メイショウマンボ

April 11, 2017

浅田真央、ブログで現役引退報告「笑顔を忘れずに前進していきたい」 http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170410-OHT1T50221.html
>2017年4月10日23時5分 スポーツ報知
20170410-OHT1I50144-L 浅田真央 http://www.hochi.co.jp/photo/20170410/20170410-OHT1I50144-L.jpg
>女子フィギュアスケートの浅田真央(26)=中京大=が10日、ブログで引退を表明した。

電撃引退。確かにショッキングではあるし寂しかったりもするが、でも正直、一緒にするな!と怒られるかもしれないが、奇しくもラストランを終えたばかりのメイショウマンボとタイミングが被った事もあり、辞め時を逸しちゃったなあ…って印象が強い。

メイショウマンボ、ラストランは14着 今後は繁殖牝馬に G1・3勝 https://www.daily.co.jp/horse/2017/04/09/0010078908.shtml
>2017.4.9(Sun)
>「阪神牝馬S・G2」(8日、阪神)
>引退レースとなったG1馬のメイショウマンボは後方待機策から末脚爆発を狙ったものの、往年の切れ味はなく14着に終わった。

ゼニカネになる選手だからスケート協会が引退させてくれなかった…なんてマスコミ話も出てたぐらいだし(←外野には事の真偽は判らないが)、何かの大会終わりで…っていうんじゃない、こういうイレギュラーな時期にイレギュラーな形での発表っていうのは、やっぱいろいろと推測しちゃうよなあ。それでなくてもフィギュアって、加齢によるスピードやパワーの衰えをテクニックでカヴァー出来る競技じゃない、最初からテクニック勝負な種目だ。そのテクニカルな面で抜かれちゃったらもう巻き返せないよなあ。
 マンボにしたって、馬主は「このままじゃ尻すぼみで引退って言われる、これじゃ終われん何とかもうひと花」って腹積もりだったのだろう。それは凄く解るんだけど叶わなかった、結果論は承知の上だが、晩節をもっと汚しただけになってしまった。昭和の時代の話になってしまうが、牝馬三冠を【1】【1】【2】着とマンボ以上の実績を誇るマックスビューティもその後はオープン特別を1勝しただけ。牝馬って、一度崩れるとほとんど例外なく、立ち直れずに終わってしまうよな…と。外野が勝手に言う非礼は承知しているが、いや本当に引き際って難しいよな、と(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote