ミッドナイトオートレース

April 18, 2017

五輪会場でボートレース!大会後黒字運営へ公営ギャンブル変身検討 http://www.hochi.co.jp/topics/20170417-OHT1T50228.html
>2017年4月18日5時0分 スポーツ報知
20170417-OHT1I50145-L 東京五輪のボート・カヌー会場となる海の森水上競技場のイメージ(都提供) http://www.hochi.co.jp/photo/20170417/20170417-OHT1I50145-L.jpg
>2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場となる海の森水上競技場(東京・江東区青海先)が大会後に、公営ギャンブルのボートレース場とする案が検討されていることが17日、複数のボートレース関係者への取材で分かった。同競技場は五輪後に年間約1・6億円の赤字が見込まれている。年間収支の改善や施設稼働率を上げる案として期待する声がある。
>複数のボートレース関係者によると、五輪後に海の森でのボートレース開催を目指し、関係者と協議を始めた。会場周辺は公園で住宅地などがなく、騒音問題もクリアできるという。
>海の森では、ボートレース開催の条件も整っている。コースは直線で2000メートル、8レーンで、ほかに約2000席の観客席、宿泊施設や飲食店なども整備される。海の森は海水だが、ボートレース大村(長崎・大村市)なども海水で開催されており、支障はないという。

これ、五輪関係者はまだ何も言ってはいない、あくまで競艇サイドが勝手に構想を吹いているだけだ。とはいえ、ボートやカヌーはかなりのマイナースポーツであるから五輪後の施設維持管理だけでも大赤字必至、だったらいっそ競艇に使ってもらえれば…ってなる可能性は確かになくはない。
 それは良いが、実際なったらどうなるか?どこの場もスタンド改修に合わせて規模縮小するのが昨今のトレンドだが、それでも東京で(隅っこの方とはいえ)2000席ってのはさすがに小さ過ぎる、最小限のスタンド増設はするべき=初期投資が必要になる。
 カニバリゼイションはどうか。公共交通機関としては現状ゆりかもめしかない(もうちょっと行けば、りんかい線の東京テレポート駅があるが)、足回りが良いとはお世辞にも言えない立地で、江戸川からも平和島からも微妙に行き辛い。でも両者の中間に位置するから、影響ゼロとは言えないだろう。周辺環境からするとナイターも可能で、そうなると直接的な食い合いはない。首都圏っつうか東京の3場プラス戸田は昼開催のみで、ただしこれらの場の客は他場のナイターの場外発売を売っていた、それがシフトする可能性は高い。いずれにせよ、客の財布の中身は一緒なのだから、どこかヤられる場は出る。他競技から奪って来れるのなら話は別だが。
 もう一歩踏み込んで、前述の過小なスタンドとナイター可能な周辺環境を逆手に取って、無観客のミッドナイト開催を行うというのが競艇関係者の理想かもしれない。であるなら、ミッドナイトでウハウハの競輪オートは顔面蒼白となるが…って、まだ何も決まってないんだけどさ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 18, 2015

【ミッドナイトオート】勝負のカギは「消音マフラー」 http://www.tokyo-sports.co.jp/race/midnight_auto/472445/
>2015年11月16日 12時03分
e0f75316.jpg騒音対策として消音効果を高めた新型のマフラーを装着してレースが行われる http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/11/42629744393a65dce2ae4cb0df998700.jpg
>今回、騒音対策として消音効果を高めた新型のマフラーを装着してレースが行われる。
>このマフラーは、川口オートで9月に2節、ナイターレースで使用されたもの。通常のマフラーより大きく長さもあり、見た目にも違いが分かる。通常のマフラーと、どのような違いがあるのか? 消音マフラーでレースを経験した選手に聞いてみた。
>川口の鈴木清は「このマフラーは左側のチェーンカバー、右側はリアのフレームで留めてつり下げます。すごく重いですね」という。「自分はテストランもしていたから、そうでもなかったけど、敏感な人は違和感がすごいかも」とのこと。
>川口開催では「バイブレーションがひどい」という選手が結構多かった。これについては「バランスは前後でいつもと違う。特に後ろが重い。マフラーがしっかり固定されているので、フレームのしなりがなくなり硬さが出る。それでバイブレーションがくるんだと思います」と、通常にはない症状が出ることも。
>装着した場合のエンジン面については、「変なところでブレーキがかかる感じ。特に2節目のときは止まりすぎてた」。コーナーでの止まりの違和感も、鈴木以外からも聞かれた。「そう考えると、マフラー特有の調整は必要かも」とのこと。
>さらに「1走目でソコソコ合ってくれればいいけど、ずれていると厳しいと思う。このマフラーでの調整の基準がないので」と、初戦での“マッチング”で2日目以降の仕上げに影響が出そうだ。
>ただ、佐藤裕二は「最初の1発目は違和感があったくらい。乗り味とかの変な感じは最初だけ」と感じ方はさまざま。でも「エンジンを空ぶかしして調整する人は、音がしないから調整は大変かも」と選手によっては調整が忙しくなりそうだ。レースを制するには、このマフラーをいかに早く“味方”につけるかがカギを握りそうだ。
飯塚オートで業界初のミッドナイト開幕 http://www.nikkansports.com/public_race/news/1567096.html
>[2015年11月16日20時54分]
>レースはしゅるしゅると低い音が変わることなく6周続いて行われた。消音マフラー経験組で、オープニングを飾った滝下隼平は「調整は慣れると現行マフラーと一緒。Sはいつもより(回転が落ちるので)噴かさないと」と話した。「(低い音を聞いての)調整が難しい」、「調整の方法が違う」との声も出た。

業界はもちろんだがファンも注目のミッドナイトオート。でも俺的には、ミッドナイトである事より消音マフラーである事の方が遥かに重要だ。何せ9月の川口開催でヒドい目に会った身としては、この消音マフラーでマシン特性がどう変わったかを早いトコ掴んでおきたいのだ。こうやって、ちょっとずつでも選手のコメントを拾ってくれる記事はありがたい。

 ●マフラー自体が重く、前後左右のバランスが変わるのでコーナリングに違和感が
 ●マフラー取り付けでフレーム補強のような感じになるので振動がモロに来る
 ●回転が落ち易く、エンジンブレーキの利きが強くなる
 ●スタートも噴かさないといけない
 ●空噴かしの音を聞いて調整する選手は辛い

差し当たって、ここまで判明。
 その昔、競艇では標準型・減音型の2種類のモーターを使ってた時期があって、

 LEVEL.2 標準機から減音機へ - BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE

その調整法も違ってたらしい。今では減音型に全場統一されてしまったが、今度はオートが「消音の鬼」とか呼ばれる選手が出たりするのかな。いや、さらに将来的には消音マフラーに統一される方向なんだろうか?昨春、オートをEVでやるって話が唐突に出て来た事あったけど、静音化って事ならこのマフラーだっていい訳だし。うーむ('A`)?

イン・ア・サイレント・ウェイ
イン・ア・サイレント・ウェイ

アーティスト:マイルス・デイビス
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2013-10-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 14, 2015

飯塚で初のミッドナイトオートを開催 http://www.nikkansports.com/public_race/news/1552279.html
>[2015年10月13日16時59分]
>オートレース界として初の午後9時以降の開催となる「ミッドナイトオートレース」が11月16〜18日、福岡・飯塚オートレース場で開催される。13日、オートレースを管轄するJKAが発表した。来年度からの本格的な開催を検討するための試験的な意味を持つ。
>8車立て6レース制でファンの動向を検証するため初日の16日は1Rが午後6時25分発走、最終6Rが8時55分発走のナイター開催。2日目の17日と最終日の18日がミッドナイト開催となり、1Rは9時発走、最終6Rは11時30分に発走する。
>11年1月14日に競輪で始まったミッドナイト開催だが、オートレースは騒音などの問題で実施は困難と見られていた。だが消音マフラーを開発し、住宅地の埼玉・川口オートで9月にナイター開催を成功させた。飯塚でも川口の同開催で使用した消音マフラーを使用する。市街地から離れている飯塚は05年にナイターを初開催し、試験開催に最適な場といえる。競輪同様に無観客で行い、車券は楽天銀行とジャパンネット銀行のネットバンク投票や民間ポータルサイトのみで発売する。レースはCSで中継される。

ただただ意表を突かれた。結構な経費使って新型マフラー作らせたんだからこのまま倉庫に死蔵とは思えない、遠からずどこかで使うんだろうなとは思ってたけども、それが飯塚で、しかもミッドナイト開催とは!
 まあ、ミッドナイト最大のメリットである無観客による経費削減を思うと、「来るな」つっても来られちゃう危険性(!)のある、周辺に民家が立ち並ぶ船橋・川口・浜松や、クルマでのアクセスが良い伊勢崎・山陽は無理だ。そこ行くと飯塚は山中だから、確かに入口の道路だけ封鎖しちゃえば可能ではある。
 にしても、三日間開催の初日は通常のナイター時刻で二・三日目だけがミッドナイトって中途半端じゃないか?…いや、それでも何もしないよりは良いに決まってるか。何より、飯塚ならではのフットワークの軽さはさすがと言うべき。昨夏の、照明に惹かれて野鳥襲来→競走取り止め…なんて事再び、とさえならなければ良いのだが…季節的には、むしろ好都合なのか?
 飯塚オートのファン的には、せっかくレースやってるのに観れないのか…ってな不満の声はあるだろう。でも開催日数最少の山陽ならいざ知らず、比較的開催日数の多い飯塚で、しかも通常のナイターでもちょっと肌寒い11月に実験的に1節だけやるという分には、それほど不評を買うとも思えない。まあとにかく、楽しみにしましょうかね(´∀`)

ジ・アザー・サイド・オブ・ミッドナイト:ライヴ・イン・ニュー・オーリンズ
ジ・アザー・サイド・オブ・ミッドナイト:ライヴ・イン・ニュー・オーリンズ

アーティスト:ギャラクティック
販売元:Pヴァイン
発売日:2011-04-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote