パチンコ

April 01, 2017

パチンコ出玉規制、馬券購入に上限 ギャンブル依存症対策の関係閣僚会議が論点整理 http://www.sankei.com/politics/news/170331/plt1703310026-n1.html
>2017.3.31 20:17
plt1703310026-p1 ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議に臨む、菅義偉官房長官(左)と塩崎恭久厚労相=31日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) http://www.sankei.com/images/news/170331/plt1703310026-p1.jpg
>カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法が昨年12月に施行されたことを受け、政府は31日、ギャンブル依存症対策に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、競馬や競輪などの公営ギャンブルやパチンコについて、本人や家族の申告による利用制限などを盛り込んだ論点整理を取りまとめた。
>競馬やモーターボートレースでは、一部の場内や場外に設置されている現金自動預払機(ATM)のキャッシング機能廃止のほか、インターネットを通じた勝馬投票券(馬券)などの購入に上限金額を設けることも検討する。

これ、バクチクラスタではあまり話題になってないようだが、かなりの大ゴトじゃないか。
 会社のカネ横領して取っ捕ったヤツが「競馬で溶かした」なんていうのはそのほとんどがオネーチャンに貢いだとかで、競馬はダシに使われてるだけなのだが、たまに本当のヤツが確かに居る。

 茨城国保連合会:保険料10億円着服…男性職員を告訴へ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080422k0000e040045000c.html *リンク切れ
 >茨城県国民健康保険団体連合会(理事長・石塚仁太郎坂東市長、水戸市笠原町)は22日、元会計課の男性職員(34)が、連合会が管理する保険料約10億円を着服していたことを明らかにした。連合会は同日付で職員を懲戒解雇するとともに、県警水戸署に業務上横領か詐欺の容疑での告訴を検討している。
 >連合会によると、職員は高校卒業後の93年採用。「競艇に使っていた」と話しているという。【若井耕司、八田浩輔】
 >毎日新聞 2008年4月22日 11時38分(最終更新 4月23日 12時07分)

これ↑は競艇だが、当時伝えられたところによるとボートピア岩間では有名人で、毎度大口買いをするので発券に時間が掛かり、だからこの男の後ろには誰も並ばなかった…という逸話があるほど。素人が見たって依存症と判る。ギャンブル依存症というとパチ95:カジノ4:その他1ってなイメージだが、3競オートだって居る事は居る訳で、だから依存症対策は必要だろう。仮に居なかったとしても邪魔になる訳でなし、用心するのは悪い事ではない。バクチ=悪、ってな手合いに対するエクスキューズにもなるんだし。
 しかしとはいえ、ネット購入額に上限設定ってのはかなり厳しい。一レース当たりの額で…だったら大口投票が不可能になる。銀行に1年預けて利息0.012%、このレースに預けて10分後には利息10%(=1.1倍)ってのが「銀行レース」って言葉の由来だが、こういう思考回路の持ち主は普段から固いトコに100万ドン!をホイホイやってのける。それがそうなったら、上限額がいくらになるかはまだ判らないが、ダメージには違いない。ましてや一日当たりとか年当たりの設定だったら、外れ馬券経費裁判の人みたいな買い方は不可能だ。
 これらの人は、そういうネットスキルを持ってない層からすると勝ち組、あるいはオッズを下げる人な訳で、そういう意味では「敵」だ。でもこれらの人が売上を支え、業界に多大な貢献をしている事もまた間違いないく、 m9(^Д^)ザマア などとは口が裂けても言えない。どう事が運ぶのか(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 20, 2017

密かに“パチンコ長者”だった倖田來未 http://npn.co.jp/article/detail/47942564/
>芸能ネタ 2017年03月18日 21時00分
47942564 http://images.npn.co.jp/article/1/1/64/47942564.jpg
>「07年に1台目が発売されたが、今年2月に発売された『CR倖田來未5』で5台目。これまで数々の有名歌手たちがパチンコ台を発売しているが、5台目まで行ったのは倖田のみ」(パチンコ業界関係者)
>同機種に使用されている倖田の楽曲は、ブレークのきっかけとなった「キューティーハニー」、レコード大賞受賞曲「Butterfly」、バラードの名曲「you」など新規に使用された曲6曲を含む全16曲だが、ここまでホールで倖田の機種がもてはやされた理由とは?
>「ファン層のマイルドヤンキーがパチンコ店に足を運ぶ客層とかぶったのがヒットした理由。おそらく、この先も新機種が発売されるのでは」(同)

経済学や現象学の世界で一躍脚光を浴びたが一般には広まらなかった言葉「マイルドヤンキー」をこんなところで目にするとは思わなかった。それにしても、この手の音楽への興味が皆無な俺としてはマイルドヤンキー=倖田來未は理解した上で、浜崎あゆみではアカンかったのか?と。
 改めて時系列的に調べてみると面白かった。↑のように07年夏に倖田來未の最初の台が出る。2年後に後継機が出たのだから好評だったようだ。ところがさらに2年後の春、東日本大震災。日本経済大打撃、レジャー=不謹慎イメージ、ばかりか計画停電なんてものまで行われ石原都知事(←当時)から「電気の無駄遣い」と名指しで非難されるetc.パチ業界に重苦しい雰囲気が滞った。こんな時にはヒット作こそが一番の良薬、しかし倖田來未はまだ【2】が全国で稼働中、新作を出すタイミングではない。かくて、同じavexのあゆで…となり、秋にリリースされた「浜崎あゆみ物語」はセールス面では大ヒットを記録した。ところがエンドユーザーたるパチンカーからは「クソ台」と、もう清々しいまでに貶された。あゆ本人にその責はもちろんないし、ファン向けに「自分の預り知らないところで勝手に進められた」とツイッターでエクスキューズしてるほどだから、パチ化自体が本意でなかったのは間違いない。しかし、特にあゆファンでないパチンカーにとってはそんなもの関係ない、「あゆ=クソ台」だ。でもってSANKYOも次の台で汚名返上とばかりに力作を半年後にリリースする、それが倖田來未3で、これは大ヒットしたばかりでなくパチンカーからも好評を博した。対してあゆも、プライドが許さんとばかりに後継機が出たがやはり評価は芳しくなく、結果、パチ業界では【倖田來未>浜崎あゆみ】というヒエラルキーが出来上がってしまったのだと。当時のavexスタッフとSANKYO開発陣もつくづく罪作りだ、もらい事故とはいえあゆもとんだ災難だ。
 …で。マイルドヤンキーってどっから出て来た?いや、そもそも目くじら立てるようなソースでもないけどもさ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 18, 2017

当せん番号案内(ナンバーズ3)

今週のナンバーズ3、14日の火曜(=4618回)と木曜で同じ【101】が出た。っつう訳で、改めて今週の当選番号をチェックしてるうち、ふと閃いた。
 ナンバーズに限らず、宝くじの払戻率は47.5%。実にどうも、3競オートと比べると絶望的な気持ちにさせられるが、1口200円だから理論上の配当金はストレートが9万5000、ミニは9500円。この↑数字を見ても、多少の上下はあるが確率の揺らぎの範囲内だ。ゾロ目や水曜日の3の【789】のような並び、語呂合わせ(同日のミニ【89】は「野球」だ)で買える目はどうしても買いが集中するため安くなるが、逆に、そういう目を避けて選べば弱干とはいえ率は良くなる。それでも47.5%が50%になる程度だけども。
 で。仕事の合間にスポーツ紙のレース面見て「これ面白そう」と手を出す事があるが、この状況下では買うったってせいぜい3000円まで、しかも平日に地方競馬だオートだといったところで獲れそうなレースを一本釣りするのだから必然的に本命サイド、せいぜい中穴までだ ━━ 開催本場に居るならそれなりに穴狙いもするが ━━ だから当たったところでタカが知れている。このペースでコツコツ積み上げて行くのって実は結構バカにならないのだが、でも手っ取り早くある程の額に…とはならない。そこでナンバーズだ。もちろん払戻率の壁が分厚い事は重々承知した上で、3だとボックスでも辛いがミニだったら当選確率1/100、2口買えば1/50だ。2口ったって400円だからタバコより安い。確率的にも1パチや5スロ打つより良いし、それで当たれば約1万。ミニ2口買って「諭吉チャーンス!」ってのは結構現実みがありそうに思える。
 重ねて書くが払戻率の問題は途轍もなくデカく、だから当たって上回ったら即勝ち逃げしなければならない。最終的にはコツコツ方式には勝てないし、それだって確率的にはマイナスに収斂する。でも、わきまえてやる分にはアリだと思うんだよな(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 10, 2017

ラーメン二郎「2度と来ないで」投稿が話題…食べきれない「大」注文客、拒否できる? https://www.bengo4.com/internet/n_5823/
6086_2_1 ラーメン二郎の人気はすさまじい(写真は、東京・歌舞伎町店) https://www.bengo4.com/topics/img/6086_2_1.jpg?1489049408
>2017年03月10日 09時43分
>西口竜司弁護士に聞いた。
>「ラーメンを注文するというのは、難しい言葉で説明すると、『飲食物供給契約』といいます。客が注文という『申し込み』をおこなって、店側が『承諾する』ことで、成立します。
 >したがって、店側が、客の注文に対して、承諾するかどうか自由ですので、法律的には注文を拒否することができます」
>それでは、来店を拒否することはできるのか。
>「店側も契約をする自由がありますので、余程の事情がないかぎり、来店拒否の自由も認められることになります。
 >余程の事情とは、民法の『公序良俗違反』になるような場合です。たとえば、明らかに人種差別で入店拒否するようなケースがあてはまります。今回のような場合、常識の範囲内として、来店拒否はできるでしょう」
>(弁護士ドットコムニュース)

二郎と客の話は置いといて、俺的興味は、出禁には法的根拠がちゃんとあるという点。もちろんどんな商売でもそれが成立する訳ではなかろうが、でも店にも客を選ぶ権利はあって、不躾な手合いを入店拒否出来るのは正当であると。パチ屋で「プロお断り」って話はたまに見聞きするし、3競オートでも、他の客と喧嘩したとか迷惑行為だとかでそうなんってるのが居ると聞く。まあ真っ当にしてればそんなメに合う事もないけどそこはバクチ場、いろんなのが居るからなあ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 30, 2017

富裕層はロレックスを買わない 暮らし方や考え方、一般庶民とはココが違う http://www.sankeibiz.jp/econome/news/170128/ecc1701281610002-n1.htm
>2017.1.28 16:10
ecc1701281610002-p1 http://www.sankeibiz.jp/images/news/170128/ecc1701281610002-p1.jpg
>富裕層の特徴の一つに、負けても「大負けしない」ということがある。痛手が小さいうちなら、敗者復活しやすい。
>たとえば、富裕層の多くはギャンブルも大好きなのだが、賭ける金額をあらかじめ決めている。たとえ負けていたとしても決して深追いせず、自分が決めたリミットの金額に達すると、引き上げてしまう。一方、一般庶民の人たちは負けが込むほど「次は必ず勝つ」と熱くなってしまい、大負けするケースが多いようだ。
>ZUU社長兼CEO 冨田和成
>一橋大学卒業後、野村證券に入社。数々の営業記録を樹立し、最年少で本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。2013年、「世界中の誰もが平等に学べ、平等に競争可能で、全力で、夢に挑戦できる世界を創る」をミッションとしてZUUを設立。フィンテック企業として注目を集めている。
>(野澤正毅=構成 加々美義人=撮影)(PRESIDENT Online)

これ、耳が痛いパチンカーも多いんじゃなかろうか。サンクコストバイアスとかコンコルド効果とか言うヤツで、「こんなにブチ込んだのに今さら引き返せるか」「負けを認めろってか、安西先生の『諦めたらそこで試合終了ですよ』って名言を知らないのか」っていう。ハイエナ(=自分が諦めた台に他の打ち手が座る事)されて、ソイツがお座り一発最で大当たり…っていうオカルト的現象が少なからずあるし、また、その機種のデータが開示されてるから「もう底打った筈だ」っていう錯覚に陥りがちで、余計引き際が難しい。
 でも結局、パチプロとまでは言わないが強い、その店でほとんどいつも見掛けてしかも負け組でない常連客というのは、例外なくそれが出来ている。出来ない人っていうのは何なんだろう、やっぱ意志力の違いなのかねえ?…って、そんな単純に考えちゃいけないんだろうけども(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 27, 2017

ギャンブル依存症 女性の方が深刻で決め手となる治療法ない http://www.news-postseven.com/archives/20170126_487766.html
>2017.01.26 07:00
casino_fotoco 【カジノ解禁でギャンブル依存症が懸念されるが…(写真/アフロ)】
http://parts.news-postseven.com/picture/2017/01/casino_fotoco.jpg
>『やめたくてもやめられない人』の著書がある精神科医の片田珠美さんは「ギャンブル依存症は病気」だと言う。
>しかも、ギャンブル依存症になっても当人はそれを認めず、周囲に隠す傾向にある。それは男性より女性のほうが顕著だ。
>「アメリカで女性のギャンブラーには、逃避型ギャンブラーが多いといわれています。女性は社会生活の中で、子育てに家事、仕事やママ友などの人間関係、家庭内DVもあるでしょうし、シングルマザー家庭であれば生活苦もあります。そういった精神的負担による苦しみや寂しさから逃れて、自分を解放する場としてカジノを利用する女性が多いんです。
 >そして深刻なのは、女性が家計を任されることが多いので、生活費や貯金を使い込んでしまう。いまだ男女の役割分担が残っている国では、女性のギャンブル依存症は深刻な形で出ますが、日本もそうです」(著書に『カジノ幻想』があり、カジノの脆弱性と過剰な社会的コストについて詳しい静岡大学・人文社会科学部経済学科教授の鳥畑与一さん)
>※女性セブン2017年2月9日号

日本のギャンブル依存症患者は536万人という記事をしばしば見掛けるがそこ止まり、記事にあるように女性の方が深刻であるならギャンブル参加人口に対する依存症患者数であるとか比率であるとかの男女差がハッキリあるんだろうけども、今までそういうデータをただの一度も見た事がない。まあ、言い切ってる以上はどこかにあるんだろうけど。
 ただ、下卑た話だが、暇な主婦がパチにハマって依存症に→そのパチ代欲しさに○万でヤらせれるだの、旦那に内緒でフーゾクでバイトだの…といった記事がスポーツ紙のお色気面なんかを賑わした事がいっときあった。この手のシモ記事はヨタ話が大半で信憑性もヘッタクレもないんだけど、でも一応のリアリティはある。なるほどハマると女の方がシャレにならないレヴェルまで行っちゃうかもな…って気にはさせられたものだ。対して、男の依存症は借金苦だ自殺だ強盗だホームレスだって話になってもソッチ系の話はとんとない、まあマーケットが極めて限られてるから無理からぬトコロだけども、深刻さのベクトルが違うよなあ。
 ところで、この記事の主眼は「今ですらギャンブル依存症の実態はこんなに悲惨なのに、この上カジノまで解禁したらどんな事になるか」。それは一理あるんだけど、でも今現在の日本のギャンブル依存症患者は当たり前だけどカジノのせいでは全くなくて、だから依存症の問題が深刻である事は認めた上で、それとカジノ反対論は直線つながらないよな、と。意図的なのかそうでないのかゴッチャにして語る人が少なからず居て、でもそれ説得力が全然ないんだけどなあ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 21, 2017

【店長日記】MAX機がホールから消えた17年 ホールの見極め重要に http://www.sanspo.com/etc/news/20170120/pac17012005020002-n1.html
>2017.1.20 05:02
>来週から導入が始まるCR銭形平次withでんぱ組。以前に京楽から登場して大人気だった銭形平次をかなり意識した作りだね。以前の銭形がないホールでは大事に使うところもあるかも。ただ懸念材料としては、確率がちょっと深くなっている点と、AKBと比べちゃうとでんぱ組がかわいくない点かな(笑)。

コラコラ可愛くないとか言うんじゃない店長w 現実にファンが居るんだから。そりゃ俺だって水着グラヴィアやってる金髪ボブの子しか判らんけども ━━ ましてや曲なんか聴いた事ないし ━━ にしたって、言葉を選びなさいよ。よりによっての直球表現って。
 しかしそうか、前の銭形平次は京楽だからAKB使えたけど(←48グループの運営に京楽が一枚噛んでいる)この機種は高尾だから使わせてもらえないのか、それともそこは問題ないけど単純にAKB高くて使えない→この人選と相成ったのか…って、後者だとやっぱり失礼か。いやAKBのは16人だか(もっとか?)出てたけど、でんぱ組.incは6人だから権利料は確実に安いよな。俺が気を回し過ぎなのか('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 29, 2016

郷土勢 公営競技界 重大ニュース - 西日本新聞 http://www.nishinippon.co.jp/nsp/race_feature/article/296794

歳取ると時間の流れが早く感じるようになる→4月ぐらいの出来事でも忘れちゃってる→「エッこれ今年の事だったっけ?」事案が増える…ってだけかもしれないけども。まあそれはともかく、俺的バクチ重大ニュースとなると何だろう。西日本新聞↑にもあった【熊本震災によるバンク被災】は当然挙げなければならないが、それ以外でだ。…正直、競輪では他にトピックと言えるものがなかったような。
 競馬では【JRAでは16年ぶりとなる女性騎手・藤田菜七子デビュー】高知や金沢に参戦した頃はフィーヴァーとしか言いようがなかったが、さすがにひと段落。とはいえ、雑誌の表紙になったりカレンダー出たりと人気は相変わらずだ。【輓曵競馬で騎手や厩務員が地方競馬の馬券を買っていた不祥事】コッソリやってるホースマンは今も居るともっぱらだが、少なくとも表沙汰になったのは初めてのケース。【大橋巨泉死去・清水成駿死去・武邦彦死去】俺も歳を取った。【JRAが外国競馬の馬券発売を開始】凱旋門賞は爆売れ、その後も好調に推移。…こんなところか。
 オートでは【SMAP解散騒動が森クンに飛び火】Facebookがエライコッチャなった。【消音マフラーによるSG初めて開催】全5場で抜けた人気&売上を誇る川口でナイターSGをやろうとすると消音にならざるを得ない、とはいえ画期的。【鈴木圭一郎、史上最年少&選手キャリア最短でのSG制覇】我々は、マジで時代が変わる瞬間を目撃しているのかもしれん。【新型くじ車券「当たるんです」発売開始】。
 最後にパチンコの【不正釘問題】国会答弁から何から、業界上を下への大騒ぎとなった。…大体こんなところか。訃報をひとまとめにしちゃったのは申し訳ないが(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 13, 2016

パチンコ依存症は無視するのか カジノ法案「反対派」に厳しい指摘 http://www.j-cast.com/2016/12/12285925.html?p=all
>2016/12/12 18:14
news_20161212180622-thumb-645xauto-100690「カジノだけに反対するのは一方的」との指摘(画像はイメージ) http://www.j-cast.com/assets_c/2016/12/news_20161212180622-thumb-645xauto-100690.jpg
>カジノ法案は2016年12月6日の衆院本会議で、自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決。現在は参院で審議中だが、14日まで開かれる今国会中で自民党などが成立を目指している。そんなカジノ法案の反対意見として目立つのが、
>「ギャンブル依存症患者が増加するのでは」
>という懸念だ。
>確かに、厚生労働省の調査結果によれば、ギャンブル依存症の患者は国内におよそ536万人いるとの推計が出ている。これは成人人口(当時)の約4.8%(男性8.8%、女性1.8%)にのぼる割合で、先進国の中では突出した数字となっている。
>こうした数字だけ見れば、カジノ法案によって国内に賭博施設が増えることで、ギャンブル依存症の増加を危惧するのは当然とも言えそうだ。しかし、NPO法人「ギャンブル依存を考える会」の田中紀子代表(52)は12日のJ-CASTニュースの取材に対し、
>「ギャンブル依存症の患者が増えるからカジノ法案に反対するというのは、おかしいです」
>と否定する。田中代表によれば、国内のギャンブル依存患者の8割近くを「パチンコ依存症」が占めるという。
>「まだ存在しないカジノで依存症患者が増えることを心配するよりも、パチンコの問題に今すぐ着手すべきでしょう。それを無かったことにして、カジノだけに反対するのは一方的ですよ」
>今回のカジノ法案をめぐっては、「施行数は全国で三か所程度に絞る」「施行総数についても法定する」など、カジノの設置に国が制限をかけていく方向で議論が進んでいる。
>一方で、警察庁の発表によると、国内で営業しているパチンコ店の総数は1万1310店舗(15年12月31日時点)。その市場規模も大きく、レジャー白書(日本生産性本部)によればパチンコ全店の15年の売上総額は23兆円以上にも達する。
>先述の田中代表は、
>「カジノで依存症患者が増えるかどうかではなく、具体的にどのような対策を進めていくか考える方がはるかに重要です。カジノの是非だけではなく、今いる依存症患者にも目を向ける必要があるでしょう」
>と指摘。法案に反対する議員やメディアの論調については、「依存症を政治の道具として利用しているだけのように感じます」と話していた。

田中さんぐぅ正論。「依存症患者増加が懸念されるからカジノ反対」っていうなら、今ですらその数は先進国中で断トツなのに、それに対して今まで何やって来たんだお前ら言ってみろよ!?と、そりゃあ啖呵の一つも切りたくなるだろう。

 >「依存症を政治の道具として利用しているだけのように感じます」

何なら、カジノ批判をする事で既存のパチ業界利権を守りたいんじゃ…ってな穿った見方すら出来てしまう。
 会社のカネに手ェ付けて競馬や競艇に大金ブッ込み…なんて事件はたまーに見聞きする、でも額がデカいから派手に取り上げられるだけで、件数とか頻度とかで言えば決して多くはない(その記事を見ると「あーコイツ依存症だわ」となる事はあるのだが)。だったら、近年は見聞きしなくなったが、数年前まではパチ終えて駐車場に戻ってみたら車内で子供が死んでた…ってのが夏の風物詩だった。ギャンブル依存症患者の多さや重篤さで言えば、3競オートやFXなんて可愛いもんだ、もう圧倒的にパチの方がヒドい。
 いや、重ねて言うがカジノ反対論者がそういう論を展開するのは全く構わない。でも「依存症患者が増えるから」ってのは錦の御旗じゃないぞ、と( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 19, 2016

【トクダネ】大型店舗に負けない!東京・府中市の地域密着店の秘密に迫る - SANSPO.COM(サンスポ) http://www.sanspo.com/etc/news/20161117/pac16111705010002-n1.html
>2016.11.17 05:01
pac16111705010002-p1 閑静な住宅街に輝く“稲妻ネオン”で異彩を放つ「ビーム西原町」店 http://www.sanspo.com/etc/images/20161117/pac16111705010002-p1.jpg
>店内は多くの人でにぎわっている。中高年層の客が多く、遊技しながら客同士がにこやかに会話している場面もチラホラと確認できた。この雰囲気は一体どういうことだろう。勝負の場…いわゆる鉄火場であるはずのホール内が、まるで井戸端会議の舞台であるかのような柔らかい空気に包まれている。店長に話を聞いてみた。
>「最近だと60代以上のスタッフを雇って、とにかくお客さまの顔を覚えて積極的に会話をする『コミュニケーションスタッフ』という新たな役職を設けました」
>「やはり、お客さまも同年代のスタッフの方が話が合うじゃないですか。以前、私が病院に通っていたときに、ロビーで楽しそうに会話している高齢者の方々を見て、パチンコホールもパチンコ以外の楽しみや目的があってもいいんじゃないかって思えたんです」

逆転の発想というか落ち穂拾いというか、何にせよ全国規模のチェーンには出来ないやり口ではある。もう左ウチワ産業ではない以上、石にかじり付いてでもコツコツと…って考え方は、むしろこっちの方が正解な気がして来た。
 ところで、パチの大手チェーンといってもいろいろあるが、府中〜パチンコと来れば、古い競馬好きだったら「サクラ」の冠号でお馴染みのさくらコマースがすぐに思い浮かぶ(今は馬主として二代目で、お父さんほど馬主業に重きを置いてないようだが)。で、府中でのパチ界の勢力図というかパワーバランスってどうなってるのか調べてたら、こんな記事を発見した。

 北朝鮮系パチンコ店と保育施設が同居…府中駅前の奇異な複合ビルで、重大トラブル勃発! | ビジネスジャーナル http://biz-journal.jp/2015/05/post_9975.html

…あまりに生々しい。いやーこれはちょっとどうだ…反応し辛いわー('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 09, 2016

取材は告知する性質のものではない〜警視庁 http://www.web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00009003
>2016年10月7日(金)
>10月4日付「都遊連健全化センターだより」によると警視庁が最近になって有名人招致(雑誌ライター取材含む)などの店内告知を一切禁止する指導方針に転換していたことがわかった。
>警視庁管内では有名人招致に関する事前・当日告知は従来からともに禁止されていた。ただ来店に伴う注意喚起程度の告知、たとえば「撮影のためお客様におかけします等」の店内告知についてはやむを得ないとされてきた。
>しかし最近になってこうした店内告知についても指導が入っていたことが判明。都遊連の確認に対して警視庁は「取材などは告知する性質のものではない」とした上で、「来店当日の店内告知や注意喚起」「近日来店予定」といった告知についても、ことさらに特定の日を想起させるとして禁止する考えを伝えている。

まず前提として、パチは実態はどうあれ建前上は遊技≠バクチで、だから射倖心を煽る、出玉系を想像させる各種イヴェントの告知は東京では御法度だ。あくまで東京だけの話ではあるけども。で、ライターの取材告知って何のこっちゃな話だが、取材だから当然店内の写真なり動画なりを撮る、その際そこで打ってた一般客の肖像権はどうなるの?という問題が生じて、実際「何黙って載せてんだゴルァ!」って怒鳴り込む人が居るから「○○日に取材が入ります、××時頃△△の機種を打つんで、写り込みたくない人はすいませんけど他の機種にするなり時間帯避けるなりお願いします」と。条文を額面通りに受け取るとこれすらも本当はアウトだけど、まあ黙認しましょう…ってして来たけどこれからはこれも取り締まり対象ですからね、と。いや何でこれが?って思ってしまうけど、パチ雑誌の取材で来た記者が打ってボロ負けなんてなったら「この店は辛い」って書かれてしまう→釘は開け開け・スロは6ばっかじゃね?と一般のパチ打ちが一直線連想しちゃっても全然おかしくない、だからイヴェント的解釈を客がしてしまうから…っていうのが理由だと。実際のパチ打ちとしちゃ「著名パチンカーならいざ知らず、ライターなんてその辺のアンチャンなんだから、そんなのに包むギャラ(←名目上は「取材」だが実情は来てもらってるのがほとんど)あるなら俺らに出玉で還元せい」って人も多いらしく、出玉云々は想起しないらしいのだが。
 …って、じゃあTVのパチ番組はどうなの?という疑問が当然沸いて来る。スタジオに台セットし打つ番組と違って実店舗で対戦するヤツは、もう収録自体がイヴェントだし、当然収録を邪魔しないよう注意喚起なり告知なりしなければならない。もちろん都内でないなら問題ないのだが、結構な長きに渡ってテレ玉でやってる「真王伝説」という番組は田無の出玉王で収録される。
main-image_1607http://maou.tv/pc/img/top/main-image_1607.png
今春始まった「王庭伝説」は埼玉が地盤のガーデンで行われるが、

 王庭伝説 | ガーデングループ創業60周年記念番組 http://oniwadensetsu.com/

収録スケジュールを見ると亀戸店がある。こういうの、大丈夫なんだろうか('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 07, 2016

パチンコの新ジャンル「ちょいパチ」が、“意外に稼げる”という事実 http://taishu.jp/detail/24383/
>2016年09月07日 07時30分 公開
>みなさんがパチンコを打つときの目的は何でしょうか? もちろん「勝ちたい」「儲けたい」に決まってると思いますが、意外にそれだけでもないですよね。待ち合わせの時間潰しとか、喫茶店代わりに小休止とか、日曜日の昼下がりに暇を持て余して……とか。要するに、遊びというかレジャー感覚ですよね。理由もなくパチンコをしたい衝動にかられるときもあったりします。
>そんなときはどんな台を打ちますか? ハイリスクハイリターンのMAXタイプだと当てるだけでも大変で、お金も掛かりすぎる。大当たり確率が約99分の1の甘デジタイプなら大当たりはしやすいですが、連チャンしないと使った金額すら取り戻せません。1パチなら確かに安く遊べるものの、釘がキツすぎるし、勝ってもイマイチ嬉しくない。もっと手軽で、ちょうどええパチンコ台がないもんですかのう。
>それがあるんです! 少ないお金で遊べて、バンバン当たって、短時間でも長い時間でも暇つぶしになるパチンコが! その名も「ちょいパチ」です。ギャンブル性が激しくなりすぎたパチンコを変えていこうという、業界的な取り組みから生まれた新しいジャンルなのです。その特長は大きく2つあります。
>まずは、大当たり確率は29分の1〜39分の1という破格の当たりやすさ。平均すれば5分に1回くらいのペースで当たります。もうひとつはヘソ賞球(ヘソに入ったときに払い出される玉)が従来の機種より格段に多い。これにより投資ペースがグンと緩やかになります。ドンドン当たるわ、お金は減りにくいわで、言うことナシ。その代わり、大当たり出玉はチョッピリなんですが、出玉がノマれる前に次の大当たりを引けばええんです。
>現時点で「ちょいパチ」シリーズは、各メーカーから12タイトルが登場しています。わしはそのうち10機種を打ち込んでみました。スペックだけを見比べるとどれも似たり寄ったりですが、実際に打ってみるとかなり個性が違っていて興味深いです。
>わしとっておきのイチオシ台が、『ちょいパチ リアル鬼ごっこ WAB29』(高尾)です。当たりやすさと連チャン性能と演出の面白さ。野球でいえば、走攻守のバランスが絶妙なんです。知人のセミプロが毎日3時間打ち続けて、1カ月で10万円以上のプラスをもぎ取りました。勝率9割以上の安定感はスゴイ。
1473140275224321http://img.taishu.jp/images/contents/83/24383/1473140275224321.jpg
>■アンドレ プロフィール
>1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

理屈は解るんだけどねえ。でも圧倒的大多数のパチ打ちは勝ちたい儲けたいでパチを打ちに来るんだし、それに人間は刺激に慣れる生き物で、だからバクチはより一攫千金志向となるし、あまりに射倖性が高いから…とパチの規格が変わっても、業界は違法クギを使ってでも出玉爆発力を出そうとした。そんな現実を見るにつけ、現パチ打ちにちょいパチは魅力的に映るだろうか?かなり疑問なんだけども。
 むしろ「(今の台は)出ないし(店も)出さないから」とここ何年かで離れて行った ━━ ここ数年パチンコ人口は減少の一途なのだから、間違いなくかなりの数に上る ━━ 元パチ打ちに「ちょいパチってのがね」って訴える方が、ずっと効きそうに思える。まあ、それが彼らに届くかっていう問題は残るけども(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 14, 2016

「パチンコ店のお盆営業」に、パチスロで勝ち抜くための最善策とは http://taishu.jp/detail/23950/
>2016-08-13
>お盆といえば、ゴールデンウィーク、お正月と並んで数えられる、パチンコホールの「三大回収期」として有名なわけです。大型連休というのは、黙っていても人が溢れかえりますから、自然と営業が厳しくなりがちという寸法でございます。そんな中、どう戦うべきか。今年のお盆を戦い抜く、僕なりの作戦会議を行いたいと思います。
>まずは店選び。パチスロにおける勝つための正攻法は、いつだって「より高い設定を打つ」ということ。そのためには、店に高設定がなければ話になりません。どんな店なら勝負になるか、まずはそこから考えてみましょう。
>■店選び案(1):むしろ連休でこそ“強い”傾向にある店
>こんな店を選ぶためには、過去の調査が必要なわけで、心当たりがあるとすれば、それを見てきた近所の店になりますね。ゴールデンウィークやお正月にむしろ出している感がある店。僕の過去の経験上だと、大学時代に通っていた店がそうでした。もしかしたら「学生街にある→大型連休は人が帰省するため客が減りがち→還元して集客せねば」というロジックが成り立つ可能性もなきにしもあらずですかね。
>■時間選び案:夜の稼働落ちを狙う
>大型連休中は日中の客付きがよく、稼動が劇的に上がるものの、夕方から夜にかけて稼動が落ち着く店が少なくありません。それもそのはず、日中の混雑は普段昼間に仕事をしている人々が集うからでありまして、夜には家族や親戚とご飯を食べたり、同窓会でお酒を飲んだり、予定がある方も少なくない。そうなると、天井近くまでハマった台が空いたり、数少ない高設定履歴の台が空いたり、チャンスが夜に訪れる可能性があるわけです。打ちに行きたい気持ちを昼間はグッとこらえ、涼しくなってから突撃するのも一つの策としてはアリかもしれません。
>■松本バッチ プロフィール
>1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45〜)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00〜)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

パチが3競オートと違うのは、馬(舟・車)券の控除率に当たる店の利益率を、店が自由に変えられる事。パチとスロで、あるいは機種ごとに割を変えられるし、もちろん日によっても違う。店の営業方針にもよるが、「今日は、明日以降回収するだけの『撒き餌デイ』だから」と全台プラス設定(=マイナス控除)とする事だって出来る(しかも合法)。という事は逆に、黙ってても客が来る大型連休時には客にとってキツい調整とされるのがデフォ、さてその時パチ打ちはどう立ち振る舞うか…というのは半ば永遠の課題となる。
 (1)は夜間人口の少ないオフィス街、東京で言えば神田か京橋、新橋という事になる。大手町から霞ヶ関にかけてはそもそもパチ屋がないし、銀座は観光客が居るから店も強気で営業出来る。…というのがパチ打ち同僚の言い分だったのだが、言われてみれば学生街もそうなんだねえ。
 そして夜打ち案。これも言われてみれば納得、説得力がある。もちろんこれらだけで勝てる訳ではないにしても、勝率が上がる事は確かなんだから試さない手はない。
 逆に3競オートからすると、特定のレースだけ控除率を下げるサーヴィスをする事はあるが、ゴールデンボッタクリウィークみたいな事がないから、いつでもどこでもコンスタントに打てるという安心感が強みになる。改めて、いろいろと再確認したなと(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 07, 2016

30分もあれば大当たり!? 「ちょいパチ」はパチンコ業界の救世主になれるか? http://wpb.shueisha.co.jp/2016/08/06/69334/
>[2016年08月06日]
image『CR天才バカボン〜V!V!バカボット!〜』は初当たりまで2000円未満の想定。これなら誰も大当たり!? (C)赤塚不二夫/ぴえろ http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2016/08/a122ba24b915df0002a4d96e11d4af13_844d28fb0a181a8293151e32dd814a37.jpg
>「ちょいパチ」登場の背景には、「パチンコ業界の監督官庁である警察の強いプレッシャーがある」とささやくのは、パチンコ業界誌編集長だ。
>「パチンコ業界は今年末までに138機種72万台ものパチンコ台を撤去・回収する羽目になっています。昨年、業界団体が遊技くぎをチェックしたところ、まったく玉が入らない穴があるなど、行政の検定時と違う性能のパチンコ台が流通していたことが明らかになり、警察が撤去を要請したためです。
 >それでなくても警察は、『パチンコは賭博ではなく、遊技であるべき』と、ギャンブル性の高すぎるパチンコ業界の営業のあり方には警鐘を鳴らしていた。そこに72万台もの不正機の存在が発覚したわけですから、もうどうにもなりません。ハイスペック機など、ギャンブル性の高いパチンコ台を段階的に自主撤去し、業界として『自浄作用』を行政にアピールするしかない。サイフに優しい『ちょいパチ』の登場はその絶好の材料なのです」
>ただし、「ちょいパチ」にはこんな難点が。
>「さくさくと大当たりするのでスランプがない。そのため、くぎ調整の良しあしなど、出る台と出ない台の区別がはっきりとわかるので、プロの餌食になりやすいんです。当然、ホールはくぎを辛くして防衛するしかない。そうなれば、『ちょいパチ』の魅力は半減しかねません」
果たして、「ちょいパチ」は不正機72万台撤去に揺れるパチンコ業界の救世主となれるのだろうか?
>(取材・文/本誌ニュース班)

嗚呼、大いなる矛盾よ。というのも、

 >遊技くぎをチェックしたところ、まったく玉が入らない穴があるなど、
  行政の検定時と違う性能のパチンコ台が流通していたことが明らかになり

チューリップしかなかった頃は出玉調整は釘でするしかなかったが、今の台は全部デジタル。で、そのデジタルってブラックボックスなので、公表値通りの大当り確率である保障はどこにもない。そこで行政が何ヶ月も掛けてテストし、その確率が規制内に収まっている機種だけを出荷OKとしている。その機種の釘をイジるという事は大当り確率を規制外に ━━ 上であれ下であれ ━━ してしまうという事だから、本来はイコール不正改造なのだ。今までは黙認されてたってだけであって。でもって、黙認出来る程度の釘調整なら今まで通りだったろうが

 >遊技くぎをチェックしたところ、まったく玉が入らない穴がある

検定のメンツ丸潰れ。そりゃ大量回収騒ぎにもなるってもんだ。…って言ってるそばから

 >くぎ調整の良しあしなど、出る台と出ない台の区別がはっきりと
  わかるので、プロの餌食になりやすいんです。当然、ホールはくぎを
  辛くして防衛するしかない

鳥頭かっつの。ったくもう( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 03, 2016

 昨日の高橋尚子の記事は社でも話題となって、Qちゃん勝ったから良かったね、と。今のご時世あんだけ出したのは凄いよな…っていうのと、あと負けてたらこの記事の感想やQちゃんに対する印象が180度違うものになったよな、と。勝ったから「Qちゃん依存症じゃないでしょうね」「違いますよー」で済んだけど、全く出ないのに11時間も打ち続けて…だったら「Qちゃんヤバいって!もう絶対依存症だよ(((((;゜Д゜))))) 」ってなるだろう。毎分100発、掛ける事の60分の11時間だから66000発、15万チョイか。小当たりの一度もないハズレっ放しって事はさすがにないにしても、10万以上負ける事がザラに有るのがパチ、Qちゃんがそれやったなんて記事になったら、ねえ。

  この日、彼女は夜10時半の閉店まで丸11時間、食事もとらずに一心不乱に
  パチンコを打ち続けた。大当たりを引く気配を一向に見せないまま、
  あっという間に1万円を溶かした高橋。だが高橋は打つのをやめない。
  いったん1万円札を両替すると、座り直して同じ台を打ち始めた。
  手元には2本の水のペットボトル。あと一歩で大当たりを逃すと、
  頭をのけぞらせて悔しがる素振りを何度も見せる。夕方には、
  奮闘むなしくかなりの負け額に。高橋は、残念そうに席を立った。
  さすがにこれで帰るのか。だがトイレ休憩と飲み物を買っただけで、
  またまた台へ戻って打ち始めた。恐ろしすぎる執念!
  夜8時半。ここでマネージャーも務める恋人・西村孔さん(45)が
  車でパチンコ店まで迎えに現れた。このとき、高橋の負け額は10万円を
  超えていた。諦め切れない高橋は、何やら強く言い放ち、結局、
  西村さんは1人で家に戻っていった。
  夜10時40分、閉店のアナウンス。他の客は帰ってしまい、ガランとした
  中に文字どおり高橋ひとりが残っていた。店員に精算をうながされるが、
  席を立たない。憔悴し切った表情の彼女は、再び迎えに来た恋人の車で、
  ガックリ肩を落として帰宅の途に就いたのだった。

昨日の元記事を負け仕様に改変してみたが、これはマジでシャレにならないだろう。
 逆に言うと、月に数回、休みの日しかパチ打たないQちゃんが、たまたま記者が見てる前で大勝利を収めるって事自体が「持ってる」とも言えよう。世界一になった人ってのは、やっぱり一味も二味も違うのだな(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 02, 2016

高橋尚子 リオ行き直前にパチンコ11時間「依存症」心配の声も http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160802-00010002-jisin-ent
>女性自身 8月2日 0時0分配信
20160802-00010002-jisin-000-1-viewCopyright (C) 2016 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved. http://amd.c.yimg.jp/amd/20160802-00010002-jisin-000-1-view.jpg
>「みんな心配してるんです。というのも、高橋さんがカツラで変装までして、パチンコ店に通っていて……。朝から夜まで打ち続けることもザラ。パチンコ依存症なんじゃないかって」(近所の住人)
>シドニー五輪女子マラソン金メダリストの“Qちやん”こと高橋尚子(44)。千葉市内の彼女の自宅から10キロほど離れたパチンコ店。7月下旬の午前11時半過ぎ、高橋が1人で店内に入ってきた。
>この日、彼女は夜10時半の閉店まで丸11時間、食事もとらずに一心不乱にパチンコを打ち続けた。始めて、あっという間にドル箱を15箱積み上げた高橋。換金すれば、10万円以上に。だが高橋は打つのをやめない。いったん玉を精算すると、座り直して同じ台を打ち始めた。
>手元には2本の水のペットボトル。あと一歩で大当たりを逃すと、頭をのけぞらせて悔しがる素振りを何度も見せる。夕方には、奮闘むなしく手元の玉が全部なくなることも。高橋は、残念そうに席を立った。さすがにこれで帰るのか。だがトイレ休憩と飲み物を買っただけで、またまた台へ戻って打ち始めた。恐ろしすぎる執念!
>夜8時半。ここでマネージャーも務める恋人・西村孔さん(45)が車でパチンコ店まで迎えに現れた。だがこのとき、高橋は再び大当たりの波をつかみ、連チャン中!駐車場で待つ恋人に、メールを何度も送っていたが、結局、西村さんは40分ほど彼女を待ったあげく、1人で家に戻っていった。
>この日の戦果は、大当たり55回という“歴史的大勝”。本当に依存症なのでは――。翌日、高橋を直撃した。

 >――昨日、すごく勝ってましたね。
 >「ありがとうございます(苦笑)。これ記事になるんですか!? やだ、もう(笑)」
 >――カツラで変装してパチンコ店に通っていると。
 >「カツラは1回かぶりましたが(変装とは)違うんです!」
 >――西村さんが迎えに来たのに、打ち続けてましたよね。
 >「そう!『勝っちゃった! どうしよう!』『ごめんなさい!』って思いながら(苦笑)。リオに行く準備もあるのに……って、すごく焦りました。早く帰りたかったんですけど」
 >――依存症ではない?
 >「月に何回かしか行かないです。昨日は休みだったので……あくまで息抜き(苦笑)」

>優等生イメージだったQちゃん、私生活は意外に“規格外”。地元の人たちを心配させるのは、ほどほどに――。


月に何回かなら大丈夫…な気がする。ただこの、日がな一日打ちっ放しってのは、さすがにちょっと心配になって来る。今は良くても仕事少なくなって来て暇が出来たら入り浸って…っていう依存症コース一直線に見えるよなあ。マネージャーと事務所は、そうならないためにもQちゃんの仕事バンバン取って来ないと(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 07, 2016

はなわが語る左利きの辛さ カウンター席で客の目が冷たい http://www.news-postseven.com/archives/20160705_426369.html
>2016.07.05 07:00
1625_hanawa【左利きのはなわだがベースは右利き用】 http://parts.news-postseven.com/picture/2016/06/1625_hanawa.jpg

 >左利きのあるあるネタ『つらいぜ!ダリヒー』が話題のお笑い芸人で左利きのはなわ(39才)が、「ダリヒー」のつらいあるあるを教えてくれた。

>駅の自動改札は右利きの人が使用しやすいように作られています。左利きは、切符、今だとSuicaやPASMOですけど、左手で持つので、非常に入れにくいです。自動販売機もそうだし、有料駐車場の料金所もトイレの洗浄便座、パチンコも全部右利き用です。
>※女性セブン2016年7月14日号


はなわって左利きだったのか。ベース普通に弾いてるから全く気付かんかったわ。
 俺は右利きだけど、片方だけ使ってると骨格が歪む(←脚の長さが左右で異なる人は珍しくない)とかを考慮し、鞄や重量物を持つ手は定期的に変えてるし、日常生活でも出来る範囲で左も使うようにしている。定期券は左ポケットだしトランプや花札を切る時も左。箸や物書きといったデリケートな操作は出来ないしスマホも無理だが、ガラケーならちょっと右打ちより遅いとはいえそれほど問題はなかった。そしてはなわが例に挙げた自販機やコインパーキングにしたって、面倒は面倒だろうけど致命的とまでは言えない。ウォシュレットだってスイッチ押すだけだし、紙はトイレによって左右まちまちだから左利きだけの問題ではない。
 ただまあ、パチンコに関してだけは同情する。あのハンドルは完全に固定しても次々打ち出される球の軌道に結構ブレがある、遊びがあるというかいい加減で、でも実際カネ掛けて打ってるとシヴィアに微調整を繰り返すものだ。それを利き手で出来ないとなると、そりゃストレス感じるよなあ。だからパチよりスロにしなさい…ってのも横暴だしなあ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 02, 2016

「グッチ」の広告に日本の"デコトラ"やパチンコ店が登場 秋冬キャンペーン動画を渋谷スクランブル交差点でお披露目 | BRAND TOPICS | FASHION | WWD JAPAN.COM https://www.wwdjapan.com/fashion/2016/06/30/00020904.html
>THU, JUN 30, 2016
>「グッチ(GUCCI)」が7月初めに、渋谷のスクランブル交差点の5つの街頭ビジョンで2016-17年秋冬コレクションのキャンペーンムービーを放映する。
>「グッチ」は、アレッサンドロ・ミケーレが就任以来、大都市のストリートを舞台にしたキャンペーンビジュアルを制作しており、今回選んだのは東京のストリート。
>映像では、16−17年秋冬コレクションを着たぺトラ・コリンズをはじめとするウィメンズとメンズのモデルが新宿や六本木と思われるネオン街をデコトラで走ったり、パチンコ店や日本家屋でしゃぼん玉で遊んだりと、ミケーレによる「グッチ」独特の、時代と空間を超えるカオスでファンタジーな世界が描かれている。
0630_GUCCI -10https://www.wwdjapan.com/fashion/files/2016/06/30/0630_GUCCI%20-10.jpg
0630_GUCCI -18
https://www.wwdjapan.com/fashion/files/2016/06/30/0630_GUCCI%20-18.jpg

東京の繁華街のような統一感のない無秩序な建築デザインや色彩感覚を下品、恥ずかしいと思え!といった美的感覚を良しとする教育を俺は受けてて、だからそれこそパチ屋やデコトラなんかを日本的=であるがゆえに下品と捉えてしまうんだけど、生まれも育ちも欧米でそっちの文化や思考にドップリ浸かってる人が「クールジャパン」とか言って持て囃すのはそういう極彩色と寺社仏閣のような日本的伝統美とが同居する、その雑多性にあるらしい。香港や台湾じゃいかんのか?って思ってしまうんだけどねえ。
 っつうか、キンキンキラキラ極彩色ギャンブル関連エンタメ施設ったらまずカジノだろうに。欧米にもあるし何より伝統がある。まあデコトラは確かに日本だけだけど、日本向けキャンペーンとはいえパチをわざわざ日本で撮影する必要はあったかねこれ?外国人の美意識は、どうもよく解らん('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 24, 2016

「遊んで金もうけ」月30万円「パチスロ」の利益だけで生活…「税金」はどうなる? - 弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/zeimu/1124/n_4802/
>2016年06月22日 15時14分
>「スロットだけで生活してるけど質問ある?」。定職にはつかず、パチスロで生計を立てているという人物の投稿がネットの掲示板で話題となった。
>月々パチスロで30万円程度の利益がでており、時給に換算すると、1500円程度もうかっている計算だという。
>投稿者は定職にはついていないため、税金や健康保険は支払っていないという。
>「所得税払わないと脱税だぞ」という意見も寄せられていたが、パチスロで得た収入であっても、税金を納める必要はあるのだろうか。また、かかるとすれば、その額はどのように算定すればいいのか。李顕史税理士に聞いた。

 >「反復・継続的にパチスロで稼ぐことは、『雑所得』にあたる可能性があると考えられ、雑所得が20万円を超える場合は、確定申告をする必要があるからです。
  >以前、競馬の馬券を大量購入した人の『外れ馬券』が経費にあたるかという点が争われた裁判が話題になりました。この裁判においても、『反復・継続的』に馬券を購入したことから、競馬で得た利益を雑所得と認めました。
  >今回のパチスロのケースについても、利益をあげる目的で、反復継続してパチスロを日々行っているようですから、雑所得と認定される可能性があると考えられます。
  >パチスロで得た利益が『雑所得』にあたる場合、特殊景品等を通して換金した額とメダルを購入した額などを、購入日時、店舗ごとにメモしておく必要があります。
  >個人で商売をしてる人にも帳簿の作成は義務付けられていますから、パチスロで生活する人も同様です。1年間の利益を計算して、確定申告するものと考えられます。
  >税金の他にも、国民健康保険や国民年金を支払う場合があるので、注意してください」

>【取材協力税理士】
>李 顕史(り・けんじ)税理士
>李総合会計事務所所長。一橋大学商学部卒。公認会計士東京会研修委員会副委員長。東京都大学等委託訓練講座講師。あらた監査法人金融部勤務等を経て、2010年に独立。金融部出身経歴を活かし、経営者にとって、難しいと感じる数字を分かりやすく伝えることに定評がある。また銀行等にもアドバイスを行っている。2016年6月に「各種法人の?に答える 現場が知りたいマイナンバー実務対応」(清文社)を刊行。
>事務所名 : 李総合会計事務所
>事務所URL:http://lee-kaikei.jp/
>(弁護士ドットコムニュース)


理屈はその通りだけど無理だよね。いや、打ち手側が出来ないっつうんじゃなく、しないでいても行政側が把握出来ないっつう事。
 この税理士さんが例に上げたハズレ馬券経費裁判の人は、投票(=馬券購入)をネットで行ってたためログが残ってて、だから起訴時に時効未成立分まで遡って請求された。対して、一般の窓口で買った人のは完全スルーだ。過去、徳光和夫や田中裕二らが高額配当獲った際は申告し納税もしてるが、それは面の割れてる有名人がン百万獲ったとデカデカと報じられたからであって、そうではない市井の人だったらどうにもならない。
 パチももちろんそうで、昔「納税するパチプロ」って肩書きの人が居た記憶があるので検索してみたが、今はそう名乗ってないようだ。まあライターとして著名だし各種TV番組のギャラもある、これらを申告して…ってこれはさすがに業界みんなそうしてるだろうな。

 >特殊景品等を通して換金した額とメダルを購入した額などを、
  購入日時、店舗ごとにメモしておく必要があります。
 >個人で商売をしてる人にも帳簿の作成は義務付けられていますから、
  パチスロで生活する人も同様です。1年間の利益を計算して、
  確定申告するものと考えられます

しなくてもバレないのにわざわざこんな事するのは、表向き「無職」だと部屋の賃貸契約やクレジットカード作る時に審査が通らないから…なんてケースぐらいだろう。そういう事情がなかったら「親から小遣いもらってます」って事にして(もちろん、親とは口裏合わせとく必要がある)無収入で通せば所得税も住民税もタダ、国民健康保険も激安だ。下手すりゃ、無収入だからと生活保護までカッパイでる手合いも居るだろう。電車や自転車で居住地以外のパチ屋で打ってれば…地方じゃ無理だが、東京横浜大阪名古屋レヴェルなら余裕だろう。いや生活保護はさすがに悪質さで抜けている、それは本当にクズだが、表向き無職のパチプロがある程度の数は居る、これは確かだ。で、ここから国や自治体が「取り零さんぞ!」と思っても、それをやるためには抜本的な制度改正が必要だ。簡単じゃないのよね(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 22, 2016

>【公式】TokyoCheerParty (@TokyoCheerParty)さんが7:36 午後 on 月, 6月 20, 2016にツイートしました。
>【拡散希望】
>この度!Tokyo Cheer Partyの
パチンコ台がリリースされます✨
>CR-Tokyo Cheer Partyの特設サイトも完成致しました!ぜひご覧ください!
https://t.co/Cp69VnvxQ6 ClY1KLpUoAAEkKkhttps://t.co/0sTpzj7GSt
>(https://twitter.com/TokyoCheerParty/status/744841249144791040?s=03)

TLに突如現れて何じゃこりゃ?と、取り敢えずニューギンのサイトに行ってみたが正式リリースの前段階であるらしく、得られる情報が皆無。じゃあこのアイドルの方を…って誰?本人やヲタさん達には大変申し訳ないけど、見た事も聞いた事もない。そりゃ俺はドルヲタでないばかりか日本語の音楽をロクに聴かないけど、それでもある程度メジャーな人だったら顔と名前が一致するし、つうかネット普通にやってりゃ、歌は聴いた事なくても名前は知ってるアイドルって結構いるものだ。でもこの人達誰?…そんでツイッターを掘り進んで行くと、活動実績はそれなりにあるようだ。一口に地下アイドルにもピンからキリまであるが、その中では少なくとも下の方ではないように映る。けど、ねえ…。
 と、ここで一つ閃いた事が。昨今のパチンコ台は高い、1機40万以上なんて話が流れて来る。十何年前は15万、高い機種でも20万しなかった事を思うとずいぶん上がったものだが、これは台メーカーが苦しくなって価格転嫁した事もあるが、高くなった分の大半は使用するアニメや漫画、アイドルなどの権利料であるそうな。確かに一定の効果はある、例えばエヴァンゲリオンやAKBはそれまでパチに興味がなかった層にアピールし、それ目当てに来店するという新規顧客開拓が出来たのは紛れもない事実で、それは高い権利料払った価値もあるというものだが、でも既存のパチ客にしてみたら台の価値基準は出る・出ないであって、面白いというファクターも一応あるが、キャラなんて演出の代弁者に過ぎないからどうしてもそれでなければいけない訳ではない、ミもフタもない事を言えば可愛いオネーチャンなら誰でもOKなのだ。…という事を踏まえて。
 俺が芸能界の人間で、まだ無名のアイドルグループに携わってるとして、パチンコメーカーに話持ってくよな、と。台がヒットすればこっちの宣伝になるから権利料格安で使ってください、御社ではその分マージンが厚くなるし、あるいは権利料安い分だけ販売価格下げて台数で稼ぐ販売戦略を取る事も出来る。すると台メーカーは足下を見て「格安なんてケチくさい事言うな、使って欲しかったらソッチがカネ払え」って来るかもしれないが、それはさすがに蹴る、その台がヒットする保証はまだないのだから。でも上手く落としどころが見付かれば、正にwin-winではないか。…いや、このグループがそうやって出来た台だとdisるつもりはサラサラない。純粋に、俺の妄想を繰り広げただけだ。ただこのアイディア、我ながら良い出来、結構ありなんじゃなかろうか('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 18, 2016

和田アキ子が「パチンコは公営」と発言 国山ハセンアナから訂正を受ける http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11424657/
>2016年4月17日 14時40分 写真:トピックニュース
ab81deea92f0c4b3278d0d284a9381f8http://image.news.livedoor.com/newsimage/a/b/ab81deea92f0c4b3278d0d284a9381f8.jpg
>17日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、和田アキ子のパチンコに関する発言が訂正される場面があった。
>出演者がどれほどのパチンコ依存症に陥っているか、6つの設問から判定する番組企画も行った。和田は「パチンコ大好き!」と公言し、6つの設問のうち、「負けを取り返そうとして、途中で止められなくなった」の1項目に当てはまると明かしていた。
>一つでも当てはまる場合、適度といえるレベルをもはや超えてしまっている可能性があるという。国山ハセンアナウンサーが「アッコさんは気を付けてください」と警告すると、和田は納得いかない様子で「でも、公営ですからね、一応。パチンコ屋は」と発言したのだ。
>国山アナがそこですかさず、「パチンコは公営ギャンブルじゃなくて、遊技ですからね」と、和田の発言を訂正した。日本の公営ギャンブルは競馬、競輪、競艇、オートレースの4つであり、パチンコは現時点で含まれていない。

ライブドアニュースは「公営」を見出しにしてるが、この件の肝は「ギャンブル」発言の方だ。パチンコは法的には遊技であってギャンブルではない。もちろん事実上ギャンブルである事は間違いないが、建前上TVでそういう事は絶対言っちゃいけないし、「◯万負けた」はアリだが「◯万勝った」はNGだ。千原ジュニアが「換金」と口にした際、顔色失った事務所が当該発言を記事にしないよう駆けずり回った件もあったほどだ。

 換金タブー:酒とワラwの日々

TV番組ならいざ知らず、記者会見の席で「換金」と口にしただけでこれ↑だもの、生番組の中でパチンコ=ギャンブルと発言するなんて天地が引っ繰り返るほどの大失言だ。芸能界のご意見番(であるそうな。俺はこの人を好きではないが)和田アキ子だから問題化してないけど、これ若手の発言だったら一発レッドで芸能界追放ものの超絶失言だ。この人、老害とまでは言わないが、空気を読まない発言や態度をネットでしばしば批判されてて、でもさすがにこれには驚いた。もう何つうか、ねえ…( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 11, 2016

伊集院光さん「ラジオの動かす力は圧倒的」 初の朝番組に熱弁 http://mainichi.jp/articles/20160409/mog/00m/040/004000c
>2016年4月9日
8いじゅういん・ひかる 1967年、東京都生まれ。高校在学中、三遊亭円楽一門に入門。91年に始まったニッポン放送「伊集院光のOh! デカナイト」(95年4月に終了)などで人気ラジオパーソナリティーとして知られるようになった。NHK・Eテレ「100分de名著」(月曜午後10時25〜50分)で司会を務め、昨秋にBS12トゥエルビで放送されたテレビ番組「伊集院光のてれび」(全13回)のブルーレイが3月から毎月1巻ずつ発売されている。 http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/04/09/20160409mog00m040003000p/8.jpg

 >TBSラジオ「深夜の馬鹿力」(毎週月曜深夜1〜3時)が抜群の人気を誇り、「ラジオの帝王」とも称されるタレントの伊集院光さん(48)が、11日から同局で始まる「伊集院光とらじおと」(月〜木曜、午前8時半〜11時)で初めて朝の帯番組に進出する。深夜ラジオは縦横無尽なトークで笑わせ、テレビは知的なイメージでクイズ番組でも活躍する伊集院さん。インタビューの話題は、新番組に向けた意気込みだけでなく、「オールドメディア」のラジオがチャンスを迎えているという実感、発言による「炎上」との接し方など多岐にわたった。【大村健一/デジタル報道センター】

>伊集院さん 番組内のコーナーを考える企画会議に「TBSラジオの営業の人も出てくださいよ」ってお願いしたんです。僕が「このスポンサーがタイアップ(協賛)してくれれば企画が成り立つんだけど……」と投げかけると、TBSラジオの営業力はすごいので「思い当たるところがありますよ」って見つけてきてくれる。
>僕が言っても「釈迦に説法」だと思いますが、大きな組織だと(制作の)現場と営業の足並みがなかなかそろわないことって多いでしょう。それを何とかしたい。「営業がいてくれるから企画が面白くなる」という関係を作っていきたい。

 >−−確かに双方にメリットが生まれるかもしれないと思う半面、消費者に広告と気づかせない広告「ステルスマーケティング(ステマ)」につながる恐れもあるのでは……。

>伊集院さん ステマはリスナーへの裏切り。それとは違います。今、僕はTBSラジオの「たまむすび」(月〜金曜、午後1〜3時半)の中で毎週金曜の午後3時から「週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」というコーナーをやっています。ゲストにおすすめの映画を紹介してもらい、その後に僕がレンタルDVD大手の「TSUTAYA」でその作品を借り、見てからもう一度ゲストを招いて内容を語り合う企画です。
>このコーナーは僕が「この企画をTSUTAYA側に持っていってくれ」というところから始まりました。ゲストがいくら「面白い」と薦める映画でも、リスナーが手に入らないものでは仕方ない。TSUTAYAに協力してもらったことで、どのくらいその作品が全国に分布しているか、すぐに把握できるようになりました。TSUTAYAにこのコーナーの小冊子を置いてもらったり、ゲストの紹介をきっかけに過去の作品が見直されたり、いろいろな相乗効果が出ています。この形が理想です。
>今、ステマみたいなものは、はやらないですよ。見ている人も頭が良くなっているから「これはステマだ」って、すぐに気づく。堂々と「この企業が力を貸してくれたから、企画が成り立っています」と前面に出せばいい。

 >−−もしスポンサー側と意見が食い違ったときに対応が難しくなるようにも思います。

>伊集院さん そのときはこちらの要望をしっかり伝えるようにしていますね。実際、僕の考えた企画だと他社への言及が必要になったので、提携しようとしていた企業からNGが出たこともありました。そのときは「ちょっと今回はできないね」という話になりました。営業の方は本当に苦労していると思いますが、そのあたりのチームワークは取れていると思います。

原文はヴォリュームたっぷりの、非常に読み応えのある好インタヴューだった。超人気番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』の後番組を受け持つ心境やラジオ観、ジェネレーション・ギャップへの感じ方など、実に興味深く読めた。俺が好きだってのもあるけど、非常にクレヴァーで、かつクリエイティヴな人なんだよな。まあ、この番組が当たるかどうかは判らないけども。
 それにしても、スポンサーの件はまことにごもっとも。ステマは決まれば効果大だが見破られれば猛反発を買う両刃の刃、だったら最初から「タイアップ企画です」って前面に出した上で、それでも面白いものを作れればwin-win、そっちの方が健全だ。TVヴァラエティの方ではタイアップ=予算削減ありき…の安易な手法といった捉えられ方をされがちだが、それは単につまらないからであって、タイアップ自体が悪いのではない。最近はネットメディアでもそういうものを見掛けるが、そっちではむしろ「パブ記事だからこそ面白く読んでもらえるような企画でないと」って気合いの入った、より面白いものもあったりする。
 さてそれでギャンブルだが、パチのTV番組はほぼ100%がパブ物だ。でも今のパチンコは多彩なリーチ演出で飽きさせないから、俺みたいなパチ打たない者からしても視てて退屈するという事はないし、期待度90%の演出でも残りの10%を引いてしまえばハズレ、ヌカ喜びに終わった大御所俳優が上皿に突っ伏したりバリバリのアイドルが「バカヤロー!」と悪態ついたり、そういう予定調和でない素のリアクションがヘタなヴァラエティよりよほど面白かったりする。
 3競オートでは競艇が頑張っている。一昔前、KYOTEI6と称してホリプロのタレントが週替わりで連載コラムをサンケイスポーツに連載してたり、その流れで週刊SPA!のweb版で特設コラムを続けてる。

 こちらSPA!ボートレース女子部 | 日刊SPA! http://nikkan-spa.jp/borejyo

これの効果がどれほどかはちょっと判らないが、対費用効果はともかく広く世間一般に訴えかけてるのは間違いない。対して他競技は、その魅力を愚直なまでに直球で訴えるものがほとんど。まあそれで入って来る人は間違いなく正統的なファンとなるが、最初の取っ掛かりをもっと広範に出来ないもんかなあと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 13, 2016

「パチンコライターは“勝てる台”を教えてもらっている」は本当か? http://taishu.jp/20518.php
>2016-03-12
1455271946741154http://img.taishu.jp/images/contents/43/20043/1455271946741154.jpg
>レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール 第35回 パチンコライターうらばなし
>私は元々攻略誌の編集者をやっていて、フリーのパチンコライターになってからは約6年。6年もやっていると楽しいことも辛いことも山ほどありました。
>ライターをやっていて良かったこと、これは人それぞれだとは思いますが、私にとっては、「仕事で堂々とパチンコが打てる」のが一番です。開店前のパチンコ屋に並んでいるとき、これから出社&登校する人からの冷たい視線を感じた経験はありませんか? こういう時、「私も仕事だからね!」と思うことで、後ろめたさを消すことができます(笑)。
>週に7日パチンコを打ちにいっても、言い換えれば、休みも取らない仕事熱心。パチンコ好きにとっては最高の仕事ですよね。他にも、まだホールに入っていない新台をメーカーで打つことができる、たまにタレントさんと一緒に仕事をすることがある、といったミーハー的に楽しいこともあります。
>あとは、コラムや番組の感想をダイレクトに聞かせてもらえるのも嬉しいですね。これは編集部員時代にはあまり経験できなかったことのひとつ。自分の仕事への評価がハッキリとわかるのは、プレッシャーも強く感じますが、何よりやりがいは大きいですね。フリーライターへの転身ははじめは不安でいっぱいでしたが、今はこちらのほうが向いていたかもしれないと思えるようになりました。

 > ■森本レオ子 プロフィール
 >「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

入院してた時、病院の向かいにあるパチ屋の開店待ちの行列を病室の窓から見て「みんな好きだなあ」と驚き呆れた覚えがある。
 学生時代ギャンブルにのめり込んでた人、というのはある程度いる。で、卒業(あるいは中退)するに当たってその世界で食ってやろうとなった時、3競オート=馬券舟券車券で生活するというのは、残念ながら極めて難易度が高い。また、「中の人」になるにしても中央競馬以外基本衰退産業だし、売上に対するネット投票の比率が高まる一方とあっちゃ年間300日以上稼働できる場立ちの予想屋になったたところで前途は明るくないのは見えている。だから予想媒体だったら新聞社(スポーツ紙・専門紙を問わず)か放送局が現実的な選択肢だろう。
 対してパチは、そのままパチプロに進む人が珍しくない、少なくとも3競オートの比じゃない。控除率が全く違うから、今はともかく一昔前だったら、上手に立ち回ってるだけでもヘタな勤め人より稼げたと聞く。となると激務で有名な編集者よりはパチプロ、それか取材と称してパチプロと兼任できる寄稿者=ライターの方が自然な流れだよなあ。この森本さんのように、最初は編集者であっても、キャリアを積むに連れ打ちたい願望が強まる→フリー化、となるのが道理なのだろう。
 で。昨今の社会事情はパチ業界に逆風吹きまくり、しかもさらに厳しくなるのが自明かつ緩やかになる見込みが全くないが、どうなんだろうか?大学生のパチ事情とか、編集者になり手がいるのかとか。どうもよく判らん('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 11, 2016

出現確率1%のガチャを100回引いても,4割近くの人は全部はずれる。“本当の確率”を読み解いてみよう http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20160305003/
>企画記事-2016/03/10 00:00
>ライター:宮里圭介
010まったく確率表示をしていなかったり,レア度別の確率のみ表示したりと,タイトルによって対応はさまざまだ http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20160305003/TN/010.jpg
>スマートフォン向けゲームに欠かせない存在となっている「ガチャ」。お目当てのキャラやアイテムを引き当てたときの嬉しさは格別だし,結構な額のリアルマネーを使ったあげく,ハズレばかりだったときの悔しさもまたかなりのものだ。
>すべては運にかかっているので,プレイヤーが頼りにできるデータといえば,公開されている出現確率ぐらいだろう。以前はその確率が公開されていないゲームが多かったが,最近は業界として確率表示を進める動きが強まっており,人気タイトルの「グランブルーファンタジー」でも,本日(2016年3月10日)から装備品個別の出現確率が表記されるようになる。
>だが,確率が明らかになったところで,それを正しく理解できなければ意味がない。よくある間違いが,「出現確率1%なら,100回ガチャを引けばほぼ確実に出るだろう」という思い込みだ。実際のところ,ガチャを100回引いて出現確率1%のものが当たる確率は約63%でしかない。表現を変えれば,100人のプレイヤーがそれぞれ100回引くと,63人は当たるが,残り37人は100回全部ハズレ,という感じだ。
>出現確率1%のガチャを100回すべて外す確率は,1回引いて外れる確率(99%)を100回かければいい。つまり0.99の100乗を計算する。

 >(0.99)100≒0.366

>この数字を全体から引いてみよう。

 >1-0.366=0.634

>となるので,冒頭の「約63%」が正しい数値であることが証明できた。
>少し違った条件での計算もしてみよう。
>ゲーム内イベントでよくみかける「確率2倍アップ」は,字面だけを見ればものすごく当たりそうな気がするが,実際のところはどうなのだろうか。
>計算してみると,1回引いて当たる確率の1%が2倍になって2%,つまりハズレが98%になるだけなので,

 >1-(0.98)100=0.867

>となる。約87%とかなり上がってはいるものの,100回まわした人の1割以上が全部ハズレ,という計算だ。
>ここで,ガチャ回数からの確率ではなく,手に入る人の割合から必要な回数を計算してみよう。当たりの確率を1%とし,50%の人がアタリを引くのに必要なガチャ回数(x)を計算してみると,

 >ハズレの確率 <50%

>つまり,

 >(0.99)x < 0.5

>という式になる。このxを求める式は,対数計算という難解なものになるので割愛するが求められるxの最小値は69。仮に1回300円とすれば,2万700円ほど突っ込んで,やっと半分の人が当たりを引けるという計算になるわけだ。
>では当たりの確率を0.3%にして計算してみよう。なぜ0.3%にするかの理由は,いろいろとお察しいただきたいが,この場合,

 >(0.997)x < 0.5

>という式になり,これを満たすxの最小値は231。1回300円とすれば,6万9300円ぶんのガチャを引いて,半分の人が当たるだけということになる。
>10万円で約63%,20万円まで頑張ってようやく約86%だ。
>今回はガチャの出現確率を1%や0.3%として計算してみたが,実際には0.3%以下の確率が表示されているゲームもあるようなので,「10万円以上つぎ込んでも目当てのキャラがでない」という話が珍しくないというのも,うなづけるだろう。

最初に「企画記事」ってあるようにパブ物…とはちょっと違うが、でも世を騒がせたグラブルのガチャ問題について、別に火消しという事じゃなく「ひょっとして根本から確率論勘違いしてるって事ないよね?」という確認だ。イヤもちろん、本当に優良誤認とか景品表示法の違反があってユーザーが不正に巻き上げられてたのなら、それは大問題であるけれども。
 前、ソシャゲをネタにした時「18禁シバリのないパチ」と表現したが、パチ経験のない18歳以下がそこら辺の射倖心とかをよく理解してなくて…ってなら確かに社会的問題だが、大の大人が「10万入れても出ないぞ!」とかキレてたらそっちの方が問題だ…っつう話なのだが、ブルームバーグによると68万とか81万とかぶち込んだ人も居たそうで、

 グランブルー金髪キャラクター求め課金68万円−ゲーム会社には抗議も http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3Q4636TTDSR01.html

もう沙汰の限りだ。パチだと1/199の確率の大当たりが5連チャンする一方で10万打ったって出ない事も普通にある。でもってソシャゲはその確率よりギャンブル性が高い、0.3%=1/333なんだから。記事にあるように10万使っても出る確率は63%、それをサイゲームスはイヴェント開催中はガチャ300回=9万円上限で必ず(!)好きな装備品を獲得できるようにしたっていうんだから破格の大サーヴィス、良心的とすら言えよう。
 初めに戻って。記事タイトルに“本当の確率”なんて有るもんだから「37人は100回全部ハズレ、じゃあ1/100じゃないじゃん!」とか言い出す残念な人も多分いるんだろうけど、本当の確率は紛う事なき1/100だ。残りの63人の中に2度3度、あるいはもっと当たった人がいるからで、メーカーが不正してないからこそこうなる。でも37人の側からしたら「俺が出ないのに複数回引いてるヤツがいるなんて…これは不正だ!そうに違いない!!」ってなっちゃう気持ちも解らなくもない。外野からするとコンピュータってブラックボックスだから、メーカーが本当に不正をしてなくてもそういう言い掛かりをされ易い訳で、だからなおさらクリーンに運営されなければならない。で、そこら辺が結構疑わしいからこそ、こういう騒ぎになってる訳で、まあ「李下に冠を正さず」ってこっちゃな( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 04, 2016

続出する不祥事 度を越す”射幸心煽り” http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6248
>2016年03月03日(Thu)
>WEDGE編集部 伊藤 悟
>ソーシャルゲーム業界の不祥事が続出している。数十万円巻き上げられたユーザーも現れ、インターネット上で炎上している様は2012年に社会問題化した「コンプガチャ問題」を彷彿とさせる─。
img_b42dbe9c2e52130231fbcf072504005517271-3ソーシャルゲームがギャンブル依存症を生み出している(写真・GETTYIMAGES) http://wedge.ismedia.jp/mwimgs/b/4/350/img_b42dbe9c2e52130231fbcf072504005517271.jpg
>ソーシャルゲーム業界の不祥事が止まらない。今年に入り、サイバーエージェントの子会社で、DeNAも資本参加しているサイゲームス社(Cygames)が提供しているゲーム「グランブルーファンタジー」にて、景品表示法で禁止されている「優良誤認」と「カード合わせ」が疑われる事案が発生。
>また、ドーナツ社(Donuts)はRMT(リアルマネートレード)仲介サイト開設のリリースを行い「賭博場オープン」と批判された(詳細は後述)。
>今回明らかになった一連の不祥事と業界の未来について、ソーシャルゲーム業界に詳しい木曽崇氏と山本一郎氏に語ってもらった。

しかしまあ酷いもんなんだな、遵法精神のカケラもない。コンプライアンスっつうもんを知らんのか、知ってて無視してるのかは判らんが、この程度の企業だったら「ウチには東大卒も京大卒もこんなに!」って自慢したくなるのもむべなるかな。18禁のシバリがないパチでしかないし、パチのようにきちんと法の管理下に置かれてない分やりたい放題だし、タチが悪い。中にはちゃんとしてる企業もあるんだろうけど、そんな正直者がバカを見る業界って、とても健全とは言えないよなあ。
 前述の通り、ソシャゲ=18禁シバリのないパチ…であるという前提で、いい大人がこんなのにハマってるケースが少なからずあって、「バッカじゃねーの」と思いつつも羨ましいやら腹立たしいやら。この層を3競オートがみすみす取りこぼしてる事に他ならない訳で、何とか上手い事やれんもんかねえ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 15, 2016

大阪の鬼親「パチンコ行く」息子を冷えた湯船に監禁 - 社会 : 日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/general/news/1604838.html
>[2016年2月15日9時49分 紙面から]
>パチンコ好きのカップルが、監禁容疑で逮捕された。息子の男児(6)を自宅浴室に監禁したとして、大阪府警枚方署は14日までに、枚方市の無職の母親(32)と、内縁の夫で無職の赤松茂幸容疑者(28)を逮捕した。同署によると、2人は「パチンコに行きたかった。家でうろうろされたら困るので閉じ込めた」と容疑を認めている。男児は全裸で、ぬるま湯に漬かって寒がっていたという。
>2人の逮捕容疑は13日午前9時ごろから、自宅浴室のドアにプラスチックの結束バンド数本を巻いて開かないようにして、男児を裸のまま監禁した疑い。2人は風呂を沸かした状態で男児を閉じ込め、浴室内では追いだきの操作ができないため、男児は冷めていくぬるま湯に漬かっていた。湯船の中で「寒い、寒い」と震えていたという。
>男児の泣き声を聞いた近隣住民が110番し、駆け付けた警察官が約2時間後に発見した。男児は病院に運ばれたが、命に別条はなかった。発見が遅れ、低体温症になれば、生命に危険を及ぼす可能性もあったという。母親と赤松容疑者はパチンコをしていたが、「自宅に警察官が来ている」と知人から携帯電話で連絡を受け、帰宅。警察官に同行を求められ、枚方署内で逮捕された。
>2人は「パチンコに行きたかった。家でうろうろされたら困るので閉じ込めた。過去にも何回かやった」と容疑を認めている。男児の両肩に打撲の痕があり、日常的に虐待を受けていた可能性があるとみて、枚方署が調べている。
>自宅は木造2階建て。2階の8畳和室には、いずれも母親の娘で、9歳と1歳の女児も閉じ込められていた。浴室と同様に、結束バンドでふすまが開かないようになっていた。男児は留守番中に火遊びをしたことがあったため、浴室に監禁されたという。
>母親は生活保護を受け、赤松容疑者は最近までアルバイトをしていた。生活費を除くと1万円しか残らず、この元金をパチンコで増やそうとしたという。

これはヒドい。前、この「生活保護受給者がギャンブルやって良いのか論争」が話題となった時、俺は構わないというスタンスで持論をぶった。

 バクチ打ちの理屈 : 酒とワラwの日々
 市長の言葉の重み : 酒とワラwの日々

その気持ちに今も変わりはないし、

 >生活費を除くと1万円しか残らず、この元金をパチンコで増やそうとしたという

これも認めよう。でも、子供虐待しちゃ絶対ダメだ。つうか、そうまでしてやるものではない。ここの分別が付かなくなっちゃってる時点で、この親はもうバクチ打ちの風上にも置けんし、こんなバカタレのお陰で真っ当なバクチ打ちまでいい迷惑だ。
 子は親を選べない、「アンタら勝手に作ったんやろ勝手に産んだんやろ」と言われて反論出来る親など居まい。でもって「親はなくても子は育つ」っていうのは親の勝手な言い分であって、子供は絶対に誰かを(たとえ反面教師としてであっても)見て育つものだ、親たるもの、全力で子と向き合う責務がある。自分の子供時分を思い起こせば…って想像力が欠如してる時点でこの2人はもうダメだ。…いや、でもこの子らは、この2人が放免されたらまた扶養される事になるんだよなあ。不憫だ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 11, 2016

 何度も書いて来たが、日本の新聞はなぜか伝統的に政治部が一番偉いという事になってて、だから国の経済政策を評するのも経済部ではなく政治部だ。故に「最初に結論ありき」で、イデオロギーで記事を書く。今の自民政権に批判的なマスコミはただ政権批判したいという欲求から、株価が上がれば「庶民には関係ない」「恩恵は一部の富裕者だけ」・下がれば「国民にとってマイナス」「年金の運用が」と二枚舌を駆使して貶す。一貫性もヘッタクレもない、ただ場当たり的な批判だから説得力皆無だ…と外野から嘲笑され放題となのだが、自覚してないのかねえ('A`)?
 こんなデタラメが出来るのも、経済学はどっちにでも理論付けする事が可能なため。奇しくも今日、こんな↓パチ記事が。

【店長日記】 これからの時期は甘海がおいしい http://www.sanspo.com/etc/news/20160211/pac16021105010002-n1.html
>2016.2.11 05:01
>1月は新台が甘デジばかりで、後半は寒波が訪れ雪が降ったりとかなりキツい状態が続いた。なのでこの2月は1月後半で落ちた稼働を戻したいため、あまり抜かずにそこそこ遊べる営業をする予定。その分の回収は、北斗無双やガンダムなど抜きやすそうな新台が出る3月にガッツリとだね。今週からの新台は、特に甘海あたりはかなり遊べると思うよ。
>(紙面から)
ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“今年の2月は輪をかけて要注意 1月出しすぎたので回収は必至” http://www.asagei.com/52213
>2016年2月11日 9:54 AM
20160211bbhttp://www.asagei.com/wp-content/uploads/2016/02/20160211bb.jpg
>毎年2月は要注意の月なのですが、今年の2月は輪をかけて注意が必要です。大きい理由は次の3つ。

 >●今年の1月は出しすぎ。出した翌月はシメてかかるのが店の心理。
 >●2月は28日(今年は29日)しかないので、ノルマに窮する。
 >●3月の決算月に備えて、優良企業をアピールすべくシメねばならない。

>◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり)パチンコ生活歴30年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として19年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。


真逆。どっちやねん!と突っ込みたくもなる。まあどっちも正しいし、どっちも間違いなのだが。開ける方針の店だって一月中開ける訳じゃなし、それに締め締めの機種だって当然ある。逆に、締める方針の店も、締めっ放しじゃ客を他店に取られてしまうから、最小限であっても開ける日・開ける機種が必ずある。で、そもそもの経済記事も、要はこういう事なのよ、と。その程度( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 08, 2016

 昨夜、ちゅうか日付的には今日なのだが、TVのチャンネル適当に合わせたら乃木坂46の下…じゃなかった妹分か、欅坂46の番組やってて、

 欅って、書けない? | テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/

まだCDデビューもしてない、キャリアの浅いメンバー達が、MCであるところの土田晃之とハライチ澤部の2人に芸能界やTVの常識についていろいろ聞こうという企画だった。で、それでメンバーの1人が、「(演者が見る)モニターに映ってる画像を誰が撮るか、をどういう風に調整してるのか、カメラマン同士で取り合って、後で喧嘩になったりしないのか?」と。
mm160208-0041450950
mm160208-0042100404
これに他のメンバーも「あー言われてみれば謎だわ」とばかりに深く頷くのだが、MC陣はポカーン。摺り合わせて行った結果、彼女達の疑問とは、カメラマンみんな早押しクイズのボタンみたいの持ってて、「カメラ操作しながら「俺、俺の映像使ってくれ!」ってボタン連打してると思ってたらしい。
mm160208-0042160213
mm160208-0042270654
mm160208-0042410093
mm160208-0042540365
これにはMC呆れ果て、「カメラはみんな回しっ放し、別場所で全台の映像をモニタリング出来て、それを見ながら担当者が随時スイッチングしてる」と教えると一同大驚き。
mm160208-0043250917
mm160208-0043560499(キャプ画像は拾って来た)
もう、こうまでTV知らないか( ゚д゚)! 若い世代になるほどTV視聴時間が減っているという事は知識として持ってはいたけど、それでも、ここまでこうなのかと。っつうか「アイドルになりたい(そしてなった)」の中には「TV映りたい」だって当然あったろう。音楽番組だってMVだって、カメラ割りってもんがあるだろう。スポーツ中継だって、視てりゃカメラは何台も同時に回しっ放しで「今流すべきはどのカメラの映像か」をスイッチャーが判断してる…って事ぐらい判りそうなものだ。そりゃ女は男と比してスポーツ視ないと言われてるけども。
 さて、3競オートがよくパチを引き合いに出し「女性客をいかに呼ぶか」みたいな議論を交わしてたりするが、ヴァラエティもスポーツも視ない人達(もちろん全部が全部そうではないが、かなりの割合でそうだ)を相手にするのだぞ、と。ヴァラエティのスタジオ観覧者が女ばかりなのは番組が女性限定で観覧募集掛けるからであって、単純に視聴者数をカウントしたら男の方が圧倒的に多いのだし、「カープ女子」なんてのが去年話題となったのはそれまでそういうムーヴメントがなかった事の裏返しに過ぎない。重ねて言う、そういう人達を顧客として取り込もうとしてるのだ…という現状認識と、難事に取り組む覚悟はあるのか?と。既にギャンブルの経験があり、その魅力を知っているパチの女性客を奪おうというならまだしも、全くギャンブル経験のない女性を来させ、さらには魅力にハマらせるのがいかに難事であるか。「一度でも観てくれれば解るから」?甘い甘い、カルピスの原液より甘い!自分の経験と照らし合わせてみれば解るだろう、世の中にエンタメ要素のあるものがナンボあるか、それらに伍して戦わなければいけないんだから。って言うか、それがそんな簡単であるなら、とっくの昔にどこもそうなってるっつうの。とにかく「言うは易し」、生半可な覚悟じゃ出来ないぞ、と(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 26, 2016

別府市、生活保護の実態調査強化 受給者の遊技施設出入りなど 大分 - 産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/160123/rgn1601230037-n1.html
>2016.1.23 07:03更新
rgn1601230037-p1インタビューに応じる長野恭紘・別府市長 http://www.sankei.com/images/news/160123/rgn1601230037-p1.jpg
>大分県別府市の長野恭紘(やすひろ)市長は22日、生活保護法に基づく受給者への調査や指導を強化する方針を明らかにした。対象とするのは、市内のパチンコ店や市営競輪場などを訪れている受給者で、3月までに本年度2回目の実態調査を行う。平成28年度に担当ケースワーカーを増員し、体制を強化することも検討している。
>生活保護法は被保護者(受給者)の義務として、「生計の状況を適切に把握し、支出の節約を図り、生活の維持および向上に努める」ことを明記している。
>別府市は、この条文を根拠として、生活保護申請者に「遊技場(パチンコ、競輪場など)に立ち入る行為は、浪費を助長するため、慎む」などとする誓約書の提出を求めている。
>別府市は平成27年10月、ケースワーカーら35人が市内のパチンコ店13店と市営別府競輪場を5日間巡回し、受給者25人に対して文書で指導した。調査期間中に再び店にいた9人については、生活保護法に基づき、保護費の支給を1〜2カ月間停止した。
>26年度も、同様の調査を行い、6人に対して支給を停止した。
>【長野恭紘市長インタビュー】
>別府市は数十年前から、パチンコ店や競輪場における調査をやっています。ただ、その調査自体や結果を公表することはありませんでした。
>昨年12月、初めて市議会で調査を公表しました。それは受給者の方にギャンブルに行くことを自制してもらう効果があると思ったからです。
>ギャンブルはお金を失う、負ける場合がほとんどです。生活保護は健康で文化的な最低限度の生活を保障するための制度です。果たしてギャンブルは、最低限度の文化的生活を送るために必要でしょうか。市民感情、国民感情に照らし合わせても、ギャンブル費用を税負担しているということは理解を得られないと思います。
>調査を公表したことで、マスメディアから批判的に書かれることもありましたが、市へ寄せられる声の多くは、市の姿勢を評価する声だと聞いています。
>生活にまったく楽しみがないのはおかしいと思いますが、酒とか、たばことかおいしい食事とは違う。繰り返しますが、ギャンブルはお金を失うことがほとんどです。
>とはいえ、生活保護が本当に必要な方が、周囲から攻撃されることは、あってはなりません。
>そのためにも、不正などには厳しい措置も辞さないという姿勢を、行政がぶれずに貫くということが大事だと考えています。
>生活保護受給者への支援は大切です。
>生活保護は、生活困窮者の「セーフティーネット」とよく言われますが、私は単なる「ネット」ではなく、トランポリンのように従来の生活に戻れるような仕組みにしたいのです。(中村雅和)

人はパンのみにて生きるに非ず。「衣食住足りてます」っていうだけでは文字通りに最低限の生活であって、文化的生活というのはそれだけでなく、それに関心や興味のない人には全くのムダとしか思えない事にカネを投じられてこそ、そう言えるものだ。そしてそのムダは、生活保護受給者にも等し並に与えられている権利だ。では、その「ムダ遣い(←敢えてこう書く)」はどこまで許されるか。例えば大分トリニータの試合を観に行くのは娯楽として許されるのか。許されるなら、クラブユニフォームやタオルなどのグッズを買うのはどうか。ホーム戦のたびスタジアムに入り浸るのはどうか、年間何ゲームまでならOKなのか?サッカーでなく寿司はどうか?回転寿司ならOKなのか。家族で50皿も食ったらどうか。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 17, 2015

パチンコ店で生活保護受給者調査、支給停止も 別府市 http://www.asahi.com/articles/ASHDH6JTJHDHTPJB015.html
>2015年12月16日16時47分
>大分県別府市が、パチンコ店などに生活保護受給者がいないか調べて回っていたことがわかった。10月に調べた際は、発見した受給者25人のうち数人が調査中に複数回パチンコ店にいたとして、支給額の大半を1カ月間、停止していた。厚生労働省は「調査は適切ではない」としている。
>市が15日の市議会で明らかにした。調査の根拠について、市は支出の節約に努めることなどを求めた生活保護法と説明。担当者は「他の納税者から苦情は多く、法の趣旨に反する人がいれば厳しく指導せざるを得ない」とする。受給開始に際し、遊技場に行くのは慎むとする誓約書を取っていることも理由に挙げた。
>市によると、10月の計5日間に、市職員35人が同市内の13のパチンコ店と市営別府競輪場を巡回。受給者25人を見つけて市役所に一人ずつ呼び出し、行かないように注意。調査した5日間で再び見つけた受給者については、支給額の大半を1カ月分取りやめた。

これ、生活保護を需給してない人からすると極めて腹立たしい事象で「別府市GJ!」ってなるのは当然だろう。それは承知の上で言わせてもらうが、バクチやるヤツは「負けてもいいや」って気持ちで手ェ出すのなんか居ない、みんな「勝とう」「殖やそう」と思ってやってるのだ。バクチは胴元が勝つように出来てるってのは確かだが、それでもその日、勝って帰る客が何人かは居るという厳然たる事実がある。でもってパチや3競オートより遥かに控除率の高い(=期待値が低い)宝くじやLOTO(=バクチである事は論を待たない)だったら、こうまで批判されないばかりか、逆に「ささやかな夢を託す気持ち解るよウンウン、当たるといいね生活保護抜け出せたらいいねぇ」なんて応援する人すら居るだろう。なぜパチや3競オートだけが悪く言われにゃならんのだ。カラオケ行きました風俗行きましたって言うんなら叩かれて当然だ、ただ一時の快楽に興じただけ、何の生産性もない行為なんだから。でもバクチは断じて違う。
 いや、バクチやらない人からしたら屁理屈に映るのは解ってる。そもそもバクチが発端でこんにちのテイタラクに…とか、生活保護支給日に全額引き出して意気揚々と場に出向いて…なんてのも中には居るのかもしれない、いや結構な率で居るのだろうな。でもその場合は、生活保護以前にギャンブル依存症の問題であって、何よりもまずそっちのカウンセリングを受けさせるのが先決だ。クドいようだが、バクチは何の生産性もない一時の快楽に興じる行為では断じてない。生活保護を需給してない健全な(?)一バクチ好きとして、こうまでバクチが短絡的に悪者にされる事に対して非常に強くイキドオリを覚えるヽ(`д´)ノ

オッズ・アゲインスト・トゥモロー
オッズ・アゲインスト・トゥモロー

アーティスト:ザ・モダン・ジャズ・カルテット
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2011-12-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote