May 20, 2020

ボートレース、22日大村から入場再開 公営競技初の無観客終了へ条件付きで一歩― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/05/20/kiji/20200519s00053000428000c.html
>2020年05月20日 05:30
>ボートレース大村(長崎県)は19日、22日から4日間、観客を入れて開催を行うと発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客開催が続いていた公営競技では初めて。
>大村は長崎県の緊急事態宣言の解除と、これに伴う全ての施設の休業要請終了の発表を受け、入場再開に踏み切った。
>(1)入場できるのは長崎県内在住者に限られ、身分証明書(免許証、保険証など)の提示が必要(2)入場時にサーモグラフィーまたは非接触型の体温計で検温を実施。37度以上あると入場不可(3)場内ではマスク着用を義務づけ。有料席、無料席、フードコートは全て間隔確保のため座席半減。有人窓口は開放せず、各所に飛沫(ひまつ)防止シートも設置。喫煙室も利用人数を制限する。なお、6月4〜9日のG1周年競走は多数の来場者が予想されるため、これまで通り無観客で行う。

ふむ。まずはめでたい。大村近辺の人達はおめでとう。で、これで「じゃあ他競技も…」となるかというともちろんそんな筈はない。
 競艇の、SGとかじゃない一般開催を視ると解るが、競馬でいうトコロのラチ沿い・競輪オートでいう金網ヘバリ付きでレースを観てる人がほとんどいない。そのココロは舟券前提の観戦としては俯瞰で、高いアングルからの方が圧倒的に観易いからだ。だから無料の観戦スペースでも座席化されてる場が多く、そこの座席を1ヶ置きにするだけでソーシャルディスタンスも取れる。
IMG_20200415_093438
対してヘバリ付き競技で「客同士気遣い合いましょう」なんて絶対出来っこない。競輪だったらいわき平・前橋・小倉ぐらいしかやれるトコないだろう。それ以外の場だったら指定座を無料開放するしかないが、定員制だから事前申し込みとかになっちゃう。面倒臭い事この上ない。あと、大村ですら記念は無観客でやるって言ってるぐらいだから「○○のメッカ」なんて言われてるようなトコだと、パン戦でも土日祝は無理だろうし。
 ぶっちゃけ、見切り発車で入場再開させるだけなら簡単で、でもそれやってコロナ出ましたクラスターですアソコ!なんてなったら「ギャンブルなんてクズのやる下品極まりないものザマス! ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」って連中を勢い付かせてしまい、最悪競技廃止にまで追い込まれかねない。それは絶対に避けなければならなくて、だから慎重の上にも慎重を心掛けざるを得ない。まあコロナ禍がキレイに収息してくれればそれで済む話ではあるんだけども(´-`).。oO
ノー・マンズ・ランド [日本語帯/解説付] [UHQ CD / 最新デジタルマスタリング音源]
エンリコ・ピエラヌンツィ
King International (Soul Note)
2017-12-15



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字