ロンドンハーツ

November 14, 2015

【甘口辛口】「日本の騎手はまだまだダメ」 “美しくない騎乗”が横行する現状 http://www.sanspo.com/etc/news/20151113/amk15111305000001-n1.html
>2015.11.13 05:00
>中山競馬場近くにある故野平祐二元調教師の自宅は「野平サロン」と呼ばれていた。競馬が開催される日曜日には、レースが終わると佐野洋、山口瞳、寺山修司、虫明亜呂無、本田靖春、大橋巨泉ら作家や文化人、馬主や騎手が集まって競馬談議に花を咲かせたからだ。
>そんな野平サロンの様子を岡部幸雄元騎手と週刊ギャロップ初代編集長の芹澤邦雄さんが8日、東京競馬場のJRA競馬博物館のイベントで語った。「玄関は来客の靴であふれていた。野平邸に呼ばれるのが夢で、声が掛かったのは騎手になって10年」と岡部さん。芹澤さんは「長手綱でもリズムをつかんで馬とコンタクトを取れるのが一流の騎手、と祐ちゃんは話していた」。
>「“祐ちゃんの長手綱”と最初に書いたのは自分。祐ちゃんが乗ると、馬が興奮しないし行きたがらない」とは、イベントにビデオ出演した大橋巨泉さん。それについて岡部さんは「長手綱ではあるけれど、手綱がぶらんぶらんではない。『きれいに乗って、きれいに勝て』と言われた」。
>今のレースを見ていると、「美しく乗ろう」と思っている騎手は少数派のようだ。直線で馬を追っているときも手綱はぶらんぶらん。ダンスみたいに馬上でお尻を上下にトントンさせて追っている騎手が多い。
>野平さんの薫陶を受けた故後藤浩輝騎手は「“お尻トントン”はムチと同じように刺激を受けるから馬が動くけど、腰が悪くなるなど馬への負担が大きい。なにより美しくない」と批判的だった。
>“美しくない騎乗”が横行している現状に対し野平さんは、9日に急死した芹澤さんとともに「日本の騎手はまだまだダメ」と天国で嘆いていることだろう。(鈴木学)
>(紙面から)

ずいぶん一方的な物言いだな。テレ朝『ロンドンハーツ』で、企画でカンニング竹山が女装した事があったが、
f4817909.jpg(拾い画像)
アフリカ系の男性からすると絶世の美女なのだそうな。美醜の感覚はそれぞれで、だからあの尻トントンだって見方によっては美しいと取る人がいてもおかしくはないだろうに。
 いやまあこれは理屈で、俺だって岡部のフォームは美しいとは思う(野平祐二のそれは、さすがに俺も現役時を知らない)。敢えて誰とは言わないが、尻トントンと馬を追う動きとがチグハグで、逆に引っ張り殺してるように見える騎手がいるのも確かだ。でも岩田康誠や川田将雅のようにそれで勝ちまくってる騎手もいる、それは1ヶでも上の着順を目指して遮二無二追うために見た目の美しさを捨てたのであって、それを「機能美」と言う事だって出来るだろう。そもそも野平の言う「きれいに乗って、きれいに勝て」なる言葉は『勝て』に主眼がある筈だ。どんなに騎乗フォームが綺麗でも、そのせいで着順が悪くなってちゃ本末転倒だ。後藤浩輝は「尻トントンは馬への負担が大きい」と批判的だったそうだが、それこそ馬の能力を余すところなく引き出してる事の証左ではないか。福永洋一だって、全盛期には「洋一が三回続けて乗ったら(能力を出し切って余力がなくなるため)馬が壊れる」と言われてたと言うし。何より競馬は馬券を買う客がいて初めて成り立つビジネスで、その立場からすれば、1ヶでも上の着順を目指す姿勢は評価されこそすれ非難される性質のものでは決してない。尻トントンを見苦しいと思うのは、主観だからそれは構わない。でもこう一方的に非難されるとちょっとなあ…( ´-`)y-~~~

Indian Summer
Indian Summer

アーティスト:Rein De Graaff Trio & Sam Most
販売元:Timeless
発売日:2012-11-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 27, 2013

グラドル小林恵美、つらかったアイドルユニット時代 メンバーの仲も悪く… http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130927/enn1309270726001-n1.htm
>★小林恵美
>2013.09.27
>連載:私の逆境時代
83408528.jpg 逆境が仕事を呼んだ小林恵美(撮影・永瀬白虎) http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20130927/enn1309270726001-p1.jpg
>整った顔立ちとFカップのバストで息の長い活躍をしている人気グラドル・小林恵美(30)。すでにデビューして11年が過ぎた。
>「正直な話、こんなに長く続くとは思っていませんでした。昔は芸能界に少し興味がある、程度だったんです」
>知人に業界関係者の紹介を頼んだところ、登場したのが数多くのグラビアアイドルを育てた“巨乳ハンター”、野田義治氏(現サンズエンタテインメント会長)だった。
>「聞かれたのはパスポートの有無と、バストのサイズだけで。一応、Fカップです、と答えたら『じゃあ1週間後にハワイロケだから』と。そのまま仕事が始まった感じなんです」
>男兄弟がいたため自宅にはグラビア誌があり、水着になることには抵抗はなかった。が、歌やダンスの経験はなし。
>「それなのにいきなりアイドルユニットに入れられて…とにかくこの時期がつらかったですね。実は、メンバーの仲も悪くて(笑)。なんで私はここにいるんだろう? という2年半でした」
>歌やダンスのレベルも他のメンバーには及ばない。本来なら辞めてしまってもおかしくないパターンだろう。
>「でも、あるときメンバーから『一番先に辞めそうだよね』と言われて。逆に燃えました。絶対に辞めない、どんなつらい仕事でもやり通す、と決めたんです」(永瀬白虎)

だいぶ「盛った」記事だよな。テレ朝『ロンドンハーツ』の有吉進路相談で注目され何度目かのプチブレイク中だが、無難にこなしてるけど「爪痕を残す」トコまでは行ってない。フジ『志村けんのバカ殿様』も常連だけど、この人ならではっつうストロングポイントはない。野田社長率いる(当時)事務所・イエローキャブでグラビアやってた頃も、小池栄子・佐藤江梨子・MEGUMIに次ぐ社内4番手を狙う何人か、のうちの一人まで…だった。何かの深夜番組でこのアイドルユニットとやらを視た記憶もあるけど(錦糸町だか両国だかでのお披露目イヴェントの様子だった)売れなさ感プンプンで、イヤ俺何の恨みもないけど、とにかく印象薄い、記憶に残らないんだよな。
 その小林嬢の居たアイドルユニット、と別のユニットetc.イエローキャブ勢(当時JRAのCMに出てた佐藤江梨子を除く)全員で、日本選手権競輪@平塚で連日イヴェントに出てたのも今は昔。調べたら2003年、十年前か。どんなんだったかもう全然記憶にないわ('A`)

ライヴ・アット・ザ・マーキー1983 [DVD]
ライヴ・アット・ザ・マーキー1983 [DVD]

出演:テン・イヤーズ・アフター
販売元:ワードレコーズ
発売日:2012-06-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 14, 2013

 テレ朝『ロンドンハーツ』はPTAが子供に見せたくない番組V9だそうだが、

 保護者が“子どもに見せたくない”番組、9年連続『ロンハー』がワースト首位 http://www.oricon.co.jp/news/movie/2011888/full/
 >2012年05月21日 16時59分
 >日本PTA全国協議会が21日発表した、小学5年生と中学2年生の保護者らを対象にした『子どもとメディアに関する意識調査』のアンケート結果によると、保護者が子供に“見せたくない”テレビ番組で、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号が司会を務める『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が9年連続で1位となった。

オッサンが視る分には特段問題無い。ブラックメールのシリーズは俺は好きではないがそれ以外の企画なら、っつう訳で一杯やりながら視てたのだが。

5月14日(火)放送 http://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/contents/backnumber/cur/
『私服センスなしオンナ ナンバー1決定トーナメント』
adb891e3.jpghttp://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/contents/backnumber/cur/img/1_1.jpg
>ファッションセンスに疑問ありの女性芸能人メンバーを集めて、真のセンスなしオンナを決定する!
>女性芸能人たちが自宅から私服を持参し、テーマに沿った私服を披露。
>よりセンスの悪いオンナが負け残っていく逆トーナメント戦!
>[大久保佳代子(オアシズ)、キンタロー。、隅田美保(アジアン)、手島優、野呂佳代、光浦靖子(オアシズ)、谷澤恵理香、保田圭]

この野呂佳代。公式ブログのタイトルから解るがポッチャリっつうかファットな体型の人で、

 野呂佳代オフィシャルブログ「DOSUKOI NONTY BLOG」 http://ameblo.jp/norokayoblog/

その事はファンの間でも散々ネタにされている。
7e702af0.jpg
12ff97c8.jpg
ba24c82f.jpg
(いずれも拾い画像)
AKB48所属当時、バンジージャンプの企画で体重をサバ読んで申告したため思いっ切り頭から着水(=ハーネスの長さ調節が狂った)、大爆笑を呼んだっつう逸話も有るそうな。
65a3cd91.jpg
(これまた拾い画像)
一人で映ってる分にはそこまでキてる様には見えないが、でも皆で映ってる画像を見ると一目瞭然だ。
334c6f0d.jpghttp://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/contents/backnumber/cur/img/1_5.JPG
><敗者復活戦>
>テーマ『ワイキキで朝のジョギングデート』
>保田圭vs野呂佳代vsキンタロー。vs 谷澤恵里香vs光浦靖子(オアシズ)vs大久保佳代子(オアシズ)
>審査結果:大久保(オアシズ) 決勝進出

左から2人目が野呂。右には顔デカでつとに有名なキンタロー。、さらに右には番組初出時のポッチャリ振りから『ヤザエモン』と呼ばれた谷澤、と比べても体や脚の厚みが歴然としてる。
 それに先立つ1回戦はさらに凄かった、

><1回戦>
>★テーマ『5歳年下の男子と原宿で初デート』
>[ポイント:原宿という場所×年相応の着こなしを。]
>第2試合:野呂佳代vs手島優
>審査結果:野呂0−5手島 →手島 準決勝進出

1664245e.png
(当然拾い画像)
ちょっとだけ映ってる、この脚の太さ!「(生)脚出すんだ」と笑うロンブー淳が続けて「競輪選手みたい」と弄り、座は笑いに包まれた。それ以上、例えば女子競輪の話に話が広がるとかは無かったが、それでも脚太=競輪選手っつう弄りが成立する程度には競輪というもののコンセンサスは得られているという事の証明ではあって、実にめでたい、確実に一歩前進だ。問題は、ここからどうもう一段惹き付けるかな訳で、これが難問なのよね( ´-`)y-~~~

浮気はやめた
浮気はやめた

アーティスト:ファッツ・ウォーラー
販売元:BMGインターナショナル
発売日:2000-09-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック