2015年のチケット http://www.j-cast.com/2008/02/29017299.html?p=all
>2008/2/29 18:57
>アイドルユニット「AKB48」がフォトアルバム販売に、7年も先の2015年のイベントチケットを景品に付けたことに対し、専門家が景品表示法違反(有利誤認)の可能性を指摘している。アルバム制作側は「違法ではない」としているが、ポスターの景品商法が物議をかもしただけに、改めて論議を呼びそうだ。
>2ちゃんねるでは発売当時、7年後のイベントチケットだけに、
>「メンバーがほぼ全部入れ替わってる可能性大 入れ替わりが無かったらそこそこいい年こいてる状態に」「10周年なんか迎えれるわけないのにな」「株で言ったら、おもいっきり空売りしとくべき銘柄を全力信用買いするようなもんじゃないか、、、、」
>といった疑問が相次いだ。

発売元であるAKSは、招待券はスペシャルフォトアルバムの本体価格に含まれるものだし、ベタ付け景品と解釈しても景品表示法の範囲内だと説明する。実際それで問題ないと俺も思うが、しかしそれにしてもエラい言われっぷりだ。つうか、周りにアイドルヲタが居ないので苦心したが、調べてみるとこの7年半前当時のAKBって「アキバのパンツ見せ集団」などと揶揄されまくってた時期で、その独特の商法も記事見出しに「また」とあるように、かなり白眼視されていた。個々のメンバーも世間一般からしたらロクに認識されてなかったようで、実際当時のメンバーである1・2期生達の名前も俺は今回初めて目にした人の方が圧倒的に多い。この時点でこのアルバムを買うぐらいガチヲタだった人って凄いよな、と逆に感心するほどだ。
 全く理解が深まらないので、この時期メジャーだった(であろう)モーニング娘。も調べてみたのだが、この前年(=07年)、吉澤ひとみの卒業に伴いリーダー就任した藤本美貴が今のご主人とフライデーされて電撃脱退…って事象は一応記憶にあるが、曲となるとその07年のがギリ、08年の曲はちょっと無理だ。だからまあ、世間的には退潮傾向にあったモー娘。からAKB台頭に向けて風向きが変わりつつある過渡期だったのかなと。
 つうか、バクチクラスタとしては、時代を振り返るならバクチでやるべきだよな。直近のビッグレースはJRAGIのフェブラリーステークス。ここでは前年春の川崎記念からJBCクラシック〜ジャパンカップダート〜東京大賞典とGI4連勝中だったヴァーミリアンがここもブッコ抜き、勇躍ドバイを目指す事となる。その前07年の有馬記念はマツリダゴッホ。日本ダービーは牝馬ウオッカが歴史的な勝利を収めたが、要するに牡馬路線がパッとしなかったとも言える。
 全日本選抜オートレースは浜松で行われ、高橋貢が3年2ヶ月ぶり14度目のSG制覇。言われてみれば貢にもスランプあったっけ、と思い出したり。その前のSGはスーパースター王座決定戦、山田真弘→荒尾聡→高橋貢、これは俺も観てたからハッキリ覚えてる。ちなみに振替休日の24日開催、現在のような大晦日決戦となるのはこの08年暮れからだ。
 KEIRINグランプリ2007は立川で行われ、伏見俊昭→小嶋敬二→飯嶋則之の順…ってもう、全く記憶にない。輪界は遠いな。
 うーん。何にしろ、この時点で「将来的にプレミアが付くかも」って目的でクダンのフォトアルバムを買うような不心得者が居るとは、常識的に考えられない。当時のマジヲタがあくまで写真目当てに買ったものでチケは制作サイドのシャレ、ぐらいの感覚だろうなあ。まあ実現して彼らも嬉しいは嬉しいだろうけど、もうヲタ卒しました社会復帰しましたって人も居るだろうしな。…7年間って人を変える、いろんなものが変わるよな( ´-`)y-~~~

Seven Year War
Seven Year War

アーティスト:Red Animal War
販売元:Playback
発売日:2006-05-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 05, 2010

 ムーンライトチャンピオン@伊勢崎オート行く気は有ったが、冷静になってみるとここんとこ大井→(中1週空いて)宇都宮→大井→京王閣→大井と通い詰め、どんだけ好きなのよ俺。それで勝ってりゃまだしもヤラレっぱ(飯塚ダイヤモンドで取り返したったって焼石に水だ)、それでなくても今年は入院したわ物入りだわ今月もちょっと行くトコあんのに、とても散財してる余裕は無い。かくてウチで電投しつつ洗濯祭り( ´,_ゝ`)
屈腱炎再発でネヒキリが引退、今後は種牡馬に http://pc.keibalab.jp/topics/5338/
>2010-09-05更新
>これまでにジャパンカップダート2勝など、ダート界で幾多のタイトルを手にしたカネヒキリ(牡8、栗東 角居厩舎)が、左前に屈腱炎を発症したため、現役を引退する事を、5日、管理する角居調教師が新潟競馬場で明らかにした。なお、今後は種牡馬入りする予定。
>【角居勝彦調教師のコメント】
>「以前に(屈腱炎を)発症した右前でなく、今回は左前に症状がみられたた、年齢を考えて、オーナーと協議した結果、引退を決定しました。
>歴史を作ってくれた名馬であり、携わった私達には、簡単に諦めてはいけない事を教えてくれた恩馬です。今後は優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする予定ですが、幸せな第2の人生を送ってほしいです。」
>同馬は04年7月の2歳新馬戦でデビュー。3歳時にダートで頭角を現すと、ジャパンダートダービー、ダービーGPなど、3歳交流重賞を制しただけでなく、秋にはJCダートで古馬を撃破。翌年の4歳時にも、フェブラリーSを制し、快進撃を続けたが、その夏に屈腱炎を発症すると、07年にも右前屈腱炎を再発。
>そこから、幹細胞移植手術など、2度の手術を受けて、08年に約2年振りとなるブランクから戦線復帰すると、阪神競馬場で初めて行われたジャパンカップダートで復活の勝利。続く、暮れの東京大賞典。翌年の川崎記念でも連勝を伸ばしたが、その春のかしわ記念で、またしても左第3指骨々折が判明。
>約1年の休養を経て、この夏の帝王賞で復帰し、2着に健闘すると、続くマーキュリーCで再度の復活劇となる5馬身差圧勝。 ラストランとなった8月12日のブリーダーズゴールドカップでは、シルクメビウスの2着に屈したが、常に高いパフォーマンスをみせただけでなく、2度の長期休養から復活するなど、約6年に亘る競走馬生活でファンを魅了し続けた。

お疲れ様。そして種牡馬入り出来てオメ!実績が実績とはいえ社台でなく優駿スタリオン、この辺がダート馬を取り巻く現実の厳しさだ。
 さて、これで気になるのがヴァーミリアン。種牡馬としてのオファーが無いから仕方無く現役続けてる…っつう噂の真贋は判らんが、充分に有り得る話だ。でも凱旋門賞のプレヴューで世界の血統評論家の腰を抜かせた『wow horse』、エルコンドルパサーの、二世代しか残せなかった産駒の中の代表産駒だよ。後継種牡馬としてはソングオブウインドが居て、今年デビューした産駒はJRA新馬勝ち第1号、菊花賞馬だから仕上がり遅いんじゃないかとの懸念を跳ね返したのは記憶に新しい。ならヴァーも、それ以上にやれそうなもんだ。ブルーコンコルドが種牡馬入り出来なかったのはまあまあ納得も行くが、さすがにヴァーは大丈夫…だよ…な…('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック